タグ:額裝 ( 75 ) タグの人気記事

秋の日差しの中で

磐田市に新井園芸という雑貨も扱う店があります。
そこは花苗の生産もしていてオープンガーデンで販売もしているのだそうです。
そのポストカードを製作した菜さんがページワンに来られました。
菜さんは写真家で画家です。
a0077203_16031980.jpg
今日はポストカードにした原画を
額装に来られました。
菜さんは優しくて不思議な
魅力のある方です。
写真も絵も素敵なのです。
a0077203_16032925.jpg
額装を待っている間
裏庭でコーヒーを飲みました。
秋の日差しが柔らかで
最高の時間でした。
私だけが思ってるのかも....
a0077203_16033370.jpg
秋の澄んだ青空のようなシャツが
とても似合っています。
良い時を過ごせましたと...
言ってくださいました。


by page-1h | 2016-10-15 16:42 | ページワン | Trackback | Comments(0)

千原せいじさんが来られました。

今日ページワンに千原せいじさんが来られました。
静岡第一テレビ「まるごと」の「久保せいじのちよっといい」
という番組のロケでした。
ほとんど打ち合わせ無しなのですよ。
せいじさんが、かぶっていた帽子を即興で額装しました。
せいじさんはアフリカとか行っている有名な方ですね。
a0077203_17052356.jpg
11月4日(金)4時53分からだそうです。
テレビ番組って、たくさんのスタッフが来るんですね。
a0077203_17052606.jpg
今日来られることは知っていましたが
こんな感じで来られました。
ホントびっくりです。
お相手のアナウンサーは久保ひとみさんでした。
a0077203_17235921.jpg
久保ひとみさんは気さくで美しい人でした。
a0077203_17052077.jpg
こんな感じで額装できました!って
皆で喜びました。

by page-1h | 2016-10-10 17:21 | ページワン | Trackback | Comments(0)

motoさんの作品

お客様がフランスにいるmotoさんに
コラージュの作品を創ってもらったのだそうです。
ハガキサイズくらいの小作品です。
a0077203_16204093.jpg
彼女のことをイメージしたら「おむすび」だったのだそう...
「私のこと食いしん坊だと思ったのね」彼女も嬉しそう。
おむすびだからお弁当箱にしましょう...ということでこんな感じ。
a0077203_16204285.jpg
美味しそうです。
額の中でおむすびが浮かんでいます。
a0077203_19110099.jpg
Nozomi Mishimaさんのお写真
a0077203_16203767.jpg
シャガールを飾っているお客様が来られました。
シャガールの好きなページワンの主人は
小さな額にシャガールの写真を入れて売っています。
巨匠のポートレートとても素敵です。
パリのオペラ座の天井画を描いている時の写真です。

ということで買って頂きました。主人も大喜び。

by page-1h | 2016-09-26 16:54 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ベビードレスの思い出

ずっと前のことですがページワンに
フランスの可愛い車に乗って来るステキな女性がいました。
その後、徳島に嫁いでも時々寄っては、あわただしく帰ってしまう...
ご主人を紹介されたりお子さんが誕生したり

今年の夏もそんな感じでした。野球に夢中な大きくなった少年を連れて...。
その、お子さんが小さかった頃の靴やベビードレスを額に入れて欲しいと頼まれました。

彼女は徳島で「スキップベア」という子供服の店を開いています。
a0077203_11434110.jpg
a0077203_11434428.jpg
リボンの流れはフレーマー雪絵さんの得意とする技術です。
a0077203_11434777.jpg
話は変わりますが
先日私達が尊敬するクオリティが高い
額装の仕事をしている男性がページワンに来られました。

なぜ突然来られたのか理由など聞けませんが..
雪絵さんは「私の肋骨見舞い」だと言うし
私は「額の業界紙にページワンが載ったから」だと主張し...
私達はテンション上がりっぱなしで大歓迎しました。
質問攻めでお困りだったことでしょう。

その時、氏が言った言葉...心に染みました。
「何故、額装をすると全てのものが美しく素敵になるのでしょうね...」
最高の仕事をする人の何気なく言った言葉です。

このベビードレスに捧げたい。



by page-1h | 2016-09-21 12:31 | 額装 | Trackback | Comments(0)

motoさんの作品のあるブータン

火曜日に雪絵さんは病院の帰りにブータンに寄ったのだそうです。
3日に怪我した肋骨の容体はだいぶ回復したようです..が
まだ肺に出血があるようで注意しています。

「ブータンのカツカレーはとても美味しかったよ」と言うので
私達も翌日の帰りにブータンに寄りました。
カレー好きな私達でも行ったことの無かった老舗ブータン。
小さな店ですがとても美味しかったし若いご主人も素敵な人でした。

a0077203_18033296.jpg
どうしてブータンにこだわっているかは浜松出身の前原本光さんの作品があるからです。
彼はmotoさんと呼ばれているフランス在住の画家です。
コラージュを得意にする作風は若者に大人気なのです。
この絵の額装もページワンでさせていただきました。

motoさんはご自身でもページワンに額装に来られますが
この頃は若い方達がmotoさんの作品を持って額装に来られます。
若者がアートを感じてコミニュティを作っているのが伝わります。

「motoさんのお陰でお客様が広がりましたね」とブータンのご主人も言っていました。
カレーだけに刺激のあるスパイシーな話しでした。
by page-1h | 2016-09-17 18:24 | アート | Trackback | Comments(0)

額も楽しい

内田新哉さんのファンの方に新作を買っていただきました。
こんなに素敵な額を選んでくださったのでお礼を言うと
「額を選ぶのもとても楽しいんだよ」
と言ってくださいました。

a0077203_15001405.jpg
グレーのカサっとして凸凹した素朴な額です。
薄くて、とても軽いのです。
光沢がなくて薄くてザラザラしてるナンテ..
感性も時代で変化しています。
a0077203_15001690.jpg
インテリアを考えて暮らしを楽しむには
壁の額が大きな要素ですね。
ライフスタイルの提案はページワンの要だと思っています。
a0077203_15001756.jpg

by page-1h | 2016-07-31 15:09 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)

フレーマー体験記

中学の授業の中に「職業のスペシャリストからお話を聞く会」という勉強があります。
以前は主人が伺いましたが今回は雪絵さんが先生になりました。
先生のお仲間には旅行会社や大手会社の海外営業の方や
福祉、保険、建築、保育士、パティシエなど若手を中心に素晴らしい人選でした。
雪絵さんは美術と額の分野の代表です。

a0077203_16205139.jpg
まずフレーマーとしての仕事の説明です。
額を何種類か見せてフレーミングのお話をしました。
a0077203_16205112.jpg
「アンディ・ウォーホルを知っている人?」
これを額装するにはね...
「お客様が作品を持って来られたら、いろんなアドバイスや額の説明もします」
接客は技術同様大切なスキルです。
a0077203_16205270.jpg
「これは上砂理佳さんの銅版画です。こんなふうにマットを切ります」
a0077203_16205132.jpg
ページワンという小さな店で働くということも職業人としての選択ですね。
フレーマーという資格は専門職に付きながら取得します。
彼女はインテリアコーディネーターの資格も働きながら取得しましたし
今は通信教育で美術大学にも席を置いています。
小さな世界から大きく発信できるパイオニア的な人材です。
結婚もして子供も2人。
大きな企業では難しいことも小さな場所だから出来ることもありますね。

終わってからK-LINKの久米典子先生からメールを頂きました。
無事に積志中学の授業が終わりました。
雪絵さん、とても良い授業をしてくれましたよ。

子どもたちも熱心にメモを取りながら聞いていました。」

by page-1h | 2016-07-07 16:47 | ページワン | Trackback | Comments(0)

絵のある暮らし

絵の好きなお客様が建てた家です。
夢のような建築でした。
火曜日の定休日はのんびりと二人でお取り付けに伺います。

a0077203_14435587.jpg
玄関に大きなスペースがありました。
大作を2点。
美術館のような贅沢さです。
a0077203_14440015.jpg
リビングから吹き抜けになった3階まで絵を見渡せます。
ヨーロッパのホテルの回廊ギャラリーのようでした。
感動して言葉になりません。
a0077203_14440417.jpg
a0077203_15004774.jpg

by page-1h | 2015-09-02 14:54 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

額のある暮らしの提案

スエーデンのファブリックをお友達から頂いたというお客様でした。
はじめはパネルにしようかと思っていたようです。
フィンランドのマリメッコなどパネルにしてあるのをよく見かけます。
でも北欧インテリアを目指すのなら額装してみましょうと...ご提案してみました。

a0077203_11382400.jpg
シックなグレーの木製の額に入れました。
表面が、がざっとしたナチュラルなフレームです。
北欧の冬の空のようです。
ファブリックの額装は質感が出て素敵なんですよ。
a0077203_11374513.jpg
どこの部分を切り取るかは...思案しました。
でもとても上手くいきましたね。
作品は一つ友人にプレゼントするそうです。
2つは並べて掛けても良いし離しても良いですね。
額装したものが部屋にあると頭の中がシャキッとします。
ファブリックなら手軽ですし今ではインテリアのお店で切り売りしていますね。
a0077203_11380179.jpg

by page-1h | 2015-07-06 12:06 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

写真の額装

マンションの真っ白な壁にと写真の額装をしました。
バレエの発表会があって華やかな時間の余韻なのでしょう。
写真館で撮った写真やお気に入りなど壁に掛けてみたくなりますね。
思い立ったらすぐ額装するのが良いタイミングです。
a0077203_16313589.jpg
壁の白にどんな額にするのかはとても悩みます。
なんでも似合いますが...新しいマンションの廊下なら白もオシャレですね。
少し装飾のあるフレームにすると子供らしいし新鮮です。
a0077203_16314607.jpg
小さな写真ですが横に3枚並べると雰囲気が出ますね。
フレームは一度きちんと作ると後は入れ替えれば良いですから...
気に入ったインテリアにするのには額装が大切です。

a0077203_16321769.jpg
この額装は2点ともオリジナルです。
お好きなフレームを決めて大きさを考えます。
バランスを見て計算をしてレイアウトをしています。
a0077203_16320644.jpg
面倒がらずにきちんと図らなければいけません。
それが美しい額装を作ります。
a0077203_16323037.jpg
最後に雪絵さんが塗装のチェックをして修正をします。
優しく美しく仕上がりました。




by page-1h | 2015-06-11 17:02 | インテリア | Trackback | Comments(0)