<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

遠くスカーフは飛んでいく

ページワンのスカーフ額装は各地からご注文があります。
スカーフを送っていただいてメール交換するのですが
私は楽しくて仕方がありません。
途中こんなメールを頂きました。

「すてきな提案をたくさんしていただき、ありがとうございます。

送っていただいた写真を見ながらずっと考えております。

まだ、とても迷っております。

これだと決めても翌日になると..これも良い...。

明日までには、決めます。遅くなり、ごめんなさい。」

a0077203_16584172.jpg
a0077203_17142363.jpg
なんてね。
あ〜悩ませてるな...と思いながら
いろんな提案を続けるのです。
お客様は佐渡市の方なのです。
まだ行ったことも無い遠くの島...彷徨う私の心は果てがありません。
感動で胸が震えます。

a0077203_16583622.jpg
出来上がりました。佐渡までお送りしました。
返事のメールを頂きました。

届きました。とてもとても美しいです!!
スカーフが、とてもすてきな絵画に変身です。
すてきな提案がたくさんあり、とても迷いましたが、このフレームにしてよかったです。
スカーフの色、柄にぴったりです。美しい。
部屋が明るくなりました。
ページワンさんにお願いしてよかったです。
ありがとうございました。」







by page-1h | 2016-03-14 18:45 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

折々ギャラリー

子安にある「折々ギャラリー」に「むらかみみか」の作品を
お取り付けに行って来ました。
椅子とソファーを中心に素敵な家具を売っている店です。
磐田のラグデザインさんの店なのでインテリアが素晴らしいです。私の写真が上手にが撮れてないのでこちらをどうぞ。
http://www.ori-ori.info

むらかみみかさんがとても喜びそうなロケーションです。
子安はしっとりして良い街でした。街路樹が大きいからかな。
折々の隣は畑で可愛い花がたくさん咲いていました。
別の日に折々さんを訪ねたらお休みでした。
3月は火曜日がお休みのようです。
うろうろしてたら、お花畑のおばさんに声を掛けられました。
「いつもは休みじゃないんだけどね〜」と....
新しい店なのに、ご近所さんと仲良しなのは良いですね。

この絵はみかさんの世界観をよく表しています。
大きな船の中に木々が繁り天の恵みを受け鳥が集っています。
そんな平和が今ここにあります。
震災を悼む気持ちもあります。静かに慰められます。
タイトルは 空が泣き 鳥が静み 森の葉々が輝き 大地が微笑む

隣が子安動物病院なのも気に入りました。
a0077203_18470165.jpg
下の写真は折々ギャラリーさんのfacebookからいただきました。
とても美しい写真です。
a0077203_18470500.jpg

by page-1h | 2016-03-10 18:57 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

夢が叶う

大人っぽい店でありたいと思うのですが
どうも子供のものに弱いページワンです。
子供が描いた絵...子供の写真...子供のファーストシューズなど...
子ども達の額装をしてきました。
a0077203_17231705.jpg
遠方から送ってくださる方もいます。
こんなお便りを頂きました。

額装は想像以上に素敵な仕上がりで、もう本当に本当に嬉しいです!
子供らしくない色合いの靴だったので真っ白な額だとちょっと大人っぽすぎたかな?
と思っていたのですが額の内側も暖かみのある風合の生地で作られていてとても気に入りました。
遊びに来た友人が凄く羨ましがっていて、すぐにページワンさんを紹介しました。
私もまた是非利用させていただきます。いつかお店に直接お礼にいけたらと思います。
独身の頃から子供が生まれたらファーストシューズはお揃いの靴を履かせて
履けなくなったら大事に額に入れて飾りたいと思っていました。
夢が叶いました。本当にありがとうございました。」

靴の向きを下にしたのはネームが入っているからです。
子どもの名前を入れてくださる靴屋さんがあるのですね。
a0077203_17235054.jpg
a0077203_17235337.jpg
白の額装になることが多いですね。
白の額のバリエーションが揃っていることもページワンの強みです。
白は美しい。子どもの心の色ですね。

by page-1h | 2016-03-06 17:34 | 額装 | Trackback | Comments(0)

みんなオリーブの仲間たち

今年も始まりました。
アトリエオリーブの木の作品展。
この頃になると生徒さんがページワンに額装に来られます。
いつの間にか私も楽しみな行事になっています。
a0077203_18301605.jpg
早速初日に行ってきました。
本当に楽しいのです。
大人の教室もあり子供の教室でもある...オリーブの木
絵だけではなく子供達は造形にも親しんでいるようです。
リサイクルの筒を使って様々な人形がいた。
タイトルをみると「象になった私」とか「中学生になった私」とか
私が面白かったのは「お風呂上がりの私」気持ち良さそうでしたよ。


a0077203_18310777.jpg
a0077203_18301675.jpg
「なにも教えてないのですよ」と近藤先生が言ってます。
でもartを楽しんで身体の中にぎゅーっと注入してくれる先生の魔法。
「一生お金に困らない」のではなくて
「一生美しいものに困らない」感性を磨いてくださるのだろうな。
a0077203_18350314.jpg
大人の作品で驚くのは様々だということ。
楽しんでいる人。真面目な人。正統派の人。
だから額装もそれぞれです。

a0077203_18301749.jpg
小学校2年生。猫がとても緻密で愛情あふれている。
2年生でここまで描けるんですね。
a0077203_18301726.jpg
これも小学2年。色彩が美しい。ブルーベリージュースなんだって。
美味しかったんだね。
a0077203_18301697.jpg
上下のマーメードと女性の作品。「良いですね。」と額装に来られた時、話したら
「近藤先生もそう言ってくれたよ」と嬉しそうでした。
絵を習うと人生も変わるんだなぁ...と教えてくれた人です。
a0077203_18301660.jpg
a0077203_18301694.jpg
楽しいでしょう...
a0077203_18301677.jpg
この額ご本人が気に入ってくださいました。
何だかぴったりです。個性が輝いていますね。
絵を描くことがとても楽しいと毎年額装に来てくださいます。
a0077203_11380390.jpg
a0077203_11434770.jpg
a0077203_11435008.jpg
ボタニカルアート、カリグラフィーの作品も素晴らしい。
毎年、額装に来られる時お話しするのですが
暮らしの中のアートということを感じます。

by page-1h | 2016-03-03 19:07 | Trackback | Comments(0)