絵になる暮らしページワン

ここはParis..もしかしてモンマルトルの丘?
なんて....猛暑の頃からページワンの前で絵を描いている
榊原ミサオ画伯です。
私達にとってもドラマチック!非日常な風景です。

a0077203_15594496.jpg
少しずつ出来上がっていく作品に
道を歩く人や
ページワンのお客様が話題にしています。

a0077203_15594719.jpg
どんな人にもキャンバスの前の画人は
魅惑的でエキゾチックなようです。
ずっとここで絵を描き続けて欲しい。
終わるのが寂しいような...
蝋人形にしてしまいたい気持ちです。
a0077203_15595013.jpg
あまりしやべらないけど
少し笑顔。

# by page-1h | 2018-10-17 16:10 | ページワン | Trackback | Comments(0)

壁いっぱい額にする

東京の商業ビルを散歩していると
壁いっぱいに額を並べた店が目に付きます。
今のディスプレイのトレンドですね。
一つ一つ額を見るとそのお店の生き方が想像できます。
エキゾチックですね。
a0077203_17002781.jpg
これはカレー屋さんでした。
a0077203_17003202.jpg
本屋さんの隣のレストラン

a0077203_17003092.jpg
バック屋さん
a0077203_17004255.jpg
先日観た映画「フジコ・ヘミングの時間」
の部屋も額でいっぱいでした。
とても素敵です。

a0077203_17004970.jpg
これはお客様のお宅。
階段まわりは思い出の装飾。
今まだ額は増え続けています!
a0077203_17004786.jpg
これも同じお宅です。
ご自分でお取り付けしたそうで
上手ですね。
a0077203_17005235.jpg
ワンルームマンションの壁を
ご自分で2重にリフォームして旅の写真を...
壁は簡単に取り外せるのだそうです。
ペンキの色がトルコ風。
もう今は違う壁なんだって...驚き!
a0077203_17005475.jpg
先日伺ったお客様のお宅。
神坂智世実さんの作品を
お取り付けしました。
結婚記念日なのだそうです。幸せ!


# by page-1h | 2018-10-14 17:15 | インテリア | Trackback | Comments(0)

前澤友作社長とアート

ZOZOTOWNの前澤友作社長は現代アートのコレクターですね。
昨年バスキアを123億で落札して話題になりました。
最近は月旅行に行くことで有名になりましたね。
そんなニュースの中ページワンに若い素敵なファミリー来られました。
「前澤さんをテレビで見て僕も何かアートを買おうかなと思って....」
彼もジョークなんですが
私も思わず笑ってしまいましたが感動しました。
前澤さんって最高!
日本の現代アートに影響を与えていますね。
いろいろ話して、たくさんアートを紹介して...楽しかった!
むらかみみかさんの「夢をみたくて」を買っていただきました。
バスキアに負けませんね。素晴らしいアーティストです。
アートに夢を持ってください。
a0077203_17102792.jpg
一緒だった5歳のお嬢様もこの絵と共に
美しく成長することでしょう。
子供も楽しんでいました。
何て素敵な会話と時間。
現代アートの話題は楽しい!
私も夢を見ました。


# by page-1h | 2018-10-06 17:43 | アート | Trackback | Comments(0)

美しい水彩画

神坂智世実さんの水彩画がとても人気です。
神坂さんが遊びに来られると
お客様とお話が弾んで買ってくださる方がいたり
神坂さんってどんな方?って想像しながら
作品を選んでくださる方とか...
彼女の優しい絵には不思議なスピリッツがあります。
だから多くのお客様が魅せられるのですね。
これは神坂さんの顔です〜
a0077203_18174427.jpg
お客様に買っていただいた作品の報告をしたら
神坂さんからの返事の伝票の中に
こんなメッセージが入っていました。

「大好きなページワンでお客様が
どのようにして私の作品を選んでくださったのか
とても幸せな気持ちになります。
ありがとうございました。」
神坂さんんて素敵な人です。

# by page-1h | 2018-10-05 18:32 | 神坂智世実 | Trackback | Comments(0)

スペインからの便り

むらかみみかさんからメールの、お便りがありました。
日本は今災害のニュースが多いのでみかさんも心配なことでしょう。
私達にとってはホッとするスペインの空でした。

ページワンの皆さん、お元気ですか?
台風は大丈夫ですか? なんだか立て続きに自然災害があって心配です。

先週始めに通勤途中で見た珍しい雲がTVでも放送され、なんだかそれを見れたのが幸運なような気がしました。
9月から又織物のコースが始りバタバタと時が過ぎていきます。

皆さん御健康で居られてくださいね。
むらかみ」


a0077203_14035092.jpg
通勤途中というのはアトリエに行く途中ということでしょう。
夏の便りでは青々していたタバコ畑が秋の色になっています。
a0077203_14035127.jpg
世界は広いですね。
遠くスペインで暮らすみかさんは
今日は何を学び食べ描いているのだろうと思うことで
彼女のアートを深く感じます。

# by page-1h | 2018-10-03 14:14 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

ギャラリーポテト

浜松信用金庫三方原支店にはポテトという名前のギャラリーがあります。
銀行の片隅にある憩いの場所という感じではなく
本格的なギャラリーです。
三方原支店に用事が無くても必見ですね。
これからの開かれた銀行ということです。
今は浜松在住のちぎり絵作家「鈴木春子」さんの
個展を開催しています。
鈴木春子さんは今年90歳で卒寿記念なのだそうです。
a0077203_17243039.jpg
最初額装をお受けした時は記念に
親しい方に差し上げたいというお気持ちだったようです。
温かなご家族の配慮で個展を開くことになりました。
大変だったと思います。
どの作品も素晴らしく30年のキャリアを感じます。
a0077203_17242809.jpg
a0077203_17283018.jpg
案内状に使っていた丹頂鶴です。
美しい作品です。
a0077203_17283713.jpg
春夏秋冬...山があり花が咲き川があります。
人物も....
まさに「鈴木春子」の人生の様です。
何を想われて60歳から描きはじめたのでしょうか。
素晴らしき人生の集大成。
24日までです。
ぜひお出かけくださいね。

# by page-1h | 2018-09-19 17:51 | アート | Trackback | Comments(0)

花の水彩画

神坂智世実さんという水彩画家をご存知ですか。
ページワンが力を入れている人気画家です。
彼女の作品は水彩画のみの一点作品です。
時々新作を描いてページワンに持ってきてくださいます。
少しずつファンのお客様が増えて、とても嬉しいです。
この作品はとても淡くて消えてしまいそうな儚いバラです。
彼女の作品が大好きというご夫妻に買って頂きました。
階段を上った所に一点と...小さめの作品です。
「もう4点ありますが家の中にお花が咲いたようで素敵ですよ..」と
言ってくださいました。
優しい神坂さんの花は1枚1枚シーンがあります。
強く...儚く...静かで...何よりも華やか。
音楽のようです。
たくさんの作品を見ていると
花の香りで満たされるような錯覚があります。

a0077203_14320106.jpg


# by page-1h | 2018-09-07 14:54 | インテリア | Trackback | Comments(0)

店は楽しくなくては...

昨日早起きをして細江町にある
北原モータースさんへ行ってきました。
お互い店が火曜日休みで、お会いすることが難しいのです。
ご主人も奥様もとても気さくな方で
いつか伺いたいと思っていました。
以前から都合をつけて来店くださったり
仕事用のポスターをこだわって額装をしたりして
どんなお店なのかと楽しみでした。
a0077203_16544174.jpg
伺った時スタッフの皆様方と社長さんが
ラジオ体操をしていました。
そしてミーティング中でした。
大歓迎してくださいました。
お店が可愛いのでびっくり。
メルヘンなのです。
周りは田園地帯で山並みが見えます。
ゆったりとして、お掃除が完璧で素晴らしいです。
a0077203_16463047.jpg
播磨鉄牛先生の書が掛けてありました。
店には経営者の心が見えます。
優しくてジョークが好きで楽しい社長さん。
異業種ですがページワンも「かくありたいと」
心に刻みました。
a0077203_16475171.jpg




# by page-1h | 2018-09-03 16:42 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

「むらかみみか」より

スペインのグラナダ在住の「むらかみみか」さんより
残暑見舞いが届きました。
グラナダの夏も暑いことでしょう。
先日までみかさんはビルバオに居たそうです。
アートの仕事、忙しそうで素敵な生き方ですね。
みかさんから、こんなメッセージがありました。

「『笑みの絶えない文化豊な場、ページワン』

を引き続き、創造、維持して下さいね。

ページワンさんとの出会いは私の宝物です。」

a0077203_18090380.jpg
アートは素晴らしいです。
アートを感じれば自分が変わります。
インテリアも暮らし方も
子育ても、お料理も変わります。
そんなページワンでいたいと思います。
みかさんありがとう。
a0077203_18041392.jpg
みかさんから作品が届きました。
小作品も入れてくださいね!と
頼みましたので入っていました。
a0077203_18042080.jpg
動物を観察すると心が洗われますね。
牛は優しい。
a0077203_18041869.jpg
みかさんは鳥が好きです。
鳥は自由だからね。

a0077203_18041621.jpg
小作品は額装が楽しいわ。
以外に大きくなってしまう。
みかさんの作品は余白がポイントだから。

# by page-1h | 2018-08-16 18:22 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

お休みのご案内

暑中お見舞い申し上げます。
皆様の「夏休み計画」はいががでしょうか?
ページワンは13日(月曜日)をお休みします。
14日は火曜日で定休日ですので
13日、14日と連休します。
その他の日はずっと営業ですから
ぜひ遊びに来てくださいね。
夏休みに家を変えたい...
壁のインテリアを変えたい...
それは自分が変わることかもしれませんね。
アートや額にはそんな力がありますよ。
a0077203_19125737.jpg

# by page-1h | 2018-08-06 19:18 | ページワン | Trackback | Comments(0)

イギリスの赤いベンチの思い出

もう一ヶ月になりますが
浜松在住の伊部年彦さんの個展が
東京の国分寺で開催され行って来ました。

途中荻窪で降りて「オリーブ畑の仲間たち」という
イタリアンレストランに寄りました。
6年ほど前のことですが突然ページワンに
すてきなご夫妻が来られて
「私達は東京に引っ越しますので、よかったら
ベンチをもらってください」と言うのです。
勿論このスタイリッシュなイギリス製のベンチを頂いたのですが
奥様は独身の頃...30年近く前かもしれない...
ページワンでシャガールを買ってくださっています。
主人はとても思い出のあるお客様だったと言います。

a0077203_17473560.jpg
伺ったらすぐ私達を解ってくださいました。
大歓迎されました。嬉しかったです。
お料理も美味しかったし何よりもシャガールが
飾られていたことに
息ができないくらいの感激です。

a0077203_17472753.jpg
赤いベンチは今もページワンに馴染んでいます。
引っ越しの時に
忙しい時に...ページワンを思い出してくださり
ありがとうございます。
a0077203_17473088.jpg
夏の木陰にぴったりです。
ここはイギリスか??
a0077203_17474022.jpg
素敵なお店です。
浜松ではご主人様がコックさんだったのです。
奥様が働き者で何も変わっていない...
誰かぜひ東京に行ったらお寄りくださいね。
他にも絵があって心地よかったです。

a0077203_17480115.jpg
さて、伊部年彦さんの作品はページワンでも展示しています。
太陽を背負って明日に向かって...元気になります。
a0077203_17475943.jpg
鴇色のような穏やかな夕焼け。
明日も良いことがありますように。
私達今、伊部さんの作品が好きで好きで、たまらないのです。


# by page-1h | 2018-08-03 18:16 | ページワン | Trackback | Comments(0)

ピアノソナタ悲愴

この作品のタイトルは「ソナタ悲愴」です。
画家は「むらかみみか」
みかさんは「ピアノソナタ悲愴」を聞いて
この作品を制作したそうです。
その話をみかさんから聞いた時私は
クラシックのベートーベンを思いました。
でもこの作品をゆっくり眺めていると
私はきっと「上原ひろみ」のアルバム「ヴォイス」の
最後の曲「ベートーベンピアノソナタ悲愴」
ではないのかな...と思うのです。
ジャズが流れているような...勝手な想像です。
でもクラシックかもしれません。
ベートーベンが題名を付けた数少ない曲だそうですね。

a0077203_11193962.jpg
そんなことを思う日々の中で
こんな素敵な写メールを頂きました。

「みかさんの作品は生きているという感じがして
毎日ワニの表情が違って見える気がしますし
ワニと会話している気がします。
家事や育児に疲れてしまった時や
夫婦で少し言い合いをしてしまった時
何気にふと絵を見てしまいます。
そうすると心が癒えて頑張ろうという気持ちになります。
娘達はみかさんの絵が正面に見える席がお気に入りで
よく2人で1つの椅子に座って
仲良くご飯を食べたりお絵描きしたりしています。
添付の写真はおやつを食べているところです。
上の子は最近絵を描くのが大好きになりました。
以前はそうではなかったので
これはみかさん効果でしょうか!?」

a0077203_15283093.jpg


作品を見ていろんなことを思う。
素敵なことですね。
子供の心の中に住み着いて果てしない希望に変わるのでしょう。
いつかグラナダに行くこともありますね。
本当の財産とは心の中にあるのだと私は思います。
そんな道標になってほしいですね。
と私はメールの返信をしました。

# by page-1h | 2018-07-27 11:53 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

新築の壁でアートが遊ぶ

シンプルですっきりした新築のお宅に伺いました。
こんなこと有り得ない!と思うほど壁があります。
マンションもそうですが一軒家のお宅も
絵を掛けることを考えて設計していますね。
ですから「むらかみみかさん」の出番が多くなります。
夢のようなことが実現します。

a0077203_17035093.jpg
ずっと前からお客様でした。
ページワンのアートはよく見てくださっていました。
お家を新築する予定があって
みかさんのファンになってしまいました。
「波の戯れ」の鯨を見てからでしょうか....
現代アートっていいですね。
a0077203_17035545.jpg
これはみかさんの「冬のマント」
芳醇なワインは冬の雪を経て
春になり夏の雨があり
秋を迎える。
お酒が好きだと言ってました。
玄関にもと最後に決めた作品です。
a0077203_17035763.jpg
玄関を上がると奥の部屋にクジラが...。
a0077203_17035319.jpg
リビングには平和に鳩が舞っています。
大作の2点を連作で並べました。
平屋で天井が傾斜していて空を飛んでいるようです。


# by page-1h | 2018-07-20 17:22 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

追憶

追憶といえばロバート・レッドフォードと
バーバラ・ストライサンドの映画「追憶」を想います。
1973年に制作されていますがその年に映画館で観ました。
青臭さかった私は、それからの人生が
この映画に影響されたと思います。
20年前に雪絵さんが入社した時に「好きな映画は?」と尋ねると
「追憶です」と言われたことも私の素敵な思い出になりました。
世代を越えて一緒にやっていけそうな気がしました。

この作品はむらかみみかさんの「追憶」です。
今みかさんが住んでいるグラナダのアルハンブラ宮殿が
描かれています。
a0077203_11332506.jpg
みかさんは25年ほど前に初めて
グラナダの通りを歩いた時
ここに永住しよう思ったそうです。
その時遠くから見たアルハンブラは
みかさんの「追憶」なのでしょう。
a0077203_11332790.jpg
窓になった2枚の版画を組み合わせて
立体額装をしています。
a0077203_11334018.jpg
こんな作品もあります。
みかさんはイギリス人のご主人と結婚した時に
イタリアのフィレンツェに行ったそうです。
みかさんの2つの「追憶」
私の映画の「追憶」
バーバラ・ストライサンドの美しい歌が
昨日のことのように聞こえます。




# by page-1h | 2018-07-13 15:28 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

40センチのエルメス

エルメスのスカーフのカレは90センチ角ですから
大きな額装になります。
エルメスは美しいけれど大きいかな...と悩んでいる方は
小さなエルメスのスカーフの額装はいかがでしょうか?
スカーフは40センチで
マットを入れて額の外寸が60センチ前後です。
マットをすると絵画的になって素敵ですよ。


a0077203_14323568.jpg
先日額装したスカーフです。
可愛いベビーちゃんを連れた若いママでした。
こんなに美しい色のスカーフは
お子さんの記憶に優しく残りますね。
a0077203_14323778.jpg
エルメスの額装が人気なのは
色彩が素晴らしいからです。
インテリアの差し色には最高のセンスです。

# by page-1h | 2018-07-09 14:51 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

サッカーの余韻

サッカー音痴の私でさえも
ワールドカップの西野監督には
胸をわしづかみにされました。
感動しましたね。
さてユニフォームの額装が得意なページワンですが
こんな額装をしました。
素敵です。

a0077203_17473019.jpg
イタリアのACミラン
アンドレア・ピルロ選手のユニフォームだと
雪絵さんが教えてくれました。
シンプルで良い額装です。

a0077203_17512737.jpg
a0077203_17473344.jpg
お客様はリピーターです。
2年前スペインのユニフォームを額装させていただきました。
同じフレームで揃えました。

# by page-1h | 2018-07-06 18:24 | 額装 | Trackback | Comments(0)

お子さんが初めて描いた絵

「初めて幼稚園から絵を持って来たんですよ」って
若いパパとママです。
素敵ですね。なんてナチュラルで爽やかなこと。
ページワンが最高に楽しくなりました。
フレームは細い方が良いかな?もう少しボリュームがあった方が....
マットをしてみようか...悩みますね..楽しい楽しい!
でもやはり小さな天使に...うん小さなアーティストの意見もね。
a0077203_17520267.jpg
 僕ね〜赤もいいけど青も好きだしね〜
子供だって小さくたって真剣なんですよ〜

a0077203_17520573.jpg
パパは青も良いって言うしね〜
ママは白も良いって〜
完成した作品を写すのを忘れました。残念。
でも青にしたのです。
お子さんが青にするって強く言ったのが感動しました。
完成した額装をギャラリーに掛けてお子さんに見せました。
嬉しそうだった!何処に掛けるのかな?
パパが「さぁ〜帰って飾ろうね」と言うと
お子さんが嬉しくって両手を上げました。
幸せ。私って幸せ。





# by page-1h | 2018-07-04 18:09 | 額装 | Trackback | Comments(0)

紫陽花の絵

雨が強く降る土曜日。
あじさいの季節です。
紫陽花の絵と言えば「神坂智世実」の水彩画です。
神坂さんは紫陽花が好きです。
季節を問わず紫陽花を描かれるので
お会いした時に「紫陽花は季節感がありますね」と
言ってしまいました。
「コスモスと紫陽花が一緒の絵もあります」
笑いましたが、そんな神坂さんが素敵です。
a0077203_11241193.jpg
美しい水彩画を玄関に飾りたいというお客様が多いのです。
ドアを開けたら透明感のある神坂さんの絵は
最高のおもてなしですね。
a0077203_12054739.jpg
私は写真が上手に写せないので残念です。
実物はとても美しいです。
果物はプラムですか?
今ページワンで展示しています。
a0077203_12112960.jpg
むらかみみかさんがスペインから来られた時
みかさんに会いに来てくださいました。
とても気さくで純粋で少し天然な感じが作品と同じ...
もう高校生の息子さんのお母さんとか..
信じられません。



# by page-1h | 2018-06-23 11:54 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

みかさんの道

月曜日の朝は雨。
こんな日は、みかさんの作品が心を癒します。
白い部分に雨がエンボスでたくさん降っている...
みかさんのブルーはとても美しいですね。
タイトルは「道」
何だか解るような...良い題名ですね。
カタツムリは雨に濡れても悲しそうではないですよ。
雨を楽しんでいるような感じ。
たとえ雨が降っても歩いて行けば私の道は出来る...
ゆっくり、焦らず、雨が降ったって平気。
そんな人生...私も共感できるし、みかさんもそうだと思う。

a0077203_17261373.jpg
54cmx20cmの小さな版画です。
紫陽花がよく似合う。
スペインにも紫陽花ってあるのかな。
a0077203_16282622.jpg
みかさん頑張れ。
みんな応援してるよ!

# by page-1h | 2018-06-18 17:42 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

日曜日の朝

ページワンは開店して34年目になりましたが
周りの木を見ると年月を感じます。
前を通ると「まだやってるなぁ...と思いますよ..」と
お客様に言われます。
だから内容は変わっても外観はいつも同じで居たいです。
a0077203_11530476.jpg
開店してから10年くらいは2階に住んでいました。
懐かしい思い出です。
パリの屋根裏気分でした。

a0077203_11531378.jpg
古い家ですから裏側はこんな感じです。
植物をこんな風にしていたらダメなのかな〜と思ったり...
a0077203_11532033.jpg
5月は野ばらが咲いていましたが
今はぶどうが大きくなっています。
今日は日曜日...朝30年前のお客様が来られました。
昔の話は得意です。



# by page-1h | 2018-06-17 12:11 | ページワン | Trackback | Comments(0)

紫陽花

曇り空のどんよりしたページワンに
白い紫陽花が咲いています。
初夏の紫陽花は夏の使者みたいです。
今年の夏も楽しくなるでしょう。
そんな予感のする土曜日の朝です。

a0077203_13222437.jpg
青と紫の紫陽花はダンスパーティという名前です。
晴れたらキラキラする木漏れ日に踊リだしそうです。
a0077203_13222792.jpg
今日は阪本一史さんの作品が売れました。
ページワンを描いた作品でした。
少し気恥ずかしく思いました。

# by page-1h | 2018-06-16 13:32 | ページワン | Trackback | Comments(0)

梅雨の晴れ間

6月と7月は雨も多いのですが
晴れた日の裏庭は木漏れ日でとても美しいです。
ページワンは混み合うことはありませんので
お客様が来られると
お茶の時間になったりします。
いつもゆっくり時間が流れています。
a0077203_15522952.jpg
ギャラリーに居ても
庭に居ても
何処に居ても良いですから....
a0077203_15573892.jpg
本を読んだりしてのんびりする方もいます。
我ながらなかなか良いスペースだなと
思ったりしています。
a0077203_14465117.jpg
今年は野ばらがたくさん咲きました。
a0077203_15574124.jpg
ページワンにはシャガールを
見に来るお客様も多いのです。
得意の天井画のシリーズは新しく追加した作品もあり
ますます張り切っている店主です。


# by page-1h | 2018-06-15 16:08 | ページワン | Trackback | Comments(0)

逸見亜古さん

浜松は音楽が好きな人が多く楽器博物館やヤマハがあって
ページワンでも楽器をテーマにした作品は人気があります。
辺見亜古さんは京都の画家ですが楽器がよく登場します。
この作品は「野ぶどうの葉がゆれている」大作です。
ページワンにも野ぶどうがあって初夏の庭によく似合います。
a0077203_14385510.jpg
先日お客様の家でたくさんの逸見亜古亜古作品に会いました。
小さな作品をたくさん持っていて
ページワンならではの個性的な額に入れてありました。
部屋の隅にコーナーを作って取り付けました。
いつの間にかコレクションしていたんですね。
a0077203_14273045.jpg
ページワンが楽天ショップを開店していた時
逸見亜古さんは各地からお買い物がありました。
今でもぜひお問い合わせくださいね。
写メールしますから....。

# by page-1h | 2018-06-01 14:57 | 逸見亜古 | Trackback | Comments(0)

初めて履いた靴

おじいちやん、おばあちゃんの喜びは多々ありますが
初めて孫が歩いたという報告もそのひとつです。
この可愛い靴は3人のお孫さん....。
額を3つ並べたら可愛いだろうな。
今度の夏休みに実家に帰った息子さんご夫妻は何と言うかな。
お孫さんは不思議そうに見るだろうな。
もう6年生のお姉さんは幸せな気持ちになるかな。
お嫁さんは「この靴こんなにキレイだったかな?」
と思うでしょう......
クリーニングしたんですよ。
私は汚くったって良いですよ...と言ったのですが。
この家のおばあちゃんは優しいね。
遠く離れていても...
いつも子供は自分達のことで精一杯です。でも...
細やかな幸せが故郷には、いつもありますね。

a0077203_13361076.jpg


# by page-1h | 2018-05-27 14:00 | ファーストシューズ | Trackback | Comments(0)

刺繍の額装

お客様自作の刺繍の額装です。
遠方から送ってくださいました。
この頃はページワンで額装したいと
作品を送ってくださる方も多くなりました。
本物の貝で作ったこのフレームに作品がとても似合いました。
お客様からメールを頂きました。

今日、素敵な額が届きました。
とてもとても素敵に仕上げて下さって、あらためて額装の力に
感動しました。刺繍が何倍も素敵に見えます。
飾っている最中に小学2年生の娘が学校から帰ってきたのですが、
綺麗だ綺麗だと自分と額の記念撮影をしていました(笑)
遠くからでも貝のキラキラした感じが良くわかり、素敵です!!!」


a0077203_18184903.jpg
メールの交換をしている時に
雪絵さんが京都にアンティークレースを
観に行く予定がありました。
メールではその話題がとても楽しそうでした。
お客様も蚤の市に出かけたりするようです。
a0077203_18185331.jpg

このシルバーにも惹かれてくださいました。

こんなご返事メールも頂きました。


「こんばんは。

フレームとマットの画像ありがとうございます。

シルバーのフレームも素敵ですね。

白かシルバーか悩んで頭から湯気が出そうです。

マットはフレームが白でもシルバーでも

この刺繍の場合は白が好きです。

確かにシルバーも素敵ですね。

ただ重厚なマダムな感じに仕上がると

私や家の雰囲気と違うので合わないかなと思います。

少しモダンで爽やかな感じ(わかり難くてすみません…)

に仕上がりそうならシルバーにしてみようかと思います。

シルバーが重厚なクラシックな感じになりそうなら

白にしようと思います。」

a0077203_18185577.jpg
解りにくいことはありません。
とても素直なご意見でした。
そう...白も良いのです。
a0077203_18185740.jpg
こんなシルバーも..
他にもいろいろなご提案をしました。
納得していただくことが喜びですから..。
a0077203_18234020.jpg
この写真も送っていただきました。
飾った写真を添付しますが
私の写真の腕前では実際に目で見た素敵さが
イマイチ写ってないような気がします。
写真の5倍は素敵です。」
ということです。
そんなことありません。
私達50倍感激しています。
嬉しいです。

# by page-1h | 2018-05-23 18:46 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

玄関に「むらかみみか」

むらかみみかさんの「水の記憶」
スペインにあるアルハンブラは水の宮殿です。
グラナダの「アルハンブラ宮殿」を描いた作品です。
a0077203_18365922.jpg
白く見える部分は
エンボスで魚が描かれています。
時間の流れを魚に例えたのでしょう。
まさに水の記憶です。
a0077203_18403225.jpg

a0077203_18392099.jpg
a0077203_18572260.jpg

もう20年以上前からのお客様です。
1年前に新築して玄関に絵を飾りたいと思っていたそうです。
1m65cmの壁。
玄関に入って一番素敵に見える所です。
この場所の場合この半分くらいのサイズでも良いのですが
迷ってこの作品にしました。
それはお客様がこの作品をとても気に入ってくださったからです。
取り付けに伺ったのですがぴったりでした。
窮屈な感じはしません。
素晴らしいインテリアになりました。

a0077203_18414912.jpg
こんな作品も買って頂いていました。
一年前お友達からの贈り物でした。
みかさんの作品を愛してくださっています。



# by page-1h | 2018-05-21 19:08 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

凧の額装

浜松祭りが終わると
「凧の額装」の仕事が多くなります。
凧を額装すると言っても
それぞれにドラマがあり
額装の方法は全て違います。
それは額装を楽しみ
「初子さん家族」の愛情の証ですね。
この額装は大きな凧の一部と
襷と紐と写真を組み合わせています。
とてもセンスの良い額装になりました。
額装のご依頼はカリンちゃんのおじいちゃんでした。
私はずっとパパと思っていました。
ホントびっくりなんです。
とても若く見える「じいじ」でした。
何だか今は年齢が解らなくなってしまいます。
凧場ではパパと爺さまが
同様に張り切っていたのでしょうね。
「祭りは3日とも晴れて良かったですね〜」と
浜松人は凧の話しで熱くなります。
a0077203_15285158.jpg
額装には意外な時間をかけます。
雪絵さんが慎重なことがよくわかります。
数より質... 見えないところに
時間をかけます。
それが私にはよく解る額装になりました。
お客様の満足とフレーマーの満足。
笑顔は勲章ですね。
a0077203_15285438.jpg



# by page-1h | 2018-05-19 15:51 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

日本画の額装

日本画を描くことが趣味の
お母様がお亡くなりになったそうです。
生前は多くの受賞歴もあるそうで
素晴らしい絵でした。
お知り合いにも、お分けして
お母様を偲んだそうです。
彼女のお宅は洋風で
本来の日本画額は似合いません。
そこで英国のアンティーク風な額装にしました。
それが日本画にとてもよく似合うのです。
この家にお母様の作品が無かったら
とても寂しいと思うほどです。
a0077203_18283477.jpg
お母様もこのフレームには驚くことでしょう。
額装とはインテリアでもあります。
その場にぴったりな額であれば
世代を超えて、いつでも愛されます。
a0077203_18283983.jpg
今まで掛けてあった絵画も
トータルで考えてレイアウトしました。
家具も思い切って移動したり
ページワンならではのアイディアも生まれます。
a0077203_18283718.jpg
玄関には人参の日本画を...
人参は人が参るそうです。
対面には釣り好きのご主人自慢の剥製を掛けたり
ミスマッチがとても素敵!
a0077203_18284190.jpg
ここにはアンティークレースが
掛けてありましたが...
大移動して大成功でした。



# by page-1h | 2018-05-18 18:46 | 額装 | Trackback | Comments(0)

結婚式の扇子

妹さんの結婚式で使った羽の扇子を
額装させていただきました。
きっと、お式では美しい花嫁さんの
ドレスに似合ったことでしょう。
奥行きが意外と深くなりました。
羽がふわっと浮いているようにして
気品を感じたかったのです。
主人が後日お取り付けに伺ったのですが
立体感がインテリアに映えたとの感想でした。
a0077203_18145364.jpg
これで...いつまでも結婚式の幸せを思い出せます。
a0077203_18150130.jpg
下地の色を何にするかお客様と悩みました。
濃紺なども候補でしたが..
喜んでいただきました。
a0077203_18145536.jpg
何故このフレームを....は
 以前同じお客様のご依頼で大きな鏡を
作ったことがあるからです。
ということは鏡も気に
入ってくださっているのですね。

                        





# by page-1h | 2018-05-17 18:49 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ティファニーのスプーン

ティファニーのスプーンを額装しました。
お嬢様が生まれた時からお誕生日に一本ずつ
銀座に出かけたそうです。
時々お嬢様が他のプレゼントを欲しがって
無い年もあるそうですから
もうお嬢様もお年頃ですね。
素敵ですね〜そんな言葉しか出ない私です。
良いです。美しい。
額装も満足の雪絵さんです。

a0077203_16374789.jpg
「銀のスプーンをくわえて生まれてくる」

という西洋のことわざがあります。

食べ物に困らないようにと....

そして子供が生涯お金に困らないように...と

日本でも同じような風習がありますね

世界中親が子を思う気持ちは同じです。

a0077203_16375549.jpg
遠方から来られたお客様でした。
とても嬉しいです。
最初は小さなスプーン。
少しずつ大きくなって...
a0077203_16380853.jpg
毎年、幸せを願い進学や健康やいろいろなことを
思って求めたのでしょうね。
a0077203_16591180.jpg
こんなに素晴らしい想い出を額装させて頂く.....
きっとページワンも末長く幸せに営まれていくことでしょう。

# by page-1h | 2018-05-13 17:10 | 暮らし | Trackback | Comments(0)