<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

個性のあるお買い物

遠方のお客様ですが、ご夫妻で来店頂きました。
エルメスの古いスカーフを額裝しました。
斬新でとても美しい図柄にキラキラしたシルバーのフレームを
選んでくださいました。
a0077203_1434328.jpg

シンプルで個性的...でも次に取り出した小さなスカーフ。
グッチだそうです。何か...すごくて素敵。
このフレームにぴったりでした。
a0077203_14342037.jpg

ギャラリーも見てくださり楽しんでいました。
突然みかさんの作品。「夜と昼の間に」を予約してくださり
お帰りは浜松城公園を散歩したりでエンジョイ。
後日額裝して、お送りしたのですが、個性的なインテリアが目に浮かびます。
a0077203_14351199.jpg

暮らしにはいろいろ面倒な悩みもありますが
アートはそれをリセットしてくれる。
いつもお客様から学ぶことです。
a0077203_1457666.jpg
大きさの参考に...。
by page-1h | 2015-01-26 14:56 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

子どもの絵を刺繍する

刺繍が素晴らしいのは手仕事に愛情を感じるからです。
とても感動した額裝をご紹介します。
お子さんが描いた絵を刺繍にしたそうです。
a0077203_1843947.jpg

その絵はこれです。
周りのマットにお好きな布を持って来られました。
それをマット紙に貼りました。
額裝に子どもらしさが出ますね。
お子さんが描いた絵を刺繍にするお母さん。
良いなぁ...。ウルウル。
a0077203_1832376.jpg

こんな感じで刺繍が出来上がり。
a0077203_1833530.jpg

裏打ちをして...。
マットもページワンで作って..。
合作みたいでウキウキ。
a0077203_1842777.jpg

お子さんの描いたオリジナルも同じように額裝して...。
a0077203_1845678.jpg

a0077203_18461861.jpg

a0077203_18463249.jpg

こんな額裝もしました。
いたずら書きも宝ものですね。
by page-1h | 2015-01-24 18:48 | 額装 | Trackback | Comments(0)

春の小川

「小学3年生の音楽の教科書に内田新哉さんの作品が載ってるわよ。」
と親しい先生が見せてくれました。
同じ作品をみながらページワンで盛り上がりました。
タイトルも「春の小川」
春になったら歌いましょうか...
a0077203_1342248.jpg
a0077203_13423665.jpg

by page-1h | 2015-01-23 13:56 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)

あなたの家のインテリア

青い空に白い雲。
草原の向うに一本の大きな木が見える。
まずそこまで行こう。
少年が心の中にデジャブのように抱えている想い。
そんなポスターがページワンにあります。
もし額を付けるなら白樺の幹のような白か...
枯れ草のような茶にしようか...考えていると誰かに呼ばれているような気がして...
a0077203_13523185.jpg

ギャラリーに平台を置いて工房を作りました。
大きなポスターを置いたり
マットの提案をしたり
インテリアのことを考えたり
なかなか便利になりました。
a0077203_13525515.jpg

by page-1h | 2015-01-21 14:12 | インテリア | Trackback | Comments(0)

ミニ凧額裝

浜松は5月の凧上げ合戦で凧職人が多くいる街です。
それで凧の額裝のご注文も多いのですが
手軽なのはミニ凧ですね。
小さいので立体額裝にしても飾る場所を選びません。
この凧は近所の職人さんに描いてもらったそうです。
兄弟でそれぞれ可愛いですね。
この子達が結婚したら式場に飾ってウエルカムボードにしたら素敵。
そんな時はすぐ来てしまうんですよね。
そして次は孫にも作ってあげなくては...。
浜松人って良いです。
a0077203_1458149.jpg

by page-1h | 2015-01-17 15:13 | 浜松 | Trackback | Comments(0)

ジョナサン・アドラーのフレーム

ジョナサン・アドラーがデザインしたフレームでグッチのスカーフを額裝しました。
大阪からの、ご依頼でしたのでたくさんのメール交換をさせて頂きました。
途中出身の多治見の美味しいケーキ屋さんのお話やら
大学時代に、ご主人とドライブしたことのある我浜松の思い出とか...
鰻や中田島砂丘、浜名湖の水面の美しさなどに
話しが脱線し楽しい仕事になりました。
メールでお礼状を頂いて「スカーフの額裝」の素晴らしさを噛み締めています。
a0077203_1193772.jpg

「私自身は昨年母を亡くしなかなか立ち直れないまま一年が過ぎました。
この度、額装をお願いして久しぶりに気持ちが浮き立ち心から楽しい時間を過ごさせていただきました。
何度も何度も、細かい注文をつけさぞやお困りになったことかと思います。
届いた額は漆塗りのような艶と赤みがあり、とても私の好きな雰囲気でした。
どことなく和の要素もありつつ、どっしりと落ちつきがあり
温かみの感じられる良い作品に仕上げていただき
眺めながらなんともいえない幸せな気持ちでいっぱいになりました。
これから過ごす家族の幸せな時間と共に大切に飾って行きたいと思います。」

a0077203_1194985.jpg

最初からコンセプトは幸福感が希望でした。
小さなお子さんのいる一家団欒のイメージです。
直接お会いしなくても素敵な出会いでした。
by page-1h | 2015-01-16 12:03 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

心が伝わりました

a0077203_1482477.jpg

波の戯れ(juegos de las olas)はとても人気のある作品です。
みかさんは昨年の2月13日に2年ぶりに来日しました。
その時持って来られた新作でした。
一年間でいろんな方に買って頂きました。
昨年のクリスマスに東京にお送りした作品です。
新年に写真を送ってくださいました。

「ご連絡が遅くなりましたが、ようやく作品を飾れましたので、
メールさせて頂きました(年を越えてしまってすみません)
もともとはスカーフの額装を探していてページワン様に辿り着いたので、
今回はちょっとした衝動買いです。
私、基本的には衝動買いはしないタイプで、
絵画などもネットで購入することは今までなかったのですが(妻も意外だったようです)、
むらかみみかさんも額縁も、実物は期待以上で大正解でした!」
a0077203_1481491.jpg

夜の感じも撮影して頂きました。
遠方のお客様は伺えないので写真を拝見すると嬉しいです。
大きな絵をネットでお買い物は難しいですね。
私がご提案するメールでの額のイメージも伝わり難いと思います。
でも一生懸命頑張ります。
作品とページワンの額裝には自信があります。
その心が伝わればと思います。
それが解ってくださると感動しますね。
みかさんの作品が日本中のお宅に飾られたらと...
今年は大きな夢を抱いています。

今年は帰って来られるかな....帰国はいつも2月ですから。
by page-1h | 2015-01-14 14:38 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

ユーモア

明けましておめでとうございます。
今日は忙しかったです。
私達休み過ぎて頭が真っ白。困ったことです。
a0077203_1652578.jpg

昨年はこの言葉に出会いました。
ユーモアとは「にもかかわらず笑うこと」(アルフォンス・デーケン ドイツの哲学者)

遠方のお客様から播磨先生に書いて頂きたいと依頼がありました。
いつも側に置いて座右の銘にしたかったのでしょうか...
なるべく小さく書きました。
思えば...私って笑っていたかな...あの人に会ったときも...
親に会っているときも..
笑わない顔って簡単ですから、だからとても不安。
今年は笑っていたいです。少しの傷もあるけど
「にもかかわらず笑うこと」
一番大切なことだと感じています。素敵な額裝になりました。

このブログを見て宮崎の彼女から電話がありました。
お互い面白いことばかり言い合って
初笑いしてしまいました。
やはり今年は笑っていよう...。
by page-1h | 2015-01-07 17:07 | | Trackback | Comments(0)