<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プティアミカフェの小さな額

浜松駅の近くにプティアミカフェという
ガレットの美味しいカフェがあります。
甘いクレープもあって
ディナーは、おしゃれなブラッスリーになります。
ここのパテシエでもあるマダムのご注文で
小さな額をディスプレイしました。
a0077203_16264666.jpg
a0077203_16264046.jpg
マダムには開店の時から額装をさせて頂いています。
今回は小さな額をたくさん...という夢を叶えたいと言われて
パリ修行時代やシェフのご主人との
パリ旅行の写真をセレクトしていただき
ページワンでプリントアウトしました。
その過程はご一緒に楽しんでくださり素敵な
若いマダムです。
店の壁にフレームがたくさんあるとリゾート感がありますね。
a0077203_16265074.jpg
今回は雪絵さんが額装してお取り付けにも伺いました。
レイアウトもしっかり頭の中に入れて....
満足の取り付けになりました。
a0077203_16265368.jpg

a0077203_16265713.jpg
ご夫妻はマダムもチャーミングですが
ご主人も素敵!


a0077203_16265945.jpeg

by page-1h | 2017-10-25 16:45 | インテリア | Trackback | Comments(0)

取り付けの大失敗

将来は写真を楽しみたいと空いた部屋を
写真室にしたお客様がいました。
大きな枠を5個取り付けて
その中に、たくさんの写真を額装して取り付けることにしました。
この場合、額は壁にぴったり付いていないと
粋な感じになりません。
中の写真はこれから取り替えていく予定なのだそうです。
それにはアメリカ製の新しい取り付け金具を使いました。

しっかりと計ってレイアウトを決めて完璧に取り付けました...
が、説明をして何回か掛け替えたりすると
フックが抜けてしまいました。
特殊な壁だったこともあったのですが
それはもう大失敗でした。

一晩考えて朝のミーテングで話し合ってあることを発明しました。
実験もしました。
文殊の知恵です。雪絵さんの功績です。
その日早速修正にお伺いして大成功。
a0077203_15220444.jpg
作業が終わってお茶を頂いた時
お客様のご主人が言いました。
「お疲れ様でした。仕事にはいろいろなアクシデントがありますよ。」
優しい言葉です。

このお客様の為にもこれから永く仕事を続けようと誓いました。


by page-1h | 2017-10-21 15:49 | インテリア | Trackback | Comments(0)

温かな言葉

むらかみみかさんの「ピラール女神」を買っていただいた時
お客様に「飾った時のお写真が欲しいです」とお願いしたら
写メールをいただきました。
そのコメントに
むらかみみかさんの作品2号が、すっきりおさまってます。
ありがとうございます😊」
と言葉が添えられていました。
1号とは「波の戯れ」鯨の作品でした。
温かな言葉に、ついホロリ....。



a0077203_18511132.jpg
a0077203_18510809.jpg
今日胸が温かくなったこと...。
お客様とおしゃべりしていたら彼女が
「ここは異国みたいですね。流れている曲に眠くなってしまう」

それから夕方紳士のお客様が店の前に車を止めて
「味噌まんじゅうをもらったから、おすそ分けです。好きなだけ取って...」
というから半分頂いた。それだけだけど......



by page-1h | 2017-10-18 19:02 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

さまよえる画人

浮世絵の名作「東海道五拾三次・庄野 白雨」です。
道中、突然の、にわか雨に見舞われました。
雨と風の表現が大変に美しい広重の傑作です。
その中になぜか「綿引明浩」のさまよえる画人が入り込んでいます。
綿引さんは旅の絵の中にタイムスリップします。
この画人は綿引明浩本人なのでしょう。

a0077203_17245483.jpg
作品はクリアグラフといってアクリルの裏から筆で描いています。
綿引さん独自の芸術表現です。
アクリルを重ねていますから夏の夕立も立体的で繊細に描かれています。
彼は現代の絵師のようです。
細かな筆使いがとても美しいです。
画人だけではなく彼の得意とする女神やお尻の天使も登場させています。
a0077203_17245999.jpg
美術館にも....さまよえる画人!
これは版画です。

a0077203_17250232.jpg
秋のページワンの裏庭にも
画人は今日も、さまよっているのです。
a0077203_17244892.jpg
私はちょっとシュールでユーモアがある
綿引明浩作品が大好きです。


by page-1h | 2017-10-12 18:01 | 綿引明浩 | Trackback | Comments(0)

リフォームのお手伝い

ページワンは開店して33年になりますから
その間お客様の暮らしも変化しています。

先日偶然に16年前に新築して今回リフォームしたという
2件の、お宅にお取り付けのお手伝いに伺いました。
あんなに小さかったお子さんももう家にはいません...
人生とは何と短いものだと思います。

でも16年が過ぎても絵は何の変化もなく
ここに存在していることが感動です。
これは16年前のページワンの額装の技です。
a0077203_15550963.jpg
大きなシャガールの誕生日も存在感があります。
ずっと家族のリビングで華やかに愛されていたと言います。
a0077203_15553448.jpg
「青い背景の天使」に再会できて嬉しかったです。
「いつまでも玄関の品格です。今でもとても好きです。」
と言ってくださいました。
このフレームは私の家の鏡と一緒です。
我が家の鏡もとても気に入っています。

a0077203_15560814.jpg

もう一軒のお宅ですがお声を掛けてくださいました。
16年前も伺いましたが
こんなに絵が素敵だったかと思いました。
みらかみみかさんを初めて買ってくださったお客様です。
みかさんの初期の作品も何も変わってなくて懐かしかった。
この作品達は他の場所に移動して...とお話が尽きなくて
最高の時間ですね。
アートの話しは幸せです。

by page-1h | 2017-10-08 12:45 | インテリア | Trackback | Comments(0)

生熊涼太さんの絵

慌てて写真を写したので
上手に撮れていません。恥ずかしいです。
生熊涼太さんの絵です。
額装させていただきました。
7年前の個展が懐かしいです。
私の尊敬する蛭田妙子先生が大病をして大変な体で
何回も個展を見に行ったことを思い出します。
涼太さんにとって良い時代が来るように願います。
a0077203_17122419.jpg
鯨です。
青がとても美しくてずっと見ていました。
主人が大好きだと言ってました。
a0077203_17122624.jpg
2枚とも大作でした。
純粋な気持ちが動物を通して伝わってきます。
a0077203_10561319.jpg

by page-1h | 2017-10-01 17:25 | 額装 | Trackback | Comments(0)