<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ハワイアンキルト

a0077203_18374836.jpg
「ハワイの結婚式ってホント素敵なんですよ。明るくて楽しい...」弾けるような笑顔が可愛い女性に会いました。日本でのパーティに手創りのハワイアンキルト。額に入れてウエルカムボードにするのだそうです。「ハワイでの式は皆と仲良くなれて良かったわ。両家で旅行ってなかなか出来ないですからね」
そうですね。新婚旅行を家族でしたって感じ。良い旅です。
若い人は自由に家族の絆を創って行きます。心のままに創作して素晴らしい人生の旅をするんだな..って眩しく思いました。
by page-1h | 2010-07-29 19:06 | Trackback | Comments(1)

避暑

a0077203_16442776.jpg
ページワンは古い木造家を改装しています。だから横から見たらトタン壁です。店の横に狭い小径があって裏庭に通じています。この路地は「シャガールの小径」と言います。シャガールの好きな主人が付けた名前です。
店の前の通りは「美術館通り」と言います。小径の入口にベンチがあります。ここは風が通って涼しい場所です。
裏庭もギャラリーも夏は風が吹いて気持ちが良い...でも猛暑で個人店にはお客様が少ない。
もったいないなあ..心から思うのです。ヨーロッパも猛暑のようですね。だったら浜松のページワンも避暑地です。絵を見たり画集をめくったり...夏のページワンは最高ですよ。

More
by page-1h | 2010-07-25 15:44 | ページワン | Trackback | Comments(3)

上砂作品到着

a0077203_205135.jpg
上砂理佳さんの作品は変わること無くページワンの人気作品です。当然のことですが画家は一人しかいないので製作依頼は大変なのです。私の思うようにはなりません。ずっと慢性病のようにリクエストしてるのです。でもこれではいけない...。と思うこともあります。画家は自由でなくてはならないからです。そんな葛藤は私と画家の間でバランスを取り合っています。
そして今日たくさんの上砂作品が到着しました。
思いがけずこんな小さな版画も...。天使のオラトリオシリーズ。。4種類を3枚ずつ。
これで絶版だそうです。何と15年前の作品ですよ。思い出したのかな。
上砂銅版画はこちらから
by page-1h | 2010-07-21 20:15 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(2)

秘密の屋根裏部屋

a0077203_14281082.jpg
ページワンの工房の奥に階段があります。2階は小さなギャラリーと、もう一つの工房になっています。夏になると浜風が入ってとても心地よい部屋です。ページワンを始めてから10年くらいここに住んでいました。貧しかったけどパリの屋根裏部屋に住んでいると自分を励ましていたものです。
壁にはシャガールが掛けてあります。主人の好きなシャガールや珍しいプリントやポスターなどパリの蚤の市のようです。シャガールの本を読んでいるお客様もいます。
26年で大きく成長した榎が窓越しに揺れています。
ページワンへ来られたら面倒でもぜひ階段を上がってくださいね。
by page-1h | 2010-07-17 14:39 | ページワン | Trackback | Comments(2)

鏡を創る

a0077203_18263868.jpg
時々鏡の額裝を承ることがあります。今日は鏡の取り付けに伺いました。鏡はインテリアの店にもありますがページワンの鏡は特別です。
それは深い森の奥にある湖のように透きとおった鏡です。なんて..西洋ではそんな風に言うのだそうです。鏡に深みがあって決して歪まないのは理想ですね。特に美容師の先生は鏡には厳しいです。
さて、ページワンの鏡は真実を写さない...と私は思います。
だって質の良い鏡は私さえも美しく見えます。本当です。好きな額で自分だけの鏡をオーダーするのは素敵なことです。
ライフスタイルも変わるかもしれません。
by page-1h | 2010-07-16 18:41 | 額装 | Trackback | Comments(2)

平和

a0077203_192434.jpg
ヨハネスブルグの郊外に「サントンサン」というホテルがあるそうです。この版画の題名です。
サブタイトルは「夢工場」
煙突の煙はハート形になっていて平和な感じがします。平和は人間が創るものなのかな。
世界一危険な都市と言われながらWサッカーの開催。
奇跡のようなことです。
決勝戦が終わってこの絵を見ると違う思いがしました。
犯罪と貧困の国に世界中から集まった人々。ホテルはその象徴です。
綿引さんの作品には想いがあります。芸術家は奇跡を信じるのです。
それなら今の日本はどう感じているのでしょう。
皆が信じて政権も変わったのに何も変わらない振りをしている大人達。綿引さんに聞いてみたくなりますね。
綿引作品
by page-1h | 2010-07-15 18:53 | アート | Trackback | Comments(0)

くちなし荘にようこそ

a0077203_2085895.jpg
もう何年も前のことです。私のブログを見てくださり版画を注文してくださったお客様がいました。
遠方の方でした。その彼女が尋ねてくださったのです。息子さんが静岡大学に入学したそうです。
近くの下宿をお母様が尋ねた帰りでした。私はこんな縁がとても嬉しい。
この絵は上砂理佳さんの「くちなし荘にようこそ」大阪の関西大学の近くの古い下宿屋がモデルです。
子どもの学生時代は親にもいろいろな思い出があります。息子がお世話になった大家さん。近くの食堂のおばちゃん。友達のお母さん。アルバイト先のおじさん。お会いしてなくてもありがたいのです。
だから私は店に学生さんが来るとお母さんになってしまいます。
これからも息子さんを尋ねたらお寄り下さいね...。と心から出会いを楽しみました。
by page-1h | 2010-07-10 20:25 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(1)

ウエルカムボード

a0077203_18251364.jpg
結婚式の前にはいろんな行事がありますね。ウエルカムボードの制作も心弾む準備のひとつです。
私達も幸せのお手伝いのような気持ちになります。
このウエルカムボードは彼女の手創り刺繍だそうです。配色もとても洗練された感じです。
額裝依頼の時はお母様と..。受け取りの時は彼と来店されました。
彼が幸せに照れていました。
「きっと代々受け継がれていくことでしょう。ぜひ大切になさってくださいね。いつでも額の修理をしますから..」
と話しました。
時間のかかった手仕事。
こんな作品に出会うと店を絶やさなく続けようと心から誓うのです。
by page-1h | 2010-07-04 18:47 | ウエルカムボード | Trackback | Comments(0)

黄色が好き

a0077203_129515.jpg
子どもは天才だって言いますね。純粋とは何よりも癒される....。
お客様の息子さん「ともくん」はまだ幼稚園年長さん。
この絵良いですね。お父さんとお母さんだそうです。
一緒に来られたお父さんは彼が額を決めるのをじっと待っている。
ともくんは黄色が好きなのです。
いつも自分の絵はいつも黄色と決めているらしい。
黄色の額もいろいろあるからじっくり考えています。
子どもですが魅力的。ギャラリーの絵もしっかり見てます。
「絵を描いたり観たりすることが素敵なこと」とご両親は彼に無言で語っています。
この絵は何処に飾るのでしょう。ともくんの笑顔が目に浮かびます。
by page-1h | 2010-07-03 12:33 | 額装 | Trackback | Comments(0)

メモリアル上砂

a0077203_19335347.jpg
久しぶりに上砂さんの話題です。今日「福来る」を結婚10周年で買ってくださった方がいました。ご主人が奥様にプレゼントのようです。子育てで、とても大変な頃だと思います。そんな時に奥様が好きな上砂さんの絵を贈られたら嬉しいでしょうね。
これからの人生きっと良いことがありますよ。だってこんな素敵な夫がいるのですから。上砂さんは独身ですが喜んでくださることでしょう。
夕方に40代のご夫妻に「モザイク波止場」をご予約頂きました。「ボーナス出たからね。上砂ファンとしたら大作をね...」とご主人。「エ〜あなたのお小使いで買うわけ...。私はこっちが良いなあ。」
と結婚20年以上経過するとニアンスが違いますね。でも絵の買い物は楽しそう。少し贅沢かもしれないけど素敵です。誰でもが出来そうで出来ない日常。ページワンって幸せだと思いました。
上砂作品
by page-1h | 2010-07-01 19:59 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)