人気ブログランキング |

タグ:額裝 ( 82 ) タグの人気記事

洋書を額に入れる

グリム童話でブレーメンの音楽隊ってあるでしょう...
ドイツの絵本をね・・大切に持っていたお客様がいました。
それを額装したいと持って来てくださった。
本の額装は得意だから大いに盛り上がり
こんな風に額装が出来上がりました。

a0077203_18511448.jpg
古い絵本だからアンティーク風な額を立体にしているのよ。
中に本を受ける台を付けているの解りますか?
a0077203_18510512.jpg
出来上がってお客様が来店されて
それはもう喜んでくださいました。
絵本にロマンを感じている方ですから...。
でもねロバが労働してるところよりも
ほら...動物たちがアクロバットしてるのがそれっぽいですよ...
と雪絵さん!

a0077203_18511259.jpg
思い出した!そうそう...こんなストーリーだったね。
「楽しいね。時々こんな風にページをめくってね。
孫に見せてね」なんてお客様が言う。
a0077203_18505840.jpg
a0077203_18511072.jpg
決まったらここで止めてね...
出来上がり!
立体になっている厚みが解りまますか?

a0077203_18510897.jpg
本の額装は¥25,000前後です。
ずっとあなたのお側にいます。
勿論本を変えてもOK








by page-1h | 2019-05-09 19:14 | 額装 | Trackback | Comments(0)

凧の額装

初子凧 額装の季節ですね〜
「君と好きな人が百年続きますように」という
ハナミズキの歌のように
浜松祭りの凧を見ると
いつもこの歌を思います。
息子の夢が、これから百年続きますように...と
凧を揚げて、そして大切に額装する...。
親の気持ちです。
違うかも・・
a0077203_15453826.jpg
シンプルですが百年続く額装です。
こんな感じの額装で税込4万円前後です
「空を押し上げて
手を伸ばす君五月のこと
どうか来て欲しい
つぼみをあげよう
庭のハナミズキ
薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと終わりますように
君と好きな人が百年続きますように」
a0077203_15481321.jpg
名前や町名だけ入れることも
2万円前後です。
額装によって違います。

by page-1h | 2019-05-08 15:41 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

平野晴義展

建築家が画家になるって不思議だけど
彼を見ていると
きっと家を建てる人は画人なんだと思う。

ずっと前、彼の家に伺ったことがある。
家の真ん中に庭があって空に繋がっていた。
「風を創っているんだよ」と言っていた。
今「ホテルコンコルド浜松」の一階ロビーギャラリーで
個展をしています。

a0077203_15465897.jpg
ずっとページワンで額装していただいていました。
そしたら、いつも間にか....
画家になっていた。
a0077203_15530425.jpg
不思議な個展です。
「光と風」というテーマでした。
やはり風を作ってたんですね。
絵を描くのは小学校以来
だって言うけど
信じられない。
やはり家を作っていたからね。
才能を使う時間が無かった。
a0077203_15464910.jpg
これ可愛い平野さんの家の猫。
売れてるんだ....
a0077203_15465151.jpg
自画像
会場に行って彼に会ってください。
話が弾みます。
月末までです。

by page-1h | 2019-04-25 16:43 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ガラス皿の額装

これなるは、かのヴィクトリア女王の
1887年即位50周年記念の皿なるぞ。
タータンの研究で有名な奥田実紀先生の
ご依頼ガラス皿であ〜る。
フレーマー のご満悦な顔には努力がある。

a0077203_17425980.jpg
まず別珍のマットでくぼみを作る。
時々は出して眺めたい。
扉を作ってアンティーク風にせねば雰囲気が出ない。
a0077203_17423194.jpg
上手く皿が入るかご喝采。
a0077203_17425670.jpg
奥田実紀さん大満足。
いつも有り難う御座います。





by page-1h | 2019-02-10 18:17 | 額装 | Trackback | Comments(0)

額装のご提案

逸見亜古さんのファンの方からのお問い合わせでした。
結婚祝いに亜古さんの版画を贈りたいのですが...
数点写メールでご提案しました。
「あなたのそばにいる」
私はこの作品が好きです...と伝えると
でも水色の額ってどうでしょうか?
インテリアを考えると茶色とか思いますが...との返事。
「これは私の趣味ですが...でも若い方の門出に爽やかな水色は素敵ですよ。」
決めてくださいました。ありがとうございます。
この色とても美しくて本額縁の傑作です。自慢なのです。
喜んでくれるかなぁ。

a0077203_12134943.jpg

by page-1h | 2018-03-03 12:29 | 逸見亜古 | Trackback | Comments(2)

こぎん刺し

ほの国百貨店でのフェアリーハンズ作品展に
「こぎん刺し」がありました。
「こぎん刺し」とは津軽地方に伝わる刺し子なのだそうです。
寒い国の着物に刺し子をしたのが時を経て
伝統工芸になっていったのでしょう。
細かく繊細で美しい作品でした。
それなのに力強さを感じる不思議な感覚でした。

藤村雅子先生は説明の中に
「長い時間をかけて作った作品を、ぜひ額装して
お家の壁に掛けたら素敵ですね」と言ってくださいました。
a0077203_17190785.jpg
ページワンの額装史に残る素晴らしい作品でした。
説明を聞いている観客に歓声が起きました。
東北の施設に贈るというキルトを刺している方も
思わず振り返っています。

a0077203_17191496.jpg
a0077203_17334258.jpg
手仕事はとても優しくて尊いものですね。

by page-1h | 2017-11-18 19:12 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

取り付けの大失敗

将来は写真を楽しみたいと空いた部屋を
写真室にしたお客様がいました。
大きな枠を5個取り付けて
その中に、たくさんの写真を額装して取り付けることにしました。
この場合、額は壁にぴったり付いていないと
粋な感じになりません。
中の写真はこれから取り替えていく予定なのだそうです。
それにはアメリカ製の新しい取り付け金具を使いました。

しっかりと計ってレイアウトを決めて完璧に取り付けました...
が、説明をして何回か掛け替えたりすると
フックが抜けてしまいました。
特殊な壁だったこともあったのですが
それはもう大失敗でした。

一晩考えて朝のミーテングで話し合ってあることを発明しました。
実験もしました。
文殊の知恵です。雪絵さんの功績です。
その日早速修正にお伺いして大成功。
a0077203_15220444.jpg
作業が終わってお茶を頂いた時
お客様のご主人が言いました。
「お疲れ様でした。仕事にはいろいろなアクシデントがありますよ。」
優しい言葉です。

このお客様の為にもこれから永く仕事を続けようと誓いました。


by page-1h | 2017-10-21 15:49 | インテリア | Trackback | Comments(0)

ページワンの額装パリへ行く

ページワンってすごいなぁ〜って思います。おとうさん!
朝の連ドラ「ひよこ」に影響されました。失礼

ビーズアクセサリーのアーティストがページワンに来られました。
何とパリの展示会に出品するのだそうです。


a0077203_18130474.jpg
張り切ってしまいますよね〜
a0077203_17080472.jpg
この額縁ならフランス人もびっくりですね。
セシボン〜ってね。
a0077203_17075883.jpg
緊張してます。
私も一緒にパリにいきたいなぁ
でも最高の仕事が出来て幸せ。
ご成功を祈ってます。



by page-1h | 2017-06-23 18:37 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ハンカチーフの思い出

息子さんは20歳。
バイトのお金で買ったハンカチーフを母の日にいただいたそうです。
私がこのような体験をしたら絶対額装します。
夢のような出来事だからです。

以前からのお客様ですが
今年の5月の連休にもご主人と遊びに来てくださいました。
横浜にお住いです。

先日ハンカチーフが送られてきました。
a0077203_16283207.jpg


メールと写真を頂きましたので紹介!

先ほど 額装されたハンカチが戻って来ました(╹◡╹)♡
とっても上品な感じで とっても素敵ですね‼︎
嬉しいです‼︎
何度もメールで希望を聞いていただき
こんなに素敵に仕上げて頂いて
本当にありがとうございましたm(._.)m
早速まずリビングのいつもシャガールを
飾っているところに掛けてみてから
私の部屋に納めました。
写真撮ってみましたので送らせていただきます。
ページワンで額装して頂いた絵が少しづつ増えています。
楽しいですね。」
a0077203_17150518.jpg
ページワンの窓辺でも写してみました。
フレームはマットな白の額に
シルバーの小さなドットがアクセントです。
私もプライベートでよく使う額装です。
a0077203_16283461.jpg
息子さんも照れながら喜んでくれますね。



by page-1h | 2017-06-10 16:57 | インテリア | Trackback | Comments(0)

面白いから額装してみよう。

お客様のご依頼品です。
小さなぬいぐるみみたいなアートです。
どんなアーテストの作品なのでしょうか...
不思議な感じすらします。
どこで手に入れたのでしょうか。
玄関に飾るそうです。
これはオズの魔法使いですね。
店のテーブルに置いておくといろんな方が
雰囲気出てますね!と言います。
a0077203_16501092.jpg
これに出会った時、額に入れようと思ったお客様はすごい!
生活を楽しんでいますね。
a0077203_16532310.jpg
もうひとつフェルメールがありました。
これも特徴とらえています。
自然に笑えてしまうのですが...。
a0077203_16124457.jpg
フレーマーの雪絵さんが言うには
面白がって本当の名画のように大げさな額に入れたのが
良いんだから!って
a0077203_16505333.jpg
「オズの魔法使い」はバックを黄色にして
素晴らしい現代アートになりました。
誰でもフト思うのです。
「これは額に入れてみよう!」って
大正解。




by page-1h | 2017-06-07 16:45 | 額装 | Trackback | Comments(0)