人気ブログランキング |

お子さんの絵の額装

お客様のお宅に絵のインテリアのことでお伺いした時
「お絵かき帳」に描いた絵を発見しました。
ご主人が「今国旗に夢中で毎日描いてるんですよ」と笑う..
「ぜひこの絵を額装させてくださいね」と提案しました。
お子さんの絵の額装_a0077203_15555957.jpeg
何故か一枚ずつテープで長く繋ぎ合わせてあります。
子供らしいな。
「このまま額装しましょうよ」と言うと
ご主人は少し戸惑っていました。
私は興奮してお預かりしたいとお願いすると
「それは子供に聞いてみないとね」と言う。
次の機会にお子さんにお会いしました。
5歳だそうです。
不思議な顔して「いいけど〜」
なんて感じでしたが私は嬉しかったです。
お子さんの絵の額装_a0077203_15560699.jpeg
このまま額装したいと思っていましたが
セロテープが付いていると時間経過で変色してしまいます。
お子さんの絵の額装_a0077203_15561130.jpeg
後のことを考えてきれいに剥がしました。
本当に楽しい時間で良い仕事でした。
仕事中もいろんなお客様に声をかけて頂き
褒められました。
お子さんの絵の額装_a0077203_15560830.jpeg
お取り付けに伺って、いつも奥様が見ている所が良いと
ご主人のアドバイスでキッチンの奥にしました。
とても喜んでいただきました。
シンプルな白い額にしたのも大成功。
お子さんの絵の額装_a0077203_15555651.jpeg
むらかみみかさんの作品も買って頂いたので
みかさんに写メールしました。
そしたら
「お子さんの作品、魅力的で凄く気になる!」
と返事。
それで詳しく写真を送ると
「これは大変惹かれる作品ですね〜
むらかみも心奪われました!!天才だ。」
と嬉しい賛辞。
ありがとうみかさん。
お子さんの絵の額装_a0077203_15560394.jpeg




# by page-1h | 2020-07-26 16:31 | 子供の絵 | Trackback | Comments(0)

パリのエルメス

エルメスのスカーフはとても素敵です。
コロナの自粛期間もあって東京からの
お問い合わせが多くなりました。
完成した額装品をお送りすると
お写真と嬉しいメールが届きました。

この度は、お世話になりました。
すっきりとした中にエルメスのスカーフを
収めて頂きイメージ通りです。
築20年の自宅に新風が吹き込みました。
エルメスのネクタイが一番好きと言う夫も
気に入ってくれました。
二階にリビングがあるので階下から上がる時や
キッチンからも見えてとても嬉しいです。
いろいろ、やり取りをして頂きながらの製作も
ありがとうございました。
コロナ禍も悪い事ばかりではないと思える
ステイホームの思いつきが実現出来ました。」
パリのエルメス_a0077203_12265763.jpeg
制作者フレーマー の雪絵さんはエルメスが大好き。
私から見てもエルメスのスカーフを見ている姿は
いつもニコニコ。丁寧な仕事ぶりも感心します。
お問い合わせのメール交換も
とても楽しそうに仕事をしています。
パリのエルメス_a0077203_12270242.jpeg
お客様はパリが大好きで
ご主人様と「子育てお疲れ様旅行」に行かれた時
パリのエルメス本店で買ったスカーフだそうです。
とても珍しい色だと思いました。
幸せが伝わりました。
パリのエルメス_a0077203_12270561.jpeg
スカーフを額装した外回りの寸法は60cm角です。
中判のスカーフですからマットを入れます。
マットは同じ色のマットを2枚重ねてダブルにしました。
パリのエルメス_a0077203_12272087.jpeg
いろいろな写真を何回もご提案します。
お互いに楽しくなくてはページワンの仕事ではありません。
お客様が美しいと言ってくださるご提案を
雪絵さんは夢見ています。
パリのエルメス_a0077203_12271725.jpeg
パリのエルメス_a0077203_12272292.jpeg


# by page-1h | 2020-07-17 15:20 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

お子様が小さかったときの絵

もう中学生になったお嬢様が
4歳の時に描いた絵だそうです。
大きな作品です。
キリンを描きはじめたら首が長くて
紙に収まらなかったんだって....
だから紙を足してテープで貼って
描いたのだそう.....
お母様が懐かしそうに話すのです。
お子様が小さかったときの絵_a0077203_18244597.jpeg
本当はね...額装するのを悩んでいたそうです。
良かった!思い切って額に入れて
宝物だよね。
こういう作品拝見すると
私、この頃涙出てしまう。感動!年齢かなぁ。
テープの変色もキリンの表情も尻尾も愛しい。
額装してくださって心からありがとうございます。

# by page-1h | 2020-07-03 18:41 | 子供の絵 | Trackback | Comments(0)

エルメスのスカーフ額装は「コロナ解放の窓」

このエルメスのスカーフの額装は
息子さんご夫妻が頑張って買われたマンションの
お祝いの贈り物だそうです。
大阪の方ですがインスタグラムからでした。
「同じ年の同じ日に生まれた2人の為に」と
メッセージが入っていました。
お二人はオレンジパワーが素敵だと
とても喜んでくださったそうです。
もう一人の息子さんが
「めっちゃ良いやん。僕も欲しいわぁ」
と言っておられたとか。
エルメスはアートです。
エルメスのスカーフ額装は「コロナ解放の窓」_a0077203_16593809.jpeg
しばらくして東京のお客様から
エルメスのスカーフのご依頼がありました。
オレンジにとても似合うので
同じゴールドの額装になりました。
とても素敵になって
お送りしましたら
4歳の息子さんが「嬉しすぎて涙が出そうだ!」との
感想だそうです。
私も感激で涙が出ます。
エルメスのスカーフ額装は「コロナ解放の窓」_a0077203_16550479.jpeg
大阪も東京も長い間の自粛生活の中で
エルメスの額装は「コロナ解放の窓」のようです。
明るいオレンジのエルメスが希望の窓になりました。
輝く未来がありますようにと願っています。

# by page-1h | 2020-06-07 17:23 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

インテリアのお手伝い

25年くらい前のポスター額装です。
フロールコーメンという画家が描いた
このポスターをたくさん買っていただきました。
今でも飾っているお宅もあることでしょう。
そんなお客様が額装の修理に来られました。
一度、額もインテリアに合わせて
交換したことがあります。
今度はポスターにシワがあって
マットにカビが出てしまったようです。
「私はこの作品が大好きなのです。いつも部屋にあって
癒されています」と言ってくださいました。
お好きなものは修理しながらずっと使ってくださる....
嬉しいです。

インテリアのお手伝い_a0077203_18294769.jpeg
1990年に大阪花博があって
それからしばらくして
ガーデニングブームが広がりましたね。
ページワンも店頭を花でいっぱいにして
庭作りの話題で盛り上がっていました。
その頃はポスターを使うインテリアが大流行して
庭や花や公園のポスターを気軽に販売していました。

これ安かったから...ポスターだからと言って
諦めないでくださいね。
ぜひメンテナスしてください。

インテリアのお手伝い_a0077203_18294895.jpeg
完璧に直しました。
本当はもう少し紫だったのですが
この青も素敵です。
退色したポスターって風情がありますよ。
シワが気になったポスターは裏打ちをして
青をサンドした新しいマットに交換しました。


# by page-1h | 2020-06-06 18:55 | インテリア | Trackback | Comments(0)

Zoomでページワン

ページワンのお客様とzoomで話せたら楽しいね!
と思って今日雪絵さんとzoomをしてみました。
額装のご提案をする「お客様ごっこ」みたいな感じでした。
そうしたらとても楽しくて簡単でした。

Zoomでページワン_a0077203_16394391.jpeg
お客様と2人だけで話しながらのお付き合い。
それもリモートで。
いとも簡単に新しい時代は来るのだと思いました。
ご希望の方はまずページワンにメールをくださいね。
こちらからメールでご招待をします。
Zoomやリモートが初めての方もこの方法なら簡単です。
スマホでも良いですね。
Zoomでページワン_a0077203_16394336.jpeg
まず最初は何となくご紹介と
お見積もりなどで良いですね。
もし額装のご相談でしたら送っていただいて
改めて2回目のご提案なら解り易いです。
絵のご提案もインテリアを見ながら
ご紹介できたら楽しいです。

Zoomでページワン_a0077203_16394380.jpeg
ページワンの店で笑い転げるようなお客様との触れ合いも
同じようにできるのだと確信しました。
どんな方法でもページワンは
「絵のある生活」をご提案します。
Zoomでページワン_a0077203_16394329.jpeg

# by page-1h | 2020-06-05 17:01 | ページワン | Trackback | Comments(0)

レース編みの額装

レース編みは昔は誰でも編んだものです。
私は何回編んでも平に出来上がりませんでした。
ヨーロッパの蚤の市のアンティークや
繊細で高価なベルギーレースやベネチアンレース。
バザールにあった素朴なレース編み。
お母様が編んだ思い出のレースなど.....
今までいろんなレース編みを額装しました。
レース編みは額装するのが一番美しいと思います。

レース編みの額装_a0077203_18490943.jpeg
このレース編みは東京の友人のお母様が編んだものです。
いつもページワンに飾って楽しんでいます。
今頃お元気かなぁ。懐かしい思い出です。
考えられないほどの時間をかけて編んだレース編みは
誇らしく感じます。

# by page-1h | 2020-06-04 19:00 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

アフターコロナの小売店

コロナでアーティストも大変。
それから小売店も大変。
むらかみみかさんもスペインで
どんな風に制作活動をしているんだろうと
ページワンも大丈夫なのだろうかと
お客様が心配して来店してくださいます。
「みかさんによろしくね」って
作品を買ってくださる方もいます。
今日お取付に伺ったお宅もそうでした。
上に掛けた「青い馬」です。
みかさんの心の中のような不思議な作品です。
アフターコロナの小売店_a0077203_19014008.jpeg
壁は「むらかみみかワールド」でした。
「ジョージ聖人」「レリーフ ワニくん」
壁にあったボタニカルアートも額装を頼まれました。
ありがとう。ページワンもアフターコロナ頑張ります。

# by page-1h | 2020-05-31 18:51 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

スペインのむらかみみかさん近況

昨日くらいからようやく外出する
お客様も増えて
ページワンも少しずつ回復しています。
ありがとうございます。
私達以上にグラナダでのみかさんは
大変な思いをしていることでしょう。
数日前からアトリエに通うことが
出来る様になったそうです。
その途中の風景を写メールしてくださいました。
なんて牧歌的!
コロナなんてあるのかなと思うのですが
ずっと閉じこもっていたようです。

スペインのむらかみみかさん近況_a0077203_18191931.jpeg
多くの方からお問い合わせを頂きました。
みかさんも心から感謝しています。
そしてページワンもコロナに負けないで
頑張りますのでよろしくお願いします。

# by page-1h | 2020-05-24 18:28 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

絵のメンテナンス

画家の内田新哉さんは
ページワンがお付き合いを始めてから
もう30年くらいになります。
今も変わらず優しい絵を描いて
人気の画家です。
でもずっと前にお買い上げになった
お客様も多いですね。
時々メンテナスに来られるお客様がいます。
「懐かしいですね。もうこの作品は絶版ですね。」
と話すと
「でも色が褪せてしまったように思います。
好きな絵なので諦めきれなくて。」

絵のメンテナンス_a0077203_18053383.jpeg
この作品は「レモン」
何とこの作品のエデションは2番。
20年以上前に買われてから
ずっと壁に掛けてあったのだそう...
床にコロンと一つのレモン。
そのレモンの色がサンドになったマットに変えて
表面がガラスでしたのでアクリルの変えたら
なんと素敵!出会えて良かった。

昔の額はガラス仕様が多かったのです。
最近はアクリルが進化して
アクリルに変えるお客様が多くなりました。
軽くなりますから
ぜひ気軽に変えてくださいね。
絵のメンテナンス_a0077203_18053560.jpeg
内田新哉さんはずっと昔から
「僕は白い世界を描きたいのです。
色の無い世界に憧れています」と
言っていました。
もし色褪せてしまったら
より素敵な作品になっているかもですね。

# by page-1h | 2020-05-23 18:21 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)