タグ:刺繍 ( 14 ) タグの人気記事

刺繍の額装

ヨーロッパなどで工芸美術館などに行くと
どんな所でも手芸を額装していました。
そんな時代が日本にも来たのだとしみじみ思います。
先日のフェアリーハンズ主催の作品展でも
多くの刺繍を額装させて頂きました。
刺繍のもいろいろな技法があって立体にしたり
下地の色を工夫して模様を浮き出したり
ひとつひとつが絵画のようで額装にも力が入りました。
a0077203_17103179.jpg

a0077203_17102931.jpg
個々の作品が時代を越えて
各家庭の歴史になっていくのでしょう。
針仕事こそこれから残っていくカルチャーだと思いました。
a0077203_17020422.jpg
a0077203_17014879.jpg
a0077203_17021390.jpg
同じパターンでも額装で随分違いますねと
先生に言っていただきました。
a0077203_17082594.jpg
ご自分の息子さん達の写真を刺しています。
素晴らしい記念ですね。
a0077203_17082204.jpg
a0077203_17081933.jpg
a0077203_17081637.jpg
右の刺繍はステッチの練習なのだそうです。
でもアートになっている!
左の刺繍は個性的ですごく素敵でした。

by page-1h | 2017-11-23 17:42 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

こぎん刺し

ほの国百貨店でのフェアリーハンズ作品展に
「こぎん刺し」がありました。
「こぎん刺し」とは津軽地方に伝わる刺し子なのだそうです。
寒い国の着物に刺し子をしたのが時を経て
伝統工芸になっていったのでしょう。
細かく繊細で美しい作品でした。
それなのに力強さを感じる不思議な感覚でした。

藤村雅子先生は説明の中に
「長い時間をかけて作った作品を、ぜひ額装して
お家の壁に掛けたら素敵ですね」と言ってくださいました。
a0077203_17190785.jpg
ページワンの額装史に残る素晴らしい作品でした。
説明を聞いている観客に歓声が起きました。
東北の施設に贈るというキルトを刺している方も
思わず振り返っています。

a0077203_17191496.jpg
a0077203_17334258.jpg
手仕事はとても優しくて尊いものですね。

by page-1h | 2017-11-18 19:12 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

美しい刺繍の額装

家の中に飾るものには、様々なシーンがありますね。

実は私の友人ですが春に妹さんを亡くしました。
遠方にお住いでお会いしたことはないのですが
針仕事がお好きだったといつも友人が言っていました。
友人が美しい刺繍を持って来ました。
最後に大好きなお姉さまに素敵な贈り物でした。
明るくて綺麗で弾むような作品。
私の大好きな友人の心が少しでも癒されることが嬉しくて
額装の仕事をさせて頂き本当に良かったです。
a0077203_18595357.jpg


by page-1h | 2017-07-06 19:17 | 額装 | Trackback | Comments(2)

アルファベットの刺繍

主人に、とても良いから見て!と言われました。
額装も特に気に入ったようでした。
アルファベットが白の糸でステッチされているのですが
シンプルで美しい。
私も刺繍して自宅に飾ったら喜ばれるかな~
なんて思ったけれど無理...無理。
装飾のある真っ白な額に細いアンテーク風な面金をマットの切り口に入れています。
お客様も絶賛されていました。
嬉しいです。
a0077203_11133672.jpg
作業台の木漏れ日の下で撮りました。

by page-1h | 2017-04-05 11:21 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

ウエディング・リングピロー

結婚式の指輪交換までに、お二人のリングを置く台なのだそうです。
きっとこれは結婚のお祝いなのでしょう。
お母様の手作りなのだと思います。
もしかしたらピローは、お二人にしか見えないものかもしれませんね。
でもこのリングピローがあったら心から幸せを感じることでしょう。
幸せ演出の影の功労者です。


a0077203_18511128.jpg
結婚式が終わったら額装を依頼くださいました。
a0077203_18510798.jpg
この額装が新居を飾ったら素敵でしょう。
a0077203_18511180.jpg
お子さんが生まれたらこの前で記念撮影ですね。


by page-1h | 2017-03-15 19:05 | ウエルカムボード | Trackback | Comments(0)

物語

子供のバレエって可愛いですね。
このバレエシューズで練習した時間は短いのです。
すぐ小さくなってしまうのでしょう。
素敵な額装になりました。
ママのクロスステッチ刺繍も入れました。
額装とは何て美しいと思う一瞬です。
想いが思い出になって家の物語が創られていきます。

a0077203_15591497.jpg



by page-1h | 2015-08-12 16:15 | 額装 | Trackback | Comments(0)

刺繍のお雛さま

お孫さんのために刺したお雛さま。
一針一針..時間をかけて無償の愛ですね。
その幸せを話してくださった時のお客様の美しさに感動しました。
刺繍って素敵ですね。大好きです。
もう春ですね。
お孫さんのお宅では、これから毎年この額を飾ると春が来るのですね。
良いなあ。何よりも素晴らしい宝ものですね。
a0077203_1640293.jpg

ウールに刺繍したからシワが取れないかもと気にかけてくださいました。
大丈夫です。
a0077203_16394658.jpg

by page-1h | 2015-02-26 16:50 | 額装 | Trackback | Comments(0)

子どもの絵を刺繍する

刺繍が素晴らしいのは手仕事に愛情を感じるからです。
とても感動した額裝をご紹介します。
お子さんが描いた絵を刺繍にしたそうです。
a0077203_1843947.jpg

その絵はこれです。
周りのマットにお好きな布を持って来られました。
それをマット紙に貼りました。
額裝に子どもらしさが出ますね。
お子さんが描いた絵を刺繍にするお母さん。
良いなぁ...。ウルウル。
a0077203_1832376.jpg

こんな感じで刺繍が出来上がり。
a0077203_1833530.jpg

裏打ちをして...。
マットもページワンで作って..。
合作みたいでウキウキ。
a0077203_1842777.jpg

お子さんの描いたオリジナルも同じように額裝して...。
a0077203_1845678.jpg

a0077203_18461861.jpg

a0077203_18463249.jpg

こんな額裝もしました。
いたずら書きも宝ものですね。
by page-1h | 2015-01-24 18:48 | 額装 | Trackback | Comments(0)

フェアリーハンズ作品展

豊橋で開催中のフェアリーハンズ作品展に行って来ました。
いつもですと仕事中なのでゆっくりしませんが
今日は特別でした。
あまりのステキな作品達に囲まれて帰れなくなってしまいました。
手仕事って良いですね。
a0077203_14493443.jpg

藤村先生のギャラリートークがありました。
わくわくして聞き入ってしまいました。
昨日雪絵さんも参加したのですが午前、午後と毎日あるそうです。
a0077203_1527082.jpg

a0077203_14502930.jpg

ほとんどのお客様が女性でした。
でもページワンの主人は興味津々。
アート好きな主人も大満足の催事でした。
a0077203_14505552.jpg

主にパッチワークの展示でしたが藤村先生はリボン刺繍を取り入れているので
パッチワークの中に文字の刺繍がしてあったり...リボンやステッチがあり...
詳しくないのですが感動しました。
a0077203_14522447.jpg

a0077203_15411265.jpg

a0077203_15413848.jpg

会場ではパッチワークの大作に負けて意外に地味に見える額裝ですが
家庭に飾ったら素晴らしいボリュームです。
イギリスのホームインテリアのようです。
by page-1h | 2014-09-12 15:10 | Trackback | Comments(0)

刺繍の額裝

今日からほの国百貨店でフェアリーハンズ作品展が始まりました。
私達は、この日をとても楽しみに待っていました。
初日は雪絵さんが行って来ました。
大盛況だったそうです。
キルトやハーダンガー、リボン刺繍など素晴らしい祭典だったと
興奮して帰って来ました。
a0077203_17163894.jpg

a0077203_17173592.jpg

女性の雪絵さんだから表現できるフレーマーになりたいと言う
彼女を藤村先生はいつも応援してくださいます。
a0077203_1718870.jpg

現代アートのような不思議な作品。
a0077203_17183911.jpg

a0077203_17201039.jpg

額裝してページワンにある時は「良いねぇ〜。ステキね。」といろんな方から
声がかかります。
手芸はいつの間にか心の中に入って行きアートになりました。
by page-1h | 2014-09-11 17:43 | Trackback | Comments(0)