タグ:額裝 ( 77 ) タグの人気記事

額のある暮らしの提案

スエーデンのファブリックをお友達から頂いたというお客様でした。
はじめはパネルにしようかと思っていたようです。
フィンランドのマリメッコなどパネルにしてあるのをよく見かけます。
でも北欧インテリアを目指すのなら額装してみましょうと...ご提案してみました。

a0077203_11382400.jpg
シックなグレーの木製の額に入れました。
表面が、がざっとしたナチュラルなフレームです。
北欧の冬の空のようです。
ファブリックの額装は質感が出て素敵なんですよ。
a0077203_11374513.jpg
どこの部分を切り取るかは...思案しました。
でもとても上手くいきましたね。
作品は一つ友人にプレゼントするそうです。
2つは並べて掛けても良いし離しても良いですね。
額装したものが部屋にあると頭の中がシャキッとします。
ファブリックなら手軽ですし今ではインテリアのお店で切り売りしていますね。
a0077203_11380179.jpg

by page-1h | 2015-07-06 12:06 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

写真の額装

マンションの真っ白な壁にと写真の額装をしました。
バレエの発表会があって華やかな時間の余韻なのでしょう。
写真館で撮った写真やお気に入りなど壁に掛けてみたくなりますね。
思い立ったらすぐ額装するのが良いタイミングです。
a0077203_16313589.jpg
壁の白にどんな額にするのかはとても悩みます。
なんでも似合いますが...新しいマンションの廊下なら白もオシャレですね。
少し装飾のあるフレームにすると子供らしいし新鮮です。
a0077203_16314607.jpg
小さな写真ですが横に3枚並べると雰囲気が出ますね。
フレームは一度きちんと作ると後は入れ替えれば良いですから...
気に入ったインテリアにするのには額装が大切です。

a0077203_16321769.jpg
この額装は2点ともオリジナルです。
お好きなフレームを決めて大きさを考えます。
バランスを見て計算をしてレイアウトをしています。
a0077203_16320644.jpg
面倒がらずにきちんと図らなければいけません。
それが美しい額装を作ります。
a0077203_16323037.jpg
最後に雪絵さんが塗装のチェックをして修正をします。
優しく美しく仕上がりました。




by page-1h | 2015-06-11 17:02 | インテリア | Trackback | Comments(0)

ミニ凧額裝

浜松は5月の凧上げ合戦で凧職人が多くいる街です。
それで凧の額裝のご注文も多いのですが
手軽なのはミニ凧ですね。
小さいので立体額裝にしても飾る場所を選びません。
この凧は近所の職人さんに描いてもらったそうです。
兄弟でそれぞれ可愛いですね。
この子達が結婚したら式場に飾ってウエルカムボードにしたら素敵。
そんな時はすぐ来てしまうんですよね。
そして次は孫にも作ってあげなくては...。
浜松人って良いです。
a0077203_1458149.jpg

by page-1h | 2015-01-17 15:13 | 浜松 | Trackback | Comments(0)

みんな、アーティスト

昨日は雪絵さんが大阪の額見本市に出張でした。
今日の報告ミーティングでは「今季の秋冬の新作は素晴らしい!」とのことでした。
秋のARTシーズンと11月の「綿引明浩展」には大いに期待出来そうです。
さて昨日は雪絵さんが居ないので主人がカウンターで仕事をしました。
3人の仲良し組のお客様が来られました。
何でも無くフラリフラリの見学のつもりが...
お一人がギフトにポストカードを額裝してお買い物...
その出来上がりに感動してお友達もカードを選んで次々に額裝してくださいました。
額を選んだりマットの色に悩んだり...
コーヒーを入れて待って頂いたり...
お帰りの時「とても楽しかったわ。素敵な時間だったわ。夢のよう...」と
言ってくださいました。
私はしみじみ思いました。楽しんで頂くこと....
30年にして原点を感じました。
a0077203_1651818.jpg

a0077203_16515341.jpg

夜のモンサンミッシェル...息子の思い出
シャガール...彼女はずっと前から好きだった...だから今も。
a0077203_16525482.jpg

朝そのことを雪絵さんに話した。
すると彼女が「みんな、アーティストなのよね...。」と言った。
by page-1h | 2014-09-18 17:11 | ページワン | Trackback | Comments(0)

リボン刺繍の額裝

女性の感性で解り合える手芸の世界。
だからいつまでも男性に垣根が出来るんだと...言われそうですが
繊細な素晴らしい仕事を今回の作品展ではさせて頂きました。
a0077203_1982699.jpg

このクリスマスツリーは額裝して店にあると...たくさんの、お客様が欲しい...と言い続けていました。
a0077203_1983544.jpg

現代アート風なシンプルな作品も
ホームボードに包んで浮かせるように額裝しました。
厚みのある白のフレームを使って大成功。
a0077203_19232539.jpg

マットに和紙を貼ったり...斬新な先生からのリクエストにも答えました。
a0077203_19175546.jpg

a0077203_15474660.jpg

いよいよ明日から豊橋の「ほの国百貨店」8階催事場で開催です。
by page-1h | 2014-09-10 19:18 | 額装 | Trackback | Comments(2)

母が作ったワンピース

a0077203_18251943.jpg

なんて可愛いワンピースなんだろう....
40年以上前、お母様が作ってくださったそうです。
今でもこんな手作りのワンピース着たいな。
刺繍もとてもステキ。お母様が刺したのだそうです。
40年前だと何才の時に着たんでしょうか...。
とてもお若く見えたご婦人でしたが。
刺繍の部分だけ額裝したいとのことでした。
横長に額裝したらと提案したのですが全部見たいから...と
規格の大きな額に一緒にしました。
お母様の愛情を素直に大きく見たいと言う気持がとても温かでした。
a0077203_18434496.jpg

額裝とはいろんな仕事があります。
そしていろんな気持が溢れています。
ひとつひとつに物語があってしみじみします。

ページワンは、お盆は休みません。
きっとお客様は少ないと思います。
だからゆっくり遊びに来てくださいね。
by page-1h | 2014-08-13 18:40 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

世界地図の額裝

a0077203_18352896.jpg

世界地図を額裝しました。
素敵なパパがお嬢様と来られました。
ちょっと素敵。中学生くらいかな...
お父様との感じが良い感じです。
一生懸命、額を選んでいます。
何やら相談して最後はお嬢様の意見に従って...
父娘って優しくて楽しそうで憧れます。
いつも世界のいろんな所に仕事で出張してるのだそうです。
「だからね、パパが今何処にいるのかな...って見てるのよ」
なんて言ってました。
お母様も素敵な人なんだろうな。
いつもパパの帰りを心配して待つ家族...。
インテリアに合わせてアンティーク風にしました。

この地図、日本が真ん中ではないのだ。なるほど...。
a0077203_18344868.jpg

by page-1h | 2014-07-19 19:02 | 額装 | Trackback | Comments(0)

勲記勲章額

a0077203_17581265.jpg

時々「勲記勲章」の額裝を承ることがあります。
名誉ある勲章には様々な想いや御苦労があったことでしょう。
先日は受勲者の会社の社員の方達が額裝に来てくださいました。
お取り付けに伺ったのですが、ご本人もとても喜んでおられました。
時には奥様が持って来られることもあります。
亡くなってから受勲される方もいますね。
又ご親戚の方々が相談してということもあります。
息子さんが来られると、お父様は立派な方だったんだなと思います。
そんなことを考えると勲章は周りの人達のお陰で勲章を頂いたということなのですね。
優しい家族やスタッフがいて勲記勲章なのだと...
勲記勲章の額裝には、その重さを感じて背筋を伸ばして励みます。
by page-1h | 2014-05-30 17:33 | 額装 | Trackback | Comments(0)

夏のフレーム

私は水色が大好きです。
だから水色のフレームって好きです。
夏が近くなるとインテリアを変えたくなりますね。
a0077203_11511635.jpg

こんなフレームが発表されました。
細さも新鮮。そして艶のない塗りが素敵です。
このフレームに合わせて「アンディ・ウォーホル」の「 so happy」シリーズを計画中。
フレームから発想するインテリア...ステキでしょう〜
オレンジも良いです。
by page-1h | 2014-05-16 12:58 | Trackback | Comments(1)

旅の額裝

ページワンには旅好きなお客様がたくさん来られます。
旅の話しはお互いとても楽しくて時間を忘れます。
そんな方が写真を送ってくださいました。
旅に出ると必ず何か額に入れるものを買って来ます。
荷物にならなくて、とても合理的ですね。
ベルギーレースやスペインで買った小さな版画やポストカードなど...
ひとつひとつ眺めて暮らしのエッセンスにしているのだそうです。
昨年ご主人も奥様も続けて身体に不調が出て入院されました。
でも退院して又旅に出て...そのお話しを聞きながら
旅の楽しみとは勇気ある人だけに、あるものだと思ったのです。
a0077203_141722.jpg
a0077203_14172290.jpg

by page-1h | 2014-05-09 14:38 | 暮らし | Trackback | Comments(0)