人気ブログランキング | 話題のタグを見る

プティアミ・カフェ

浜松駅の近くに蕎麦粉で作る「ガレット」の
プティアミカフェというフレンチのお店があります。
とても美味しいカジュアルな素敵なレストランです。
そこのご夫妻はフランスで学んだ方で
装飾も可愛いフランス風です。
フランスを旅した写真や
小さなお子さんの描いた絵が掛けてあります。
何だかパリに行ったような
北フランスに旅しているような気分になります。
シードルも美味しくて夢のよう.....。

プティアミ・カフェ_a0077203_18281029.jpeg
こんなに可愛い店があるんですよ。
プティアミ・カフェ_a0077203_18282689.jpeg
旅の写真がいっぱい。
何でも額装。でも考えているんです。
だから美しい。
プティアミ・カフェ_a0077203_18282835.jpeg

# by page-1h | 2021-04-29 18:44 | | Trackback | Comments(0)

父の思い出

額装は心が温まるシーンが多いですね。
先日、豊橋からのお客様が来られて
お孫さんの絵やポスターの額装を承った後
ファイル帳から小さな絵をを取り出して
何とか額装して残したいのですが....と
相談を受けました。
亡くなったお父様の遺品を整理していたら
見つけた水彩画で
俳句を愛していたお父様が
出版した句集の挿絵のようです。
素朴な日常を謳う25点の小さな作品です。
父の思い出_a0077203_12064609.jpeg
大きな額にまとめて額装するのも良いかと思いました。
でも小さな額にひとつ.ひとつ額装して
星のようにオフィスやキッチンなど暮らしの隅々に
掛けたら寂しくないね...と話しました。
父の思い出_a0077203_12064962.jpeg
思った以上に素晴らしい結果になりました。
私はお会いしたことのないお父様ですが
ご夫妻といつも話題になっていましたから
胸が熱くなりました。
しばらく眺めていました。
温かな気持ちになりました。

父の思い出_a0077203_12065354.jpeg
お届けしました。
とても喜んでくださいました。
亡き父を思う娘。義父を敬う息子。
こんな仕事を私達はしたかったんだなぁと
今更ながら思うのです。


# by page-1h | 2021-04-22 12:38 | 絵の額装 | Trackback | Comments(0)

「松本幸治2」

松本幸治さんのアトリエには作品がありました。
これがご自身がセレクトている作品なのかと
興味がありました。
額装の感じも我ながら完成度が高く
アンティーク風の額装でした。
私も好きな写真です。
「松本幸治2」_a0077203_18441540.jpeg
ピアノがありギターがあり
時には仲間と音楽を楽しむ暮らしが見えました。
「松本幸治2」_a0077203_17571423.jpeg
「松本幸治2」_a0077203_17572207.jpeg
奥にシャガールがありました。
「メトロポリタンオペラのカルメン」
右手の収納棚は彼が作ったそうです。
手前のテーブルの上にあったバックとカメラ。
几帳面な性格を感じます。
「松本幸治2」_a0077203_17545546.jpeg
松本幸治さんはページワンでは人気の作家です。
きっと公開したくないアトリエだと思いますが
彼の作品が一層深みを増して素晴らしくなっていくのだろうと
しみじみと彼の時間の切り取りが
果てしない未来に続くことを確信しました。



# by page-1h | 2021-04-18 18:56 | 写真 | Trackback | Comments(0)

「松本幸治」

休日の火曜日、隣町の豊橋に
お届け額装が2件あり
お昼に「松本幸治さんに会いに行こう」と
突然主人が言い出し....
連絡をしました。
「お近くにいたらランチでも...」
「嬉しいですね〜今事務所ですが....」
いつもの明るい返事でとりあえず
「アトリエ木蓮」に伺うことになったのです。
ページワンでは松本さんの写真展を6回開催していますが
アトリエには初めての訪問でした。
アトリエ木蓮

「松本幸治」_a0077203_18485433.jpeg
とても素敵です。
衝撃でした。
写真家のアトリエを撮るのは迷惑かと思いましたが
この私の感動を
少しずつお伝えしたいと思います。
それでは次回に。
「松本幸治」_a0077203_18485625.jpeg
アトリエの隣は公園でした。
道を歩く人が見えます。

「松本幸治」_a0077203_12215034.jpeg


# by page-1h | 2021-04-17 19:03 | 写真 | Trackback | Comments(0)

並べて飾る

綿引明浩さんのピッコロ版画を小さな額に入れるのが
ページワンで少し流行っています。
ピッコロというくらいですから
小さい版画なのです。
それをオリジナルの大袈裟なんだけど絵の部分が
とても小さな額に入れるのです。
並べたら面白いよ。
お祝いにこんな大きなニッチの中に
並べて贈った人がいます。
楽しいね。
並べて飾る_a0077203_18315744.jpeg
ほら...こんなに小さな作品。
「植木家族」でもサインもエデションも入ってる。
額も20センチ角くらいです。
今こんな額がページワンにたくさんあります。

並べて飾る_a0077203_18261519.jpeg
小さなてんとう虫。
奥まった感じの立体感のある小さな創作額。
みんな夢中で額を選んでる。
作品を選んでる。
並べて飾る_a0077203_18261805.jpeg
綿引明浩さんはこんな版画もあります。
会社の壁にプレゼント。
春夏秋冬のシリーズ。
複数並べて飾るのも飽きないかも。
綿引さんの絵はシュールだから
疲れたら、ちよっと眺めて楽しいね。
並べて飾る_a0077203_18261085.jpeg


# by page-1h | 2021-04-11 18:44 | インテリア | Trackback | Comments(0)