<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

過ぎ去った夢

a0077203_15153553.jpga0077203_15151810.jpg
この作品は「過ぎ去った夢」という題がついています。
むらかみみかさんの作品なのです。
強い風が吹いて木の葉が舞っているような背景です。
これはステゴザウルスなのかな?ステゴとは屋根なんだそうです。
遠い異国で大きな夢や小さな夢を弾ませながら暮らす、みかさん。
夢は捨てないと一杯になって新しい夢を追えないのかもしれないね。
この作品を買って頂いたのは、みかさんのファンの方の紹介でした。
「敷居が高いと思ったけど友人がぜひと...言ってくれたので..」
それでこんなに大きな作品を買ってくださるなんて..
みかさんのパワーはすごいね。
by page-1h | 2012-04-30 15:35 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

上砂さんの水彩画

a0077203_14561349.jpg
お願いしていた旧作の作品が上砂さんから届きました。
今の季節ぴったりの「美しき六月」など上砂ワールドでいっぱいです。
その中に一枚の水彩画が入っていました。
22センチの小作で可愛いのです。
タイトルの「ヴィオレッタ」は「ヴィオラの精」いうイメージだそうです。
上砂さんの水彩はとても美しく写真では表現できません。
アァー春だなァ〜良い事がたくさん起こりそうな幸せな予感がします。
by page-1h | 2012-04-27 15:09 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)

贅沢なこと

a0077203_1430478.jpg
子どもの作品が続きます。
我ながら..子どもが好きなんですね。
結婚記念日にママとパパに作ったそうです。
幸せママが額裝してくださいました。
子どもが無邪気に作った段ボールとレースペーパーのオブジェ。
贅沢ですね。それをこんな素敵な額に入れるなんて...
でも私は想うのです。
時間はどんどん流れていつか子どもは大きくなって
それはそれで良いのだけれど..
私の人生にこんな宝物があったら...ってね。
幸せを見つけるのは一瞬!サァーッとすくって大切にすること。
物ではない時代が来ましたね。
額裝ってそんな事が出来るのだと思いました。
by page-1h | 2012-04-26 14:49 | 額装 | Trackback | Comments(0)

まなちゃんの絵

a0077203_11281218.jpg
a0077203_11285827.jpg
まなちゃんはママのお腹の中にいたころからのお客様です。
4月から幼稚園の年中さんになりました。
お絵かきが大好き。ページワンも好きなようです。
「パリのアパルトマンに飾ってあるような額にしたいわ」
とママが言います。「僕は絵が解らないんだよね...」と照れくさそうに見てるパパ。
額を決める時も出来上がった時も皆に笑顔で、たくさん誉められて
まなちゃんはこれからもアートが好きな少女に育つことでしょう。
パリジェンヌみたいにね...。これからも仲良くしてくださいね。
by page-1h | 2012-04-22 11:45 | 額装 | Trackback | Comments(0)

綿引明浩展

a0077203_17264773.jpg
新緑の美しい5月19日から大きな催事をします。
楽しくてたまらない...綿引明浩さんの個展「パルメロンの冒険」
ページワンでは2010年10月初めての綿引さんの個展をしました。
ページワンに新風が流れる...新しい試みでした。
それから彼の作品はページワンにしっかり根付きました。
「ピッコロ版画」があるからです。
大切にずっと創ってきた小さな銅版画...。
それを少しずつ刷ってページワンに送ってくださいました。
お客様はそれを個性的な額に入れたりして楽しみます。
贈り物にしたりコレクションにしたり...
そんな小さなキャスト達が大きな作品に登場して踊り出す....
今からいろいろ計画しています。のぞきに来てくださいね。
by page-1h | 2012-04-15 17:58 | Trackback | Comments(2)

現代アート

a0077203_11313860.jpg
a0077203_11383181.jpg
a0077203_11391544.jpg
何を現代アートと言うのか...とは私にもあやふやですが
ページワンの仕事をしていて素敵なお客様と知り合い
アートは素晴らしいと思うのです。
絵が好きな家族は次の家族に伝わって行きます。
お父様が現代アートが好きで3人いるお子さんが
それぞれアートが好き。そしてページワンが好き。
むらかみみかさんの「春の夢」を買って頂きました。
お母様が「娘が使ったピアノを孫の家の持って行ったので
そこが空いたのよ。それで何か絵を飾ろうと思って...」
この絵はお孫さんの入学記念になりました。

「坪山由紀」さんの作品が最初に買って頂いた作品でした。
もう12年くらい前です。新築記念だったと思います。

お嬢さんの家族の家にもむらかみみかが...。
大切な記念だったようです。
やはり趣味も似ている様です。
by page-1h | 2012-04-13 12:42 | むらかみみか | Trackback | Comments(2)

クリスマスローズ

a0077203_18225286.jpg
a0077203_182315100.jpg
a0077203_18233881.jpg
a0077203_18235513.jpg
友人の小百合さんはとても素敵な庭を持っています。
庭は一日にしてならず..で彼女は13年以上前からクリスマスローズの虜になっています。
彼女の創る庭はナチュラルで美しく私の良き師です。
ページワンのクリスマスローズは全て彼女の庭に咲いていた花です。
私は13年前「ページワン15周年」に初めて彼女からこの花を贈られた時
なんて地味な花だろうと思いました。花が下を向いていたからです。
今では大好きな花です。私も年を重ねて控えめな優しさを知ったということでしょうか。
by page-1h | 2012-04-08 18:34 | ページワン | Trackback | Comments(3)

浜松の桜どころ

a0077203_14351086.jpg
ページワンの前には小さな公園があって2本の大きな桜があります。
ここには昔池があってたくさんの桜があったようです。
残された桜は浜松でも古木で樹は太く黒ずんでいます。
ページワンからの花見は、なかなか良い風情です。
今年のお花見はページワンで..のんびりね。
お待ちしています。
by page-1h | 2012-04-06 12:14 | Trackback | Comments(2)

春眠暁を覚えず

a0077203_1524549.jpg
この漢詩を読むと温々した気持ちになります。
いつの間にか日が早くなってもうすっかり春なのに
なかなか起きれない。毎朝プチ自由人みたいな気持ちになる春の朝。
なんとも幸せな書です。
播磨鉄牛の作品です。
まるで煮染めたような古い紙に書いています。
先生は新しい紙を使いません。
所々にシミのあるようなアンティークな紙を使います。
それが素敵で私の好みです。
春の浜辺で拾ったような額もぴったりです。
「先生の解りやすい書が好きです」とよく言われます。
「先人の優れた言葉を書で残すのは大切な事です」
と播磨先生は言います。
by page-1h | 2012-04-05 15:45 | Trackback | Comments(0)

春の贈り物

a0077203_1774758.jpg
a0077203_16155971.jpg
上砂理佳さんから小さな新作が届きました。
「カシオペイア」と「リトルブーケ」上砂さんらしいクラシカルなタイトルです。
きのこの家で秋に星座をみながらロマンチックしていたふたりが春になって結婚って感じかな。
新築のお祝いやウエディングギフトに素敵です。
花束にはウイリアム王子とキャサリン妃がさりげなく描いてあって
スケートの高橋大輔さんやベレー帽のうぐいすもいます。
上砂さんは大阪の女ですからシャレが効いているのです。
額の外寸が25センチ角の気軽な版画です。でも銅版画で細密!
新生活にこんな素敵な贈り物を頂いたら嬉しいでしょうね。
by page-1h | 2012-04-02 17:01 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)