<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました。

a0077203_1421583.jpg
来年は4日から開店します。
播磨鉄牛氏の書です。
今年は災害があって人との絆の大切さを知りました。
「天賦の才があっても一人では輝けない」山本周五郎の「さぶ」の中の言葉だそうです。
ページワンでは今年3回の大きな個展をしました。
どんなに優れた画家でも、その絵を愛する人がいることが素敵です。
お客様が画家の栄養になります。
それをお手伝いできるページワンも幸せです。
「自分ひとりだけじゃあなんともできない。」

今年もお世話になりました。
来年も楽しめるギャラリーを目指します。
明日30日から3日まで休ませて頂きます。
来年も宜しくお願いします。
by page-1h | 2011-12-29 17:03 | ページワン | Trackback | Comments(0)

旅人

a0077203_185079.jpg
友人の友人が大分から尋ねてくれました。
静岡市の用事で浜松に泊まったのですが浜松と静岡はとても離れているので恐縮でした。
彼女はハワイ旅行で買ったプリントを額裝してくださいました。
ページワンが得意なこのフレームを選ぶとは...。
これでは、まるでハワイの海岸で拾った額のようだ...
板切れが波に洗われ、空と砂の色に染まってしまった。
波の音が聞こえる。
思い出はこんな風に積み重ねて作るのですか。
大分から雲に乗って飛んで来たような人。
私にも思い出が残りました。
by page-1h | 2011-12-26 18:34 | 額装 | Trackback | Comments(0)

クリスマスイブに

a0077203_1951480.jpg
50㎝くらいのそんなに大きくないスカーフでした。
クリスマスに間に合いました。
来年結婚30周年を迎えるご主人様のご依頼です。
メール交換の途中に
「こちら六甲山では明日、スカーフのような雪景色になるかも!」
とありました。
なんてロマンチック....
「妻も大満足しております。
最高のクリスマスと新年を迎えることができそうです。」

実は私達夫婦はイブの予定無し。
寂しかったけどこのスカーフのお陰で幸せなクリスマスです。

写真を頂きました
by page-1h | 2011-12-24 20:00 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

離れているようで離れてない

a0077203_18522485.jpg
「人生は愉しく、不思議に満ちてる
好きな事や、好きな人、好きな場所は
離れてるようで離れてないのかも」
と友人のブログでrottaさんが言っていた。
私もそう思います。
先日千葉市のお客様にスカーフの額裝のご依頼を頂きました。
私のブログを見ての相談でした。

そしてメールで
「届いてすぐ荷をほどき、素敵!!大満足です。ありがとうございました。
ご提案も素晴らしかったですし、
完璧に額装してくださった技術にも感謝です。
昨日の夜のうちに取り付けをし、
今日は一日気になって何度もスカーフに目がいってしまいました。
そのうちこのスカーフ達がいる風景が当たり前になるんですよね。
黄色いスカーフはキッチンに立ったときカウンターごしに見える所に。
もうひとつのスカーフは、机に向かう子どもの相手をするときに
私の正面に見える所に。大好きなものが目に入ると、幸せな気持ちになりますね。
ページワンさんとのご縁、あれこれメールでやりとりしたことも
素敵な思い出としてこのスカーフたちのエッセンスになりました。」

後で手紙に「会ったことも無く声を聞くことも無く...」と書いてありました。
それでも心が通い合った。私こそが不思議な気持ちです。

もう一枚は
by page-1h | 2011-12-22 19:05 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

クリスマスギフト

a0077203_18562650.jpg
綿引明浩さんの個展が今大分で開かれています。
大分の友人が綿引さんに会って来たと電話がありました。
すごく良かった...綿引さんも素敵だったって..
感激の報告だったのです。
「西洋では絵をクリスマスに贈り合う習慣があるのですよ」
と綿引さんが言っていたそうです。

今の季節冷えきった通りを抜けて
温かなギャラリーの扉を開く...
もしかしたら自作の絵を額裝するフレーミングショップかもしれない...。
ページワンもそんな店になれたらな。

絵のタイトルは「Feliz Navidad」スペイン語でメリークリスマスという意味です。
綿引さんの作品
by page-1h | 2011-12-18 18:53 | ページワン | Trackback | Comments(0)

大切なこと

a0077203_11502743.jpg
ベビーちゃんのファーストシューズの額裝は夢があってページワンの幸せな仕事です。
この靴はおばあちゃんの手作りだそうです。
お孫ちゃんが大きくなったら額裝してアートにしました。
素敵ですね。赤ちゃんの名前が刺繍してあります。
「裏地にもこだわってるのよ。本当はもうひとつ作ったのよ。
それはね娘の所に行ったのだけど...」
孫への愛は限りがありません。きっとおくるみだってベビードレスだって
手作りしたのでしょうね。これからもずっと...
良いなあ〜この優しさがいいなあ。
美しくて可愛くてこんな小さな幸せが一番大切。
by page-1h | 2011-12-16 13:23 | 額装 | Trackback | Comments(0)

忘れた誕生日

a0077203_13594121.jpg
毎年「今日はページワンの誕生日ですよ」なんて感傷的になっていました。
でも昨日は違いました。すっかり忘れてしまったのです。
朝、書家の播磨先生と話した時も...
帰りにビスポークの山村の所へ行った時も...
それから帰宅の車中で主人が突然
「今日開店記念日だ〜」
こんなこともあるんだね。
もうすっかり昔のことだ。
27才のページワン。
「大変」なのと「のんびり」なのが入り交じってる27才。
帰りに仲良しの「嘉味いち」に寄ってみた。
誰かに誕生日だって言ってみたくなったのです...。
私達が開店した時のような若いご夫妻の作った中華を食べながら
初心を思ったりした。
今日から28年目に入りました。

写真は上砂さんの新作です。
ページワンみたいだね。
by page-1h | 2011-12-10 15:38 | ページワン | Trackback | Comments(14)

テレビ

a0077203_18362969.jpg
静岡県に「ふじのくに魅力ある個店」という専門店を応援する事業があります。
ページワンも参加しています。
10月に「チームかぐや」というブログに載せて頂きました。
それだけでも嬉しかったのに先日「個店にGO」というテレビ番組の取材がありました。
ローカルのテレビ静岡です。気軽に考えていたらたくさんのクルーで驚きました。
シャーロックホームズみたいな服を着たタレントさんが来ました。
彼女にはマネージャーも付いていたのです。
セリフもあって私はすっかりあがってしまいました。
店ではおしゃべりなのにいざと言う時がダメなのです。
雪絵さんは堂々としていて「少しくらいオーバーアクションが良いんですよ」なんて言う。
比べて私は小さな人間だ!
でもね。放送時間は2分弱だそうです。
いろいろ話したけれど多分カットされてるでしょうね..。
チームかぐやのブログ
by page-1h | 2011-12-09 18:54 | ページワン | Trackback | Comments(0)

ありがとう

a0077203_172457.jpg
浜松で知合った友人のrottaさんは(日本人)いつもページワンを応援してくれます。
大阪、奈良、大分と転勤しても土地の香りをページワンに届けてくれます。
何処へいってもページワンは色あせないと熱いエールが届きます。
先日は親戚の方にスカーフの額裝を紹介してくださいました。
額裝してお送りしたら彼女からメールを頂きました。

「スカーフの額装、今日、先方から電話をいただきました。
とても喜んでましたよ。
ありがとうございました。
インテリアや夫婦のこと、マンネリ化して、
本人曰く、よどんだ(笑)池の中に、フレッシュな額装がバーンと飛び込んできて
家の空気が変わったみたいだとおっしゃってました^^
来年還暦をむかえる方なのです。
お花好きのご主人も喜んでくれたみたい
「綺麗だね~スカーフなの?」って
今回、とても長い時間かけて、決めさせていただいてありがとうございました。
その間にインテリア雑誌を図書館から借りてきたり、出かける度に額をしみじみみたり、今までにない視点で生活できたようです。
ただフレームをオーダーするだけなのに、本人の生活スタイルまで変えてしまうのですね。それがすごいなぁ。。とあらためて思いました
これを機に、またインテリアを楽しんでいきたいと、
電話から嬉しそうな感じが伝わってきて
私もうれしかったです」

お客様の優しさと彼女の思いやりの気持ちが溢れています。
無欲にだだページワンを思ってくれる...
私も負けないで優しくなりたいと思うのです。

ブログにも紹介してくれました
by page-1h | 2011-12-07 17:43 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

ルミネ有楽町

a0077203_1882189.jpg
東京ではルミネ有楽町に寄りました。
ページワンが開店した27年前ここに西武マリオンがオープンしました。
そして去年に閉店しました。
マリオンの西武百貨店は私達の華であり目標でした。
銀座に行けば伊東屋と西武でした。
時代は変わってしまうのだと思っていました。
でもルミネも素晴らしかった。
至る所に額のデスプレイがあります。
先日東京に会社を持っている友人から電話がありました。
「ルミネにページワンと同じブルーの額があったよ。すごいね。素敵だよ」
丸ビルの装飾もたくさんの額を使っていました。
額縁はロマンです。そこにある全てを額に入れて持ち帰りたい...と
人々に思わせてしまうマジックがあります。

More
by page-1h | 2011-12-02 18:30 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)