人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クレーの忘れっぽい天使

クレーの忘れっぽい天使_a0077203_19152286.jpg
私はとても忘れっぽいのです。
年を重ねると忘れた方が良い場合もあります。ほとんどが忘れていた方が幸せかもしれません。過去にこだわると人生は確実に面白くなりませんね。
クレーは亡くなる前の年に天使の絵をたくさん描いています。
迫害され病に苦しみながら紙に鉛筆で描いています。
そんな時でさえ優しい顔の天使が描けるのです。その天使に「忘れっぽい天使」と題をつけたのは何故なのかと思います。
by page-1h | 2010-05-15 19:27 | アート | Trackback | Comments(6)
Commented by たぬきの女房 at 2010-05-16 11:25 x
天使だけのことを思い、
自分自身も気づかぬうちに天使になって
描き続けたのではないかしら。

そのときはもう絵に夢中になっちゃって、
病とか、迫害の苦しみとか
全部忘れちゃってるのね。きっと。
すっかりわすれちゃ
Commented by page-1h at 2010-05-16 16:45
った時本当の天使になってしまったのね。
私クレーって好きだなあ。
暖かくなって来ましたから
ページワンの店にもたぬきの夫婦が現れるかな..
と楽しみにしています。
Commented by にこぐさ at 2010-05-24 11:36 x
私もクレーの天使、好きですね・・・
谷川俊太郎さんがクレーの天使を思って書いた詩があるのですが
それがとっても素敵なんです。
Commented by page-1h at 2010-05-27 11:57
谷川さんのお陰でクレーのファンが増えましたね。こんなふうに絵に親しみを受けることがすてきです。この絵の前で立ち止まるお客様が多いです。
Commented by √6意味知ってると舌安泰 at 2022-10-09 15:37 x
≪…忘れっぽい天使…≫の殊勝さを、数の言葉ヒフミヨ(1234)に、当てはめて観ると・・・
 「生成中の天使」(クレー)の【十字 円 三角】らのカタチと十進法の基における西洋数学の成果の符号【e】【π】【i】【∞】と【1】【0】を天使(妖怪・妖精)からの[おくりもの](涙)として、数の言葉ヒフミヨ(1234)をみつめるのは、3冊の絵本で・・・
 絵本「哲学してみる」
 絵本「わのくにのひふみよ」
 絵本「もろはのつるぎ」

 これらから、「数学的なヴィジョン」として、クレーが探して求めていたであろう?・・・
 + - × ÷ √ = 
      を 浮かび上がらせたい・・・
Commented by 岡潔数学体験館見守りタイ(情緒の道) at 2024-06-02 11:24 x
 ≪…「忘れっぽい天使」と題をつけたのは何故なのか…≫を、クレーの「数学的なヴィジョン」に想う・・・

≪…年を重ねると忘れ…≫ないのが、[わらべうた]の「さよならさんかくまたきてしかく」だ・・・
これが、数学の基となる自然数を大和言葉の【 ひ・ふ・み・よ・い・む・な・や・こ・と】からの送りモノとして眺めると、[数のヴィジョン]になるとか・・・

自然数のカタチからのキュレーション的な催しがあるといいなぁ~


<< シャガールおじいさん ユニホームの額裝 >>