人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日々の仕事

木曜日の黄昏時。
あと1時間ぐらいで今日の仕事も終わり。
今日は疲れたなぁ...なんて
思いながら店を見ると
雪絵さんは窓辺でお客様の作品の
額装プランニング。
集中してます。
この時間がページワンを支えてますね。
a0077203_15224730.jpg
奥のギャラリーでは店主が
こちらも一心不乱に額装を考えています。

こんな風に今日も終わる。
そして初夏の風も緑と幸せを運んできます。


a0077203_15225076.jpg

by page-1h | 2019-05-24 15:41 | 額装 | Trackback | Comments(0)

断捨離の時代

こんまりさんが世界的に有名になって
おかたずけが大ブームですね。
我が家もやたらに断捨離してます。
特に主人は思い切りが良く
そんなに捨てて大丈夫か〜と
思うのですが捨てた方が正解ですね。
断捨離をしていると思いがけなく大切なものが出てきます。
残る手段は額装です。
額に入れて壁に掛ける。
なんと素晴らしいことなんだろうと
額装を仕事にしている私でさえ感動してます。


a0077203_10261873.jpg
以前お客様に依頼された小さな絵。
子供のお絵かき帳や工作...
高価だったものは捨てられるのに
捨てられない!
a0077203_10261652.jpg
お客様が旅先で買ったタイル。
旅の思い出も捨てられませんね。
a0077203_10262100.jpg
お子さんが生まれた時の記念のスプーン。
記念品は額装してインテリアに。
a0077203_10262459.jpg
面白いものが出てきたら額装ですね。
どんなものより素晴らしい。
ユーモアも大切。

by page-1h | 2019-05-18 10:42 | 額装 | Trackback | Comments(0)

アートのお取付に伺って

昨年末むらかみみか さんが
来日している時のことですが
「3人の使者」と言うみかさんの作品を
お取付に行きました。
リフォームした和風の玄関に現代アートを
選んで頂きました。
3つの版が点在する不思議な作品です。
版の中には羊の群れや寂しい羊が
それぞれに居ます。
とても似合っています。
a0077203_12212962.jpg
彼女はみかさんが来日していることも知らないし
ふと、この作品をページワンで見つけて
買ってくださったのです。
a0077203_12212509.jpg
丁度お取付が火曜日の定休日でしたので
私も主人について行きました。
ニューヨークで買った作品もありました。
「以前ページワンさんで額装を変えていただいたのよ。
前は黒い額だったから...」
覚えていますよ。
でもお茶をいただいて、ゆっくりお話をすると
この絵にも深く美しい物語がありました。
絵や額装には人生のストーリーが隠されています。
だから素晴らしいのだと思います。
a0077203_12213110.jpg
数日後みかさんに会う機会がありました。
作品についても話せました。
お友達も一緒です。
現代アートは画家と会って
完成されるような気もします。
それもページワンの魅力だと
喜んでくださいました。

by page-1h | 2019-05-16 14:14 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

シャガール美術館

今日朝とても懐かしいお客様が来られました。
「友達のご主人が亡くなられてね...
何か元気の出る絵をあげようと思って...」
と言います。
「私のこと覚えてる?」っていうけど、もう25年くらい前のお客様で
(それ以上かな)でも私覚えてるんです!
懐かしくって嬉しかった。
昔ルノアールのデッサン画を買っていただいたことがある.....

今日は綿引明浩さんのピッコロ「バラ色の人生」を
ローズ色の額装で買っていただいた。
お友達に、ご主人は居なくなったけど、これから
人生は続くのだから...今までの人生は
バラ色だったのだから...って。
アートの力が優しいと良いね。
喜んでくださるかな〜
a0077203_17181780.jpg
彼女が言うのよ。
「ご主人とシャガールの話ししたなぁ〜。
2階でね。まだシャガールがある!
シャガールの好きな、ご主人も居た!」
って。
彼女も60歳過ぎたと言っていた。

a0077203_17181926.jpg
私もフランスの話をするには
いささか昔話になりますが
ニースの、しみえ地区にあるシャガールの美術館は
私たちの原点です。
シャガール美術館にあった素敵なカフェや庭は
今のページワンです。
つもりです....
どうぞゆっくり遊びに来てくださいね。

a0077203_17182320.jpg

by page-1h | 2019-05-15 17:36 | ページワン | Trackback | Comments(0)

母の日の贈り物

明日は母の日ですね
プレゼント何にしょうかなと思っている方は
ページワンの絵にしませんか!
この絵はむらかみみか さんの版画ですが
桜の花びらの版に女性がほおづえをしています。
空に鳥が二羽...桜咲く公園が見えます。
テーブルにはコーヒーのカップとポット。
素敵ですね。
私も母ですがこんな風に癒されたいわ。

a0077203_12093308.jpg
a0077203_12093697.jpg
女性の雰囲気は平和で優しい。
みかさんはスペインで活躍するアーティストです。
最高の贈り物ですね。
この作品はサイズが額の外寸法で33センチx26.5センチ
お値段は¥13,500です。


by page-1h | 2019-05-11 12:23 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

洋書を額に入れる

グリム童話でブレーメンの音楽隊ってあるでしょう...
ドイツの絵本をね・・大切に持っていたお客様がいました。
それを額装したいと持って来てくださった。
本の額装は得意だから大いに盛り上がり
こんな風に額装が出来上がりました。

a0077203_18511448.jpg
古い絵本だからアンティーク風な額を立体にしているのよ。
中に本を受ける台を付けているの解りますか?
a0077203_18510512.jpg
出来上がってお客様が来店されて
それはもう喜んでくださいました。
絵本にロマンを感じている方ですから...。
でもねロバが労働してるところよりも
ほら...動物たちがアクロバットしてるのがそれっぽいですよ...
と雪絵さん!

a0077203_18511259.jpg
思い出した!そうそう...こんなストーリーだったね。
「楽しいね。時々こんな風にページをめくってね。
孫に見せてね」なんてお客様が言う。
a0077203_18505840.jpg
a0077203_18511072.jpg
決まったらここで止めてね...
出来上がり!
立体になっている厚みが解りまますか?

a0077203_18510897.jpg
本の額装は¥25,000前後です。
ずっとあなたのお側にいます。
勿論本を変えてもOK








by page-1h | 2019-05-09 19:14 | 額装 | Trackback | Comments(0)

凧の額装

初子凧 額装の季節ですね〜
「君と好きな人が百年続きますように」という
ハナミズキの歌のように
浜松祭りの凧を見ると
いつもこの歌を思います。
息子の夢が、これから百年続きますように...と
凧を揚げて、そして大切に額装する...。
親の気持ちです。
違うかも・・
a0077203_15453826.jpg
シンプルですが百年続く額装です。
こんな感じの額装で税込4万円前後です
「空を押し上げて
手を伸ばす君五月のこと
どうか来て欲しい
つぼみをあげよう
庭のハナミズキ
薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと終わりますように
君と好きな人が百年続きますように」
a0077203_15481321.jpg
名前や町名だけ入れることも
2万円前後です。
額装によって違います。

by page-1h | 2019-05-08 15:41 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)