タグ:額装 ( 98 ) タグの人気記事

古本の額装

額装とはロマンを残すことです。
カメラが好きな人はカメラの古いカタログに
心がときめいたのですね。
1920年の写真機のカタログ...何処で見つけたのでしょう?
a0077203_18534869.jpg
それを額装することを思いついたこと...
細やかな男の道楽です。
そういうインテリアが深いですね。
a0077203_18433359.jpg
文庫本ほどの小さな額装物語です。



by page-1h | 2017-09-24 19:01 | 額装 | Trackback | Comments(0)

額の交換をしてみたら...

ページワンが32年以上額の仕事をしていて思うのは
やはり額装にも流行がありますね。
建築にも大きな変化がありますし
インテリアデザインも変わっています。
額の交換に来られる、お客様が多くなりました。
絵を保存するためにも、とても良いことです。


a0077203_15432530.jpg
ベニスを描いた油絵は昔イタリアを旅した時の、お土産だそうです。
家のインテリアに合わせてシックな茶のフレームに交換しました。
元は下の写真のゴールドの額装でした。
a0077203_15432875.jpg
このフレームが空きましたので....横にして
今までテーブルセンターにしていた
川島織物の天平華紋を額装を元のフレームに入れてみました。
マットを入れて面金をしたら素敵なインテリアになりました。

by page-1h | 2017-07-30 16:16 | インテリア | Trackback | Comments(0)

ブローチの額装

とても素敵なマダムがブローチを額に入れたいと来られました。
若い時に買ったのだそうです。
高価なものだったけれど今では
いつかお孫さんに贈る大切なものになって
本当に良かったな...と言っておられました。
それまで額装して眺めようかということです。
a0077203_18113692.jpg
少し緊張してしまいました。
この宝石が美しく輝くように
華やかな中に気品があるように....
マダムの胸元にあるかのように幸せに包まれるように...
お見せした時にフワッと明るい笑顔が嬉しかったです。



by page-1h | 2017-07-17 18:25 | 額装 | Trackback | Comments(0)

初凧の額装

5月も、もう終わり...
浜松っ子の胸は何だか寂しいね。
祭りの喧噪がもう遠雷のような気がして
でも、もう一年頑張ろうって思うんですよね。

今年「初子」だったお家は最後の楽しみが待っています。
「やっぱ凧は額に入れとかんとダメになっちゃうに〜」

a0077203_18214315.jpg
ということでページワンに来られます!
湾曲した凧を真っ直ぐにして.....
伝統の凧を現代アートのように額装して
インテリアにしてしまいます。



a0077203_18214915.jpg
なるべく薄くして
立体ですがシンプルにまとめるのがプロの技です。
a0077203_18215420.jpg
凧を手にすると心が弾みます。
a0077203_18214778.jpg
凧は縁起ものです。
そして雪絵さんも凧を手にすると
大はしゃぎです!
彼女は2人の男の子の母ですから...




by page-1h | 2017-05-27 18:37 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

旅行のお土産額装

毎年バリ島に家族で旅行するお客様がいます。
旅先では絵を一枚買うのを楽しみにしているそうです。
それで毎年ページワンに額装に来られます。
いつも驚くような額に入れます。
それが実に楽しそうなのです。
お家の中には怪しげなアートでいっぱいだとお嬢様が言っていました。笑
a0077203_12281931.jpg
この額装はフレームを2個使っています。
幅広のモールと細い額を重ねています。
a0077203_12282137.jpg
暮らしにゆとりがありますね。



by page-1h | 2017-03-16 12:36 | | Trackback | Comments(0)

ウエディング・リングピロー

結婚式の指輪交換までに、お二人のリングを置く台なのだそうです。
きっとこれは結婚のお祝いなのでしょう。
お母様の手作りなのだと思います。
もしかしたらピローは、お二人にしか見えないものかもしれませんね。
でもこのリングピローがあったら心から幸せを感じることでしょう。
幸せ演出の影の功労者です。


a0077203_18511128.jpg
結婚式が終わったら額装を依頼くださいました。
a0077203_18510798.jpg
この額装が新居を飾ったら素敵でしょう。
a0077203_18511180.jpg
お子さんが生まれたらこの前で記念撮影ですね。


by page-1h | 2017-03-15 19:05 | ウエルカムボード | Trackback | Comments(0)

ウイリアム・モリスのカーテン

浜松のリビングサンアイさんには
ウイリアム・モリスのカーテンがたくさんあります。
お客様のお宅で「モリスのカーテンですね?」
とお尋ねするとサンアイさんの話しになります。
とても有名店なのです。
お客様がサンアイさんの所で買ったファブリックを額装されることがあります。
モリスは額装してもアートになります。
愛知県立美術館でウイリアム・モリス展を見たのを思い出しました。


a0077203_17370585.jpg
玄関に横長の額にしたいというお客様でした。
サイズをお聞きして額を作りました。
形を自由にできるのが布地の良いところです。

a0077203_17371797.jpg
タペストリーのように作られたモリスもありますね。
これは艶のあるグレーのフレームです。
実に素敵でした。
ファブリックがこんなに美しく額装できるなんて
私も驚きました。
a0077203_18134017.jpg

by page-1h | 2017-03-05 18:14 | 額装 | Trackback | Comments(0)

パリから帰った雪絵さん

寒かったパリから雪絵さんが帰って来ました。
まず「ページワンに帰ってホッとした」ということです。

朝から夕方まで簡単な食事をしながら
ずっと歩き続けたそうです。
なんだか..その姿が想像できますね。
美術館やたくさんのギャラリーや額屋をのぞき
蚤の市まで足を運び、その広さに驚き...
それは、それは楽し過ぎたパリだったようです。
a0077203_17430959.jpg
a0077203_17402848.jpg
ひたすら歩いて買って来た額や古いポスターや図案などなど
雪絵さんが選んだ宝物のような作品達。ページワンで販売します。
とても素敵です。
ぜひ見に来てくださいね。
a0077203_17402664.jpg
クリニアンクールという蚤の市では最初大きな額を買ってしまって
重い荷物を持って歩いたとか...
旅は心の栄養。
パリはとても素晴らしい所だと私も思います。

by page-1h | 2017-02-01 17:56 | ページワン | Trackback | Comments(0)

蘇った保存額装

断捨離で古いものを捨ててしまったら
大切なものを失うこともあります。
古い書を持って来られたお客様がいました。
「こんなものなんだけどキレイになるかなぁ」
と、ご相談でした。
a0077203_19025799.jpg
a0077203_11003265.jpg
変色していたし裏紙も破れています。
でも大丈夫ですよ。
慎重にはがし台紙を変えました。
元の雰囲気を保つことも大事です。

a0077203_12032984.jpg
和風であり今のインテリアにも合うフレームをご提案しました。
「素晴らしいね!もっとあったんだよね〜捨ててしまいました。
惜しいことをしました...」と、お客様が言っています。

家にあるものを見直してインテリアにする。
特に額は壁に掛けるものですから
邪魔にはなりません。
丁寧に暮らすことの基本ですね。
額装は大切なものを保存することでもあるんですよ。



by page-1h | 2017-01-22 11:46 | | Trackback | Comments(0)

新聞を額装する

新聞に掲載されることは、とても名誉なことですね。
ローカル紙に気軽に紹介されたりしても記念になります。
雑誌の記事も載せて頂くと嬉しいですね。
大切に保存したつもりがいつの間にか無くなってしまうと
いうことがありますね。
ぜひお見せしたかったのに...と後悔します。

この新聞はイギリス紙です。
英国の新聞に紹介されるとは...素晴らしい。
a0077203_16033783.jpg
これは犬の新聞のようです。
英国のワンちやんの世界はレベル高いですね。
日本人として誇りのある記事だそうです。
その記事だけを切り取っても良いけれど
全部を見せないと記念になりませんね。
a0077203_16034153.jpg
わざと自然に新聞がシワっと入っているように....
額装したかったのです。
素朴な白い木のフレームも似合ってます。
a0077203_16033300.jpg
ナチュラルな額装は、とても難しい。
気負った感じにしたくないですね。
上手に額装できた!って感じもカッコ悪いです。
a0077203_16031866.jpg
どうでしょうか...。
書斎に飾ったらステキですね。
リビングでもお客様の歓声が聞こえそうです。
これぞ家宝です。

by page-1h | 2016-11-21 16:23 | 額装 | Trackback | Comments(0)