カテゴリ:子供の絵( 4 )

孫と絵を描く夢

浜松に「響アートクラブ」という絵画教室があります。
河合哲雄さんがこの教室で学び始めたのは
3年と少し前のことだそうです。
河合さんは以前から絵を買ってくださる親しいお客様でしたが
突然ご自分の絵を持って来られたのは2015年12月のことです。
写真が残っているので紹介したいくらいです。
それからもう何十枚の作品を額装させて頂いたか....
その時間は私たちにとっても極上の幸せでした。
というのは熱心で作品に心があり物語がありました。
今回の額装はお孫さんと旅行に行って描いた絵だそうです。
お孫さんは小学校4年生の女の子。
「孫と一緒の絵を描くなんて夢だったよね〜」なんて言う。
「家でも一緒に描いてちょっと直してあげたりするんだよね」
私は涙が出そう。なぜか胸が一杯になる。
絵を描くってそういうことですね。
思いがけない幸せが待っている。
学ぶってこと素敵ですね。

a0077203_17361267.jpg
小さな絵がお孫さんの絵です。念のため。
河合さんの先生は齋藤雅紀さんです。
齋藤先生も素敵な絵を描きます。


by page-1h | 2019-02-08 17:54 | 子供の絵 | Trackback | Comments(0)

お子さんの絵の額装

ページワンはお子さん連れのお客様がとても多いです。
今日など祭日ですから
朝からお子さんの相手に楽しい一日でした。
そして豊かな時代を感じるのが
子供の描いた絵の額装をすることです。
間に合わせの額に入れて子供部屋に飾るのが
普通だったことが
玄関や居間で家族と共有するインテリアにしたい
お客様が増えています。
プロのアーティストと同じ目線できちんと対応する...
ページワンの仕事です。
お子様の身長に合わせて接客します。

a0077203_16594091.jpg
お子さんもお母様もとてもリラックスして
額装を楽しんでいます。
どこに掛けるのかな?とか色々な相談をします。
子供でもマットの色や額の素材など
信じられないほど真剣ですよ。
一生の宝物になると思う「お子さんの今」の作品。
実にステキな時間です。


a0077203_16594345.jpg
居合わせたお客様もつい参加してしまう...
不思議なページワンです。


by page-1h | 2018-11-23 17:12 | 子供の絵 | Trackback | Comments(0)

僕はピカソ!

なんと素晴らしい名画!
ピカソですよ。
本物だったらびっくりですが
そうでなくてもすご〜いです。
小学生の男の子が描きました。
額装もそれっぽい...でしょう...。
子供は天才ですね。ピカソも天才。

a0077203_15484526.jpg


a0077203_15484779.jpg
これはエルマーの冒険...
何でも絵にしてしまう...
いいね。
a0077203_15484911.jpg
子供の絵は良い!
ホントにいい。

by page-1h | 2018-04-21 16:26 | 子供の絵 | Trackback | Comments(0)

子供の絵の額装大忙し。

お子様の絵の額装を受け取りに来られる時
お子様も一緒だととても嬉しい。
つい可愛い子供たちと絵のお話に夢中になってしまうのです。
春休みも終わったけれど今日もお子さんの絵で店中が賑やかになりました。
a0077203_19075945.jpg
これはクリスマスの版画。
お父様が額を選ばれたのですが
「わたしはもっと可愛いのが良かったな...」って
「ろうそくやツリーがキラキラしているゴールドが素敵だろ」って
パパが説明。だってこれはパパの仕事場に飾るのだそうです。
幸せな家族物語。
a0077203_19063456.jpg
子供は色の引き算をしない。
思うままの自分でいるんだね。
a0077203_19061946.jpg
私が靴下の街かなって言ったら
これは手袋だって。
失礼..そうなんだ楽しそうだね。
a0077203_19062776.jpg
「以前ね上の孫の絵を額装したんですよ。
だから下の子もね。」
良いですね。どこに飾るんでしょう...
どんな名画にも負けないと私は本当に思う。

by page-1h | 2017-04-09 19:23 | 子供の絵 | Trackback | Comments(0)