<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

結婚記念日

a0077203_18221892.jpg

毎年3月26日の前の日曜日に来店してくださる、ご夫妻がいます。
作品の額裝を承って次の日曜日にも来てくださいます。
26日は、ご夫妻の結婚記念日です。
もう20枚くらい作品があることでしょう。
全て壁に掛けているそうです。
この数年「むらかみみかさん」の作品を続けて買って頂いています。
先日facebookに写真が出ていたので借用してしまいました。
毎年お会いすると、もう一年が過ぎたのだと思います。
作品はとても大作の時もあり小さな時もあります。
それはページワンの歴史です。

私達はもしかしたら...
彼らに会えるから店を続けているのかもしれません。
a0077203_1943175.jpg

今年は「日記」
by page-1h | 2014-03-31 18:35 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

絵の飾り方

a0077203_16363524.jpg

絵との付き合いは次第に変化していくように思います。
それをお客様から感じると嬉しくなります。
彼女は最初白駒一樹さんの作品を買いました。
その次にお会いした時は綿引明浩さんのピッコロ版画が面白いと言っていました。
携帯で撮った、ご自宅の玄関の写真を見せて頂きました。
素敵に取り付けています。
ぜひ私のパソコンに転送してくださいとお願いしました。
それがこの写真です。
他の部屋には播磨先生の書もあることでしょう。
今回はむらかみみかさんの個展を楽しんでくださいました。
彼女と話しているとページワンを受け入れてくださるなあと感激します。
だから私はつい夢中になってしまいます。
楽しくて楽しくて踊りたくなるような気持ちで画家達を紹介します。
「ね!ページワンって良いでしょう?」
by page-1h | 2014-03-30 16:57 | 綿引明浩 | Trackback | Comments(0)

春の絵... 桜の絵

春になったら、こんなに微笑ましい作品も登場です。
「カスピア」は南の果ての島だと上砂さんは言います。
春色の恋をして南の果てまで逃避行する気なんでしょうか...。
下に英語で「私は自由」って書いてある...
私がこんなことを言うのは「恋」ではなくて「変」ですが。
a0077203_15254745.jpg

今の季節は記念品に絵を買ってくださる方がとても多いです。
入学記念。退職記念。入社記念など...
自宅の壁にいろいろなメモリーが刻まれる美しい季節です。
a0077203_15514185.jpg

桜の季節になると思い出す...大切な思い出...忘れないで〜
今一番売れている版画です。
a0077203_15547100.jpg

ページワンの窓からの桜は満開。
浜松でも一番古い桜なのでは...と長老は言います。
by page-1h | 2014-03-27 15:57 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)

まだ見ぬ紳士からのご依頼

a0077203_15455386.jpg

クラシックなエルメスの額裝のご依頼でした。
お電話で簡単にお問い合わせがあってスカーフを送って頂きました。
「白い額がいいかなと思っています」と紳士の雰囲気の声でした。
自宅の壁の写真もメールしてくださり、張り切って提案したのですが
あっさり2回目のメールで決まりました。
きっと直感なんだろうな。
額裝してみたらとても素敵なのです。
提案してるのに...と言われそうですが
予想以上にこのスカーフに似合いました。
by page-1h | 2014-03-22 16:04 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

送別に込められた愛

a0077203_18221256.jpg

額裝とは人を喜ばせることだと思っています。
誰でも壁に掛けてある額を見て何かを思いますね。
そう信じて仕事をしていますが、こんなに嬉しい額裝をしました。
15センチくらいの小さな額です。
上司の退職に部下達が贈りました。
彼はとても仕事熱心な上司だったそうです。
いつも仕事に熱中する姿を部下は見ていました。
2つの丸い輪は仕事の自動車の部品です。
そして下のバスタブの写真は仕事には関係ありません。
「これからは、ゆっくりお風呂に入って休んでください...」ということです。
忙しい時は家に帰らないで車で寝ていたのを知っていたと部下達は言います。
皆が笑っているような幸せな額裝になりました。
愛されていたのですね。
by page-1h | 2014-03-20 18:19 | 贈り物 | Trackback | Comments(2)

みかさんの思い出

a0077203_18275251.jpg

もう「むらかみみか」が日本にいないと思うと寂しくてたまりません。
私って寂しがりやなのかな。
でもみかさんの作品を額裝したお客様が来られるので
プレゼントするために写真をプリントしました。
すると、もっと寂しくなります。
記念に並べてみました。いろんな人と話しをました。
写真で皆笑ってます。楽しかったな。
人と人が出会うってこういうことなのですね。
皆みかさんと又会いたいと思ってるから寂しくて待ち遠しい。
by page-1h | 2014-03-17 18:35 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

送別会の贈り物

a0077203_18434782.jpg

少年野球にも毎年お別れの時があります。
お世話になった先生に記念の贈り物をと、ご父兄達はいろいろ悩むことでしょう。
記念品に写真の額裝は定番ですが野球ボールの額裝のご依頼を頂きました。
奥行きのある額の中にボールを浮かしました。
なぜ浮いているかって?それはページワンの企業秘密です。
先生感激ですね。
by page-1h | 2014-03-16 18:51 | 額装 | Trackback | Comments(2)

春の「上砂理佳」新作

a0077203_1123185.jpg

上砂理佳さんの新作が出ました。
「花咲か村より」
桜の絵です。春ですね。
大きさは26センチ×18センチ。
壁に掛けるのに丁度良い大きさですね。
四つ切りサイズの額ですからコレクションしている方は
作品を入れ替えても良いですね。

メッセージが入っていました。
「丘の上に村を見渡す一本の木。100年前も100年先も
花は同じように咲きほこる。猫も恋する季節に」


100部限定の銅版画です。
エデションはページワンを優先してくださり
1から6まで来ました。
1番や3番にこだわる方....ぜひお電話くださいね。
1番はとても珍しいですから...。
(早々に1番売れました!)
a0077203_11354011.jpg

by page-1h | 2014-03-15 11:33 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)

親孝行

a0077203_11273428.jpg

むらかみみかさんは16日にスペインに帰ります。
昨日の夕方少しだけページワンに来て最後の打ち合わせをしました。
先月日本に帰ってからお母様が怪我をしました。
ページワンでの3日間の催事の様子をアルバムにしてお見舞いにしました。
お母様はそれをとても喜んでくださいました。
ある日店で
「みかさんに、もっとページワンに来て頂きたかったのですが...。」
とお客様に話すと彼は
「お母様とずっと一緒にいてください。親孝行は自分のためですから。
私の故郷は気仙沼ですが震災の時、母と連絡が出来なくて、どんなに心配したことか....
みかさんにそう伝えてください」
みかさんに伝えると感激していました。
怪我は痛かったけど、お母様はみかさんと、たくさんお話が出来て良かったですね。
みかさんはとても優しい人です。
私にも優しさが移ったようです。
作品を見ているとそれが伝わって胸が熱くなります。
by page-1h | 2014-03-14 11:54 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

みんなオリーブの仲間達

a0077203_14233544.jpg
a0077203_162647.jpg
絵画教室「オリーブの木」の作品展に行って来ました。
このアトリエはお子さんだけではなく大人の教室もあります。
大人の生徒さんは
展覧会が近くなるとページワンに額裝に来てくださいます。
近藤先生が心を縛らずに奔放に楽しく教えていることが伝わります。
子どもの絵はたくさんの中で私はこの作品が好きでした。
小学2年生。「さえずり」という題が付いていました。
一羽だけが鳴いているの。
良いなぁ。
しばし見とれてしまいました。
先生がいたら「この子はね〜」って
ご自分の作品のように説明してくださることでしょう。
a0077203_14362933.jpg
a0077203_14234227.jpg
a0077203_18162418.jpg
大人の部の作品も素敵でした。額裝している時を思い出して...
絵心がある暮らしは、かけがえのないことだと思いました。
最後のカリグラフィーの
マットのラインはフレーマーの雪絵さんが苦労していました。
イギリスにはこういう額裝の技法がありますね。
何でも興味があるのがオリーブの特長ですね。
a0077203_1437541.jpg
by page-1h | 2014-03-07 14:57 | Trackback | Comments(0)