お誕生日に

今日小さなお子さん連れのご夫妻が来られました。
昨年「上砂理佳の長靴をはいた猫」を買ってくださった奥様でした。
今日は「逸見亜古」の作品を買ってくださいました。
ずっとこの作品が気になっていたんです...と。
でも他にも、いろいろお好きな絵があって悩んでいました。
この方は絵が好きなんだなぁと思って私も嬉しい時間でした。
この作品のタイトルは「夢のつづき」
インテリアの基調を白にしているのだそうです。
白の装飾彫りにシルバーが少し見える額を選びました。


a0077203_18135444.jpg
もうすぐお誕生日だからご主人に買って頂くのだと言います。
「若い女性には買いたいものが、たくさんあるのに絵が欲しいって素敵な奥様ですね」
とご主人様に思わず問いかけてしまいました。
ニコニコ顔でご主人様「良いね〜」って。
もう一人小学生の息子さんがいるのだそうです。
若きママ。子育て中だけどアートの心にエールです。
ずっと夢は続きますね。
a0077203_18140483.jpg

by page-1h | 2015-06-26 18:41 | 逸見亜古 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://page1.exblog.jp/tb/21384666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< アトリエにエルメスの額 「むらかみみか」会議室へ行く >>