<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

GWのご案内

今日はGW初日でした。
世間はお休みなのにページワンは静かな1日でした。
浜松は風が強いですね。
こんな時、浜松っ子は「今日は凧が、あがるね〜」と言います。
GWのページワンは3日、4日、5日とお休みさせて頂きます。
店の前を御殿屋台が通ります。
他の日は張り切って開店していますから
遊びにお寄りくださいね。

a0077203_19130160.jpg


a0077203_19125826.jpg
a0077203_19132204.jpg
a0077203_19232998.jpg
a0077203_19232579.jpg
a0077203_19233416.jpg

by page-1h | 2016-04-29 19:24 | ページワン | Trackback | Comments(0)

鳴かぬホタルが身を焦がす

最初はどんな出会いだったか忘れましたが
私のブログを読んでくださって仲良くなりました。
人の出会いとは不思議です。
彼女は宮崎なので今回の地震では心配をしました。
播磨鉄牛さんのファンで時々好きな言葉を頼まれます。
途中震災があって
「緊急の荷物が先なのでゆっくり送ってくださいね」とメールがありました。
a0077203_16555060.jpg
鳴く蝉よりも「鳴かぬ蛍が身を 焦がす」とは口に出してあれこれ言う者より口に出して言わない者のほうが心の中 では深く思っていることのたとえ。

意外にシャイな人なんだなと思いました。
一度もお会いしていないのに深い優しさが伝わる人です。
でも随分と長く付き合っています。
a0077203_16555242.jpeg
フレーミングには凝る人です。
私もつい楽しんでしまうので長くなります。
これはスタッキングと言って2個のフレームを組み合わせています。
マットでダブルにするよりも立体感が出ますね。
a0077203_17143390.jpg

by page-1h | 2016-04-28 17:25 | | Trackback | Comments(0)

花籠を持って

暖かくなったページワンの裏庭。
イギリスの古いオープンカーで突然やって来た人...
猫の絵を描いたのでページワンでフレーミング。
もう一枚小さな猫の絵もありました。

a0077203_17504470.jpg


古いイギリスのオープンカーの後ろ席に庭で摘んだ花束の籠をくださる。
氏は建築家。花が咲き乱れブルーグレーのアイアンが素敵なご自宅です。
そこでは庭でお茶をしたり..風を創る中庭があったり...
ずっと前だけどお取り付けに伺ったことがありました。
夢の配達人みたいな人。
a0077203_17294817.jpg
このフレーム良いね〜って言って綿引さんの版画を探していた。
やっぱり猫。「猫の家」
猫大好きで一匹死んでしまったそう...
悲しくてね...悲しくて...。と言ってました。
少し前のことなのに。
a0077203_17295184.jpg





by page-1h | 2016-04-22 17:45 | ページワン | Trackback | Comments(1)

グローブ物語

少年時代に使っていたグローブをフレーミングしました。
昨年お父様を亡くされてキャチボールをしたことを思い出したのでしょうか。
もうその時のお父様の年を超えていますね。
プレートに「Thank you my father」と刻みました。


a0077203_17104161.jpg
父を偲ぶ気持ちは人それぞれです。
温かな思い出..ちよっと痛い想い。
a0077203_17104651.jpg
どうしてなのか...額の上に窓を付けました。
上から光が入るようにです。
a0077203_17103453.jpg
男の気持ちは多くを語りません。
だから氏の気持ちに沿うように忠実に大切なフレーミングになりました。
少年から青年になって大人になる...デニーロの「ブロンクス物語」を思い出しました。
a0077203_17104922.jpg
a0077203_17104491.jpg
a0077203_17103954.jpg
苦労の分だけ雪絵さんの達成感の笑顔です。
「出来ましたよ!ステキですね」

by page-1h | 2016-04-20 17:43 | 額装 | Trackback | Comments(0)

エルメスの旅

ある日2枚のエルメスのスカーフが送られてきました。
一枚はお姉様の息子さんのご依頼で還暦のプレゼントにするのだそうです。
もう一枚はご自分用。
2枚一緒に来て別々の所に戻って行きました。
エルメスはページワンステーションから優雅な旅をしているのです。

a0077203_17211431.jpg
ご自分用にしたエルメスファクトリー夢いっぱいの素敵な絵柄です。
温かなメールを頂きました。

「届いてからお礼のメールを…と思っていましたが
予想以上の仕上がりに言葉が見つからなかったのです。
やはりこのフレームにして大正解。
遊び心のあるスカーフの柄だったので、ともすれば軽くなってしまうのでは?
と懸念していましたが以前から、そこに存在していたかのようにフレームが
スカーフを結び付けてくれているように感じます。
本当に、そちらにお願いして良かった。
心から、そう思っています。」


a0077203_17211742.jpg
こちらはお姉さまからメールを頂きました。

「私の還暦のプレゼントに息子達がくれたものですが
これを飾ることでとても素敵で華やかな気持ちになることでしょう。
額とスカーフがピッタリあっておりとても素晴らしいです。」
a0077203_17213059.jpg
エルメスは優しい心を持っている人の所に旅をしているのです。
フランスから海を渡って春風のように...。

by page-1h | 2016-04-18 17:50 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

安野光雅展

素敵な紳士のお客様です。
先週「パラミタミュージアム」という小さな美術館に行ったそうです。
「中日新聞で安野光雅展を開催してるって見たので行ってみたんです」
と言います。一人旅です。
そこは四日市まで電車に乗って、そこから又電車に乗って行くのだそうです。
「小さな良い街でしたよ」安野光雅の絵のお話のようです。
ほんとに良い旅でしたね。安野光雅さんの記事を発見しなければ一生行かない場所ですね。
そんなたわいない、お話をしました。
その紳士は、すっかり画家に魅せられたようです。
絵本を額装しました。仕事場に飾るそうです。
a0077203_18391879.jpg
簡単に取り外して時々読みたいそうです。
雪絵さん考えました。
a0077203_18392467.jpg
このクリップ本を止めてパラパラと出来るのです。
a0077203_18392922.jpg
a0077203_18392720.jpg
以外に難しくて力にいる仕事です。
a0077203_18393494.jpg
出来上がりました。
素敵です。喜んでいただきました。
このページはポルトガル。
その意味はお聞きしませんでしたが...
きっと想うことがあるのでしょう。

a0077203_18393644.jpg


by page-1h | 2016-04-17 18:57 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ベビーちゃん誕生の銀のスプーン

お子様が誕生した記念の銀のスプーン。
素敵ですね。
なんだかおとぎ話のようです。
オーダーで作りました。
ますます夢の中のようなフレーミングになりました。


a0077203_18375859.jpg
フレーマーの雪絵さんもうっとり。
私もスプーンが欲しい....

a0077203_18380031.jpg










by page-1h | 2016-04-13 18:45 | 額装 | Trackback | Comments(0)

内田新哉さんからの手紙

内田新哉さんから
便りが届きました。
新哉さんは冬のヘルシンキに
一ヶ月滞在したそうです。

以前から真っ白な色の無い世界を描きたいと
話していたことを思い出します。

この頃は日本画に惹かれているとも
書いてありました。

ポルヴォーという小さな街に行って
雪の白い森を歩いたそうです。

便箋には手描きの雪景色が描いてあります。
いつか...内田新哉さんを囲んで
旅のお話しをお聞きしたいですね。
a0077203_15271184.jpg

今日朝は内田新哉さんの「日曜市」
という作品が楽天で売れました。

ギフトの指定でしたので
この素敵な絵を頂くのはどんな方なんだろう...
と弾んだ気持ちになりました。

a0077203_14351114.jpg



by page-1h | 2016-04-07 15:21 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)