タグ:むらかみみか ( 131 ) タグの人気記事

一目会ったその日から....

遠方のお客様でした。
東京に来られたついでに途中下車をしてくださいました。
連絡を頂いていたので心待ちしていました。
お会いして楽しかったです。
その日来店のお客様たちに「彼女は遠くから来られたんですよ〜」と
自慢して紹介しました。
するとページワンのお客様は
皆「浜松にようこそ」と言ってくださいます。
ずっと居たら良いのにと...心から思っていました。

a0077203_13372826.jpg
ページワンにご来店のお客様は「むらかみみか」に
魅せられます。
この作品は「エル ビエント デルスール」日本語で南風です。
お写真を後で送って頂いたのですが
この窓から南風が幸せを運んで来ます。
a0077203_13373764.jpg
お嬢様のお部屋ですね。
メールを頂きましたので紹介します。
今日、絵が届きました。

ドキドキしながら、梱包を解きました。

息を呑みました。

本当に素晴らしいです。

早速、飾りましたよ。

今、まさに私の部屋に南風が吹いています。

額装も素晴らしかったです。

華やかだけど、派手ではなくて、軽やかです。

この絵の女性にぴったりですね。

浮かせた飾り方も良かったです。

部屋の壁紙にもよく合っています。

また、逸見亜古さんの絵の可愛らしいこと♪♪

額もそれぞれの部屋の雰囲気に合っていて、

思った以上に素敵になりましたよ。

我が家に来てぜひ見て頂きたいです。」

a0077203_13373984.jpg
そう...逸見亜古さんの作品も買っていただきました。
全ての部屋の壁紙が個性的です。
良いなぁ。壁紙の常識が変わりますね。
a0077203_13374151.jpg
友、遠方から来ると言いますね。
初めてお会いしたのですが
これがご縁でしょうか....あの日偶然にお会いして話した
お客様の、母息子、カメラ女子、教師....etc の方々
皆家族になった気持ちがしています。

by page-1h | 2017-08-03 14:38 | | Trackback | Comments(0)

リルケを想う

これは「むらかみみか」の「詩節」という作品です。
みかさんはこの作品を音楽のシリーズを製作した時に描きました。
鈴の中にロバの親子が歩いています。
ロバなのかは勝手に思っているだけですが
彼女が想い口ずさむ詩はきっと「リルケ」なのだと....
私は思う。
過去と今が映り合って作品になっていくのだろうと...。

a0077203_19014587.jpg
「詩節」を買ってくださったお客様宅にお取り付けに伺いました。
じゆらく壁で上手に付けることが出来るのか...お客様はとても気にしていました。
心配はいりません。どんな壁でもページワンにお任せくださいませ。
和風の雰囲気に「むらかみみか」がしっくりしています。

a0077203_19014855.jpg
作品よりマットを少し広めにして下に灰緑の台紙が見えます。
額も新作でとてもすっきりしています。
a0077203_19015130.jpg
この作品は「言葉のかくれんぼ」という題です。
先日お取り付けをした作品です。
「詩節」よりは作品が浮いていません。
インテリアや好みに合わせてフレーミングを決めます。
a0077203_19014152.jpg
「言葉のかくれんぼ」について以前みかさんが私に話したことがあります。
「リルケの詩を読んで描いた.....」
この言葉がいつも私の中にあってみかさんの作品を見てしまいます。
「むらかみみか」の絵の背景にはいつも「詩節」があるようだと。




by page-1h | 2017-07-22 19:29 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

むらかみみか

私たちにとって17年前は「むらかみみか」は無名の画家でした。
それが今はすっかりページワンの星になって
店を照らしている。

晴れた日はページワンの夜空に輝く星なのです。

a0077203_18054987.jpg
彼女のファンは多いのです。
皆様、みかさんを支えてくれます。
みかさんは遠くスペインのグラナダで芸術活動をする画家です。
思えば奇跡とも思える彼女との出会い。
今ではページワンから夜空の無数の星のように
日本中のお客様の壁で輝いています。
a0077203_18091804.jpg
「大地のかけら」
a0077203_18092157.jpg
「羊をかぞえて」
a0077203_18093937.jpg
「永い旅」


ページワンで「むらかみみか」の作品に出会って
深い夜空で幸福感に浸ってください。

by page-1h | 2017-04-20 18:27 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

「むらかみみか」を思う

これは2007年12月にスペインからみかさんが送ってきた作品です。
「真夏に夢を見る」というタイトルでした。
みかさんの手紙に
「2枚の間に2センチほど開けて設置するようにお願いしたいです。」
と書いてありました。
これは何かの幼虫が土の中で夏に成虫になることを
夢見ているのだろうと
私は勝手に想像していました。
a0077203_17593898.jpg
その頃もみかさんの作品は人気でしたが
誰がこの作品を買うのだろうと...
あきらめと期待で半々でした。
二つの大きな作品です。ちよっと解らない感じですし...

a0077203_17594320.jpg
でも買ってくださる方がいました。
お取り付けもご自分でしてくださり大変だったそうです。
2センチですから...。

a0077203_17594515.jpg
人はなぜアートを買うのだろう...
はじめからこんなのが欲しいとイメージを決めていると
ページワンに来られてもガッカリするかもしれません。
何か絵が欲しい...でも解らないし...お金も無いし...
という時は出会えてしまうのです。
そんなものです。人生は...

by page-1h | 2016-10-09 18:19 | ページワン | Trackback | Comments(0)

玄関の絵

お取り付けに伺って
いろいろな玄関を拝見します。
家の中にたくさんの絵を掛けることもありますが
玄関だけのお宅もあります。
玄関は家の顔ですから絵が雰囲気を作りますね。
玄関の絵はインテリアの必需品です。
a0077203_17203612.jpg
むらかみみかさんの作品です。
青は個性的で清潔感があります。
a0077203_17203034.jpg
上手に写真が撮れませんでしたが
白駒一樹さんの作品です。
広い玄関に2点並べるとコレクションのようです。
a0077203_17305075.jpg
一つのフレームに二つの連作版画を並べて額装。
こんな飾り方もあります。
青が美しいですね。
白駒一樹さんの作品です。
a0077203_17203817.jpg
スペースは無いのですが
むらかみみかさんが好きだから
いっぱいに掛けました。
それがとても素敵なコーナーになったのです。
a0077203_17203214.jpg
これも、むらかみみかさんです。
和風の玄関ですがモダンな現代アートが調和しました。

a0077203_17381304.jpg
内田新哉さんのムーミンシリーズを4点玄関に並べました。
さりげなく可愛く楽しい玄関になりました。
a0077203_17203453.jpg
ゴージャスな玄関でした。
絵が大好きでコレクションを飾りました。
やはり玄関は一番好きな作品ですね。
感動の玄関になりました。


by page-1h | 2016-10-03 17:35 | インテリア | Trackback | Comments(0)

「むらかみみか」の作品

昨年の今頃むらかみみかさんは日本に帰っていました。
もうあれから1年が経ってしまったのですね。

先日玄関にと「時の流れ」という作品をお買い上げ頂きました。
みかさんの作品をゴールドのフレームに入れるのは珍しいことです。
正面の壁が雰囲気のある薄茶でしたので
シルバーにすると地味になるかと相談しました。
成功でした。絵の中央に2羽の鳥がエンボスで入っています。
額の向こう側に大きな世界が広がっていると私は思いました。

女郎花と桔梗が生けてありました。
それが感動です。

a0077203_15081643.jpeg
a0077203_15082096.jpg
小さなお子さんを連れて
おしゃれで不思議なご夫妻が時々来られます。
小さな作品を2つ並べて買ってくださいました。
a0077203_15083605.jpeg
みかさんの作品は必ずこの額にするファンの方がいます。
この作品は「宵の口」どういう意味なんだろう?と言いながらお買い上げ。
みかさんと会った時の楽しみですね。
a0077203_15565889.jpg
a0077203_15083935.jpg
昨年ページワンでの写真です。
お母様のブラウス着て飾らない魅力のみかさんです。
a0077203_15084202.jpg
小さな作品も大切に額装してくださり嬉しいなぁ,,とみかさんが言います。
a0077203_15082622.jpeg
オレンジもみかさんの色ですね。


by page-1h | 2016-09-24 16:18 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

BarBar近藤

西ヶ崎町に「BarBar近藤」さんという素敵な床屋さんがあります。
明後日リニューアルオープンで主人が絵の取り付けに伺いました。
以前からコレクションしている作品をローテーションで楽しむそうです。
ページワンとしても懐かしさで一杯の優れた作品達です。
a0077203_17551648.jpg
マティスの「オオム(ペルージュ)と人魚」リトグラフでした。
20年以上前に買っていただいています。
今まではご自宅にありましたね。
額装も良かったです。
a0077203_17552472.jpg
彼は「むらかみみか」さんの大ファンでコレクターです。
他にも良い作品がありますから変えていくのでしょう。
トイレなのです。でも広いので素敵です。

a0077203_17552665.jpg
「綿引明浩」さんのスカイパートナーです。
これは先日買っていただいたのですが思い切ってこのフレームにしました。
写真より実物の方がかなり良く見えると主人が言ってました。
板に白いペンキを粗野に塗ったフレームです。
a0077203_17552232.jpg
「播磨鉄牛」先生のカラスナゼ鳴くの〜の書です。
これも広いトイレに。
お客様ぜひトイレに行ってくださいね。贅沢です。
a0077203_17552914.jpg
上に「むらかみみか」さん小作品(詩人)が。
a0077203_17553626.jpg
モダンアートのグラフィックの額も美しいですね。
上は、これもみかさんですね。「密会」です。
a0077203_18305015.jpg
細いスペースにもみかさんの「賛美」ワニが続きました。
a0077203_17553253.jpg
さて近藤さんはモノトーンの写真が大好きなのです。
特に「松本幸治」さんのコレクションは素晴らしい。
スペースに限りがありここは写真のコーナーにしてチェンジするとか...。
お客様が変化に気づいてくださったら嬉しいですね。
この写真は「モンマルトルの丘」

a0077203_17553470.jpg
思えば長いお付き合いです。
たくさんの作品...でも少しずつ買ってくださった思い出で胸が熱くなります。
いつも月曜日に時間があるとフラリとページワンに...
ちょっと話して展示を見たり作品を覗いたり
そんなことの繰り返しでした。リニューアルおめでとうございます。
気取らない彼の話し方がお客様を癒すのでしょうね。



by page-1h | 2016-09-12 18:43 | ページワン | Trackback | Comments(0)

満月の日は「うちわ」

むらかみみかさんの作品です。
タイトルは「満月」
買おうかな〜と思って足があるので止めた方が今日いました。
これってノンビリ寝転んでいるんです。
寝相悪いですね。
グラナダで満月の夜、日本を想っているのでしょうね。

a0077203_16490847.jpg
うちわです。
夕立が来て雲間から満月が出て
アフリカではワニが花園で遊び
日本の畳の上でアァ〜ゴロゴロしたいなぁ〜と
みかさんは思っているに違い無い!

「スペインの夏も暑いんですよ」
とみかさんは言う。
暑い時は足のばしてシェスタ...ゴロゴロ

a0077203_16490674.jpg

by page-1h | 2016-07-23 17:01 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

折々ギャラリー

子安にある「折々ギャラリー」に「むらかみみか」の作品を
お取り付けに行って来ました。
椅子とソファーを中心に素敵な家具を売っている店です。
磐田のラグデザインさんの店なのでインテリアが素晴らしいです。私の写真が上手にが撮れてないのでこちらをどうぞ。
http://www.ori-ori.info

むらかみみかさんがとても喜びそうなロケーションです。
子安はしっとりして良い街でした。街路樹が大きいからかな。
折々の隣は畑で可愛い花がたくさん咲いていました。
別の日に折々さんを訪ねたらお休みでした。
3月は火曜日がお休みのようです。
うろうろしてたら、お花畑のおばさんに声を掛けられました。
「いつもは休みじゃないんだけどね〜」と....
新しい店なのに、ご近所さんと仲良しなのは良いですね。

この絵はみかさんの世界観をよく表しています。
大きな船の中に木々が繁り天の恵みを受け鳥が集っています。
そんな平和が今ここにあります。
震災を悼む気持ちもあります。静かに慰められます。
タイトルは 空が泣き 鳥が静み 森の葉々が輝き 大地が微笑む

隣が子安動物病院なのも気に入りました。
a0077203_18470165.jpg
下の写真は折々ギャラリーさんのfacebookからいただきました。
とても美しい写真です。
a0077203_18470500.jpg

by page-1h | 2016-03-10 18:57 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

第一の胸さわぎ

a0077203_14240127.jpg
むらかみみかさんのファンの方は思いがけない時に来店して物語を残します。
ある日奥様から絵画のレイアウトの移動の相談を受けました。
勿論お取り付けをさせて頂いた作品は心配ですからお手伝いに伺いました。
その時新しく買って頂いた作品が「池」亀のユーモラスな作品でした。
もう一枚欲しい作品があったのですが我慢していたようです。
a0077203_14235567.jpg
数日後、ご主人様がページワンに来られました。
「彼女が好きなみかさんの作品を見せて欲しいのですが.....」
その作品は「第一の胸さわぎ」と言います。
記念日に贈りたいということでした。
なんだか素敵なタイトルです。
当日お取り付けに伺ったのですが奥様のサプライズは最高の笑顔でした。

みかさんの作品にはエンボスがあります。
第一の胸さわぎには大きなトンボのエンボスが浮き出ています。
春の芽生えの先に夏のトンボが舞う...遠きグラナダで何を予感したのでしょうか。










by page-1h | 2016-02-14 15:11 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)