カテゴリ:アート( 150 )

前澤友作社長とアート

ZOZOTOWNの前澤友作社長は現代アートのコレクターですね。
昨年バスキアを123億で落札して話題になりました。
最近は月旅行に行くことで有名になりましたね。
そんなニュースの中ページワンに若い素敵なファミリー来られました。
「前澤さんをテレビで見て僕も何かアートを買おうかなと思って....」
彼もジョークなんですが
私も思わず笑ってしまいましたが感動しました。
前澤さんって最高!
日本の現代アートに影響を与えていますね。
いろいろ話して、たくさんアートを紹介して...楽しかった!
むらかみみかさんの「夢をみたくて」を買っていただきました。
バスキアに負けませんね。素晴らしいアーティストです。
アートに夢を持ってください。
a0077203_12240044.jpg
一緒だった5歳のお嬢様もこの絵と共に
美しく成長することでしょう。
子供も楽しんでいました。
何て素敵な会話と時間。
現代アートの話題は楽しい!
私も夢を見ました。


                            

by page-1h | 2018-10-06 17:43 | アート | Trackback | Comments(0)

ギャラリーポテト

浜松信用金庫三方原支店にはポテトという名前のギャラリーがあります。
銀行の片隅にある憩いの場所という感じではなく
本格的なギャラリーです。
三方原支店に用事が無くても必見ですね。
これからの開かれた銀行ということです。
今は浜松在住のちぎり絵作家「鈴木春子」さんの
個展を開催しています。
鈴木春子さんは今年90歳で卒寿記念なのだそうです。
a0077203_17243039.jpg
最初額装をお受けした時は記念に
親しい方に差し上げたいというお気持ちだったようです。
温かなご家族の配慮で個展を開くことになりました。
大変だったと思います。
どの作品も素晴らしく30年のキャリアを感じます。
a0077203_17242809.jpg
a0077203_17283018.jpg
案内状に使っていた丹頂鶴です。
美しい作品です。
a0077203_17283713.jpg
春夏秋冬...山があり花が咲き川があります。
人物も....
まさに「鈴木春子」の人生の様です。
何を想われて60歳から描きはじめたのでしょうか。
素晴らしき人生の集大成。
24日までです。
ぜひお出かけくださいね。

by page-1h | 2018-09-19 17:51 | アート | Trackback | Comments(0)

生熊涼太さんの絵

天竜区上野の大自然の中に小さなギャラリーがあります。
農家の軒先にある小屋のような素朴な建物です。
そこで「第3回 生熊涼太作品展」が開催されています。
前に阿多古川が流れています。
ここで涼太さんの絵を見たことで
自然とは...Artとは...ギャラリーとは...
日常の常識が壊されていくような
清々しい気持ちになります。

a0077203_10444768.jpg
展示会は25日までです。
先日涼太くんの小学校時の先生だった
蛭田妙子さんにお会いして
あぁ^そうだわ忘れるとこでした...
先生の優しさに導かれました。
a0077203_11371267.jpg
題は「僕の今日のきもち」
不思議な絵です。
日々の暮らしの鎖のような...
彼はなにを結びつけているのだろうか...
涼太さんは障がいを持っていますが
仕事をしながら画家の中道芳美先生の元で
絵を描き続けています。
a0077203_10445309.jpg

a0077203_10445064.jpg

by page-1h | 2018-03-23 11:11 | アート | Trackback | Comments(0)

「平野喜久子」と「浦野尚子」の出会い

私が主人とふたりでページワンを開店して
もう33年目に入っていますが
ページワンとは人と人の繋がりだと...
それだけで、やって来れたと月並みなことを思います。

昭和41年当時将来に光を放つだろうという一人の版画家が
27歳で病死しました。
その画家「平野喜久子」は千葉在住で浜松の出身でした。
母親が亡くなり遺品である作品に陽が当たり
浜松で小さな美術館を作ったのが2009年の夏でした。
ご家族と仲の良かったページワンはその額装を任されたのです。
でもその後小さな美術館は都合で閉館されていました。
a0077203_16060248.jpg
2016年春、息子さんが入学されて訪れた千葉市の
大学近くの古本屋でゴーギャンの本を買われたのが
長野県諏訪湖畔の街に住む浦野尚子さんです。
本の裏表紙に「平野喜久子蔵」と記されていて
ネット検索でページワンのブログに繋がったのです。

そして浦野尚子さんは「平野喜久子」に感銘して
氏のことを詳しく調べ浜松在住の家族とも連絡をとり
下諏訪の「ハーモ美術館」で6月24日から
平野喜久子版画展を開催することになったのです。
浦野さんの情熱は計りきれません、
その、ひたむきな努力と美術に対する優しさに私は感動しました。

昭和の版画界の彗星になった平野喜久子氏...
私も鑑賞してまた紹介したいと思っています。
a0077203_16060570.jpg



by page-1h | 2017-06-19 16:42 | アート | Trackback | Comments(0)

シャガールのオペラ座

ページワンの主人は通称シャガール叔父さんと呼ばれ
シャガールのことはとても詳しいです。
いろいろ珍しいコレクションをしています。
今ページワンではパリのオペラ座の下絵の特集をしています。
特に写真のようなデッサンをリトグラフに複製した作品は貴重品であり
素晴らしいです。
パリのオペラ座にはシャガールが制作した「夢の花束」という天井画があります。
そこには12人の音楽家とバレエ作品やパリの風景が描かれています。

a0077203_15122914.jpg

この作品はモーツアルトです。
額装もクラシカルですてきでしょう....
額職人が作った本縁額です。
このようなデザインの額は少なくなりました。
この額装がお部屋にあったら良いですね。
モダンなシンプルなインテリアでもオブジェ的な古典額があると
雰囲気が出ますね。
a0077203_14374290.jpg
シャガールオペラ座の下絵 51cmx43cm(額の外回り)
この額に入れて¥33,480


by page-1h | 2017-04-14 14:53 | アート | Trackback | Comments(0)

カンディンスキー

私は1987年に東京でカンディンスキー展を見ました。

抽象画を見て感動したのははじめてだったかもしれません。

写真のカンディンスキーは先日雪絵さんがパリで仕入れました。


カンディンスキーはモスクワで生まれました。

純粋抽象画の創始者です。

モスクワ大学で法律、政治・経済を専攻しまたが30歳でミュンヘンに移住し

クレーらと共に絵画を学びます。

1910年に最初の水彩による抽象画を完成した巨匠です。

モスクワ美術学校「バウハウス」の教授を勤めたことでも有名ですね。

この作品は1960年に制作されたものです

デリエール・ル・ミロワールはパリに画廊を開いたエメ・マーグによって

1947年から1982年まで253号まで発行されました。

大きな特徴はこれらには特集されたアーティストのオリジナル版画が入っていることです。


この作品は額装もすてきでしょう....。

今思えばもうこの頃のリトグラフ(石版画)は復元できないと思います。

前に立つと、ほのぼのとした美しさを感じます。

a0077203_17355290.jpg
デリエール・ル・ミロワール 1960年制作
カンディンスキー額装 額の外回りが約60cmx50cm ¥48,600


by page-1h | 2017-04-13 18:08 | アート | Trackback | Comments(0)

若木信吾写真展

浜松美術館で若木信吾さんの写真展を開催中ですね。
休日にゆっくり見てきました。
鴨江アートセンターやカギヤビルなどで見る機会も多い写真家です。

若木さんの写真展の帰りのお客様が来店してくださいます。
皆さん..
「写真展見ましたか...どう思いましたか?」と
私に感想を聞きます。
分かち合いたいのか写真が難しいのか...でも写真について語りたいということは素敵です。
そういう時が来たのですね。


a0077203_15094247.jpg
この写真はお客様から額装を承りました。
若木信吾さんの若き頃の作品ですね。
25年くらい前のようです。NY時代でしょうか...。
a0077203_16345766.jpg
今日お届けしてお取り付けしました。
a0077203_15124546.jpg
京都に在住の写真家「高岸佑樹さん」の作品です。
彼は浜松にご縁があるようです。
ページワンで額装をしました。

a0077203_15101118.jpg
ページワンの写真家と言えば
松本幸治さんです。
彼の作品はページワンにたくさんあります。
a0077203_15100969.jpg
ファンもたくさんいます。

a0077203_15095921.jpg
昨年の私の誕生日プレゼントは「松本幸治」です。
いつも食事をしながら作品を見ています。
松本さんの写真を見ていると幸福感を感じます。


by page-1h | 2016-09-29 15:38 | アート | Trackback | Comments(0)

motoさんの作品のあるブータン

火曜日に雪絵さんは病院の帰りにブータンに寄ったのだそうです。
3日に怪我した肋骨の容体はだいぶ回復したようです..が
まだ肺に出血があるようで注意しています。

「ブータンのカツカレーはとても美味しかったよ」と言うので
私達も翌日の帰りにブータンに寄りました。
カレー好きな私達でも行ったことの無かった老舗ブータン。
小さな店ですがとても美味しかったし若いご主人も素敵な人でした。

a0077203_18033296.jpg
どうしてブータンにこだわっているかは浜松出身の前原本光さんの作品があるからです。
彼はmotoさんと呼ばれているフランス在住の画家です。
コラージュを得意にする作風は若者に大人気なのです。
この絵の額装もページワンでさせていただきました。

motoさんはご自身でもページワンに額装に来られますが
この頃は若い方達がmotoさんの作品を持って額装に来られます。
若者がアートを感じてコミニュティを作っているのが伝わります。

「motoさんのお陰でお客様が広がりましたね」とブータンのご主人も言っていました。
カレーだけに刺激のあるスパイシーな話しでした。
by page-1h | 2016-09-17 18:24 | アート | Trackback | Comments(0)

親から子に

お嬢様が結婚してお孫さんが誕生して...
そんなお話しを楽しみに聞いていました。
お孫さんの誕生には記念に絵を買っていただいていましたから...。
それからマンションを買われたとかで
記念に絵を贈ろうとページワンに来られました。
a0077203_16192363.jpg
綿引明浩さんの「天体航海記」という作品。
人生は星空のようにロマンチックで美しいものだよ。という
ご両親の気持ちが込められています。
それとも厳しい宇宙の旅..ふたりで羽ばたきなさいということかも。

a0077203_16044233.jpg
「何にもしてあげられないからね...
絵を選ぼうと思って...」とご両親は言う。
綿引明浩さんの作品を2点。
とても楽しそうだったし、眩しかった。
若者は欲しいものがたくさんある。
その中で親が買ってくれたオリジナル版画を喜んでいる。
そんな気持ちが画家を育て社会を平和にすると言う私は
ビックマウスでしょうか。
a0077203_16044653.jpg





by page-1h | 2016-09-07 16:24 | アート | Trackback | Comments(0)

平野貴久子という版画家

戦後の版画史に名前を残すはずだった作家が若くして亡くなりました。
もう50年も前のことです。
その平野貴久子さんという画家は母の元で封印されていたのですが
7年前に貴久子さんの姉の友人宅にギャラリーを作って公開することになり
ページワンも額装をさせて頂いたことがありました。
力を貸してくださった友人も夫の病気などで人を招くことが難しくなりました。
そして時間が流れました。

a0077203_18572530.jpg
ある方がゴーギャンの古本を買い裏表紙に平野貴久子さんのサインがあったという。
気になってネットで名前を検索するとページワンのブログに入り
ページワンは平野さんのお姉さまとのメールの架け橋になったのです。
あまりの偶然と奇跡の出会いがあり
平野貴久子さんの版画は信州の美術館に保存されることになりそうです。
先週皆がページワンに集まりました。
忘れられる作品がいつか人々の貴重な名作になる。
そこには人の愛と温かさと情熱と努力があったと心から思うのです。


by page-1h | 2016-07-30 19:19 | アート | Trackback | Comments(0)