<   2014年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました。

お正月休みは勇気を持って長めに頂きます。
申し訳ありません。
12月30日から1月6日までです。
今年最後のブログは上砂理佳さんの水彩画です。
タイトルは「sweet baby」
上砂さんは銅版画の合間に水彩画を描いています。
それを時々ページワンに送ってくださいます。
上砂さんの水彩画はファンが多いですから嬉しいことです。
お菓子の家に赤ちゃんのバスケットにはwelcomeのリボンが....
2015年は平和な素晴らしい年になりそうですね。
a0077203_16232980.jpg

a0077203_1624453.jpg

今年もたくさんのお客様に助けて頂きました。
たくさんの思い出を残せました。
ありがとうございました。
by page-1h | 2014-12-29 16:46 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)

額のレイアウト

ページワンのお正月休みは30日から6日までです。
a0077203_17122743.jpg

こんな素敵なディスプレイのお手伝いをしました。
ブライダルのウィンドウです。
ページワンの店内をウロウロして素敵な額を集めていました。
アンティーク風な額を選んでいました。
a0077203_17124471.jpg

額のサイズを計って写真を作って来られました。
額が先だったのですね。
a0077203_17132263.jpg

お取り付けはページワンでさせて頂きました。
ご家庭のインテリアでも応用できそうですね。
家族写真とかお気に入りの風景など
簡単にサイズを決めてプリント出来ますから...。
by page-1h | 2014-12-26 17:21 | インテリア | Trackback | Comments(0)

アランという建築設計屋さん

今度の火曜日祭日は(23日)営業しています。
翌日の水曜日(24日)は代休させて頂きます。


「むらかみみか」さんの作品を取り付けに行きました。
ここにも「お邪魔虫」の私も付いて行きました。
何て暇な私なんだろう...。アランの中根夫妻は「むらかみみか」が大好きなのです。
今日はオフィスのサロンに掛けました。
階段を上がった所に掛けましょうか?
と取り付けて良い感じでした。この作品はたばこ畑なんだそうです。
古い昔のスペインのね。
a0077203_1741297.jpg

大きなテーブルのある壁に掛けて...
秋風という作品です。寂しい感じが良い。
ライトの下ですよね...やっぱり...
a0077203_17421277.jpg

奥様のエミちゃんが「並べたらいいかも...」と言い出した。
ホラ〜ァ素敵。
ライトが下にもあって良い感じ。
ご夫妻も満足。
a0077203_17414468.jpg

寒い日だったのでホットレモンを頂きました。
エミちゃんがカメラに凝っていて私のカメラで撮りました。
だから載せます。
a0077203_1743242.jpg

by page-1h | 2014-12-20 17:59 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

ラグデザイン

a0077203_1772930.jpg

ラグデザイン代表の伊藤晃好さんのお宅に伺いました。
彼は綿引明浩作品をインテリアに取り入れてくださっています。
伊藤さんのお宅を拝見したくて用事もないのに付いて行きました。
会社や折々というオーダー家具の店もあるのですが水曜日はお休みでした。
それでご自宅でということでしたが...伺って本当に良かった。
「時をかけて愉しむ木の家」と伊藤さんが言っていましたが
天然木が優しくて...幸せ感に包まれたのです。
もう7年です..という家はアートが似合います。
大きなクリアグラフを掛けたら子ども達が帰って来て
大喜びでした。ニコニコで見入っています。
個展の時ご家族で一緒に見て...それが家にやって来て...
その様子を感じただけでも私には大きな刺激でした。
これからの住まいは時が必要なのですね。
それは子育ても建築も同じ。
きっと伊藤さんの家造りの原点なのだと思いました。
a0077203_1764944.jpg

2年前に買って頂いた「バルメロンの冒険」
クリスマスと現代アートが似合っていました。
a0077203_18132187.jpg

by page-1h | 2014-12-19 18:16 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

幸せな誕生日

a0077203_130462.jpg

毎日とても寒いですが...
私の平凡な日常にはとても温かな出来事がありました。
生きるのが楽しくなってしまいます。
スカーフの額裝が大阪のお客様に届いた日はページワンの誕生日でした。
こんなメールを頂きました。

「今朝 無事にスカーフが届きました。
ドキドキしながら大きな包みを開けて、現れた額装に鳥肌が立ちました。驚きでした。
想像していたよりずっとずっと素敵でした。自分が選んだ一枚のスカーフがこんなに素敵な芸術品になって帰ってくるなんて。感激しました。
たくさんご提案頂き、初めてでもたもたし 決断出来ない私の相談にのって頂き、凄く嬉しかったです。自分の元に届くまで何だか不安でいましたが、
この額縁にして良かったです。」

ご主人と壁に掛けました..ともう一度写メールを頂いたのです。
「素敵です!届いた時は家族皆「でかっ」と驚いていましたが、リビングに取り付けると子供達、口々にお野菜と人々のストーリーを話し始めました。
予想通りでした。黒地に色とりどりのお野菜。
主張が強いかな、ごちゃっとするのかな、と思っていましたが、
意外にしっくり落ち着くのですね。
購入した時の印象よりも我が家に帰って来たスカーフは「おとな」でした。
やはりこの額にして良かった、と1日に何度も嬉しい気持ちになります。」

今日は私の誕生日です。
お子さんとのお写真が可愛くて私への最高の贈り物でした。
この写真をブログに模せていいですか..?と尋ねると

「大人になって、お母さんになってもこんなに素敵な出会いがあるのだなぁと何だか感謝してしまいます。うちのやんちゃ坊主ブログに載せてやって下さい。
喜ぶと思います」とのご返事。

幸せな家族の笑い声が私の心に流れました。
額裝は素晴らしいワールドです。
全ての幸せを額に入れてしまいたい...と
今日と言う日をかみしめました。
a0077203_148691.jpg

by page-1h | 2014-12-17 13:58 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

富安秀行さん

a0077203_16152190.jpg

昨夜「富安秀行」さんのライブに友人を誘って3人で出かけました。
朝彼のfacebookを見て、浜松に来ているんだな...と思い行ってみたのです。
根上り松の前の「ビスケットタイム」
ニューヨークのライブハウスみたいでした。
彼とは14年前ニューヨークに行く飛行機の中で会ったことがあります。
翌日街角でも偶然あって
「これからSOHOでゴスペレを聞きに行くんだ...毎日夜はライブハウス回りだよ」
とか言っていたのを思い出します。
その頃彼が音楽好きだとは知っていましたが...
まさかその4年後に全てを止めてミュージシャンになるとは思いもよりません。
彼は私達の同業者だったからです。
長年豊橋で「グラフT」というアートショップを開いていました。
ページワンと同じような店で時々会うと経営や絵の話しで盛り上がったものです。
楽しかったあの頃...それから彼は10年間日本全国でライブ活動をしています。
年間200回とか...優しい富安さんの歌。
歌詞を日本語に訳して歌います。だから胸に染みます。
彼はアートを愛しています。
昨夜もモザイク職人の詩を歌いました。
私が感じたこと...アートと音楽は繋がっている...
だから「富安秀行」と「ページワン」のスピリッツは同じ。
by page-1h | 2014-12-13 16:42 | ページワン | Trackback | Comments(0)

ある日

a0077203_17533746.jpg

スタイリッシュなリノベーションをしたマンションに引っ越すとお聞きして
お取り付けに伺いました。
写真が趣味で個展もしている方なので写真も10枚レイアウトしました。
まだ何も無い状態ですが「思いがけない展開になりました」と喜んで頂きました。
いつ来客があっても写真展にご招待している感じになりますね。

その中に綿引明浩のクリアグラフ「Un dia ある日」を掛けました。
この作品の中に人々の人生が見えます。
赤の女性は優しき母であり心の人です。豆を持った「働く人」思索の人「ブックマン」
「彷徨える画人」もいます。
「青の人」はズボンを履いています。
自分を大きく見せるためにズボンを3枚も重ねています。
生きるって大変なんです。
大きな家や小さな家...穏やかな木々。綿引の世界です。

この作品が浜松のここにあると思うだけで幸せになります。
a0077203_1757787.jpg

by page-1h | 2014-12-12 18:15 | 綿引明浩 | Trackback | Comments(0)

クレル

a0077203_18332190.jpg

12月9日がページワンの誕生日でした。
定休日でしたので30周年を記念して大平台の「クレル」で食事をしました。
ここのマダムの亜矢さんとは30年前からの知り合いです。
ずっと仲良くしてきました。
クレルも11年だそうです。
店にはたくさんの絵が掛けてあります。
全てページワンのコーディネートです。
そして11年経っても絵はずっとそのままです。
私達にはそれが大きな誇りです。
何時行っても音楽をテーマにしたポスターはそこにあるし...
シャーガールのデッサンもイギリスの古いプリントも店のインテリアにぴったりです。
額裝も完璧です。11年前主人が取り付けたままで迎えてくれます。
でも何よりも素敵なのは亜矢さんの笑顔が11年前と一緒ということです。
by page-1h | 2014-12-10 18:55 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

エルメスを額裝して贈る12月。

スカーフの額裝がより華やかに感じる季節です。
クリスマスまでにね...というお客様の声が嬉しくなります。
小さなスカーフはご自分用で大きなペガサスは「友人の事務所開設に送る額装」という
ご依頼でした。
「制作はゆっくりで良いのですが私が入院するので...額裝は早く決めたいのですが...」
とメールがありました。とても慎重に緊張してご提案しました。
「無事退院しました」とお聞きして
東京のご友人とご自宅の埼玉に、お送りました。

「友人分もどうしても現物が見たくて事務所まで押しかけて見て参りました。
ペガサスも花咲く馬も、どちらも大満足です!
御提案いただいた、どのフレームでもきっと満足のいく仕上がりだったろうとは思うのですが、うんうん、やっぱりこれで正解だった...などと悦にいっておりました。」

もうすっかりお元気になられたんだ...ホッと安心した私達でした。
a0077203_1742595.jpg

a0077203_174492.jpg

2つとも幸せの羽が大きく開いています。
a0077203_17192748.jpg

a0077203_17192248.jpg

こんなふうに、いろいろなご提案を何回もします。
決まったらマットの色なども決めて頂きます。
by page-1h | 2014-12-06 16:57 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

ノンクランテ

富塚にノンクランテさんというコーヒー屋さんがあります。
ここでは、とてもリラックスして優しい時間を過ごせます。
壁にはいつも数点の絵が掛けてあります。
私はコーヒーが大好きです。コーヒーが無いと味気ない毎日になります。
ノンクランテのご夫妻は絵が大好きです。
絵が無いノンクランテなんて考えられません。
コーヒーと絵...贅沢なような...あたりまえのような...
素敵な関係です。
先日綿引明浩展では3点の銅版画を買って頂きました。
クリスマスがきました。ローマの猫はトイレに掛けたそうです。
ノンクランテがあってページワンがあって小さな幸せです。
a0077203_1461352.jpg

a0077203_1452778.jpg

by page-1h | 2014-12-05 14:30 | Trackback | Comments(0)