カテゴリ:手芸( 5 )

刺繍の額装

お客様自作の刺繍の額装です。
遠方から送ってくださいました。
この頃はページワンで額装したいと
作品を送ってくださる方も多くなりました。
本物の貝で作ったこのフレームに作品がとても似合いました。
お客様からメールを頂きました。

今日、素敵な額が届きました。
とてもとても素敵に仕上げて下さって、あらためて額装の力に
感動しました。刺繍が何倍も素敵に見えます。
飾っている最中に小学2年生の娘が学校から帰ってきたのですが、
綺麗だ綺麗だと自分と額の記念撮影をしていました(笑)
遠くからでも貝のキラキラした感じが良くわかり、素敵です!!!」


a0077203_18184903.jpg
メールの交換をしている時に
雪絵さんが京都にアンティークレースを
観に行く予定がありました。
メールではその話題がとても楽しそうでした。
お客様も蚤の市に出かけたりするようです。
a0077203_18185331.jpg

このシルバーにも惹かれてくださいました。

こんなご返事メールも頂きました。


「こんばんは。

フレームとマットの画像ありがとうございます。

シルバーのフレームも素敵ですね。

白かシルバーか悩んで頭から湯気が出そうです。

マットはフレームが白でもシルバーでも

この刺繍の場合は白が好きです。

確かにシルバーも素敵ですね。

ただ重厚なマダムな感じに仕上がると

私や家の雰囲気と違うので合わないかなと思います。

少しモダンで爽やかな感じ(わかり難くてすみません…)

に仕上がりそうならシルバーにしてみようかと思います。

シルバーが重厚なクラシックな感じになりそうなら

白にしようと思います。」

a0077203_18185577.jpg
解りにくいことはありません。
とても素直なご意見でした。
そう...白も良いのです。
a0077203_18185740.jpg
こんなシルバーも..
他にもいろいろなご提案をしました。
納得していただくことが喜びですから..。
a0077203_18234020.jpg
この写真も送っていただきました。
飾った写真を添付しますが
私の写真の腕前では実際に目で見た素敵さが
イマイチ写ってないような気がします。
写真の5倍は素敵です。」
ということです。
そんなことありません。
私達50倍感激しています。
嬉しいです。

by page-1h | 2018-05-23 18:46 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

刺繍の額装

ヨーロッパなどで工芸美術館などに行くと
どんな所でも手芸を額装していました。
そんな時代が日本にも来たのだとしみじみ思います。
先日のフェアリーハンズ主催の作品展でも
多くの刺繍を額装させて頂きました。
刺繍もいろいろな技法があって立体にしたり
下地の色を工夫して模様を浮き出したり
ひとつひとつが絵画のようで額装にも力が入りました。
a0077203_17103179.jpg

a0077203_17102931.jpg
藤村先生の作品です。
最初マットをこの色にしたのですが
どうしても馴染まないので下の写真の色にしました。
マット選びはとても大切です。
その為に長時間費やしても悔いはありません。
素晴らしい作品でした。
a0077203_17021624.jpg
個々の作品が時代を越えて
各家庭の歴史になっていくのでしょう。
針仕事こそこれから残っていくカルチャーだと思いました。
a0077203_17020422.jpg
a0077203_19135360.jpg
クリスマスやりかちやん人形やアルファベットなど
女子力上がります。
とても優しい。
そして独創的なアート力があります。
a0077203_17014879.jpg
a0077203_19141076.jpg
a0077203_17021390.jpg
同じパターンでも額装で随分違いますねと
先生に言っていただきました。
a0077203_17082594.jpg
ご自分の息子さん達の写真を刺しています。
素晴らしい記念ですね。
a0077203_17082204.jpg
a0077203_19135653.jpg
a0077203_17081933.jpg
a0077203_18564584.jpg
お子様の描いた絵を刺繍したり
思い出のピアノだったり
想像は尽きません。
a0077203_17081637.jpg
右の刺繍はステッチの練習なのだそうです。
でもアートになっている!
左の刺繍は個性的ですごく素敵でした。
まだいろいろな作品がありました。
素敵でぽ〜っとして写真が足りませんでした。

by page-1h | 2017-11-23 17:42 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

こぎん刺し

ほの国百貨店でのフェアリーハンズ作品展に
「こぎん刺し」がありました。
「こぎん刺し」とは津軽地方に伝わる刺し子なのだそうです。
寒い国の着物に刺し子をしたのが時を経て
伝統工芸になっていったのでしょう。
細かく繊細で美しい作品でした。
それなのに力強さを感じる不思議な感覚でした。

藤村雅子先生は説明の中に
「長い時間をかけて作った作品を、ぜひ額装して
お家の壁に掛けたら素敵ですね」と言ってくださいました。
a0077203_17190785.jpg
ページワンの額装史に残る素晴らしい作品でした。
説明を聞いている観客に歓声が起きました。
東北の施設に贈るというキルトを刺している方も
思わず振り返っています。

a0077203_17191496.jpg
a0077203_17334258.jpg
手仕事はとても優しくて尊いものですね。

by page-1h | 2017-11-18 19:12 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

アルファベットの刺繍

主人に、とても良いから見て!と言われました。
額装も特に気に入ったようでした。
アルファベットが白の糸でステッチされているのですが
シンプルで美しい。
私も刺繍して自宅に飾ったら喜ばれるかな~
なんて思ったけれど無理...無理。
装飾のある真っ白な額に細いアンテーク風な面金をマットの切り口に入れています。
お客様も絶賛されていました。
嬉しいです。
a0077203_11133672.jpg
作業台の木漏れ日の下で撮りました。

by page-1h | 2017-04-05 11:21 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

手芸の額装

手芸というと暮らしの中の彩り..たとえばクッションとかカバーとか洋服の刺繍とか...
ページワンで刺繍をアートとして額装する方が増えました。
アートの幅が絵画だけではなく広がってきました。
キルトも額装すると素晴らしいです。
こんなに素敵になるなんて...と創作したお客様もびっくりでした。
a0077203_17071295.jpg
創作したキルトを贈り物にしたり玄関に飾ったり..
温かな暮らしですね。
a0077203_17071028.jpg
この刺繍はウエルカムボードです。
子育てが終わった頃、発奮して介護の学校に通って
今は介護士として活躍している方です。
忙しい合間に子供のような後輩の結婚祝いに創作した作品。
出来上がった額装をみて感激していました。
「額装って良いね!」
a0077203_17125009.jpg
こんな絵画的な刺繍すてきですね。
ザラっとした素朴なグレーの額装です。

刺繍はartです。好きだなぁ。

by page-1h | 2016-09-27 10:00 | 手芸 | Trackback | Comments(0)