<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

優しい亜古さん

a0077203_17542740.jpg
逸見亜古さんの個展にはたくさんのお客様に来て頂いています。
ありがとうございます。
音楽をテーマにしているので音楽の好きなファミリーも多いですね。
美有ちゃんはバイオリンを練習しているそうです。
素敵な絵を選んで頂き、額の裏にサインをしました。
「美有ちやんへと書いてください」とのママのリクエストに
「美有で良い」と言う美有ちやん。
何故って聞くと「子どもぽいから」
なんて...可愛い親子の会話に隣でニコニコして聞いている亜古さん。
「それでは美有さんへ、って書きましょうね。」と言ってくださいました。
美有ちゃんはとても嬉しそうです。
子どもが大好きで優しい亜古さん。ページワンは亜古さんの優しさに包まれました。
秋の淡い日差しに溶けてしまいそうな素敵な亜古さんです。

亜古さんは子どもが大好き
by page-1h | 2011-10-31 18:15 | アート | Trackback | Comments(0)

亜古さん浜松に来る!

a0077203_10435879.jpg
今日から逸見亜古展が始まりました。
朝から快晴。秋のゆったりとした空気が亜古さんを迎えてくれました。
音楽がテーマというのが素敵。
たくさんのお客様が来てくださいました。
皆さん「良いですね。癒されますね。亜古さんて素敵な方ですね。」
と言ってくださいます。
私が言うのも変ですが素晴らしい催事になりました。
明日も来てくださいね。
亜古さんは今晩浜松に泊まります。
そして明日もページワンでお待ちしています。
by page-1h | 2011-10-29 21:58 | アート | Trackback | Comments(0)

始まります!

a0077203_19561646.jpg
ページワンの軒先の野葡萄が紫色になりはじめました。
そんな頃に亜古さんの個展が出来たらと思っていたのです。
いよいよ明日になりました。
素晴らしい作品達。今回は額裝にも力が入っています。
ぜひ見に来てくださいね。
心からお待ちしています。
亜古さんは京都から...明日は11時にはページワンに来られるそうです。
by page-1h | 2011-10-28 20:02 | Trackback | Comments(0)

逸見亜古展2日前

a0077203_11265396.jpg
今朝も逸見さんより新作がページワンに届きました。
逸見さんには制作に専念するため画商さんがいます。
マネージャーのような役割をしてくださいます。同封の手紙に
「逸見さんより新作の小品を前日まで頑張りたいとの事で仕上がれば個展初日にお伺いする時に手荷物で持参するそうです」
彼から日々の意欲的な制作活動が伝わって来ます。
温かな心使いに胸が熱くなります。

ページワンにとって個展は祭りのようなものです。
とても晴れやかで楽しいことです。
そしてたくさんのお客様に支えられている事を思います。
今年は浜松市制100年です。音楽の街に京都から逸見さんがやって来ます。
逸見亜古さんの作品
by page-1h | 2011-10-27 11:46 | アート | Trackback | Comments(0)

この道を一緒に帰ろう

a0077203_12273111.jpg
4日後の土曜日に「逸見亜古展」がページワンで始まります。
正直言うと初めは軽い気持ちでした。
でも作品が次々と届く度にすごいのです。
はんなりした京都の逸見さんから強いメッセージが伝わって来るのです。
日夜ページワンのために制作している姿が解ります。
今日届いた新作の中にあった小さな作品。
大作の中に混じって何故か心を打ちました。
しばらく眺めていました。
「この道を一緒に帰ろう」というタイトルです。
素朴な絵です。いろんなことを思います。
個展の前は心配だらけです。
でも元気が出ました。皆で帰ろうよ。楽しいページワンに。
by page-1h | 2011-10-26 12:39 | ページワン | Trackback | Comments(0)

アートになったウエルカムボード

a0077203_17414130.jpg
ウェルカムボードが大切なものになったのは
結婚式に使って、その後のインテリアになるからでしょう。
彼女の作品はたくさん額裝させて頂いています。
「見て見て!これはアンティークのスタンなのよ。ウインドウにあったのを一目惚れで買ったの。
今回はこれをスケッチしたのよ。素敵でしょう...可愛いお嫁さんにぴったりだわ。」
と輝く目で言います。
額裝が出来るまで庭でお茶をしました。
雪絵さんが仕入れた古っぽい創作額を使いました。
変形なので上下にマットを入れています。
フランスの田舎街の教会の鐘が聞こえるようです。
by page-1h | 2011-10-23 18:04 | Trackback | Comments(0)

アートのある暮らし

a0077203_1735463.jpg
遠方へのお取り付けには火曜日にして二人で伺うこともあります。
お部屋を見せて頂くと学ぶ事も多いですね。お客様とも仲良くなれます。
昨日の休日は静岡市に行きました。
「新しい家にはモダンな現代アートを飾りたかったのです」と
綿引明浩とむらかみみかの作品を買って頂きました。
アートを飾ると部屋が輝きます。
お客様が選んだ作品ですから魂が入るという感じです。
物を持たないでアートのある暮らし。
内面から変わっていくような気持ちになりました。

「むらかみみか」さんの作品も
by page-1h | 2011-10-19 16:42 | インテリア | Trackback | Comments(0)

マンションにエルメス

a0077203_1436872.jpg
スカーフの額裝のご依頼が多くなりました。
エルメスのスカーフにはそれぞれのドラマがありますが
皆さん素敵な方達なのです。
このスカーフの額裝は素晴らしい。
以前ページワンに来られた時にペガサスのスカーフ額裝を工房で見たそうです。
それで私もと言うことになったのですが、この絵柄って額裝にしてどうかな...って思ったそうです。
でも大成功。モダンなインテリアにぴったりでした。
お取り付けに伺ったのですが、インテリアも素晴らしかったそうです。
ベルナール.ビュッフェを変えてエルメスにしました。
柔らかな部屋になりました。ビュッフェにエルメスが勝ってしまいました。

近くで見ると
by page-1h | 2011-10-15 14:53 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

天使の心でいてあげる

a0077203_18123112.jpg
ほんの10センチたらずの小さな銅版画。
ミニ銅版画がページワンだと思っているお客様も多いのです。
額に入れても20センチ角くらいです。
この版画のタイトルは「天使の心でいてあげる」です。
逸見亜古さんは作品のテーマが上手いですね。
人の心を引きつけます。
ページワンではたくさん売りました。追加しては売れてしまって...
の繰り返しです。エディションも多めです。
セピア色に少しだけ彩色してます。
いろんな方がプレゼントにしました。
アンティークな額に入れて玄関に。
白い装飾のある額に入れて出産祝い。
結婚祝いに、お誕生日に。
気の利いた小さな宝物のような贈り物..。
実は主人が大好きな絵なんです。男の人って意外にロマンチックなんですね。
逸見亜古さんの作品
by page-1h | 2011-10-13 18:41 | アート | Trackback | Comments(0)

運動会に参加して

a0077203_18233573.jpg
今ページワンでは日々の仕事の合間に10月29日からの「逸見亜古展」の準備をしています。
それは夢のある幸せな作業ですが苦労もあります。
少しずついろいろな事を考え進めています。さて話は変わりますが
先日東京の源法寺幼稚園の運動会に行きました。
「日本のような運動会は世界でも珍しいそうです。でもこんな運動会が私はとても良いなと思いました」
との園長先生の閉会式のお話がありました。
園児が一生懸命練習して発表するプログラムは感動的でした。
ひとつひとつに手を抜く事もなく創り上げる先生達の努力が見えます。
一生懸命さが美しいのです。
園児も父兄も心に残った運動会になったことでしょう。
ページワンの個展も同じだと思いました。
無骨でも全く新しいものを創り上げるという努力が様々の感動を呼ぶのですね。
純粋な園児達の姿を見て明日の勇気をもらいました。
by page-1h | 2011-10-09 18:55 | 暮らし | Trackback | Comments(2)