<   2018年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ピアノソナタ悲愴

この作品のタイトルは「ソナタ悲愴」です。
画家は「むらかみみか」
みかさんは「ピアノソナタ悲愴」を聞いて
この作品を制作したそうです。
その話をみかさんから聞いた時私は
クラシックのベートーベンを思いました。
でもこの作品をゆっくり眺めていると
私はきっと「上原ひろみ」のアルバム「ヴォイス」の
最後の曲「ベートーベンピアノソナタ悲愴」
ではないのかな...と思うのです。
ジャズが流れているような...勝手な想像です。
でもクラシックかもしれません。
ベートーベンが題名を付けた数少ない曲だそうですね。

a0077203_11193962.jpg
そんなことを思う日々の中で
こんな素敵な写メールを頂きました。

「みかさんの作品は生きているという感じがして
毎日ワニの表情が違って見える気がしますし
ワニと会話している気がします。
家事や育児に疲れてしまった時や
夫婦で少し言い合いをしてしまった時
何気にふと絵を見てしまいます。
そうすると心が癒えて頑張ろうという気持ちになります。
娘達はみかさんの絵が正面に見える席がお気に入りで
よく2人で1つの椅子に座って
仲良くご飯を食べたりお絵描きしたりしています。
添付の写真はおやつを食べているところです。
上の子は最近絵を描くのが大好きになりました。
以前はそうではなかったので
これはみかさん効果でしょうか!?」

a0077203_15283093.jpg


作品を見ていろんなことを思う。
素敵なことですね。
子供の心の中に住み着いて果てしない希望に変わるのでしょう。
いつかグラナダに行くこともありますね。
本当の財産とは心の中にあるのだと私は思います。
そんな道標になってほしいですね。
と私はメールの返信をしました。

by page-1h | 2018-07-27 11:53 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

新築の壁でアートが遊ぶ

シンプルですっきりした新築のお宅に伺いました。
こんなこと有り得ない!と思うほど壁があります。
マンションもそうですが一軒家のお宅も
絵を掛けることを考えて設計していますね。
ですから「むらかみみかさん」の出番が多くなります。
夢のようなことが実現します。

a0077203_17035093.jpg
ずっと前からお客様でした。
ページワンのアートはよく見てくださっていました。
お家を新築する予定があって
みかさんのファンになってしまいました。
「波の戯れ」の鯨を見てからでしょうか....
現代アートっていいですね。
a0077203_17035545.jpg
これはみかさんの「冬のマント」
芳醇なワインは冬の雪を経て
春になり夏の雨があり
秋を迎える。
お酒が好きだと言ってました。
玄関にもと最後に決めた作品です。
a0077203_17035763.jpg
玄関を上がると奥の部屋にクジラが...。
a0077203_17035319.jpg
リビングには平和に鳩が舞っています。
大作の2点を連作で並べました。
平屋で天井が傾斜していて空を飛んでいるようです。


by page-1h | 2018-07-20 17:22 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

追憶

追憶といえばロバート・レッドフォードと
バーバラ・ストライサンドの映画「追憶」を想います。
1973年に制作されていますがその年に映画館で観ました。
青臭さかった私は、それからの人生が
この映画に影響されたと思います。
20年前に雪絵さんが入社した時に「好きな映画は?」と尋ねると
「追憶です」と言われたことも私の素敵な思い出になりました。
世代を越えて一緒にやっていけそうな気がしました。

この作品はむらかみみかさんの「追憶」です。
今みかさんが住んでいるグラナダのアルハンブラ宮殿が
描かれています。
a0077203_11332506.jpg
みかさんは25年ほど前に初めて
グラナダの通りを歩いた時
ここに永住しよう思ったそうです。
その時遠くから見たアルハンブラは
みかさんの「追憶」なのでしょう。
a0077203_11332790.jpg
窓になった2枚の版画を組み合わせて
立体額装をしています。
a0077203_11334018.jpg
こんな作品もあります。
みかさんはイギリス人のご主人と結婚した時に
イタリアのフィレンツェに行ったそうです。
みかさんの2つの「追憶」
私の映画の「追憶」
バーバラ・ストライサンドの美しい歌が
昨日のことのように聞こえます。




by page-1h | 2018-07-13 15:28 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

40センチのエルメス

エルメスのスカーフのカレは90センチ角ですから
大きな額装になります。
エルメスは美しいけれど大きいかな...と悩んでいる方は
小さなエルメスのスカーフの額装はいかがでしょうか?
スカーフは40センチで
マットを入れて額の外寸が60センチ前後です。
マットをすると絵画的になって素敵ですよ。


a0077203_14323568.jpg
先日額装したスカーフです。
可愛いベビーちゃんを連れた若いママでした。
こんなに美しい色のスカーフは
お子さんの記憶に優しく残りますね。
a0077203_14323778.jpg
エルメスの額装が人気なのは
色彩が素晴らしいからです。
インテリアの差し色には最高のセンスです。

by page-1h | 2018-07-09 14:51 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

サッカーの余韻

サッカー音痴の私でさえも
ワールドカップの西野監督には
胸をわしづかみにされました。
感動しましたね。
さてユニフォームの額装が得意なページワンですが
こんな額装をしました。
素敵です。

a0077203_17473019.jpg
イタリアのACミラン
アンドレア・ピルロ選手のユニフォームだと
雪絵さんが教えてくれました。
シンプルで良い額装です。

a0077203_17512737.jpg
a0077203_17473344.jpg
お客様はリピーターです。
2年前スペインのユニフォームを額装させていただきました。
同じフレームで揃えました。

by page-1h | 2018-07-06 18:24 | 額装 | Trackback | Comments(0)

お子さんが初めて描いた絵

「初めて幼稚園から絵を持って来たんですよ」って
若いパパとママです。
素敵ですね。なんてナチュラルで爽やかなこと。
ページワンが最高に楽しくなりました。
フレームは細い方が良いかな?もう少しボリュームがあった方が....
マットをしてみようか...悩みますね..楽しい楽しい!
でもやはり小さな天使に...うん小さなアーティストの意見もね。
a0077203_17520267.jpg
 僕ね〜赤もいいけど青も好きだしね〜
子供だって小さくたって真剣なんですよ〜

a0077203_17520573.jpg
パパは青も良いって言うしね〜
ママは白も良いって〜
完成した作品を写すのを忘れました。残念。
でも青にしたのです。
お子さんが青にするって強く言ったのが感動しました。
完成した額装をギャラリーに掛けてお子さんに見せました。
嬉しそうだった!何処に掛けるのかな?
パパが「さぁ〜帰って飾ろうね」と言うと
お子さんが嬉しくって両手を上げました。
幸せ。私って幸せ。





by page-1h | 2018-07-04 18:09 | 額装 | Trackback | Comments(0)