タグ:刺繍 ( 10 ) タグの人気記事

美しい刺繍の額装

家の中に飾るものには、様々なシーンがありますね。

実は私の友人ですが春に妹さんを亡くしました。
遠方にお住いでお会いしたことはないのですが
針仕事がお好きだったといつも友人が言っていました。
友人が美しい刺繍を持って来ました。
最後に大好きなお姉さまに素敵な贈り物でした。
明るくて綺麗で弾むような作品。
私の大好きな友人の心が少しでも癒されることが嬉しくて
額装の仕事をさせて頂き本当に良かったです。
a0077203_18595357.jpg


by page-1h | 2017-07-06 19:17 | 額装 | Trackback | Comments(2)

物語

子供のバレエって可愛いですね。
このバレエシューズで練習した時間は短いのです。
すぐ小さくなってしまうのでしょう。
素敵な額装になりました。
ママのクロスステッチ刺繍も入れました。
額装とは何て美しいと思う一瞬です。
想いが思い出になって家の物語が創られていきます。

a0077203_15591497.jpg



by page-1h | 2015-08-12 16:15 | 額装 | Trackback | Comments(0)

刺繍のお雛さま

お孫さんのために刺したお雛さま。
一針一針..時間をかけて無償の愛ですね。
その幸せを話してくださった時のお客様の美しさに感動しました。
刺繍って素敵ですね。大好きです。
もう春ですね。
お孫さんのお宅では、これから毎年この額を飾ると春が来るのですね。
良いなあ。何よりも素晴らしい宝ものですね。
a0077203_1640293.jpg

ウールに刺繍したからシワが取れないかもと気にかけてくださいました。
大丈夫です。
a0077203_16394658.jpg

by page-1h | 2015-02-26 16:50 | 額装 | Trackback | Comments(0)

子どもの絵を刺繍する

刺繍が素晴らしいのは手仕事に愛情を感じるからです。
とても感動した額裝をご紹介します。
お子さんが描いた絵を刺繍にしたそうです。
a0077203_1843947.jpg

その絵はこれです。
周りのマットにお好きな布を持って来られました。
それをマット紙に貼りました。
額裝に子どもらしさが出ますね。
お子さんが描いた絵を刺繍にするお母さん。
良いなぁ...。ウルウル。
a0077203_1832376.jpg

こんな感じで刺繍が出来上がり。
a0077203_1833530.jpg

裏打ちをして...。
マットもページワンで作って..。
合作みたいでウキウキ。
a0077203_1842777.jpg

お子さんの描いたオリジナルも同じように額裝して...。
a0077203_1845678.jpg

a0077203_18461861.jpg

a0077203_18463249.jpg

こんな額裝もしました。
いたずら書きも宝ものですね。
by page-1h | 2015-01-24 18:48 | 額装 | Trackback | Comments(0)

フェアリーハンズ作品展

豊橋で開催中のフェアリーハンズ作品展に行って来ました。
いつもですと仕事中なのでゆっくりしませんが
今日は特別でした。
あまりのステキな作品達に囲まれて帰れなくなってしまいました。
手仕事って良いですね。
a0077203_14493443.jpg

藤村先生のギャラリートークがありました。
わくわくして聞き入ってしまいました。
昨日雪絵さんも参加したのですが午前、午後と毎日あるそうです。
a0077203_1527082.jpg

a0077203_14502930.jpg

ほとんどのお客様が女性でした。
でもページワンの主人は興味津々。
アート好きな主人も大満足の催事でした。
a0077203_14505552.jpg

主にパッチワークの展示でしたが藤村先生はリボン刺繍を取り入れているので
パッチワークの中に文字の刺繍がしてあったり...リボンやステッチがあり...
詳しくないのですが感動しました。
a0077203_14522447.jpg

a0077203_15411265.jpg

a0077203_15413848.jpg

会場ではパッチワークの大作に負けて意外に地味に見える額裝ですが
家庭に飾ったら素晴らしいボリュームです。
イギリスのホームインテリアのようです。
by page-1h | 2014-09-12 15:10 | Trackback | Comments(0)

刺繍の額裝

今日からほの国百貨店でフェアリーハンズ作品展が始まりました。
私達は、この日をとても楽しみに待っていました。
初日は雪絵さんが行って来ました。
大盛況だったそうです。
キルトやハーダンガー、リボン刺繍など素晴らしい祭典だったと
興奮して帰って来ました。
a0077203_17163894.jpg

a0077203_17173592.jpg

女性の雪絵さんだから表現できるフレーマーになりたいと言う
彼女を藤村先生はいつも応援してくださいます。
a0077203_1718870.jpg

現代アートのような不思議な作品。
a0077203_17183911.jpg

a0077203_17201039.jpg

額裝してページワンにある時は「良いねぇ〜。ステキね。」といろんな方から
声がかかります。
手芸はいつの間にか心の中に入って行きアートになりました。
by page-1h | 2014-09-11 17:43 | Trackback | Comments(0)

リボン刺繍の額裝

女性の感性で解り合える手芸の世界。
だからいつまでも男性に垣根が出来るんだと...言われそうですが
繊細な素晴らしい仕事を今回の作品展ではさせて頂きました。
a0077203_1982699.jpg

このクリスマスツリーは額裝して店にあると...たくさんの、お客様が欲しい...と言い続けていました。
a0077203_1983544.jpg

現代アート風なシンプルな作品も
ホームボードに包んで浮かせるように額裝しました。
厚みのある白のフレームを使って大成功。
a0077203_19232539.jpg

マットに和紙を貼ったり...斬新な先生からのリクエストにも答えました。
a0077203_19175546.jpg

a0077203_15474660.jpg

いよいよ明日から豊橋の「ほの国百貨店」8階催事場で開催です。
by page-1h | 2014-09-10 19:18 | 額装 | Trackback | Comments(2)

妻の愛

a0077203_1617304.jpg

工房の背景が写り込んで上手に撮れませんでしたが..
楚々とした美しい刺繍です。
ご主人様が奥様の作品を額裝に来店されました。
奥様とは長い間とても仲良くしていました。
といっても彼女が店に尋ねてくださるのを楽しみにしていた私達でした。
昨年末喪中の葉書をご主人様から頂きました。
そういえば暫くお会いしていなかった...
今年は亡くなって1年目の夏です。
野に咲く名も無い小さな白い花を残したのですね。
彼女とは、いろんな話しをしました。絵が大好きな人でした。
写真も好きでした。松本幸治さんの写真をご主人の誕生日にプレゼントしていました。
パリのバラの公園のベンチの写真でした。
「主人は絶対喜ぶと思うわ。誕生日まで内緒よ」って
今でも声が私の耳に響きます。
先日この額裝をお渡しする時ご主人に
「もし夢の中でお会いしたらページワンのこと話してくださいね」と頼みました。
素敵な思い出をたくさん残した人。
寂しくなります。
by page-1h | 2014-07-26 16:08 | 額装 | Trackback | Comments(0)

アンティーク刺繍

a0077203_17361329.jpg
この刺繍はアメリカの骨董屋さんで買ったそうです。
キャンベルスープの図案ですね。
それも半額で...安かったようです。
掘り出し物かも...。
古い刺繍ですが何とも味わいがあります。
マットが汚れていて表面に皺がありますがそのまま額裝しました。
誰が創った作品なのでしょうか...。
若い奥様なのか..おばあちゃんなのか...きっと普通の主婦でしょうね。
日本も昔から刺繍人口は多いです。
でもこんな風に骨董屋さんで気軽に見つけることが出来ません。
刺繍を額裝することも少ないし欧米の習慣って羨ましいな。
by page-1h | 2013-08-30 17:53 | 額装 | Trackback | Comments(0)

80才の刺繍

a0077203_18513841.jpg
お客様は80才。時々クロスステッチの額裝をさせて頂いています。80才だから刺繍が出来ないなんて思わないけど驚きですね。色のグラデーションが微妙です。夜テレビを見ながらの制作だなんて考えられない。左の私が持っている作品は単色で一日で出来るそうです。
時々裏庭で話しをしますが素敵で壮絶な人生。ドラマチックで前向きです。
「誘われてるのだけど娘とは住まないの」と言って一人暮らし。
後期高齢者と言われた時にはすごく怒っていました。
それですごくおしゃれなのです。全部10年も前の物よ...と笑います。
あやかりたい気持ちと尊敬を込めて主人と3人で記念撮影をしました。
by page-1h | 2011-06-29 19:17 | 額装 | Trackback | Comments(0)