タグ:アトリエオリーブの木 ( 8 ) タグの人気記事

「みんなオリーブの仲間たち」

「アトリエ・オリーブの木」生徒作品展に行ってきました。
毎年とても楽しみにしているのです。
子供達の絵をたくさん見ることも刺激になります。
大人教室の絵もあって近藤先生のお人柄が出ています。

a0077203_12050687.jpg
「ツリーハウス」
箱の中に子供達がそれぞれのお部屋を作っています。
子供にはいろんな楽しみや夢があるんだね。

a0077203_12060390.jpg
昨年も裸婦を描いていた方が
今年も出展していました。
美しかったですね。
a0077203_12050940.jpg
この作品が好きです。
絵を描く喜びが伝わりました。
a0077203_12051474.jpg
作品の下に似顔絵が貼ってあってそこに
一番好きな時間のことが書いてあります。
この生徒さんは「絵を描いている時」だそうです。
最高ですね。絵が好きなんですね。
この建物はどこなのかな?
外国へ行ったことあるのかな?絵本で見たのかな?
空想してるのかな?と問いかけながら見てました。
この子に会ってみたいです。
a0077203_12052426.jpg
絵の下に似顔絵とコメント。
上には製作中の写真。
近藤智枝先生は発想が素敵。
先生が大好きな時間は
生徒さんが絵を描いているのを見てる時なんだそうです。
a0077203_12391060.jpg
近藤先生の作品は一番の楽しみです。



by page-1h | 2018-02-28 12:40 | 浜松 | Trackback | Comments(0)

みんなオリーブの仲間たち


毎年春が近くなると「アトリエオリーブの木」の大人の生徒さんが額装に来られます。
それぞれに個性的で楽しそうで...
絵画教室は幸せあふれる場所だと思わせます。
近藤智枝先生は大人から子供までのたくさんの生徒さんを
「みんなオリーブの仲間たち」といいます。

a0077203_11562757.jpg
ページワンで額装させていただいたのですが
この絵はページワンにあった時より
会場で飾られた方が美しく見えました。
絵がとても幸せそうに見えました。

a0077203_11563464.jpg
子供たちの絵は毎年素晴らしくて
この子達に会いに行きます。




a0077203_15084686.jpg
「ユメノマチ」というコーナーがありました。
夢の街の子供たちが建てた家や人々がいます。
「ほらこの子の肩に鳥がとまっているのよ」
と近藤先生が嬉しそう。
a0077203_11565848.jpg
私は、たくさんの子供たちの絵の中で一つだけ選んで先生に声をかけます。
毎年どの絵でも近藤先生は、その絵の生徒さんのことや
絵のエピソードを熱心に楽しそうに話してくださいます。
全ての絵に心がかよっていて全ての価値観と美しさを共有しています。
なんて幸せな先生と生徒さんなんだろう...。
a0077203_17474080.jpg

大人生徒さんではこの絵が好き!

a0077203_11565176.jpg

B'zの絵にはメタルの額と真っ赤な艶のあるマット
ロックが聞こえそうです。
a0077203_11564800.jpg
お子様とこの作品の額装を取りに来られた時
お母様の作品を初めてみたと言ってました。
とても美しいと思った幼い目に感激しました。
a0077203_17473211.jpg
主人はこのカリグラフィーに感動してました。
a0077203_11570407.jpg
去年と同じ額にして並べて家に飾るそうです。
a0077203_17484826.jpg
カリグラフィーみたいにくるみインクで描いたそう...

by page-1h | 2017-03-09 15:36 | 額装 | Trackback | Comments(0)

みんなオリーブの仲間たち

今年も始まりました。
アトリエオリーブの木の作品展。
この頃になると生徒さんがページワンに額装に来られます。
いつの間にか私も楽しみな行事になっています。
a0077203_18301605.jpg
早速初日に行ってきました。
本当に楽しいのです。
大人の教室もあり子供の教室でもある...オリーブの木
絵だけではなく子供達は造形にも親しんでいるようです。
リサイクルの筒を使って様々な人形がいた。
タイトルをみると「象になった私」とか「中学生になった私」とか
私が面白かったのは「お風呂上がりの私」気持ち良さそうでしたよ。


a0077203_18310777.jpg
a0077203_18301675.jpg
「なにも教えてないのですよ」と近藤先生が言ってます。
でもartを楽しんで身体の中にぎゅーっと注入してくれる先生の魔法。
「一生お金に困らない」のではなくて
「一生美しいものに困らない」感性を磨いてくださるのだろうな。
a0077203_18350314.jpg
大人の作品で驚くのは様々だということ。
楽しんでいる人。真面目な人。正統派の人。
だから額装もそれぞれです。

a0077203_18301749.jpg
小学校2年生。猫がとても緻密で愛情あふれている。
2年生でここまで描けるんですね。
a0077203_18301726.jpg
これも小学2年。色彩が美しい。ブルーベリージュースなんだって。
美味しかったんだね。
a0077203_18301697.jpg
上下のマーメードと女性の作品。「良いですね。」と額装に来られた時、話したら
「近藤先生もそう言ってくれたよ」と嬉しそうでした。
絵を習うと人生も変わるんだなぁ...と教えてくれた人です。
a0077203_18301660.jpg
a0077203_18301694.jpg
楽しいでしょう...
a0077203_18301677.jpg
この額ご本人が気に入ってくださいました。
何だかぴったりです。個性が輝いていますね。
絵を描くことがとても楽しいと毎年額装に来てくださいます。
a0077203_11380390.jpg
a0077203_11434770.jpg
a0077203_11435008.jpg
ボタニカルアート、カリグラフィーの作品も素晴らしい。
毎年、額装に来られる時お話しするのですが
暮らしの中のアートということを感じます。

by page-1h | 2016-03-03 19:07 | Trackback | Comments(0)

絵画教室

絵画教室の作品展に行きました。「アトリエ・オリーブの木」と言います。
ここは主に子供の教室ですが大人の部もあります。
大人生徒さんがページワンに額装に来てくださいます。
毎年恒例なので生徒さんとも、すっかり仲良しになりました。
作品展が近くなると幸せいっぱいの顔で皆さんページワンに顔を出します。
絵を描くことが大好きで...自由で楽しいそうです。
きっと近藤智枝先生が大好きなんだろうなぁ。
だって誰もが「先生がね...」が口癖なのです。
私も絵画教室行きたくなりました。
a0077203_1521256.jpg

a0077203_15224186.jpg

a0077203_1523145.jpg

by page-1h | 2015-03-07 15:11 | 額装 | Trackback | Comments(0)

みんなオリーブの仲間達

a0077203_14233544.jpg
a0077203_162647.jpg
絵画教室「オリーブの木」の作品展に行って来ました。
このアトリエはお子さんだけではなく大人の教室もあります。
大人の生徒さんは
展覧会が近くなるとページワンに額裝に来てくださいます。
近藤先生が心を縛らずに奔放に楽しく教えていることが伝わります。
子どもの絵はたくさんの中で私はこの作品が好きでした。
小学2年生。「さえずり」という題が付いていました。
一羽だけが鳴いているの。
良いなぁ。
しばし見とれてしまいました。
先生がいたら「この子はね〜」って
ご自分の作品のように説明してくださることでしょう。
a0077203_14362933.jpg
a0077203_14234227.jpg
a0077203_18162418.jpg
大人の部の作品も素敵でした。額裝している時を思い出して...
絵心がある暮らしは、かけがえのないことだと思いました。
最後のカリグラフィーの
マットのラインはフレーマーの雪絵さんが苦労していました。
イギリスにはこういう額裝の技法がありますね。
何でも興味があるのがオリーブの特長ですね。
a0077203_1437541.jpg
by page-1h | 2014-03-07 14:57 | Trackback | Comments(0)

オリーブの木

a0077203_1148269.jpga0077203_11463834.jpg
a0077203_1222934.jpg
クリエイトで開催中の絵画教室「オリーブの木」の作品展を見ました。
近藤先生のアイディアのある創作活動に感激します。
小さな絵を集めてマンションにしていました。
段ボールで区切りをつけて大変だったろうな。
子どもの絵は素晴らしい。美しい。言葉もいらない。
時間を忘れてしまいます。こんな幸福感は久しぶりでした。
動物が良いのです。私が動物好きだからかな...
「子ども達はね。みんな今描いた絵が最高だと思うのよ。
一番良い絵が描けたって大満足して家に帰るの」と先生が言ってました。
いいね。私も子どもになりたいなぁ。
ここは大人部門もあって額裝をさせていただいています。
額裝に来られると、とても楽しんでいます。
大人は子どもの自由には勝てないけど
でも近藤先生のマジックで大人は子どもの心になれるようです。
by page-1h | 2013-03-10 12:16 | ページワン | Trackback | Comments(0)

近藤智枝先生

a0077203_14405749.jpg
今年もアトリエオリーブの木の作品展が開催されました。
子どもの絵って良いですね。
いつも思います。
「大恐竜」って絵がありました。
3年生かな...「この絵好きです。」と近藤先生に問いかけると
「この子は、いつもお父さんと来られるのよ。あまり絵を描くのが好きじゃなかったんだけどこの絵はすごく気に入ってお母さんに見せるんだってお家に持って帰ったの....」
と嬉しそうに話すのです。
素敵な笑顔につられてつい「この絵は...」
なんて質問すると「この子はね...」と解説してくださいます。
「この絵はね...」じゃなくて「この子はね...」なのです。
ドラマがありますね。
優しいな。子どもの絵にはかなわないね。

大人の絵も
by page-1h | 2012-03-02 15:05 | 額装 | Trackback | Comments(0)

絵画教室

a0077203_1885414.jpg
絵画教室「オリーブの木」の近藤智枝先生はとても美しい人です。
お会いすると、ため息が出てしまうほどです。
クリエイトで開かれた作品展に行って来ました。今年で2回目です。子ども達の絵画と大人の作品も合同でした。先生はカリグラフィも教えているのでページワンでの額裝もたくさんありました。「額裝の楽しみも教えて頂きました」と先生が言ってくださいます。先生の生徒さんとのお付き合いも長くなりました。a0077203_18233559.jpg

お子さんの絵は自由で美しい作品達でした。
絵を描くことは幸せへの架け橋のような気がするのです。
生涯の友になりますね。a0077203_1831198.jpg







この絵はダリの肖像画ですね。
アンティーク風のボリュームのある額に入れました。
そこに彼女は自分でペイントしてしまった。
ナカナカやるね!
地元文化芸術大学一期生と聞きました。

a0077203_196256.jpg








モンローの肖像画もあります。
ニューヨークのクラブにありそうな額裝です。
by page-1h | 2010-04-04 18:22 | 額装 | Trackback | Comments(0)