<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

遠方のお客様

a0077203_16202820.jpg
楽天に作品を紹介していると思いがけない問い合わせがあります。
たとえば山岡康子さんの小さな猫の銅版画の注文のメールです。
3点を同じ額で並べて額裝したいということです。
「絵を飾ることが初めてに近いのでうまくオーダーできるか心配です」
というコメントがありました。
店のカウンターで提案するのは簡単なことでもメール交換は戸惑います。
どんな空間に掛けるのか..大きさのバランスはどうなのか...
フレームの好みなど.お会いしたことのないお客様を想像するのはミステリーな気分です。
でも最高な気分。ハッピーエンドとなりました。

こんな仕掛けも登場します。
by page-1h | 2010-11-27 17:45 | アート | Trackback | Comments(0)

松本幸治さんの写真

a0077203_19493516.jpg
「松本幸治」のオリジナル写真。たくさんの写真。惜しげも無くページワンに貸してくださったのです。彼が暗室で過ごす時間。途方も無く長い時間..その作品がページワンにあります。
どうしたら皆に見てもらえるのでしょう。松本幸治の写真は美しい。
この作品はパリの骨董市で撮っています。「店支度をする老人」
by page-1h | 2010-11-23 19:59 | 写真 | Trackback | Comments(2)

秋は上砂理佳です

a0077203_19252411.jpg
今日は一日中強い雨が降りました。明日は晴れますね。

昨日は暖かな日でした。
三重から上砂さんのファンの方がはるばる尋ねてくださいました。
居合わせたお客様と一緒にお茶したり
「プリンさんの差し入れケーキ」を食べたり
楽しい時間を過ごしました。
上砂さんのこと語り合ったりでホロリ..まったり良い気分です。
やっぱり秋は上砂さん...。
by page-1h | 2010-11-22 19:34 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(4)

レース編みの額裝

a0077203_18571919.jpg
彼女のレース編みはもう何回も額裝させて頂きました。私はレース編みの額裝が好きです。テーブルクロスにするより素敵なインテリアになります。西洋では定番の装飾です。
誰が編んだのかがとても大切です。
「目が疲れませんか。」とお聞きすると「集中するのが楽しいのよ。話しかけられると煩わしいと思うほどよ」と答える。円周が不規則になっていて難しそうです。「誰かにあげると喜ばれるでしょ。嬉しいのよ」と言う。
こんな風に年を重ねたい。いつも誰かの為にレースを編む人。
私も誰かの為に何かをしたい。
by page-1h | 2010-11-20 20:51 | 額装 | Trackback | Comments(0)

エルメスの魔法

a0077203_205584.jpg
スカーフの話題が続きます。
モダンな、でもエルメスの伝統を感じるようなデザインです。
最初に写真を送って頂いたのですが..
部屋の白いソファーに小さなお子さんが座っていて良い感じでした。
可愛いお嬢さんが素敵な女性に育ちますように...
なんて..張り切ってしまいました。
モダンなフレームも良いけどクラシックも似合います。エルメスは不思議です。
こんなお礼のメールを頂きました。
「柄がエルメスにしては少しポップというか漫画チックな感じだったので
カジュアルなフレームも合うと思ったのですが
お願いしたフレームのおかげで重厚な感じがでました。
スカーフも70角で、通常のスカーフよりは小さめですが
うちのリビングの大きさからいって70角で十分インパクトがあります。」

先日私用で遠方の産科に行きました。ホテルのような病院でした。そこは絵がいっぱいの夢のような所でした。そしてスカーフの額裝がたくさんありました。

額を大きく写すと
by page-1h | 2010-11-17 20:24 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(2)

温かな額裝

a0077203_17232011.jpg
細かなドットが馬の絵になっているエルメスのスカーフを額裝しました。
東京のお客様からスカーフを送って頂きました。
なんてシックな絵柄なのでしょう。額裝でかなり雰囲気を変えてしまうと悩みました。
でも最初からこのフレームはお奨めでした。
ニューヨークをベースに活躍する陶器アーティストの「ジョナサン.アドラー」がデザインした額なのです。写真では表現出来ない質感と光沢。素晴らしい額裝になりました。

お客様からのメールです。嬉しいのです。
「御社を選んだ理由は、3つありました。
・フレーマーの方がフレームを提案してくれること
・ブログに載っていたこれまでの実績
・ブログの文章の美しさ
お電話で大塚さんとお話しできて、4つ目もみつかりました。」
(フレーマーの雪絵さんのことです)

田舎者といわれそうですが浜松で東京の方の仕事をさせて頂くのは名誉なことです。
しかし..あまりに誉められて私は大きなミスをしたのです。
発送日をお知らせするのを忘れました。
手違いで配送が遅れたのです。お電話を頂いて慌てました。ご迷惑をお掛けしました。
でも...お客様が優しくて額裝を大変喜んで電話をくださったこと。
雪絵さんが帰宅していたので確認の電話したらお母様がとても心配してくれたこと。
佐川急便の方の応対が親切だったこと。
このスカーフ額裝は温かな心に包まれました。良い仕事をさせて頂きました。

More
by page-1h | 2010-11-11 18:08 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(2)

クリスマスカード

a0077203_19465631.jpg
毎年今頃、店頭にクリスマスカードを並べます。
フランスとイギリスから入れたカードです。年毎にポストカードが売れなくなっていきます。
止めようかなと思ったりするのですが私がカードが好きなのです。
自分用と思って仕入れています。クリスマスカードに季節の切手を貼って出す人は...大切な人がいるからですね。クリスマスカードは好きな人だけに出すような気がします。
ポストカードは小さな芸術です。学生だって買えます。小さなお金で大きな贅沢気分。
カードを眺めているとヨーロッパを思います。
今年は丸いカードを仕入れました。フランスからです。このカードは定型外になるので120円も切手を貼ります。カードが210円で330円。こんなカードがポストに入っていたら12月は天使になれます。
クリスマスカードセット

切手のお話
by page-1h | 2010-11-07 20:02 | インテリア | Trackback | Comments(4)

絵に惹かれる

a0077203_10102370.jpg
綿引明浩の作品「さまよえる画人葛飾北斎」と言います。
綿引さんが北斎の『神奈川沖浪裏』の中で彷徨っているとのことです。
この作品は先日の綿引展には展示されませんでした。スペースに限りがあって展示されない絵がたくさんあったのです。
作品の搬出の作業をしていて私はこの絵を見つけて魅入っていました。
そこに彼女が現れたのです。
偶然なのか...必然なのか...私は彼女がこの絵に惹かれるだろうと思いました。
彼女は墨絵を描きます。若冲や北斎をこよなく愛しています。
彼女はシャガールが好きです。私は綿引さんとシャガールに何か共通点を感じます。
そして
こんな風に優れた作品はお客様の所に行くことになる...何てロマンチックなんだろう。

お宅に伺ってリビングのシャガールを外しました。私も少し寂しかった。
でも綿引明浩の北斎もすてき。
私も彼女も久しぶりに絵と恋をしました。

大きくします
by page-1h | 2010-11-04 19:29 | 綿引明浩 | Trackback | Comments(0)

絵のあるコーヒー店

a0077203_17265424.jpg
コーヒーには不思議な力があります。どんなお茶もコーヒーにはかないません。少し苦手という方もページワンのコーヒーを、ひとくち「あぁ 美味しい」と一言...
やはりページワンで飲むコーヒーは特別なのだと信じています。
私達は縁あって富塚のノンクランテさんでコーヒー豆を買っています。
豆を買って奥のティールームでご主人の入れたコーヒーを頂く私達の休日。
さりげない時間がこんなにも心を穏やかにしてくれるとは..
ノンクランテのご夫妻はとても絵が好きです。
東京のオルセー展に行った話や街の美術館の話。美味しい店を教えてもらったり...
そしてページワンにも時々来てくださいます。
先日上砂理佳さんの作品を店に飾ってくださいました。
ノンクランテのコーヒーが美味しいのは心のエッセンスが入っているからです。
by page-1h | 2010-11-03 18:25 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(2)