タグ:ユニホームの額裝 ( 14 ) タグの人気記事

思い出サインの服

Mr.Childrenメンバー全員のサインなんて、素晴らしいですね。
貴重なサイン....滅多に無い事らしいですよ。
さりげない白のTシャツだから素敵に見えるのですね。
それを額装させていただきました。
a0077203_18165292.jpg
一生の宝物だと...言ってました。
私も命ある限り見守りますから....。
a0077203_18165839.jpg
こちらはパーカーを額装しました。
ボートレーサーのサインです。
日本でも有名なトップ競艇選手の集合なのだそうです。
これもとても大切なもの。
a0077203_18170005.jpg
パーカーだからぺちゃんこに出来ないのです。
そこで、こんな額があります。
上にフックとハンガーが付いていて
ふんわり吊るすだけですが
クオリティーが高く再生が簡単。
値段は¥27,000
これはお奨めです。


by page-1h | 2017-03-13 18:32 | 額装 | Trackback | Comments(0)

サッカーのユニホームの額装

a0077203_17563344.jpg
野球に続いてサッカーのユニホームの額装もしました。
メッシの直筆サイン入りです。
ファンの方には大変な宝物なのでしょうね。
お客様からも熱い気持ちが伝わってきました。
メッシ,スアレス,ネイマール3人(tres amigos)の直筆サイン入り122ゴール記念バルサユニフォームだ。ワクワクする。羨ましい!」
facebookでもメッセージをいただきました。
a0077203_17563628.jpg
こちらはジュビロ磐田のユニホーム。
名波監督のサイン入りでした。
こんな額装のあるインテリア...憧れますね。

by page-1h | 2016-02-08 18:06 | 額装 | Trackback | Comments(0)

門出の贈り物

a0077203_10171257.jpg
ユニホームの額装を時々依頼されます。
ユニホームには、いろいろなドラマがあって特別な気持ちになります。
かつて息子さんが高校で活躍した野球のユニホーム。
彼が大学を卒業して春には社会人として旅立つ時...
お父様が贈る「ユニホームの額装」
故郷は遠きにありて...温かく想う。
a0077203_11340817.jpg
記念のTシャツも素敵です。
インテリアに合わせてシャープな感じにしました。
a0077203_11341676.jpg
サイン入りは貴重ですから額装してインテリアにしてくださいね。
ユニホームって家の宝物です。

a0077203_11342842.jpg




by page-1h | 2016-02-05 11:48 | 額装 | Trackback | Comments(0)

名波浩監督

「とても忙しかった時に大切なお客様にゆっくり接客ができませんでした」
と雪絵さんが沈んでいました。
詳しい話しを聞いて私もそれは残念だったと心から思う物語の始まりです。

小学4年生のお子さんが若きサッカー好きのお父さんとページワンに来られました。
それは奥大介さんの一周忌の追悼試合の時
名波監督から頂いたユニホームの額装依頼でした。
それは普通の額装ではない!
その額装は息子さんへの誕生日プレゼントだったのです。

次回この額装を受け取りに来られる時
息子さんと一緒でありますようにと願っていました。
a0077203_11513188.jpg
受け取りにもお子さんと一緒でした。
今日こそ皆で一翔くんにお祝いを言っていろんな事を聞こうと思いました。
試合の日彼は名波監督にサインをもらおうと並んでいたそうです。
そこに名波監督が来て彼にサッカーパスを教えてくださったそうです。
それで監督は着ているユニホームを脱いで彼に渡したのだそう...

何故一翔くんだったのか今も解らないそうですが...
だからドラマなのです。ジュビロだからです。
彼は学んだと思う。人生は宝物が一杯なのだと...
a0077203_11514480.jpg
もうすぐJ1に登ろうとしているジュビロ磐田。
ページワンはそんな夢のパワーを受けて額装しました。
a0077203_11514983.jpg
一翔くんに言いました。
この10才のお誕生日があなたの未来を開くように頑張ってくださいね。
「頑張ります!」素直に答えてくださり嬉しかった。
額装って素晴らしい仕事です。
a0077203_11542787.jpg

by page-1h | 2015-11-12 12:28 | 額装 | Trackback | Comments(0)

イチロー

a0077203_18245333.jpga0077203_18243075.jpg
主人はメジャーリーグが好きで特にイチローの大ファンです。
だから、このユニホームの額裝のご依頼があった時は大喜びでした。
着てみたかったようですが、そんなことをしてはいけません。
ユニホームの額裝は難しいです。
大袈裟ではなく、さりげなく、しかしフォーマルに。
ハンガーに掛けたような感じになったら失敗です。
雪絵さんの奮闘は多くのファンを持っています。
この額裝をブログに載せるよう主人が何度も言います。
自筆のサインも入っていました。
私達が「すごいですね〜」と騒いでいても
「そうですか...」とクールなお客さまでした。
でも何か...ドラマがありそうですね。
by page-1h | 2013-01-20 18:39 | Trackback | Comments(0)

ビーチサッカー

a0077203_1942635.jpg
ビーチサッカーの日本代表のユニホームです。
監督はラモスさんだそうです。
キラキラ輝く海辺のイメージで写真を撮りました。
といっても上手く写せません。実際のほうが素敵です。
額は艶のある白。この選択は大成功でした。
私はこのフレームが大好きです。
何を額裝しても爽やかで洗練された感じになります。
お客様は選手のお母様でした。
「愛の反対は憎しみではなく無関心です」というマザー・テレサの言葉を読んだことがあります。
忙しくて、めったに会えない息子への愛。
でも決して無関心ではないのよ...という母の美しい言葉が聞こえました。
by page-1h | 2012-11-07 19:17 | 額装 | Trackback | Comments(0)

若さの秘訣

a0077203_18273525.jpg
お客様にサッッカー観戦が大好きなミセスがいます。
いつも若々しくてお洒落な方です。
「これはね、中山さんのお別れの時だから少しマニアックなのよ」
とキラキラした瞳で言います。
きっと少女のように応援したりサインを欲しがったりするんでしょうね。
お会いすると眩しいくらい素敵です。
私って人生楽しんでないな...と思うのです。
スポーツが好きな人が羨ましいな。
私もイタリアに行って中田に会ってドキドキしたいな。
それから矢野貴章くんを心配したりしたい。
でも私も長友には少々ときめきます。
by page-1h | 2011-09-24 18:41 | 額装 | Trackback | Comments(0)

息子からの愛

a0077203_11433982.jpg
母から見る息子への関わり方はとても難しい。娘なら自然なことが息子だと出来ないことがあります。
でも時々息子だから得られる感動もありますね。
この額裝は素敵なドラマを感じました。
汗の染み込んだタスキにはチームのサインが描いてあります。
駅伝の選手はこの中の一部。でも全ての部員が4年間青春を捧げたことでしょう。
でもこのタスキはひとつだけ。しかもタスキの持ち主は選手ではないそうです。
額裝に来たお客様は持ち主のお母様でした。
「息子がなぜこのタスキをもらったのかは解りません...でも息子はこのタスキを私へと言うのです。部活に夢中で帰って来ない息子でしたが報われました...。」と
親離れした息子を持つ母は寂しい...でも息子の優しさは遠く解るものです。
家庭ならではの素敵なインテリアになりますね。
by page-1h | 2011-08-04 12:10 | 額装 | Trackback | Comments(0)

メッシとシャビ

a0077203_14294685.jpg
私はサッカー音痴ですが先日のチャリティマッチは感動しました。カズはやっぱり素敵。大人!
そんな私をフォローしてフレーマーの雪絵さんは熱きサッカーファンです。いつもお客様とサッカー談義をしています。嬉しそうに大笑いしているのを見るとちよっと羨ましいです。
スポーツの話しは最高の娯楽です。
このバルセロナのユニホームは私が受付でした。お客様が「メッシなんですよ〜」と嬉しそうに言います。私はその時「夏ものだからメッシュ」だと思ったのです。困ったものです。少し反省してます。
でもすぐに雪絵さんに変わり楽しい時間になりました。
私は長友も好きです。日本人が世界で活躍するのは勇気が出ますね。頑張れニッポン。
by page-1h | 2011-04-11 14:59 | 額装 | Trackback | Comments(2)

ユニホームの額裝

a0077203_19584060.jpg
子どもの青春は親の青春でもありますね。特にスポーツはそうです。自分のことと重なります。
そんなお母様から依頼されたマラソンランナーの額裝。
学生時代は歌のように.....
過ぎてしまえば夢です。
楽しかった思い出。
忘れたくないですね。決して忘れないけど..
そして家のどこかに飾られるのでしょう。
お子さんが帰って来たら驚くかな。
少し照れくさく汗のにおいを思い出すのかな。誇らしい感動を額に入れました。
by page-1h | 2011-03-14 20:11 | 額装 | Trackback | Comments(0)