ある晴れた日に

この作品は「ある晴れた日に」という題の「上砂理佳」の作品です。
長崎のグラバー邸がテーマになっています。
この頃、続けてこの作品が売れています。

写真の帽子は水兵帽で広島の方でした。
8年前に結婚する前の奥様に上砂さんの作品を贈ったのだそうです。
そして今回家を新築するので注文を頂きました。
「私は船乗りさんでして
この作品のように妻、娘、小さな息子という家族構成なのです。」
とメール交換をしました。その時の写メールです。
小さなエピソードや写真など..心が温かくなりました。
a0077203_13391008.jpg
もう一人のお客様ははるばる大阪から来てくださいました。
悲しいことがあったそうです。
作品と重なるそれぞれの想い。
上砂さんに詳しくお伝えしました。
彼女はそれぞれをエネルギーにして制作します。
その様子に、しみじみと芸術の崇高さを感じます。
a0077203_13393097.jpg
夏の終わりを惜しむように新作の版画が届きました。
今年の夏はいかがでしたか。
上砂作品を見て暑かった夏が終わりました。
頭が静かになりました。
作品の中に秋風が吹き始めました。
a0077203_13392876.jpg
a0077203_13391539.jpg

by page-1h | 2016-09-02 14:05 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://page1.exblog.jp/tb/23185056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 親から子に ユニフォームとTシャツの額装 >>