<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロバート・メイプルソープ

a0077203_12293271.jpg
渋谷駅前のヒカリエで新しい物の洪水に会いbunkamuraまで歩いて行くと
途中「Art meets Life」という大きな垂れ幕を発見しました。
西武百貨店です。渋谷西武と言えば私達世代の憧れ..でした。
なんだ、なんだと入ってみると
「ロバート・メイプルソープ FLOWERS 写真展」を開催中でした。
思いがけず素晴らしい写真展に出会ってしまった。
でも人影はまばら...しかも入場無料。
23年前メイプルソープが43才で亡くなった頃だったら長蛇の列だったことでしょう。
国内では10年ぶりのプラチナプリントによるモノクロ作品の公開なのだそうです。
ページワンでは「ロベール・ドアノー」と並びたくさんの
モノトーンポスターを売りました。
気がつけばあの時代は何処へ行ってしまったのだろう。
とても素敵な時代だったのにアートまでも流行にしてしまうのですか。
by page-1h | 2012-08-31 12:58 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

渋谷

a0077203_1647361.jpg
東急文化村ギャラリーの綿引明浩展に行って来ました。
綿引さんの個展では珍しく小さな作品の展覧会です。
渋谷駅界隈は賑やかですがここまで来るとアートの香りがしますね。
久しぶりにカフェマゴでお茶したりして..。
この会場の額裝は90点全て本縁額でページワンです。
とても好評のようでした。9月2日までです。
伺った時に丁度アーティストの方が来ていました。
「すごい才能のある人なんだよ」と
同業の方にも一生懸命説明をしている様子を見て
綿引さんらしいなぁと思いました。

下の美術館で「レーピン展」を見ました。
by page-1h | 2012-08-30 16:59 | Trackback | Comments(2)

パリという猫とページワン

a0077203_1785162.jpg
12年前ページワンにはパリとロンドンという猫が居ました。
覚えていてくださる方もいて時々猫の話題になります。
店に動物がいるのは最高に楽しいことでした。
この写真は2003年です。
3年くらい店に居たのですね。
その後は自宅で飼いました。
その2匹の猫のうちパリが先日亡くなりました。
12才でした。
本当に癒された日々でした。
左の白い猫です。ロンドンが元気なのが救いでした。
真っ白な羽がはえて私の知らない明け方に旅立って行きました。
by page-1h | 2012-08-24 17:06 | Trackback | Comments(6)

綿引明浩の小さな美術館

a0077203_1447421.jpg
今日は火曜日で休日ですが3人共仕事をしています。
8月25日から9月2日まで渋谷の
「Bunkamura Box Gallery」で
「綿引明浩の小さな美術館」という個展があります。
ページワンは綿引さんにその額裝を頼まれました。
気軽に頼んだのかもしれないのですが私達は真剣です。
すぐ夢中になってしまいます。
気に入った額裝が揃いました。
東京の人達もびっくりするかな。
店は閉めているので3人でランチに行きました。
『コオロギ Bookstore Cafe』です。知的でおしゃれで素敵な店でした。
浜松にも良い店ありますね。
rottaさんに紹介していただきました
by page-1h | 2012-08-21 14:57 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(4)

みかさんの残暑見舞い

a0077203_11555145.jpg
今年の夏は忙しい毎日でした。
きっと人々がアートに目覚めたのだと思う。
楽しんでもらえたページワンの夏でした。
そんな時むらかみみかさんから残暑見舞いのメールが来ました。

「グラナダも猛暑の日々が時々あり、人々は夏休みで海沿いに休暇で行っていて、町はガランとしています。景気が悪いスペインなのに、やはり楽天的なスペイン人は休暇を多いに利用し楽しんでいるようです。
私の今年の夏は石のシンポジュウムは断念し、胃炎治療の中で最近発覚したピロリ菌治療とで、ひっそりとアトリエ通いし暮らしています。むらかみも年をとって来た様です。」

なんと..気弱なみかさんでした。
異国に暮らして病気になると気落ちすることでしょう。
写真の作品のワニも痩せ細っています。
気持ち解りますね。
でもすぐ元気になって太ったワニが登場することでしょう。
by page-1h | 2012-08-20 12:03 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

アルハンブラ宮殿

a0077203_18162064.jpg
むらかみみかさんのファンのご夫妻がヨーロッパを旅するというので
ぜひみかさんに会ってくださいとお奨めしました。
みかさんは今スペインのグラナダに住んでいるからです。
乗りの良いお客様はグラナダにみかさんを尋ねてくださったのです。
後日旅のお話に来られました。
「アルハンブラが見えるレストランに連れて行ってもらいました。
そこにある風景は夢のようでした」
と言います。私が
「こんな感じでしょうか」とこの作品をお見せすると
「そうです!みかさんはここでこの作品を描いたんですよ」
と叫び感激した。勿論買って頂いたのですけど...。
決して押し売りではありません。(笑)
この絵がさらにグラナダロマンを彩りました。

この作品は2枚の版画を組み合わせています。
お客様が感じたアルハンブラのイメージで額裝をしました。
by page-1h | 2012-08-15 19:34 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

カレの馬に乗って

a0077203_119317.jpg
兵庫県西宮市のお客様からのご依頼でした。
お母様と一緒に絵柄違いで買われたのだそうです。
その額裝をページワンに頼んでくださるとは感激です。
不思議さも感じます。でもこの素晴らしい出会いが今の私達を支えてくれます。
心を込めて額裝しました。そしてご返事を頂きました。

「一気に家が華やいで、届いてからずっとエルメスに目を奪われる日々です。
母も大変喜んでおりました。一日中眺めているそうです(笑)」

エルメスの芸術性は額裝をしなければ解りません。
一枚一枚にタイトルが付けられた伝統の技と色彩。
私達ページワンはエルメスのスカーフに魂を捧げています。

お母様の額裝
by page-1h | 2012-08-10 16:40 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

中目黒アートギャラリー

a0077203_16421741.jpg
「中目黒 アートギャラリー」と歌いながら音声検索するCMがあります。
本当は中目黒にはこの店はないのだそうです。
でも素敵なCMです。
休日にギャラリーを尋ねる習慣って誰もが楽しいと感じることです。
もし「浜松 アートギャラリー」だったらページワンです。
そんなギャラリーになりたいと思っています。

さて今ページワンが志している事。
今までお売りした額のメンテナンスをしています。
今までたくさんの絵や額裝を売ってきました。
ページワンも開店28年。
ページワンでお買い上げ頂いた額はどうなっているのだろう...と
心配しています。
額裏の紐の点検をしてみてください。
ページワンでは紐の交換をしています。
どうぞお気軽に、ご来店くださいね。
心よりお待ちしています。
by page-1h | 2012-08-05 11:57 | ページワン | Trackback | Comments(2)

イニシャルの額裝

a0077203_187097.jpg

オリンピックの時は店が暇なのです。
競技は夜なのだから今回は関係ないと思っていましたが
やはりお客様が来られません。
私はオリンピックが大好きです。
今夜は主人の大好きな卓球があります。
郷土のメダル候補、水谷隼さんは個人では負けてしまって残念でした。
毎日テレビを見ています。
だから気持ちは解りますが店が暇なのは寂しいです。

そんな時こんな額裝をさせて頂いたお客様がいました。
イギリスから輸入したイニシャルのカードです。
伝統的な天使のカードで日本では珍しいと思います。
ヨーロッパではイ二シャルのカード額裝が人気なのです。
スペルを9枚で名前にしました。
新築の贈り物にするそうです。
玄関に飾ったらウエルカムボードですね。
by page-1h | 2012-08-03 18:24 | 額装 | Trackback | Comments(1)