<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

和との融合

今日は「むらかみみか」の作品のお取り付けに行ってきました。
昨年の2月にみかさんが来日した時にご予約頂いていました。
このカバの作品「夜と昼の間で」はずっと前に見ていてみかさんに予約していた作品です。
ということは...お客様は設計の頃からみかさんのアートを考えていたということです。
a0077203_1752933.jpg

a0077203_1853782.jpg

見事なアートとの調和でした。
家はモダンな和の雰囲気です。
部屋に入ると木の香りがしました。
新緑の紅葉と縁側と現代アート。
小さなお子さんがカバさんダァと言う。何とも可愛い。
a0077203_1813033.jpg
a0077203_18554836.jpg

もう1点はクジラ「波の戯れ」です。
リビングは大きな白い壁が主役でした。
シンプルなライトを並べてその合間に大きな絵。
素晴らしい建築にエネルギーを注入という感じです。
お子さんは又クジラさんダァと言った。

みかさんは深いテーマを作品に込めているのでしょう。
それを単純に動物に託しています。
a0077203_18424082.jpg

a0077203_1843576.jpg

より安全に..そして美しく。
アートの取り付けは繊細な技術が要です。

しばらくしてお客様が言ってくださいました。
「夜ライトの光で作品にエンボスが浮き上がって美しいですよ」
これぞ、むらかみワールドです。
by page-1h | 2015-04-29 18:25 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

モザイク模様のエルメス

送っていただいたこのエルメスを開いた時....
何故だろう...とても不思議な感じ。
リヨンでローマの遺跡を見た時、床にこんな図案があったような...。
一緒に行った主人は覚えていないと言う。
とにかく嬉しかった。それは幸せな風のような思い出だ。
a0077203_1344329.jpg

お客様からメールを頂きました。
このことも嬉しかった。
いつも彷徨える旅人のように試行錯誤しているページワン。
そんな時お客様からのエールは胸に染みます。
「本当にお願いして良かったです。
数あるお店から、ページワンさんを探し出した自分を誉めたいくらいです。」
心からありがとうございます。
by page-1h | 2015-04-27 19:19 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

語り継がれるエルメス

スカーフの額装の仕事が入るとワクワクします。
遠方から送っていただくことが多いのでメールでのお付き合いになります。
このお客様はお母様が使っていたスカーフを額装でした。
思い出のあるものを新居に掛けたいとか...きっと優しい方なんだろうと思いました。
リスの図案が可愛くて私の気持ちが和らぎました。
丁度映画で「風に立つライオン」を見たり額の見本市の時期だったりと
日常の話題も盛り込みながらの楽しい額装提案。
フレーマーの雪絵さんと同じ2児のお子さんを持つ若いお母さんでした。
お礼のメールに「母も、額装にするなんて驚いていましたが、とても喜んでいました。」
語り継がれる、このスカーフは幸せものですね。
a0077203_1212422.jpg

a0077203_122373.jpg

by page-1h | 2015-04-24 12:18 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

銀塩オリジナル写真のあるインテリア

私は松本幸治さんの写真がとても好きです。
ページワンでは松本さんの写真をたくさん扱っています。
写真の好きなお客様が来られると心が騒ぎます。
先日モノトーンの写真をマンションのインテリアにしてくださった方がいました。
「松本幸治」の銀塩写真のオリジナルを3点と「ロベールドアノー」のプリントを1点。
夜にお取り付けに伺いました。
ページワンが終わってからの時は私もアシスタントをします。
松本さんの故郷、弓ヶ浜半島の海。ヨーロッパの街角の風景。
それからドアノーが親友ブラックを撮影した写真。
どれもが奥様の趣味に似合って...ご主人様も大満足してくださいました。

今写真家自身が現像した銀塩写真は珍しくなりました。
巡り合ってもとても高価です。
ページワンらしい値段で松本さんが提供してくれる写真達。
あまりに素敵すぎて私は何て幸せなのだろうと思っています。
a0077203_1656224.jpg

a0077203_16552619.jpg

a0077203_1463828.jpg

by page-1h | 2015-04-17 14:07 | 写真 | Trackback | Comments(0)

むらかみみかさんスペイン便り

昨年の3月に日本に帰っていたむらかみみかさん。
もう一年経ったのですね...とメールをしたら
こんな写真が送られてきました。
この1週間、スペインではセマナ・サンタ(聖週間)といって、キリストの死と復活を偲ぶ行事が行われているそうです。
昨日で終わった、騒がしいかった聖週間の最後の天使と子供の御神輿を添付しますねー! 
春が来て身軽な服で制作しているそうです。

ページワンではみかさんの絵がたくさん売れてとても人気があります。
ひとりひとりのお買い上げに感謝を込めてみかさんに報告します。
グラナダから嬉しい声が聞こえるようです。
応援してくださる方にありがとうございます。
a0077203_1652475.jpg
a0077203_16523126.jpg

by page-1h | 2015-04-08 17:00 | むらかみみか | Trackback(1) | Comments(0)

春のページワン

ページワンに春がきました!
お客様は庭に座ったり絵を眺めたり額の相談をしたり...と
自由にページワンを使っています。
おしゃべりに夢中になったり画集を見たり
窓が開き空気が流れるととても清々しい。
小さな店ですが、いつも発見のある店にしたいです。
遊びに来てくださいね。
a0077203_14385221.jpg
a0077203_1439980.jpg

a0077203_14392257.jpg

フレームに新作も届きました。
最高の組み合わせができます。
by page-1h | 2015-04-04 14:45 | 額装 | Trackback | Comments(0)

春の小川

今日心温まる出来事がありました。
お客様が内田新哉さんの「春の小川」を買ってくださいました。
お父様が亡くなって一周忌を迎えるそうです。
お父様が残してくださったお金で絵を買おうとページワンに。
法事の時にお父様らしい絵を玄関に飾りたいとのことです。
山がお好きで自然を愛した方でした。
a0077203_1314250.jpg

音楽の教科書にも出ているのですよ...と話したら
お父様は学校の先生だったそうです。
「内田新哉さんも画家になる前は中学校の先生だったそうですよ」
どんな偶然も美しくなってしまう。
嬉しい会話だなぁ...と思いました。
いつまでも亡きお父様を思う家族の絵。
内田さんはこの作品をポストカードにもしています。
「どんなに辛い時でも 春の風のように笑ってみる」
と書いてあります。
a0077203_1853964.jpg

a0077203_1383522.jpg

by page-1h | 2015-04-03 18:26 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)

内田新哉さんとアン

a0077203_1993453.jpg

今日内田新哉さんの「プリンスエドワード島」の作品が売れました。
ずっと前から内田さんを応援してくださるファンの方でした。
内田さんは同時多発テロのあった2001年の夏プリンスエドワード島に長期滞在して
絵を描いていました。
その時9月11日にテロを知ったのです。
それまでアメリカも世界も平和でした。
内田さんは平和な島の絵を描いていたのです。
当時ページワンへ来たairmailにはジャガイモ畑のことや赤毛のアンの舞台に集まる
観光客の話がありました。素敵なキラキラする島の風景のことでした。
そしてその後観光客が誰もいなくなった島の事も知らされました。

その時出版した画集は「小さな幸せ」でした。
平和な島や世界を描いて反戦を叫ぶのも画家の仕事です。
by page-1h | 2015-04-02 19:21 | Trackback | Comments(0)