人気ブログランキング |

カテゴリ:インテリア( 66 )

花好きな人へ

ページワンの前も私の家のベランダも
春の花がたくさん咲いています。
そして園芸好きな人は花の絵も好きですね。
花の話しは楽しい時間です。
家の壁にも花の絵を掛けてみたいですね。
私は神坂智世実さんの絵が大好きです。
a0077203_18215526.jpg
神坂さんは深い想いを持つ人です。
ですからお話しがとても楽しい。
作品を見ていると感じます。
奥の大きな作品は
「音もなく過ぎてそして過去へ」
私には解りませんが詩人ですね...。
a0077203_17274555.jpg
とても美しい絵です。
水彩画です。
庭を彷徨う鳥や蝶のように
彼女の作品を眺めてしまいます。
左が「We thought you」
右の薔薇が「祈り」
「神坂智世実」の胸の中には
大きな平和の願いがあるような
そんな気がします。

by page-1h | 2019-03-23 18:14 | インテリア | Trackback | Comments(0)

小さな絵を飾る

今日お客様と話したんだけれど...
贈り物なら「小さな絵」が良いよね。
今人気の画家でオリジナルで...もしかしたら
すごく成長する画家かもしれない作品。
新築ならこれからも、いろんなコレクションするだろうし
その中の一部になってくれたらうれしい。
買ってくださった版画は「むらかみみか 」の「缶の中の夢」
ワニがいて缶の中にサボテンがあって....
写真撮るのを忘れてしまって残念。
作品ってこんな風に買っていただくと無くなってしまう。
はかないけど出会いですね。
額装も素敵にしていただきました。


a0077203_17474045.jpg
この作品は「逃避行」という題名。
むらかみみか さんです。
サイズは30cmx35cm。
今ページワンにもあります。
逃避行したいなぁ。
ワニと一緒に気球に乗って
双眼鏡持ってね。



by page-1h | 2019-03-17 18:18 | インテリア | Trackback | Comments(0)

壁いっぱい額にする

東京の商業ビルを散歩していると
壁いっぱいに額を並べた店が目に付きます。
今のディスプレイのトレンドですね。
一つ一つ額を見るとそのお店の生き方が想像できます。
エキゾチックですね。
a0077203_17002781.jpg
これはカレー屋さんでした。
a0077203_17003202.jpg
本屋さんの隣のレストラン

a0077203_17003092.jpg
バック屋さん
a0077203_17004255.jpg
先日観た映画「フジコ・ヘミングの時間」
の部屋も額でいっぱいでした。
とても素敵です。

a0077203_17004970.jpg
これはお客様のお宅。
階段まわりは思い出の装飾。
今まだ額は増え続けています!
a0077203_17004786.jpg
これも同じお宅です。
ご自分でお取り付けしたそうで
上手ですね。
a0077203_17005235.jpg
ワンルームマンションの壁を
ご自分で2重にリフォームして旅の写真を...
壁は簡単に取り外せるのだそうです。
ペンキの色がトルコ風。
もう今は違う壁なんだって...驚き!
a0077203_17005475.jpg
先日伺ったお客様のお宅。
神坂智世実さんの作品を
お取り付けしました。
結婚記念日なのだそうです。幸せ!


by page-1h | 2018-10-14 17:15 | インテリア | Trackback | Comments(0)

花の水彩画

神坂智世実さんという水彩画家をご存知ですか。
ページワンが力を入れている人気画家です。
彼女の作品は水彩画のみの一点作品です。
時々新作を描いてページワンに持ってきてくださいます。
少しずつファンのお客様が増えて、とても嬉しいです。
この作品はとても淡くて消えてしまいそうな儚いバラです。
彼女の作品が大好きというご夫妻に買って頂きました。
階段を上った所に一点と...小さめの作品です。
「もう4点ありますが家の中にお花が咲いたようで素敵ですよ..」と
言ってくださいました。
優しい神坂さんの花は1枚1枚シーンがあります。
強く...儚く...静かで...何よりも華やか。
音楽のようです。
たくさんの作品を見ていると
花の香りで満たされるような錯覚があります。

a0077203_14320106.jpg


by page-1h | 2018-09-07 14:54 | インテリア | Trackback | Comments(0)

プティアミカフェの小さな額

浜松駅の近くにプティアミカフェという
ガレットの美味しいカフェがあります。
甘いクレープもあって
ディナーは、おしゃれなブラッスリーになります。
ここのパテシエでもあるマダムのご注文で
小さな額をディスプレイしました。
a0077203_16264666.jpg
a0077203_16264046.jpg
マダムには開店の時から額装をさせて頂いています。
今回は小さな額をたくさん...という夢を叶えたいと言われて
パリ修行時代やシェフのご主人との
パリ旅行の写真をセレクトしていただき
ページワンでプリントアウトしました。
その過程はご一緒に楽しんでくださり素敵な
若いマダムです。
店の壁にフレームがたくさんあるとリゾート感がありますね。
a0077203_16265074.jpg
今回は雪絵さんが額装してお取り付けにも伺いました。
レイアウトもしっかり頭の中に入れて....
満足の取り付けになりました。
a0077203_16265368.jpg

a0077203_16265713.jpg
ご夫妻はマダムもチャーミングですが
ご主人も素敵!


a0077203_16265945.jpeg

by page-1h | 2017-10-25 16:45 | インテリア | Trackback | Comments(0)

取り付けの大失敗

将来は写真を楽しみたいと空いた部屋を
写真室にしたお客様がいました。
大きな枠を5個取り付けて
その中に、たくさんの写真を額装して取り付けることにしました。
この場合、額は壁にぴったり付いていないと
粋な感じになりません。
中の写真はこれから取り替えていく予定なのだそうです。
それにはアメリカ製の新しい取り付け金具を使いました。

しっかりと計ってレイアウトを決めて完璧に取り付けました...
が、説明をして何回か掛け替えたりすると
フックが抜けてしまいました。
特殊な壁だったこともあったのですが
それはもう大失敗でした。

一晩考えて朝のミーテングで話し合ってあることを発明しました。
実験もしました。
文殊の知恵です。雪絵さんの功績です。
その日早速修正にお伺いして大成功。
a0077203_15220444.jpg
作業が終わってお茶を頂いた時
お客様のご主人が言いました。
「お疲れ様でした。仕事にはいろいろなアクシデントがありますよ。」
優しい言葉です。

このお客様の為にもこれから永く仕事を続けようと誓いました。


by page-1h | 2017-10-21 15:49 | インテリア | Trackback | Comments(0)

リフォームのお手伝い

ページワンは開店して33年になりますから
その間お客様の暮らしも変化しています。

先日偶然に16年前に新築して今回リフォームしたという
2件の、お宅にお取り付けのお手伝いに伺いました。
あんなに小さかったお子さんももう家にはいません...
人生とは何と短いものだと思います。

でも16年が過ぎても絵は何の変化もなく
ここに存在していることが感動です。
これは16年前のページワンの額装の技です。
a0077203_15550963.jpg
大きなシャガールの誕生日も存在感があります。
ずっと家族のリビングで華やかに愛されていたと言います。
a0077203_15553448.jpg
「青い背景の天使」に再会できて嬉しかったです。
「いつまでも玄関の品格です。今でもとても好きです。」
と言ってくださいました。
このフレームは私の家の鏡と一緒です。
我が家の鏡もとても気に入っています。

a0077203_15560814.jpg

もう一軒のお宅ですがお声を掛けてくださいました。
16年前も伺いましたが
こんなに絵が素敵だったかと思いました。
みらかみみかさんを初めて買ってくださったお客様です。
みかさんの初期の作品も何も変わってなくて懐かしかった。
この作品達は他の場所に移動して...とお話が尽きなくて
最高の時間ですね。
アートの話しは幸せです。

by page-1h | 2017-10-08 12:45 | インテリア | Trackback | Comments(0)

ペンキ塗り

私達は9月初めの定休日に勇んでペンキ塗りをしました。
事の起こりは、ある日雪絵さんが工房の天井を塗りたいと
言ったことから始まりました。
天井は33年前クロスを貼ったままで
電気工事の跡などで煤けて無残でした。
「古いんだからマァ良いんじゃない〜。上見る人いないよ。」と
私は言っていたのですが........

a0077203_16363201.jpg
いつも居る雪絵さんは気になるらしく...
「それなら私が塗ります!」と言う。
朝私と主人がページワンに行くと
早朝から準備していたようで工房は養生テープで張り巡られて...
ビックリ
a0077203_16364853.jpg
ローラーで塗るのですが
すごい労力。
自分で塗るなんてすご〜いよ。
a0077203_16364552.jpg
途中ペンキが無くなってホームセンターに買いに行くという
ハプニングも有り...
日常の筋肉ストレッチの効果も有り..
若いし....
a0077203_16365779.jpg

下地が悲惨だった天井は美しくなりました。
a0077203_16371505.jpg
さて私達は折角ペンキを塗るなら
奥のギャラリーも塗ろうと計画してました。
トワイライトという素敵なブルーグレーを
雪絵さんが、どこからか取り寄せました。
これはシャガールが似合うな...と主人も大張りきり。
a0077203_16371766.jpg
ここは天井と違い簡単に塗れました。
これからに期待してくださいね。
続きは明日にします。



by page-1h | 2017-09-14 17:08 | インテリア | Trackback | Comments(0)

和室に絵を飾る

和室をリフォームしたというお客様でした。
床の間は無くしたのですが
イメージをモダンな和の雰囲気にしたいということでした。
インテリアに絵の影響は大きいですね。
お客様はとても悩んでいました。

でもこの作品「照葉」を見て胸が騒いだようです。
白駒一樹さんの木版画です。
白駒さんは千葉の九十九里の海辺で静かに暮らしています。
庭に木々が繁り光が差しているだけで
幸せを感じているような素朴な画家です。
a0077203_12314410.jpg
額装も皆で悩みましたが
掛け軸の感じを残しました。
とても素敵になりました。
白駒一樹の版画がページワンにあって良かったと
思いました。

by page-1h | 2017-08-07 12:13 | インテリア | Trackback | Comments(0)

額の交換をしてみたら...

ページワンが32年以上額の仕事をしていて思うのは
やはり額装にも流行がありますね。
建築にも大きな変化がありますし
インテリアデザインも変わっています。
額の交換に来られる、お客様が多くなりました。
絵を保存するためにも、とても良いことです。


a0077203_15432530.jpg
ベニスを描いた油絵は昔イタリアを旅した時の、お土産だそうです。
家のインテリアに合わせてシックな茶のフレームに交換しました。
元は下の写真のゴールドの額装でした。
a0077203_15432875.jpg
このフレームが空きましたので....横にして
今までテーブルセンターにしていた
川島織物の天平華紋を額装を元のフレームに入れてみました。
マットを入れて面金をしたら素敵なインテリアになりました。

by page-1h | 2017-07-30 16:16 | インテリア | Trackback | Comments(0)