<   2010年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

額は青

a0077203_18243676.jpg
夏休みの思い出は額裝しましたか....なんてCMみたいですがそんなお客様がたくさん来られます。
静岡県立美術館はミュージアムショップが充実しています。
そこで買った「アクリル絵の具お絵描きセット」だそうです。最初にお姉ちゃんが完成して額裝に来ました。黄色にしたのです。素敵ですね。
次に弟のボクちゃんが来られました。
同じ額で色違いにするそうです。
お母さんは白とかベージュがいいかな...赤も合いそうね。
でもボクは絶対青だって。額も作品の一部ですからね。青にしようね。それがすごく良かったのです。

More
by page-1h | 2010-08-29 18:38 | 額装 | Trackback | Comments(0)

インドのアート

a0077203_16565884.jpg
インドではこんなに素敵なアートが気軽に街で売られているようです。全部手描きなのです。
お客様は仕事で2年間インドに暮らしていたそうです。
「とても安いのですよ。もっと買ってくればよかったわ。インドは装飾的ですね。こんな風に細かな彩色がいろんな建物や壁に描かれています。」と言います。
もうすぐ東京に引越すのだそうです。新しい生活は思い出のアートで始まるのですね。
額裝は揃えないで絵の色や雰囲気に合わせました。微妙なバランスが成功しています。
素晴らしいインテリアになることでしょう。
by page-1h | 2010-08-28 17:25 | 額装 | Trackback | Comments(2)

生熊涼太くんの作品展

a0077203_1511595.jpg
浜松特別支援学校の高等部二年生の生熊涼太くんの個展に伺いました。
会場は天竜区下阿多古の小さなギャラリーです。
いつも居るという涼太くんに会えなくて残念でした。
清々しい絵です。
私達は蛭田妙子さんという教師の友人がいます。
彼は小学校時代、彼女の生徒でした。
その縁で彼は画家「中道芳美」さんに師事することになったのです。
素晴らしい出会いでした。
今日蛭田先生がページワンに遊びに来ました。
「これからの一歩だからね。ずっと続けて来たことが大切だから」と言っていました。彼女は何回も彼の絵を見に行っています。
彼に希望を感じる日本になればと思います。絵を描く涼太くんを応援できる時代が来ると信じています。

More
by page-1h | 2010-08-27 15:57 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

色鉛筆画家まつだみほさん

a0077203_19523984.jpg
ある日ページワンに額裝依頼のメールが来ました。「あと一ヶ月しかないのですがドキドキしながらメールを書いています。間に合うでしょうか。」色鉛筆画家の「まつだみほ」さんからでした。
2度目のメールは「実はお店へは一度行ったことがあるんですよ。上砂理佳さんの水彩画展に行きました。とにかくもう締め切りいっぱいいっぱいな感じで何度も足を運ぶ余裕がないので、 そちらへ伺うときは全部の作品を抱えていこうと思っています。」
作品を拝見して驚きました。とても繊細で素敵なのです。
今上島のSceneさんで個展をしているので伺いました。
カフェSceneさんのファンで2年前からここでの個展を決めていたとか....。ギャラリーの雰囲気にぴったりでした。

More
by page-1h | 2010-08-26 19:27 | 額装 | Trackback | Comments(0)

みかさんのご返事

a0077203_1755346.jpg
フランスは芸術の国だっていうことが伝わってきます。みかさんからこんなメールが来ました。

「今回のフランスでのシンポジュウムの作品はその町の所在になり
(その分、アーテイスト達への大金ではないのですが支給があり)
どこかに飾られる予定らしいのですがどこになるのだろう?? 
私のは子供たちが集まる様な場に置かれるらしいのですが、、。
 ページワンさんのブログを拝見させてもらいま
した、どうも画像に居る人が疑問なところのようですね 笑!!
画像の中で話している人は企画者のサポーターの一人で、
私がいかにこのみかげ石が固くのみの減りが速いかを意見して
いるところでした。
でも、技術のサポーターは大変親切な人でことごとくだめになるそれぞれの工具を貸してくれていました。
自分が石と共に写っている画像が少なくあれを選んでしまったのですが、、。
しかし、楽しかったー。また、フランスでの他のシンポジュウムを探したいです!!」

この写真は去年の作品です。
by page-1h | 2010-08-25 18:00 | Trackback | Comments(2)

彫刻シンポジュウム

a0077203_15463688.jpg
むらかみみかさんより残暑見舞いが届きました。
「つい最近、またフランスの田舎町での彫刻シンポジュウムに
参加していて帰ってきたところなのですが、久ーしぶりにパリに一日寄ったのですが
こんなに素敵なところだったっと感動してしまいました。
ブレシュイール付近の田舎の風景は
素晴らしく美しくのどかだしで人々は優しくて
良いところだらけのフランスを楽しんできました。(フランス語が話せたらも
っと良くすごせたのだろうけど、、残念!)」

みかさんは昨年結婚しましたがフランスにはひとりで行かれたようです。
隣の男性はアーティストでしょうか?

むらかみみかの作品
by page-1h | 2010-08-23 16:00 | Trackback | Comments(0)

母の贈り物

a0077203_1919289.jpg
「むらかみみか」の青はとても美しいのです。
この青にシャガールブルーを重ねてしまうのは私達だけでしょうか。
久しぶりにお会いしたお客様に買って頂きました。娘さんご夫妻が新築したとのことです。
絵の好きなお母様は張り切って贈り物をしたいのですがお嬢様は遠慮がちです。
でもこの絵に決めました。
素敵ですよ。きっと良い感じですよ。
お取り付けに伺いました。とても喜んでくださいました。母の愛が満ち満ちていました。
絵を飾る...なかなか後押しがないと機会がありません。
絵の好きな人は絵を贈り物にしたいと思います。幸せが伝線します。
「やっぱり絵があると素敵ですね」って感じになります。
この作品は「月の抱擁」と言います。あまりに美しいので画家にリクエストした版画です。

More
by page-1h | 2010-08-21 19:39 | アート | Trackback | Comments(0)

家の誇り

a0077203_18491093.jpg
染色の風呂敷を額裝しました。
静岡県は芹沢銈介氏の美術館がありますから染めに馴染みがあります。
この作品は作家はわかりませんが美しい作品ですね。
長年勤めた会社の退職記念に頂いたものだそうです。
額裝をしたら装飾品として大切に保存出来ます。

家人はこれを見て家族の誇りを感じることでしょう。
しまい込まないで額に入れてインテリアにする。
装飾は意味のある大切なことです。

More
by page-1h | 2010-08-20 19:14 | 額装 | Trackback | Comments(0)

子どもも好きなページワン

a0077203_194334.jpg
私は30代初めでページワンを開店しました。子どもも小さかったので子育気分で仕事をしていました。だから若いお母さんの気持ちがよく解ります。子連れでは行く所が限られてしまいますね。
ページワンはお子さん連れのファミリーが多いのです。20代、30代の時間はとても大切です。
特に感性の豊かな時代ですね。絵を見たり額裝したり..楽しく過ごしていただきたいです。
ページワンに居る時は気兼ねなくゆっくりしてくださいね。
私は子どもにページワンのような店が大切だということを伝えたい。
絵の好きな子どもが増えたら良いなと思っています。
by page-1h | 2010-08-19 19:21 | ページワン | Trackback | Comments(2)

絵封筒

a0077203_1841424.jpg
遠方からのお客様が少しずつ増えています。ページワンは個性的な店だからかもしれません。解り合えば永遠に...と仲良しになれます。
先日尋ねてくださったお客様から手紙が来ました。
良いでしょう...封筒に絵を描くって思ったことありますか?
絵はがきがあるのだから絵封筒があってもいいですね。何が感激したかは..
手描きの水彩だからです。それも私だけの絵だから...。中の便箋に
「ページワンでの時間は私にとっては旅そのもの。
リフレッシュされて5感が動き出すかんじです。又日常頑張れそう!」
と書いてありました。

ページワンって素敵だね....とわたし..自分につぶやいてしまいました。
生まれ変わったような気分です。
by page-1h | 2010-08-18 19:06 | | Trackback | Comments(5)