<   2018年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初めて履いた靴

おじいちやん、おばあちゃんの喜びは多々ありますが
初めて孫が歩いたという報告もそのひとつです。
この可愛い靴は3人のお孫さん....。
額を3つ並べたら可愛いだろうな。
今度の夏休みに実家に帰った息子さんご夫妻は何と言うかな。
お孫さんは不思議そうに見るだろうな。
もう6年生のお姉さんは幸せな気持ちになるかな。
お嫁さんは「この靴こんなにキレイだったかな?」
と思うでしょう......
クリーニングしたんですよ。
私は汚くったって良いですよ...と言ったのですが。
この家のおばあちゃんは優しいね。
遠く離れていても...
いつも子供は自分達のことで精一杯です。でも...
細やかな幸せが故郷には、いつもありますね。

a0077203_13361076.jpg


by page-1h | 2018-05-27 14:00 | ファーストシューズ | Trackback | Comments(0)

刺繍の額装

お客様自作の刺繍の額装です。
遠方から送ってくださいました。
この頃はページワンで額装したいと
作品を送ってくださる方も多くなりました。
本物の貝で作ったこのフレームに作品がとても似合いました。
お客様からメールを頂きました。

今日、素敵な額が届きました。
とてもとても素敵に仕上げて下さって、あらためて額装の力に
感動しました。刺繍が何倍も素敵に見えます。
飾っている最中に小学2年生の娘が学校から帰ってきたのですが、
綺麗だ綺麗だと自分と額の記念撮影をしていました(笑)
遠くからでも貝のキラキラした感じが良くわかり、素敵です!!!」


a0077203_18184903.jpg
メールの交換をしている時に
雪絵さんが京都にアンティークレースを
観に行く予定がありました。
メールではその話題がとても楽しそうでした。
お客様も蚤の市に出かけたりするようです。
a0077203_18185331.jpg

このシルバーにも惹かれてくださいました。

こんなご返事メールも頂きました。


「こんばんは。

フレームとマットの画像ありがとうございます。

シルバーのフレームも素敵ですね。

白かシルバーか悩んで頭から湯気が出そうです。

マットはフレームが白でもシルバーでも

この刺繍の場合は白が好きです。

確かにシルバーも素敵ですね。

ただ重厚なマダムな感じに仕上がると

私や家の雰囲気と違うので合わないかなと思います。

少しモダンで爽やかな感じ(わかり難くてすみません…)

に仕上がりそうならシルバーにしてみようかと思います。

シルバーが重厚なクラシックな感じになりそうなら

白にしようと思います。」

a0077203_18185577.jpg
解りにくいことはありません。
とても素直なご意見でした。
そう...白も良いのです。
a0077203_18185740.jpg
こんなシルバーも..
他にもいろいろなご提案をしました。
納得していただくことが喜びですから..。
a0077203_18234020.jpg
この写真も送っていただきました。
飾った写真を添付しますが
私の写真の腕前では実際に目で見た素敵さが
イマイチ写ってないような気がします。
写真の5倍は素敵です。」
ということです。
そんなことありません。
私達50倍感激しています。
嬉しいです。

by page-1h | 2018-05-23 18:46 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

玄関に「むらかみみか」

むらかみみかさんの「水の記憶」
スペインにあるアルハンブラは水の宮殿です。
グラナダの「アルハンブラ宮殿」を描いた作品です。
a0077203_18365922.jpg
白く見える部分は
エンボスで魚が描かれています。
時間の流れを魚に例えたのでしょう。
まさに水の記憶です。
a0077203_18403225.jpg

a0077203_18392099.jpg
a0077203_18572260.jpg

もう20年以上前からのお客様です。
1年前に新築して玄関に絵を飾りたいと思っていたそうです。
1m65cmの壁。
玄関に入って一番素敵に見える所です。
この場所の場合この半分くらいのサイズでも良いのですが
迷ってこの作品にしました。
それはお客様がこの作品をとても気に入ってくださったからです。
取り付けに伺ったのですがぴったりでした。
窮屈な感じはしません。
素晴らしいインテリアになりました。

a0077203_18414912.jpg
こんな作品も買って頂いていました。
一年前お友達からの贈り物でした。
みかさんの作品を愛してくださっています。



by page-1h | 2018-05-21 19:08 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

凧の額装

浜松祭りが終わると
「凧の額装」の仕事が多くなります。
凧を額装すると言っても
それぞれにドラマがあり
額装の方法は全て違います。
それは額装を楽しみ
「初子さん家族」の愛情の証ですね。
この額装は大きな凧の一部と
襷と紐と写真を組み合わせています。
とてもセンスの良い額装になりました。
額装のご依頼はカリンちゃんのおじいちゃんでした。
私はずっとパパと思っていました。
ホントびっくりなんです。
とても若く見える「じいじ」でした。
何だか今は年齢が解らなくなってしまいます。
凧場ではパパと爺さまが
同様に張り切っていたのでしょうね。
「祭りは3日とも晴れて良かったですね〜」と
浜松人は凧の話しで熱くなります。
a0077203_15285158.jpg
額装には意外な時間をかけます。
雪絵さんが慎重なことがよくわかります。
数より質... 見えないところに
時間をかけます。
それが私にはよく解る額装になりました。
お客様の満足とフレーマーの満足。
笑顔は勲章ですね。
a0077203_15285438.jpg



by page-1h | 2018-05-19 15:51 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

日本画の額装

日本画を描くことが趣味の
お母様がお亡くなりになったそうです。
生前は多くの受賞歴もあるそうで
素晴らしい絵でした。
お知り合いにも、お分けして
お母様を偲んだそうです。
彼女のお宅は洋風で
本来の日本画額は似合いません。
そこで英国のアンティーク風な額装にしました。
それが日本画にとてもよく似合うのです。
この家にお母様の作品が無かったら
とても寂しいと思うほどです。
a0077203_18283477.jpg
お母様もこのフレームには驚くことでしょう。
額装とはインテリアでもあります。
その場にぴったりな額であれば
世代を超えて、いつでも愛されます。
a0077203_18283983.jpg
今まで掛けてあった絵画も
トータルで考えてレイアウトしました。
家具も思い切って移動したり
ページワンならではのアイディアも生まれます。
a0077203_18283718.jpg
玄関には人参の日本画を...
人参は人が参るそうです。
対面には釣り好きのご主人自慢の剥製を掛けたり
ミスマッチがとても素敵!
a0077203_18284190.jpg
ここにはアンティークレースが
掛けてありましたが...
大移動して大成功でした。



by page-1h | 2018-05-18 18:46 | 額装 | Trackback | Comments(0)

結婚式の扇子

妹さんの結婚式で使った羽の扇子を
額装させていただきました。
きっと、お式では美しい花嫁さんの
ドレスに似合ったことでしょう。
奥行きが意外と深くなりました。
羽がふわっと浮いているようにして
気品を感じたかったのです。
主人が後日お取り付けに伺ったのですが
立体感がインテリアに映えたとの感想でした。
a0077203_18145364.jpg
これで...いつまでも結婚式の幸せを思い出せます。
a0077203_18150130.jpg
下地の色を何にするかお客様と悩みました。
濃紺なども候補でしたが..
喜んでいただきました。
a0077203_18145536.jpg
何故このフレームを....は
 以前同じお客様のご依頼で大きな鏡を
作ったことがあるからです。
ということは鏡も気に
入ってくださっているのですね。

                        





by page-1h | 2018-05-17 18:49 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ティファニーのスプーン

ティファニーのスプーンを額装しました。
お嬢様が生まれた時からお誕生日に一本ずつ
銀座に出かけたそうです。
時々お嬢様が他のプレゼントを欲しがって
無い年もあるそうですから
もうお嬢様もお年頃ですね。
素敵ですね〜そんな言葉しか出ない私です。
良いです。美しい。
額装も満足の雪絵さんです。

a0077203_16374789.jpg
「銀のスプーンをくわえて生まれてくる」

という西洋のことわざがあります。

食べ物に困らないようにと....

そして子供が生涯お金に困らないように...と

日本でも同じような風習がありますね

世界中親が子を思う気持ちは同じです。

a0077203_16375549.jpg
遠方から来られたお客様でした。
とても嬉しいです。
最初は小さなスプーン。
少しずつ大きくなって...
a0077203_16380853.jpg
毎年、幸せを願い進学や健康やいろいろなことを
思って求めたのでしょうね。
a0077203_16591180.jpg
こんなに素晴らしい想い出を額装させて頂く.....
きっとページワンも末長く幸せに営まれていくことでしょう。

by page-1h | 2018-05-13 17:10 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

むらかみみかの魅力

玄関をギャラリーのような雰囲気にしたい...と
お客様の願いでした。
むらかみみかさんの作品を掛けて頂きました。
とても気に入ってくださった画家の絵を6点。
みかさんの詩作の旅のような...素敵なインテリアです。

a0077203_17020231.jpg
手前に小さな版画を3点。
全て窓のテーマです。
小さな絵にみかさんの世界観があります。
a0077203_17063822.jpg
手前の縦長の作品は「第4の存在」
荒涼とした静けさの中に感じるもの。
みかさんの青は美しいですね。

a0077203_17022524.jpg
正方形の作品は「日陰で6月28日に」というタイトルです。
みかさんがこんな話しをしていました。
スペインの暑い夏...アパートのベランダに
鳩が卵を産んだ日...
そしてその時、隣の家の観葉植物が自宅の壁に
くっきりと影を写した日。
a0077203_17020451.jpg
この作品は「時の流れ」
中央にエンボスで2羽の鳩が餌を啄んでいます。
この作品に日常の幸せを感じるのか...
ピカソのように世界平和を願っているのか..
画家に聞いてみたい。


by page-1h | 2018-05-07 17:52 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

母の日の贈り物



母の日の贈り物に絵はいががでしょうか?
お母様にもいろいろな年代がいますから
美しい水彩画... 現代アート...風景画と
決めつけるものではないのですが
例えば花の水彩画で人気画家の
神坂智世実さんの作品はお奨めです。


a0077203_14283872.jpg
絵は贈り物でも壁に掛ければ家族で楽しめます。
母の日の記念なのよね〜といつも語り継がれます。
毎年の習慣になると我が家のコレクションになります。

a0077203_14284018.jpg
長い間、絵の仕事をしていますが
この5月の爽やかな頃
お母様にプレゼントを選びに来られる
お客様はとてもステキ。
豊かで優しく私もいつも幸せを分けていただいています。

a0077203_14284145.jpg
インターネットでもなく
どこを探しても一枚だけのオリジナル...
それが本当の贈り物ですね。
a0077203_14284366.jpg

by page-1h | 2018-05-06 14:46 | 贈り物 | Trackback | Comments(0)