<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

誕生祝い

a0077203_14231051.jpg
友人のお誕生祝いにこんな素敵な書をプレゼントしたお客様がいます。
播磨鉄牛氏のオリジナルです。
このスタイルはページワンに定着しました。
マットの色を考えてアクセントにするとインテリア書になります。
「意外に安いんですね。オーダーですから高価なのかと思いましたよ」と言われます。
それは播磨先生のご好意です。
「生まれた赤ちゃんのことを考えながら書くのは幸せですよ」と
先生は言ってくださいます。
漢字は美しいですね。良いお祝いになりました。

こんな作品も
by page-1h | 2011-09-30 14:35 | | Trackback | Comments(0)

額で勝負だ!

a0077203_16223975.jpg
浜松に台風が上陸してページワンが大変なことになっている時、雪絵さんは大阪にいました。
年に一度の大きな額の仕入れに行っていました。
この仕入れは体力が勝負なのです。
ページワンは毎年若手を送り出しています。
勿論センスも何処にも負けません。
今年は10月29日から逸見亜古さんの個展を控えているので仕入れにも力が入ります。
そして今日、はるばるページワンにその額達が到着しました。。
写真よりまだまだ沢山あるのです。
今年は昨年より素敵な額が揃いました。
お客様の中にはこの日を待っている方もいます。
全て職人の手創りの本縁です。
一点だけの額も多いのです。
額裝ファンのお客様には必見です。
ぜひ見に来てくださいね。

ワゴン車にいっぱい積んで来ました
by page-1h | 2011-09-29 16:34 | 額装 | Trackback | Comments(0)

カリグラフィの額裝

a0077203_1172244.jpg
ウエルカムボードがいつの間にか普通になりました。
成熟すると突出した才能に出会います。
鶴見京子さんというカリグラファーがいます。
彼女の創るウエルカムボードは素敵なアイディアがあって楽しい。
たとえば骨董市で買った古いカードを組み合わせています。
「ページワンに来るといつも気に入った額に出会えるのよ」と言います。
そうではなくて彼女はいつも何かとコラボ出来る力があるのです。
こんな額裝が出来ると良い額があって幸せだなと思います。
by page-1h | 2011-09-26 11:32 | Trackback | Comments(0)

ファブリックの額裝

a0077203_16252895.jpg
スタイリストの方がホテルの装飾の額裝に来られました。
若い女性が集まる部屋作りだそうです。
カーテンなどのファブリックの切れ端を額に入れました。
布だと素材感があって額裝映えがします。
上手にボタニカルな部分を生かしています。
この場合、額とマットの色合わせがポイントですね。
思い出のある服やクロスなど切り取って額裝する方が増えました。
こんなもの...と思うものほど素敵なんですよ。

こんな感じです
by page-1h | 2011-09-25 16:36 | 額装 | Trackback | Comments(0)

若さの秘訣

a0077203_18273525.jpg
お客様にサッッカー観戦が大好きなミセスがいます。
いつも若々しくてお洒落な方です。
「これはね、中山さんのお別れの時だから少しマニアックなのよ」
とキラキラした瞳で言います。
きっと少女のように応援したりサインを欲しがったりするんでしょうね。
お会いすると眩しいくらい素敵です。
私って人生楽しんでないな...と思うのです。
スポーツが好きな人が羨ましいな。
私もイタリアに行って中田に会ってドキドキしたいな。
それから矢野貴章くんを心配したりしたい。
でも私も長友には少々ときめきます。
by page-1h | 2011-09-24 18:41 | 額装 | Trackback | Comments(0)

透明なシトロエン

a0077203_1855190.jpg
秋風がサーッと吹くと美術の季節がやって来ます。
今日もたくさんのお客様が来てくださいました。
特に嬉しかったのは銀座伊東屋さんの来店でした。
「東海道で一番活気のある店と聞いて来ました...。」
と言うことです。私、東京の人に誉められると弱いのです。
それからこんな不思議な車に乗って来た方がいました。
アボンドンスのベルナールさんです。
私と主人を乗せてひと回りしてくれました。
彼の作るケーキは芸術的ですがこんな遊び心と親切がエッセンスなんですね。
裏庭が楽しい季節になりました。
明日も明後日もよろしくお願いします。
by page-1h | 2011-09-23 19:05 | ページワン | Trackback | Comments(0)

台風

a0077203_13581951.jpg
浜松を玄関にして台風がやって来ました。
ページワンにも直撃。すごかったね。庭はメチャメチャ。
店頭のライトと横断幕は落ちました。
古民家なので雨漏りがひどくてトタンがはがれて隣の家に激突。
そんな訳ですが、ようやく元に戻りました。
こんなの被害では無いですね。
農作物は大変なことになっているでしょう。
そんな時静岡市から来られたお客様がいました。
彼女はそのまま深夜まで帰れませんでした。

復活
by page-1h | 2011-09-22 14:16 | ページワン | Trackback | Comments(0)

静夜思

a0077203_1464037.jpg
播磨鉄牛氏はとても面白い額裝を考えます。
円抜きを宿の障子窓に模しています。
これは有名な漢詩ですが
旅先で李白が月を見て故郷を思う雰囲気が出ています。
眠れない夜に月明かりの庭を見る...。
遠くには山月...
そして奥さんや子供のことを思ったのでしょうね。
素敵な額裝になりました。漢詩は難しくて堅苦しいですが
こんな風に額に入れると「播磨ワールド」です。

もの思う秋に書のインテリアです。
by page-1h | 2011-09-18 14:33 | Trackback | Comments(0)

わらしべ長者

a0077203_18381141.jpg
デコパージュの額裝を頼まれました。
なんと吉田佐和子さんの葉書で制作しているのです。
遠方のお客さまです。
彼女の飼っていた猫がこの絵の猫にそっくりなのです。
彼女にあげたくて佐和子さんにお願いして京都の個展の案内状を送って頂きました。
そして数枚送ったら彼女の友達が創ってくださって...
ページワンに送って来て額裝をすることになったということ。
これって「わらしべ長者」みたいですね。
すごく喜んでくださいました。
きっと佐和子さんも喜んでくださることでしょう。
立体額裝です。素敵な額に入りました。

アップ
by page-1h | 2011-09-15 19:01 | 額装 | Trackback | Comments(0)

会議室と写真

a0077203_10365379.jpg
雑談で写真の話になったのが始まりでした。
「近く松本幸治という写真家の個展をします」と話しました。
するとお客様は大変興味を持ってくださって
「私の会社の会議室に写真を入れたい...ずっと前からモノクロームの写真のことを考えていました」
ということでした。出会いとはいつも偶然に熱く巡ります。
先日松本幸治さんと取り付けに行って来ました。
会議室が変身しました。フォーマルに凛とした華やかさで包まれました。
広い会議室をゆっくり回るとヨーロッパを旅しているような解放感を感じます。

自信作を窓辺に
by page-1h | 2011-09-14 10:48 | 写真 | Trackback | Comments(0)