<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

愛を込めて

a0077203_1945751.jpg
「8年前に亡くなりました母が元気だった頃パリのエルメスで買ってきてくれたスカーフの額装をお願いできませんでしょうか?リビングに飾りいつも母を感じていたいと思います」
というメールから始まったお付き合いです。そしてスカーフを送って頂きました。しばらく静かに眺めていたほど美しい絵柄でした。。ていねいに額の提案に時間をかけました。
「母との別れは桜満開の季節でしたので春は母を思う気持ちもひとしおです。あのスカーフが20年の時を超えて、帰ってきてくれるのがとても楽しみです。私もしっかり母となり十分な年を重ねましたが母を思う気持ちはいくつになっても同じです」
額裝は素敵なことです。
「昨晩、スカーフ額受け取りました。あまりにも素敵な仕上がりに感激いたしました。ずっと昔のスカーフを、よみがえらせていただき本当にありがとうございました。リビングは一足早く春真っ盛りとなりました」

私達は春風のような温かな愛を額裝しました。
by page-1h | 2010-02-27 19:30 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(2)

ひくま幼稚園

a0077203_18275884.jpg
ひくま幼稚園の園長先生が以前香港に滞在している時に買った版画を額裝させて頂きました.もうひとつお父様が描いた油絵も額裝しました.園児の絵も時々額裝します.
私は先生から子どもの絵の額裝の素晴らしさを学びました.お若い時からの長いお付き合いですが何回お会いしても温かで素敵な人です。園のホームページにこんなご挨拶がありました

最近の子どもたちをとりまく環境にはピアノ教室、英語教室などにはじまり
才能開発をうたう様々な『教育施設』があふれています。それらの『教育』を
一概に否定することはできませんが、あまりにも今現在の結果のみを追い
求めているように思えてなりません。
例えば幼児期に英語が少し話せたとしても、それがなにになるでしょう。それ
はあたかも、高さわずか10センチのひまわりに、花が咲いたことを喜んでい
るかのようです。しかしこのわずかな花を咲かせることが、ほんとうに大切な
ことなのでしょうか。
ひくま幼稚園は、私たちに期待されていることは、将来の大輪の花のための
『根』の教育であると考えています。

先生らしい言葉です。
by page-1h | 2010-02-26 18:45 | 額装 | Trackback | Comments(2)

澄んだ空色のように

a0077203_2071010.jpg
先日紹介した「お孫さんがはじめて履いた靴」の額裝が出来上がりましたこの素敵な贈り物はきっと大喝采だったことでしょう。
今回は電車でと言ってたから靴が落ちなければ良いのだけれど..
大丈夫と思っても心配です。もしアクシデントがあっても直しますからね。
永遠に保証します。
額裝している時に靴の中から砂が出てきました。
何回出してもも出てきます..お砂場でわんぱくしてたんだね。
砂だって思い出。少しだけ砂が付いていても笑ってね。
台紙の色は彼女の大好きな色です。それは真っ白なフレームに澄んだ空の色。
by page-1h | 2010-02-22 20:23 | インテリア | Trackback | Comments(3)

春が来ましたね

a0077203_18324510.jpg
ちりめんの小さな風呂敷を額裝しました 40cm位です お祝いの時のふくさなのでしょうか お雛様がとても可愛いのです 「2月から息子夫婦と一緒に暮らすんですよ 玄関に飾ろうと思って」と嬉しそうに話してくださいました 我が家の春です 
可愛いお孫さんが喜びますね 思いきって赤のフレームにしました マットを細くピンクで入れました 
お嫁さんだって優しいお母様のアイディアに心弾むことでしょう 
布の額裝は素材感が出て素敵です。私も早速引き出しの中を探してみたくなりました 
by page-1h | 2010-02-18 19:13 | インテリア | Trackback | Comments(0)

真珠の耳飾りの少女

a0077203_19423977.jpg
絵の修業は模写からという人もいますね。絵を模写から習った方もいると思います。先日小学4年生の模写を額裝しました。フェルメールの「青いターバンの少女」ですね。思わず笑みがこぼれてしまいます。誰が見てもフェルメールです。でも不思議。大人が見ると楽しくなってしまいます。本人は大真面目ですから...。私が感激して誉めると恥ずかしそうでした。もしかしたら迷惑だったかもしれません。
彼女が大人になったらこの絵は宝物になることでしょう。この時期でなければ描けない輝きを感じます。絵がもっと上達して上手くなった時もずっと飾って欲しいな。そしていつかオランダの美術館で本物を見て欲しい。そんな素敵な女性になって欲しいと心から思います。
by page-1h | 2010-02-15 19:55 | 額装 | Trackback | Comments(0)

オリンピックの額裝

a0077203_16524031.jpg
オリンピックが始まりました そんな時タイムリーな額裝のご依頼がありました 東京オリンピックの時の聖火ランナーのユニホームです 当時彼は高校3年生 よくよく聞いてみるとその伴走をしていたそうです な〜んだ..なんて思ったら失礼ですね それでも名誉なことです 46年前のことですから..よく残してありました 
この額裝がしばらく店にあっただけで話題の中心でした 「すご〜い。オリンピックじゃん」「もしかしてこれ東京?」
額裝は意味のあることです 彼の人生の誇りです 「ところでこの軍手は?」阪神大震災の救助隊の時に使ったとか 一緒に額裝するとは いやはや長い道のりでした 
by page-1h | 2010-02-14 17:11 | 額装 | Trackback | Comments(0)

可愛さは永遠に

a0077203_16583874.jpg
「壁が大きく空いているので何か飾ろうと思って...」そう思ってこの額裝を思いつくとはユニークなお客様です。お子さんが小さな時着ていたジーンズだそうです。染めの模様とすり切れた風合いが良い感じでした。赤の古っぽい額に入れました。ちよっと浮かしてあるのです。
女の子のズボンかと思ってました。でも大きくなった僕が取りに来られました。良いなあ..男の子は可愛い服の時ってアッという間ですからね。素敵なお母様です。「少しずつコレクションを増やそうと思って..」次はお子さんの書を額にしようと言っていました。インテリアにホームギャラリーは最高です。
最愛のアーティストは母が発掘するのですから。
by page-1h | 2010-02-11 17:15 | 額装 | Trackback | Comments(0)

モザイク波止場

a0077203_18234034.jpg
ギャラリーの片隅の壁に上砂さんのサインがあります。お客様がこれ上砂さん?と聞いてニコッとします。上砂さんのファンの方は温かな人が多いですね。
その代表とも言えるこのご夫妻。何かの記念日を探して上砂理佳コレクションをしています。昨日はご主人様のお誕生日記念でした。いつもは少々お付き合い気味のご主人が一番好きな作品だそうです。私もこの作品が好きですね。ホントにため息が出てしまうような細密で美しい版画です。上砂さんの作品では一番の大作です。これからもこんな大きな銅版画は制作しないかも...と思うほどの力作です。登場人物の多彩なこと...タイタニックのヒロインからピカソまで...そして上砂さん本人も登場してます。
額裝を悩んでいるおふたりを見て素敵だと思います。お子さんを何処かにあずけて今日はふたりでページワン。ありがたいなと思います。店中に幸せが満ち満ちるようです。
by page-1h | 2010-02-10 18:38 | Trackback | Comments(0)

世界でひとつだけの贈り物

a0077203_18212393.jpg
こんな額裝をしました。ポラロイドカメラってこんな風に使うのですね。大切な方への贈り物のようです。ひとりひとり尋ねて写してる。そしてメッセージを書いてもらっています。お誕生日プレゼントのようです。皆で贈るのでしょうか。まだ未完成でもう少し写真を入れるのだそうです。これは大変なこと..時間かけてますよ。たくさんの人に愛されてる...手書きのコメントがそれぞれ心に染みます。
いただいた方は嬉しいでしょう...
額裝の仕事はこんな熱いお客様に支えられて広がっていきます。
by page-1h | 2010-02-08 18:38 | Trackback | Comments(0)

額裝の贈り物

a0077203_14163391.jpg「ファーストステップシューズ」
美しい響きです。始めて歩き始めた時履いた靴。きっとほとんどの人がそれを持っていることはないでしょう。
その時は愛おしくて大切にしてもいつか何処かへ行ってしまう。そんなものです。
もしおばあちやんが靴を預かって額裝したら...。若いママさんはどんなに喜ぶことでしょう。今のおばあちやんはすごく若いから台紙はブルーにしようとか、額はクラシックがいいとか、素敵な悩み方をするのです。それからね..お嫁さんに写メールして相談してる...。後ろでおじいちゃんもあきれて大笑い。額裝って実に楽しい。そして必ずドラマがあるのです。
おとぎ話の王子さまが始めて履いた靴。それでは額に入れて飾りましょう。最高の贈り物になりますね。
by page-1h | 2010-02-05 14:52 | 額装 | Trackback | Comments(2)