人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵を見る

梅雨の合間に爽やかな日々が続いています。
雨で憂鬱な時も
絵を見て救われる時もあります。
こんなに小さなページワンですが
気軽にお寄りくださいね。
絵を見る_a0077203_11264724.jpeg
ページワンは犬連れもOKですよ。
懐かしいスナップです。
リード掛けもあります。
絵を見る_a0077203_11265121.jpeg

# by page-1h | 2021-06-24 11:33 | アート | Trackback | Comments(0)

絵を探す。

絵のある暮らしは憧れです。
絵は生活の潤いだと思います。
ページワンに来られるお客様は
そう思って来店されます。
ギャラリーにたくさんの作品を用意して
好き勝手に選んで頂くのは
最高のサービスのように思います。
でもゆっくり話し合って
絵を選びたい方もいますね。

絵を探す。_a0077203_11082325.jpeg
お客様のインテリアとか感性をお聞きして
魔法のように絵を紹介できたらどんなにか
楽しいことでしょう。
そんなこと出来ないかもしれないけど
もしかしたら、喜んでいただけるかもしれません。
絵を探す。_a0077203_11083300.jpeg
現代アートが良いかも...とか
そんな大袈裟なことではなく
プリントにフレームを個性的にとか
とりあえず玄関に小さなものを...とか
きっと宝物探しになりますね。
絵を探す。_a0077203_11082849.jpeg
ぜひページワンにお気軽に遊びに来てくださいね。
心からお待ちしています。
絵を探す。_a0077203_11082511.jpeg
絵を探す。_a0077203_11083091.jpeg


# by page-1h | 2021-06-19 11:24 | インテリア | Trackback | Comments(0)

子供の絵の額装

「子供は天才だ!」
言い尽くされたフレーズですが
本当にそう思います。
数年前に描いたお子様の作品なのだそうですが
ずっと気に入って保存してあったそうです。
実はシワシワな状態だったのですが
和紙に裏打ちをして見違えるようになりました。

ホント言うと私は、この額装が工房にあった時
大人の画家さんの作品かなぁと思っていました。
恥ずかしいけれど、そんなことありますね。
絵はいつも不思議で面白い。
子供の絵の額装_a0077203_18262826.jpeg
玄関に掛けたら素敵。
リビングだったら楽しい。
家の空気が変わりますね。
もうお子さんは大きくなったのかな。
額に入って嬉しいだろうな。
子供の絵の額装_a0077203_18263026.jpeg
こんなふうに額装するのは素晴らしい。
それはいつか風化するものが
保存になるからです。
くしゃくしゃだった作品は蘇り
壁に掛けて皆を喜ばせ
永遠にそこに生き続けるのです。

# by page-1h | 2021-06-12 18:41 | 額装 | Trackback | Comments(0)

勲記勲章の額装

「ページワンで勲記勲章の額装はできますか?」
とよく聞かれます。
自信を持って承ります。
得意としています。
お客様から電話を頂いて、ご自宅に伺うこともあります。
身が引き締まる思いの額装です。
尊敬の念を持って額装させて頂きます。

勲記勲章の額装_a0077203_18262172.jpeg

# by page-1h | 2021-06-11 18:32 | 額装 | Trackback | Comments(0)

熱き思いを額に入れて

大学時代までスポーツに捧げた兄弟。
父は側にいて熱き思いを息子と共有しました。
その思い出のユニホームを額装させていただきました。
「大きく育って行った子供達に感謝ですよ。
楽しい思いをたくさんしました。」と若き父は言う。
私たちも素敵な自慢話をいつも楽しみにしていました。
熱き思いを額に入れて_a0077203_17533273.jpeg
熱き思いを額に入れて_a0077203_17533694.jpeg
子育てに想いのある親は良いな。
でもビリだったマラソン大会の体操着や
泥だらけのシューズをいつも洗ってあげた思い出や
下手くそな絵やママにプレゼントの変なカードや
いろいろな思い出を壁に飾ったら素敵!
熱き思いを額に入れて_a0077203_17534280.jpeg
長い間乗っていた愛車だってそう。
熱い思い出が消えないうちに額装。
あまりに素敵すぎて涙が出ました。
そう...誰も知らない思い出が多すぎて。
熱き思いを額に入れて_a0077203_17534502.jpeg

# by page-1h | 2021-06-10 18:12 | 額装 | Trackback | Comments(0)