人気ブログランキング |

夏の絵

私が休みを取った日....
雪絵さんが素敵なお客様が
来店くださったと言ってました。
お母様とお嬢様とのお買い物。
ナチュラルな雰囲気だったそうです。
白駒一樹さんの夏の新作「廻航の日」
という作品です。
「絵を買うのは初めてなんです。」
と言われたそうです。爽やかなお買い物ですね。
額装は貝で作った額に決めてくださいました。
このフレーム夏らしいですね。
a0077203_18011832.jpg

玄関に...お二人で考えて良い思い出になりますね。
絵画ってそういうものです。
行動を共にするのが楽しいのです。
感性が一つになる瞬間。
ページワンがその役割を果たせましたでしょうか?

a0077203_18012146.jpg




# by page-1h | 2019-06-15 18:15 | インテリア | Trackback | Comments(0)

浜松凧の額装は祖父母の愛

浜松人は5月の祭りが終わると
どっと疲れが出て静かな日常が流れます。
初子のお祝いをした家は
達成感の幸せに浸っていることでしょう。
そんな時おじいさまとおばあさまは
ページワンに祝い凧の額装に来られます。

a0077203_16385689.jpg
額の中にお気に入りの写真を入れて
それがとても可愛いのです。
孫の法被姿はホント可愛い!
額に入れて保存額装です。
さ〜どっちの家に飾ろうか...
やっぱり私の家かな〜家族の笑顔が弾けます。
a0077203_16385429.jpg
どんなに破れてもも汚れても
スペースが無くて小さくしたくても
ご予算がなくても
雪絵さんなら何でもok.
ご相談ください。
「浜松のアート」に仕上げます。


# by page-1h | 2019-06-10 18:30 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

ページワンの雪絵さんは刺繍の額装が得意

刺繍をしている方はとても多いですね。
この頃は男性も多いかもしれませんが
女性として刺繍作品は憧れです。
ページワンには刺繍を額装に
来られる方がとても多いですね。
雪絵さんがいるからです。
女の額装家(フレーマー )は日本では少ないのです。

a0077203_18585987.jpg
どんな方にも雪絵さんの刺繍の額装には
大きな賞賛をいただきます。
雪絵さんは美しいものが好きで
刺繍の展示会をよく見ています。
お客様が作品を持ち込んでくださると
店中に弾んだ楽しげな声が聞こえます。
a0077203_18590163.jpg
写真のお客様は遠方から送られて来ました。
本当にありがたいことです。
a0077203_18591266.jpg
お客様の作品を眺めて長い時間考えています。
何回も...もうお決まりになったメールに
又ご返事をしたりして
額装の仕事が好きなんですね。
a0077203_18592702.jpg
お客様に発送して
メールで返事をいただきました。

こんにちは。午前中に額を受け取りました。

今回も素敵に仕上げて頂いてありがとうございました。

この刺繍は自分のイメージ通りに仕上がらず、額装せずに

お蔵入りの予定だったのですが、雪絵さんなら何とかしてくれるかも!

と思いお願いしました。

やはりお願いして良かったです。

お蔵入りの予定でしたが、リビングに飾ります(笑)

写真で撮ると肉眼で見るより暗く写りますね。2枚目の色で見えます。

前回の野の花のサンプラーは階段に飾りました。

いつかページワンに直接行ってお願いしてみたいです。」


a0077203_14595790.jpg
a0077203_18590898.jpg

# by page-1h | 2019-06-08 17:39 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

「伊部年彦」という画家

伊部年彦さんの作品を憶えていますか?
一年前東京で個展があった時
主人と訪ねて行きました。
以前から私も雪絵さんも伊部さんの大フアンでした。
今もそうです。でも
なかなか作品をページワンに展示するまで
話しがまとまりません。
先日私も主人も留守だった時
伊部さんがページワンに額装に来られました。
額のお金がないので1ヶ月待ってほしい...
その代わりこの2枚の絵を預けますとの事。
嬉しいことです。
早速ページワンに展示しました。

a0077203_16460197.jpg

これは初期の作品だと思います。
ずいぶん前のことですが
この絵をページワンに額装に来られた時に
とても感激したのです。素敵でした。
ページワンに展示する事が出来て
幸せです。ぜひ見に来てくださいね。
そして応援してください。

a0077203_18183321.jpg

昨年個展に伺ってから私から電話をした事があります。
ぜひ作品をページワンで扱いたいと...
個展の期間が長かったので東京に滞在していたそうです。
その為に仕事を辞めてまた再開した時でした。
今は絵を描く余裕がないと言われました。

a0077203_18183669.jpg
東京ではこんな作品を見ました。
a0077203_18183704.jpg


# by page-1h | 2019-06-06 18:41 | アート | Trackback | Comments(0)

日々の仕事

木曜日の黄昏時。
あと1時間ぐらいで今日の仕事も終わり。
今日は疲れたなぁ...なんて
思いながら店を見ると
雪絵さんは窓辺でお客様の作品の
額装プランニング。
集中してます。
この時間がページワンを支えてますね。
a0077203_15224730.jpg
奥のギャラリーでは店主が
こちらも一心不乱に額装を考えています。

こんな風に今日も終わる。
そして初夏の風も緑と幸せを運んできます。


a0077203_15225076.jpg

# by page-1h | 2019-05-24 15:41 | 額装 | Trackback | Comments(0)

断捨離の時代

こんまりさんが世界的に有名になって
おかたずけが大ブームですね。
我が家もやたらに断捨離してます。
特に主人は思い切りが良く
そんなに捨てて大丈夫か〜と
思うのですが捨てた方が正解ですね。
断捨離をしていると思いがけなく大切なものが出てきます。
残る手段は額装です。
額に入れて壁に掛ける。
なんと素晴らしいことなんだろうと
額装を仕事にしている私でさえ感動してます。


a0077203_10261873.jpg
以前お客様に依頼された小さな絵。
子供のお絵かき帳や工作...
高価だったものは捨てられるのに
捨てられない!
a0077203_10261652.jpg
お客様が旅先で買ったタイル。
旅の思い出も捨てられませんね。
a0077203_10262100.jpg
お子さんが生まれた時の記念のスプーン。
記念品は額装してインテリアに。
a0077203_10262459.jpg
面白いものが出てきたら額装ですね。
どんなものより素晴らしい。
ユーモアも大切。

# by page-1h | 2019-05-18 10:42 | 額装 | Trackback | Comments(0)

アートのお取付に伺って

昨年末むらかみみか さんが
来日している時のことですが
「3人の使者」と言うみかさんの作品を
お取付に行きました。
リフォームした和風の玄関に現代アートを
選んで頂きました。
3つの版が点在する不思議な作品です。
版の中には羊の群れや寂しい羊が
それぞれに居ます。
とても似合っています。
a0077203_12212962.jpg
彼女はみかさんが来日していることも知らないし
ふと、この作品をページワンで見つけて
買ってくださったのです。
a0077203_12212509.jpg
丁度お取付が火曜日の定休日でしたので
私も主人について行きました。
ニューヨークで買った作品もありました。
「以前ページワンさんで額装を変えていただいたのよ。
前は黒い額だったから...」
覚えていますよ。
でもお茶をいただいて、ゆっくりお話をすると
この絵にも深く美しい物語がありました。
絵や額装には人生のストーリーが隠されています。
だから素晴らしいのだと思います。
a0077203_12213110.jpg
数日後みかさんに会う機会がありました。
作品についても話せました。
お友達も一緒です。
現代アートは画家と会って
完成されるような気もします。
それもページワンの魅力だと
喜んでくださいました。

# by page-1h | 2019-05-16 14:14 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

シャガール美術館

今日朝とても懐かしいお客様が来られました。
「友達のご主人が亡くなられてね...
何か元気の出る絵をあげようと思って...」
と言います。
「私のこと覚えてる?」っていうけど、もう25年くらい前のお客様で
(それ以上かな)でも私覚えてるんです!
懐かしくって嬉しかった。
昔ルノアールのデッサン画を買っていただいたことがある.....

今日は綿引明浩さんのピッコロ「バラ色の人生」を
ローズ色の額装で買っていただいた。
お友達に、ご主人は居なくなったけど、これから
人生は続くのだから...今までの人生は
バラ色だったのだから...って。
アートの力が優しいと良いね。
喜んでくださるかな〜
a0077203_17181780.jpg
彼女が言うのよ。
「ご主人とシャガールの話ししたなぁ〜。
2階でね。まだシャガールがある!
シャガールの好きな、ご主人も居た!」
って。
彼女も60歳過ぎたと言っていた。

a0077203_17181926.jpg
私もフランスの話をするには
いささか昔話になりますが
ニースの、しみえ地区にあるシャガールの美術館は
私たちの原点です。
シャガール美術館にあった素敵なカフェや庭は
今のページワンです。
つもりです....
どうぞゆっくり遊びに来てくださいね。

a0077203_17182320.jpg

# by page-1h | 2019-05-15 17:36 | ページワン | Trackback | Comments(0)

母の日の贈り物

明日は母の日ですね
プレゼント何にしょうかなと思っている方は
ページワンの絵にしませんか!
この絵はむらかみみか さんの版画ですが
桜の花びらの版に女性がほおづえをしています。
空に鳥が二羽...桜咲く公園が見えます。
テーブルにはコーヒーのカップとポット。
素敵ですね。
私も母ですがこんな風に癒されたいわ。

a0077203_12093308.jpg
a0077203_12093697.jpg
女性の雰囲気は平和で優しい。
みかさんはスペインで活躍するアーティストです。
最高の贈り物ですね。
この作品はサイズが額の外寸法で33センチx26.5センチ
お値段は¥13,500です。


# by page-1h | 2019-05-11 12:23 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

洋書を額に入れる

グリム童話でブレーメンの音楽隊ってあるでしょう...
ドイツの絵本をね・・大切に持っていたお客様がいました。
それを額装したいと持って来てくださった。
本の額装は得意だから大いに盛り上がり
こんな風に額装が出来上がりました。

a0077203_18511448.jpg
古い絵本だからアンティーク風な額を立体にしているのよ。
中に本を受ける台を付けているの解りますか?
a0077203_18510512.jpg
出来上がってお客様が来店されて
それはもう喜んでくださいました。
絵本にロマンを感じている方ですから...。
でもねロバが労働してるところよりも
ほら...動物たちがアクロバットしてるのがそれっぽいですよ...
と雪絵さん!

a0077203_18511259.jpg
思い出した!そうそう...こんなストーリーだったね。
「楽しいね。時々こんな風にページをめくってね。
孫に見せてね」なんてお客様が言う。
a0077203_18505840.jpg
a0077203_18511072.jpg
決まったらここで止めてね...
出来上がり!
立体になっている厚みが解りまますか?

a0077203_18510897.jpg
本の額装は¥25,000前後です。
ずっとあなたのお側にいます。
勿論本を変えてもOK








# by page-1h | 2019-05-09 19:14 | 額装 | Trackback | Comments(0)

凧の額装

初子凧 額装の季節ですね〜
「君と好きな人が百年続きますように」という
ハナミズキの歌のように
浜松祭りの凧を見ると
いつもこの歌を思います。
息子の夢が、これから百年続きますように...と
凧を揚げて、そして大切に額装する...。
親の気持ちです。
違うかも・・
a0077203_15453826.jpg
シンプルですが百年続く額装です。
こんな感じの額装で税込4万円前後です
「空を押し上げて
手を伸ばす君五月のこと
どうか来て欲しい
つぼみをあげよう
庭のハナミズキ
薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと終わりますように
君と好きな人が百年続きますように」
a0077203_15481321.jpg
名前や町名だけ入れることも
2万円前後です。
額装によって違います。

# by page-1h | 2019-05-08 15:41 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

GWの営業のお知らせ

こんにちは!
ページワンは2日まで
休みなく営業しています。
火曜日も開店しています。
額の相談や家の中に何か絵を掛けたい方や
絵を見たりするのが大好きな方など
ゆっくり遊びに来てくださいね。
3日より 7日(火)までお休みします。
ご迷惑をお掛けします。

a0077203_13280126.jpg

# by page-1h | 2019-04-29 13:33 | ページワン | Trackback | Comments(0)

平成最後に...額装

平成から令和の架け橋になるようなお話です。
スカーフの額装のお客様からメールを頂きました。
感動で胸が震えます。良い仕事でした。
30年前に仕事を始めた時、買ったエルメス。
平成が終わろうとした時、額装したエルメス。

先程はありがとうございました。
平成最後に私と青春を共にしたエルメス。
最後にはまるであの頃は頑張ったねと...
互いを讃え合うように今額に納めていただきました。
主人は額装の美しさに感動していますが
私はまた別の想いで眺めています。
歳を重ね日常の中で忘れかけた華。
私の背筋がピリッと良い刺激になりそうです。
平成最後に素敵な額装ありがとうございました」
a0077203_16574691.jpg
額装するということは
思い出を温めることですね。
エルメスは美しい。
そしてエルメスは物語でもある。
a0077203_16574419.jpg
ページワンも平成を駆け抜けた店です。
私にとっても、このお客様のメールは
最高のエールでした。


# by page-1h | 2019-04-28 17:13 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

平野晴義展

建築家が画家になるって不思議だけど
彼を見ていると
きっと家を建てる人は画人なんだと思う。

ずっと前、彼の家に伺ったことがある。
家の真ん中に庭があって空に繋がっていた。
「風を創っているんだよ」と言っていた。
今「ホテルコンコルド浜松」の一階ロビーギャラリーで
個展をしています。

a0077203_15465897.jpg
ずっとページワンで額装していただいていました。
そしたら、いつも間にか....
画家になっていた。
a0077203_15530425.jpg
不思議な個展です。
「光と風」というテーマでした。
やはり風を作ってたんですね。
絵を描くのは小学校以来
だって言うけど
信じられない。
やはり家を作っていたからね。
才能を使う時間が無かった。
a0077203_15464910.jpg
これ可愛い平野さんの家の猫。
売れてるんだ....
a0077203_15465151.jpg
自画像
会場に行って彼に会ってください。
話が弾みます。
月末までです。

# by page-1h | 2019-04-25 16:43 | 額装 | Trackback | Comments(0)

令和の額装をしてみませんか。

フレーマー の雪絵さんは変顔してますが
令和のページワンもよろしくお願いします。
お客様のお子さんの
書の額装のご依頼をいただきました。
良い思い出になることでしょう。
令和の額装をしてみませんか。
a0077203_11415485.jpg
例話のページワンもよろしくお願いします。
連休は2日まで休みなく営業しています。
ページワンの裏庭に藤が咲いています。
a0077203_11420137.jpg
モッコウバラも咲きました。
休日はページワンでゆっくりしてくださいね。
アートに触れると頭がすっきりします。
本当ですよ!
a0077203_11415988.jpg
コデマリも咲きました。
a0077203_11415759.jpg

# by page-1h | 2019-04-20 11:49 | 額装 | Trackback | Comments(0)

5月連休の営業日

ページワンの営業日のお知らせです。
27日から2日まで休みなく営業します。
30日は火曜日ですが営業しています。
3日より7日まで後半は休ませていただきます。
10連休の前半は
ぜひページワンでお過ごしくださいね。
a0077203_14134064.jpg
連休はお掃除をして断捨離という方も多いと思います。
部屋がすっきりしたら壁の装飾をしませんか。
家にあったお子様の絵や写真。
ステキな刺繍やアートのプリント。
わが家の歴史を額に入れて楽しみましょう。
a0077203_14134265.jpg
額装にハマった!という方
大集合です。
絵を見たり額の相談をしたり
庭でボ〜ッとしたり
ページワンの楽しみ方は無限です。

# by page-1h | 2019-04-19 14:28 | ページワン | Trackback | Comments(0)

額装にはまっている

「額装にはまっている」
ページワンは、この言葉と共に
生きているようなものです。
先日、安藤優子さんの記事にこの言葉があったのです。
嬉しかったな。
50代後半という安藤さん。
素敵な人生を歩んでいるのでしょう。
a0077203_11282506.jpg
話は変わりますが先日こんなTシャツを額装しました。
お客様にお聞きしてみると、これは堀口恭司さんという
アメリカ在住の有名格闘家のTシャツなのだそうです。
サインと朱色は堀口選手の拳です。
いろんな暮らしのこだわりが隠されているのでしょうね。

a0077203_11281427.jpg
毎年きちんとこだわりの額装をする
ガレージアクテブの兵頭さんのカレンダー
彼も額装にはまっています。
きっとガレージやオフィイスの壁は
素敵な額で飾られていることでしょう。

a0077203_11284074.jpg
お子さんが学校で描いて絵を額装する方が多くなりました。
「お宅の一番いい場所に掛けてくださいね」とお願いします。
こんなこだわりが素敵な暮らしだと思うからです。
安藤さんのインタビユーにこんな言葉がありました。

額装すると飾りたいもののまったく違った魅力を引き出せるんです。
額縁だけでなく下に敷くマットなどをどう重ねるかなどで
仕上がりがまったく違うので本当に奥が深い。
例えばフィレンツェで買った古いイタリアの地図に
アンティークの額装を施して
白い壁に飾っているのですが、高い絵よりよっぽど素敵(笑)。
保管という面から見ても一石二鳥ですよね。




# by page-1h | 2019-04-14 11:53 | 額装 | Trackback | Comments(0)

書を額装する

遠鉄百貨店のギャラリーロゼで開催中の
「遊書・楽書」播磨鉄牛展に
今日も行って来ました。
先生は今回78点の作品を展示しています。
その中で夏目漱石を2点書いています。

a0077203_15324591.jpg
文学を取り入れることは多いのですが
夏目漱石は数年前にお客様のリクエストで
制作した作品です。
最初の作品はお客様の所にあるのですが
あまりに人気があり再び展示しています。
先生の代表作になっています。


a0077203_15335681.jpg
下にある「温」も人気があって何回か額装しています。
玄関にかけると温かな家庭の雰囲気が出ますね。
思えば先生の書を
とても多く額装させていただきました。
それは200点をはるかに超えているのです。


a0077203_15324274.jpg
「笑顔」です。いい感じですね。
小さな作品ですが立体にして浮かせています。
雰囲気のあるアンティーク調の創作額に入れています。
これも居間の皆が集まる場所に掛けたらステキですね。
a0077203_15325371.jpg
それぞれにニアンスの違う額に入れていますが
バランスが取れています。
書の額装を通して播磨先生に日々学んで来たページワンです。

a0077203_15330287.jpg
「なんにもわからん」と書いてバックに薄く
ありますね。ユーモアのある書です。

何だか先生の書を家庭に飾りたくなりますね。
私の家には「宮沢賢治」の雨にも負けずの書があります。
もちろん「播磨鉄牛」の書です。
とても素敵で我が家の家宝です。











# by page-1h | 2019-04-12 15:59 | | Trackback | Comments(0)

播磨鉄牛展

いよいよ遠鉄百貨店の「ギャラリーロゼ」にて
「播磨鉄牛展」が始まりました。
15日月曜日までです。
午後は播磨先生は会場にいます。
火曜日に会場準備に行ってきました。
東京からお孫さんも駆けつけて
若い感性も満ちています。
写真の向こうの播磨先生が見えますが
とにかくフットワークが軽い。

a0077203_16173782.jpg
a0077203_16470898.jpg
a0077203_16174299.jpg
どなたでも気軽に話して
笑いが絶えない先生です。
書家の個展はとても珍しく
見応えがあります。

a0077203_16174580.jpg
場所が新館への通路になっているので
春の日差しが眩しくリゾート気分。
会場を待てずにいち早く来て
話し込んでいるファンの方がいました。
まるでニューヨークのギャラリーのようです。
何を話しているのでしょうか?

a0077203_16180708.jpg
播磨先生は作品が出来上がると
新しい額を探してフレーミングしています。
30年もの間先生は
額装も大切な作品の一部だと言って
ページワンの仕事を応援してくださり
創作活動を続けています。
ですから私達は何よりも今日の個展に
大きな夢を持っています。







# by page-1h | 2019-04-11 16:39 | | Trackback | Comments(0)

播磨鉄牛展

4月10日から15日まで遠鉄デパートで
「播磨鉄牛書作品展」が開催されます。
播磨先生は機会を作っては時々書展を催しています。
書展は数々あれど個人の書展は
とても珍しいことと思います。
先生は常時額装した作品を
たくさんストックしています。
ページワンにも所蔵、展示しています。
a0077203_19463420.jpg
先生のファンの方はとても多いです。
この作品も展覧会用です。
福寿...お酒にもありますね。
福寿草もあるし...
寿福...とてもめでたく幸せなことですね。
どっちかな?
というように先生の書は自由なのです。
マットも丸く抜いたりして楽しいです。
a0077203_19463386.jpg



# by page-1h | 2019-03-29 19:56 | | Trackback | Comments(0)

KAGIYAビルギャラリー

中心街にあるKAGIYAビルギャラリーは
私にはちよっと眩しい場所ですが
近藤さくらさんのお父様のご紹介で
勇気を持って行ってきました。
初めてではないけれどドキドキ。
浜松学芸高校芸術家のグループ展「ないしょばなし」
全ての作品が素晴らしかったですよ。
松下ももさんも良かったですが書も優れていました。
近藤さくらさんの写真を写したので紹介します。

a0077203_17193451.jpg
「empty」という題でした。
空っぽの心が塞がらない空虚な気持ち。
解る わかる...でも大人になると埋まっちゃうんだよね。
それも寂しいんだよ。若いって良いね...と呟きたくなる。
良い作品でした。
お父さんが娘と美術館に行くって言ってましたが
美術好きな家族の影響大ですね。
a0077203_17193708.jpg
この作品も良かったです。
「アイム・ソーリー」
あやまればいいってもんじゃない
とコメントしてましたが
もう許しているという事ね。

a0077203_17195593.jpg
素晴らしい作品でした。
「The sound of Silence」
静寂の怖さ...ネット世代のもどかしさかな。



a0077203_17195716.jpg
他の生徒さんの作品も書も最高でした。
良い時間を過ごせました。
若いことは宝物。
でもそれに気づくのは
すっかり大人になってからなんだと
つくづく思う私です。

# by page-1h | 2019-03-28 17:44 | アート | Trackback | Comments(0)

花好きな人へ

ページワンの前も私の家のベランダも
春の花がたくさん咲いています。
そして園芸好きな人は花の絵も好きですね。
花の話しは楽しい時間です。
家の壁にも花の絵を掛けてみたいですね。
私は神坂智世実さんの絵が大好きです。
a0077203_18215526.jpg
神坂さんは深い想いを持つ人です。
ですからお話しがとても楽しい。
作品を見ていると感じます。
奥の大きな作品は
「音もなく過ぎてそして過去へ」
私には解りませんが詩人ですね...。
a0077203_17274555.jpg
とても美しい絵です。
水彩画です。
庭を彷徨う鳥や蝶のように
彼女の作品を眺めてしまいます。
左が「We thought you」
右の薔薇が「祈り」
「神坂智世実」の胸の中には
大きな平和の願いがあるような
そんな気がします。

# by page-1h | 2019-03-23 18:14 | インテリア | Trackback | Comments(0)

小さな絵を飾る

今日お客様と話したんだけれど...
贈り物なら「小さな絵」が良いよね。
今人気の画家でオリジナルで...もしかしたら
すごく成長する画家かもしれない作品。
新築ならこれからも、いろんなコレクションするだろうし
その中の一部になってくれたらうれしい。
買ってくださった版画は「むらかみみか 」の「缶の中の夢」
ワニがいて缶の中にサボテンがあって....
写真撮るのを忘れてしまって残念。
作品ってこんな風に買っていただくと無くなってしまう。
はかないけど出会いですね。
額装も素敵にしていただきました。


a0077203_17474045.jpg
この作品は「逃避行」という題名。
むらかみみか さんです。
サイズは30cmx35cm。
今ページワンにもあります。
逃避行したいなぁ。
ワニと一緒に気球に乗って
双眼鏡持ってね。



# by page-1h | 2019-03-17 18:18 | インテリア | Trackback | Comments(0)

渋谷で綿引明浩展

渋谷の東急Bunkamuraで綿引明浩展を開催しています。
私達は先日の火曜日に行って来ました。
とても美しい作品達でした。
「風の王国」と言うテーマでした。
あ〜すっかりアートの風に吹かれて来ました。
綿引さんはいろんな名画の中に入り込んで
旅の途中のような作品を描きます。
それから空に白い雲がポッカリ。
幸せになりました。

a0077203_19130238.jpg
今年のページワンは綿引year
もしお時間があったらそろそろ
ページワンをのぞいて欲しいな。
そして秋には素敵な綿引さんの展覧会を
ページワンで開催しましょう。
a0077203_19130687.jpg
ピッコロ版画も魅力的でした。
残念なことに綿引明浩さんにはお会いできませんでしたが
かっこ良いスタッフの方が親切にしてくださって
最高の綿引日和でした。

a0077203_19131070.jpg
a0077203_19131519.jpg
帰りに六本木で
白駒一樹さんの息子さんの
「しろこまたお」くんの個展を見ました。
白駒ジュニア。ちょっと興味あり。
お父さん抜くかな。
父白駒さんの作品は素晴らし過ぎるから
大変だ。
a0077203_19131790.jpg

# by page-1h | 2019-02-22 19:30 | 綿引明浩 | Trackback | Comments(0)

ガラス皿の額装

これなるは、かのヴィクトリア女王の
1887年即位50周年記念の皿なるぞ。
タータンの研究で有名な奥田実紀先生の
ご依頼ガラス皿であ〜る。
フレーマー のご満悦な顔には努力がある。

a0077203_17425980.jpg
まず別珍のマットでくぼみを作る。
時々は出して眺めたい。
扉を作ってアンティーク風にせねば雰囲気が出ない。
a0077203_17423194.jpg
上手く皿が入るかご喝采。
a0077203_17425670.jpg
奥田実紀さん大満足。
いつも有り難う御座います。





# by page-1h | 2019-02-10 18:17 | 額装 | Trackback | Comments(0)

孫と絵を描く夢

浜松に「響アートクラブ」という絵画教室があります。
河合哲雄さんがこの教室で学び始めたのは
3年と少し前のことだそうです。
河合さんは以前から絵を買ってくださる親しいお客様でしたが
突然ご自分の絵を持って来られたのは2015年12月のことです。
写真が残っているので紹介したいくらいです。
それからもう何十枚の作品を額装させて頂いたか....
その時間は私たちにとっても極上の幸せでした。
というのは熱心で作品に心があり物語がありました。
今回の額装はお孫さんと旅行に行って描いた絵だそうです。
お孫さんは小学校4年生の女の子。
「孫と一緒の絵を描くなんて夢だったよね〜」なんて言う。
「家でも一緒に描いてちょっと直してあげたりするんだよね」
私は涙が出そう。なぜか胸が一杯になる。
絵を描くってそういうことですね。
思いがけない幸せが待っている。
学ぶってこと素敵ですね。

a0077203_17361267.jpg
小さな絵がお孫さんの絵です。念のため。
河合さんの先生は齋藤雅紀さんです。
齋藤先生も素敵な絵を描きます。


# by page-1h | 2019-02-08 17:54 | 子供の絵 | Trackback | Comments(0)

今年もよろしくお願いします。

年の始めはお客様も多く
毎日楽しく暮らしています。
今日は写真家の松本幸治さんが来店しました。
1月16日から31日まで恒例の
「ライカクラブ作品展」が豊橋のフォルムさんで開催されます。
その出品作の額装に来られました。
a0077203_18464878.jpg
松本さんの写真はいつも斬新で驚きますが
今回も良いです!
9月には同じフォルムさんで個展の予定もあるそうで
ページワンでの作品もぜひお楽しみくださいね。
オリジナルの写真を飾る暮らしは最高です。
a0077203_18465050.jpg
記念にページワンの主人と記念撮影。
そうそう大ニュース...水彩画家の神坂智世実さんも
大作を持ち込んでくださいました。
ぜひ見てくださいね。
a0077203_18465156.jpg
今スペインからむらかみみかさんのメールがありました。心温まります。

「今回も大変おせわになりました、ありがとうございます。
また沢山のお客様達にも御逢い出来て楽しく嬉しくページワンで過ごすことができました。
ページワンさんって、『楽の核のような場』だな〜って思います。
クリスマス、年末などであっと言う間の滞在で時間が過ぎてしまいましたが、昨日の晩遅くにグラナダに着きました。
グラナダも今寒く、身が引き締まり、精神も引き締めて夏までまた学生と制作に励みたいと思います。
感謝の気持ちを込めて。
P.S:こちらも寒い住んでいるアパート街の朝です!まだ、クリスマス飾りの取り込みが終わっていない!」








# by page-1h | 2019-01-12 19:04 | ページワン | Trackback(1) | Comments(0)

今年最後のページワン

今年は30日まで営業します。
新年は6日からです。
明日最後の日は「むらかみみか」が来店しています。
みかさんはグラナダで制作活動をしていますが
2018年の最後をみかさんと過ごすとは幸せです。
写真はスペインでの個展ですが
これらの作品が今ページワンにあります。
年末のお忙しい日ですが
ぜひページワンに遊びに来てください。
そしてのんびり今年を振り返りましょう。
来年に夢を見ましょう。
a0077203_18543722.jpg
a0077203_18543833.jpg

a0077203_18591730.jpg


# by page-1h | 2018-12-29 19:01 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

みかさんのお話し

明日24日もみかさんはページワンに居ます。
今日みかさんがこんなことを言っていました。
スペインのガリシア地方で
奨学金のアーティスト イン レジデンスを受けました。
そこでインスタレーションの創作をした時のことです。
夜ホテルで寝ていたら
窓から強いユーカリの香りで起こされたそうです。
森の多いガリシアはユーカリの木が茂っていました。
ガリシアは童話のような
物語のが多く残る地域だそうです。
空には鳥がたくさん飛び交って...
木々がかすかに葉を擦り合うような音
小さな鳥の呟きのような ささやかな鳴き声。
それをスペイン語で「el susrro」エル・ススロー
と言うのだそうです。
「せせらぎ・つぶやき」と訳していました。
日本語で、どうなんだろう?とみかさんも悩んでいますが...
a0077203_19292915.jpg
ユーカリの葉に鳥
みかさんの創作の源を聞きました。
現代アートの楽しみです。
a0077203_19293106.jpg
ガリシアはスペイン北西部、ポルトガルの北に位置します。
# by page-1h | 2018-12-23 20:17 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

クリスマスのページワン

みかさんというアーティストを知っていますか?
明日23日と24日は「むらかみみか 展」です。
そんなに知られていないし有名ではありませんが
今スペインのグラナダに暮らしています。
ご実家が鷲津ということもあって
ページワンの取り扱い画家です。
今年はみかさんにとって色々なことがありました。
ご両親の病気。お父様がお亡くなりになったこと。
そんなことでページワンに
来られることも多かったです。
a0077203_18454250.jpg
いつも新鮮なことに挑戦しています。
今回は板に版画をしています。
面白い立体オブジェも苦労して
ページワンに持って来ました。
今日みかさんがページワンに来て
展示の準備をしました。
a0077203_18454058.jpg
みかさんを知らない方も
ぜひみかさんに会いに来てくださいね。
とても気さくです。
そして楽しくアートを語ります。
長い間スペインに暮らしたら
こんなに純粋な気持ちになれるんだなぁと
いつも驚きます。

a0077203_18513169.jpg

# by page-1h | 2018-12-22 19:05 | ページワン | Trackback | Comments(0)