<   2015年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ムーミンの夏


内田新哉さんが新作を届けて頂いたので
今日もたくさんのお客様が来てくださいました。
続けてFairy Houseが売れました。
今日は夏です。
童話作家の池川恵子さんが買ってくださいました。
彼女は夏が好きだそうです。
ページワンへ妖精からの贈り物です。
a0077203_113159.jpg

a0077203_1825925.jpg

ムーミンはカバではなくて妖精なんですよ。
知っていると思うけど...。
by page-1h | 2015-03-30 18:12 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)

内田新哉「Fairy House 春」

入学の季節になると門出のお祝いに絵が売れます。
贈る人も贈られる人も皆幸せで満ちています。
今可愛いなぁと思っても年月が過ぎると思いが変わってくるかもしれない。
内田新哉さんの作品はそんな風です。
フィンランドのムーミンを描いています。
ドアをあけたら希望と夢が...でも苦しみもあるかも。
妖精の春は大人たちが若者に贈るメッセージです。
a0077203_1820164.jpg

a0077203_1811548.jpg

by page-1h | 2015-03-29 18:17 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)

旅人だった内田新哉さん

昨年は北欧やオーストラリアのパースなど変わらず旅人だった内田新哉さんでした。
そんな憧れの内田新哉さんがページワンに来られました。
たくさんの作品を抱えて昨日も電車でした。
「途中豊橋で降りて美術館でルオーを観ました。それで遅くなってすみません」
豊明市から車なら簡単なのに...そこが素敵なんですよね。
a0077203_15212776.jpg

「僕が旅先で描きためたスケッチです。」
と小さなスケッチブックを見せてくださいました。
a0077203_15214332.jpg

私たちはつい内田さんに甘えてページワンの在り方なんかを相談してしまいます。
少しだけ優しくなれたような 気持ちになりました。
この絵のように春風になって進もう。
でももっと内田新哉さんのお話をお聞きしたかったです。
a0077203_15221891.jpg

もう暗くなってしまったけど用事があって車で駅までお送りしなかったのです。
たぶんバスに乗って浜松をのんびり帰るのが似合う素敵な人です。
駅から電話を頂きました。
「今日はとても楽しかったです。ありがとうございました。また伺いますね。」
私たちにとっても楽しい日でした。
by page-1h | 2015-03-27 15:32 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)

ドックギャラリー

a0077203_18401999.jpg

お忙しいのに私が犬が大好きなので花ちゃんと空ちやんを連れて来てくださった。
昨日、日曜日はとても暖かでした。
裏庭でものんびりできる季節になりました。
お客様のお子さんは、こんなに大きなワンちゃんをみたのは始めて。
「ライオンみたいだね...」
と最初は逃げ回って泣きべそだったけど、すぐ慣れました。
私はこんなことが嬉しくてたまりません。
子供も犬も皆んなページワンが大好きだと良いね。
思い出いっぱいになったら良いね。
犬の空ちゃんもページワンのこと思い出すかな。
by page-1h | 2015-03-23 18:53 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

子どもの絵は宝物

a0077203_18471694.jpg

フレーマーの雪絵さんは2人の男の子のお母さんです。
毎日子どもの話しが出ます。もう春休みなんですね。
下のお子さんは今年一年生になります。
3月は1年分の絵を学校や幼稚園から持ち帰ります。
そんな時はゆっくり、お子さんの絵を見てあげてくださいね。
そして額装してください....なんて宣伝してますが..
大切なことですね。
インテリアの一角に子どもの絵が飾ってあることは何よりも素敵。
今は特にそんな時代。
雪絵さんの家にも、こんな傑作コーナーがあるのだそうです。
上手ですよ〜シュウちゃん、ナオちゃん。パチパチ。
by page-1h | 2015-03-19 18:59 | インテリア | Trackback | Comments(0)

小さなレストランに飾るように...

a0077203_17192395.jpg

小さな街のビストロやカフェで小さな額をたくさん掛けてあるのを見ます。
その中にページワンの額を発見すると嬉しいです。
きっと修行時代に集めたポストカードやポスターを入れているのでしょう。
そんなエッセンスを一杯にしている店は人気店ですね。
昔パリで見かけたカードを探してメージワンに来られるお客様もいます。

雪絵さんが仕入れて来た小さな額を一つ一つ丁寧に使いやすいように
作り込んでいるページワンの店主。
彼も若き頃さまよったパリの街角を思い出しているようです。

ミニ額はページワンの自慢です。
小さなレストランのように...
ぜひ見に来てくださいね。
by page-1h | 2015-03-18 17:08 | Trackback | Comments(0)

ピカソ

a0077203_11415210.jpg

毎年春には新しい額の発表会があります。
その各社の展示会にフレーマーの雪絵さんが泊まりで参加しました。
その中でも本縁の額の仕入れは楽しみです。
早速ピカソのハンドを額装してみました。
「two cross the hands」ページワンの定番作品です。
たくさんの本縁額に入れてみました。
心を打たれる、誰かと手を重ねること....握り合うこと...
こんなに温かな作品ってあるだろうか...と思います。
ピカソって素晴らしい。
世界中の人達にこの作品を見て欲しい..ページワンの願いです。
by page-1h | 2015-03-16 11:58 | 額装 | Trackback | Comments(0)

メダルの額装

大学の入学を前に今までに受賞したメダルを額装しました。
お兄さんの時もしていただきました。
こんなにたくさんのメダルには私には考えられないような思いがあることでしょう。
お父様の複雑で誇らしげな感じが素敵でした。
家族の応援の結晶だということは息子さんが一番解っていることですね。
これからの人生この額装が支えてくれるような気がします。
a0077203_18375554.jpg

a0077203_18381963.jpg

メダルのレイアウトやイメージはとても難しい額装です。
雪絵さんのセンスが光る仕事です。
a0077203_18384727.jpg

by page-1h | 2015-03-15 18:52 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ふうせんマジック

逸見亜古さんの個展をページワンで開催したのはもう...1年以上前のことですね。
たくさんのお客様が来てくださって夢のようでした。
夢のひとつに千葉から来てくださった美しい女性がいました。
彼女から先日電話がありました。すぐ解りました。
亜古さんの作品を送ってくださいとのことでした。
a0077203_18321784.jpg


お送りしてからメールをいただきました。
「亜古さんの絵も、早々に仕上げて頂きまして
有り難いです。
二人目の女の子を出産した友達のお祝いなので、
女の子二人が可愛い「ふうせんマジック」を選びました??
なんだか私が貰えるみたいに、ワクワクしています。
小春日和の森のテーブルで、
お茶をいただきながらお話ししたこと…
時々懐かしく思い出しています。
またきっと、お目にかかれると思っています。
亜古さんの「やさしく流れる時のよう」が大好きな娘は、
楽器博物館にも興味があるようで、
次は二人で訪ねて行こう‼️と言っています。
亜古さんの絵を通して、ページワンの皆さんと繋がって…
ページワンを通して、亜古さんの絵とも繋がっている…
とても素敵な繋がりに、感謝しています??。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。」
a0077203_18405434.jpg

写真が添付してありました。
それからずっと私は夢をみているようです。
by page-1h | 2015-03-14 18:43 | 逸見亜古 | Trackback | Comments(0)

イタリアの色

a0077203_18432175.jpg

奈良から額装に来てくださったお客様がいました。
ご家族で日帰り旅行だそうです。
以前浜松に来られた時ページワンを見つけてくださってからのお客様です。
光栄なことです。嬉しくて胸が震えます。
イタリアへ旅行されたそうです。その時買った作品です。
額の色に悩んでいました。少し明るめの茶はイタリアのフィレンツェの色です。
屋根の色がお揃いでした。
壁に飾る絵を楽しんで丁寧に暮らしている様子が、とても素敵でした。
by page-1h | 2015-03-08 19:01 | | Trackback | Comments(0)