タグ:阪本一史 ( 13 ) タグの人気記事

春の絵

a0077203_1784485.jpg
春になったら美しい水彩画を飾ろう...と思います。
春になると阪本一史さんが新作をたくさん抱えてやって来ます。
彼はいつも同じ顔をして静かにコーヒーを飲みます。話しかけないと黙っています。家へ帰ったら奥さんとはどんな話しをするのかなあと思ったりします。
「どんな絵が良いですか」と私に聞きます。
私が真面目に答えても、そのような絵を描くことはありません。一史さんは遠くオーストラリアの風景や彼の心の中だけにある草原の草花を描いているようです。私達は彼のピュアな絵が大好きなのです。
今日はフラリと店にお寄りになった紳士が彼の絵を買われました。窓の外に海が見える作品です。リボンにバラのカードを添えたラッピングをしてどなたに贈るのでしょうか。
by page-1h | 2008-03-24 18:29 | インテリア | Trackback | Comments(0)

春の人

a0077203_14234895.jpg
阪本一史さんはページワンでは大人気の水彩画家です。イギリスの家庭のインテリアには小さな水彩画が素敵な額に入れて飾られています。さりげなく...。私は阪本さんの水彩画が好きです。
いつもこの頃になるとたくさんの作品を描いて頂きます。春がもうすぐ来るんだなあと思うのも彼の作品が届いた時です。いつも同じ画風です。春の色です。それが何とも清々しくてなりません。私は彼が何を考えているのか解りません。いつも何をしているのかも解りません。今頃、彼は自転車に乗って野原にいるでしょう。今年は暖かなので土筆を探したり、早春の空をポカンと眺めていたりしているのでしょう。そんな風に暮らしているのなら私も阪本一史になりたい。
by page-1h | 2007-02-19 14:49 | アート | Trackback | Comments(0)

絵の贈り物

a0077203_12264100.jpg
この作品は福島県へ送りました。お客様からのご依頼で贈り物です。
「この家族に贈るんですよ。気に入ってくださるかしら」と見せてくれた年賀状は幸せそうで素朴な家族写真でした。きっとその写真を見て新築祝いをと思ったのでしょう。坂本一史さんという水彩画家の作品です。一点大きな絵でも良いけど2点にして気軽に飾ってもらおうかな...ということになりました。贈り物を絵にするのは難しいかもしれません。でも私の経験では意外に心が通じますよ。物ではない美しい事がある.......プレゼントを選んでいるお客様を見ているといつも思うことです。

阪本一史さんはページワンの代表画家です。イギリスに行くと、このような、さりげない水彩画がインテリアに使われています。ボタニカルアートを飾る感覚ですね。気負わない不思議な魅力が阪本さんの特徴です。
by page-1h | 2007-01-12 12:51 | アート | Trackback | Comments(2)