<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ベニスのカフェにて

a0077203_17213120.jpg
彼女は以前浜松に住んでいました。私より年下ですが当時急速に仲良しになって今があります。時折遠方より浜松に遊びに来てくれます。彼女は昨年5月、偶然ですが写真家松本幸治にページワンで会いました。その頃私は店で写真を販売することを迷っていました。彼女はいつも私の背を押してくれます。その時彼女は自身のブログでこんなことを言っていました。 

多分、一目惚れに近いと思う。。。
ページワンのブログで初めて見たときから、気になってた写真。。。
松本幸治さんがライカで撮影したイタリアの写真。
松本さんのオリジナルプリント。
写真の蘊蓄はさっぱりわからないけど、心が惹かれる。
そばに置いていつも眺めていたいと思う
ただ好き。それだけ。。。
              <グリーテングから 写真もブログより>
by page-1h | 2009-08-28 17:08 | 写真 | Trackback | Comments(0)

ジョナサンのフレーム

a0077203_16143787.jpg
名古屋の方からメールがありました。ブログを見てスカーフの額装のご依頼でした。エルメスのブテックで一目惚れしたスカーフだそうです。でもそれはディスプレイ用で、それから全国のショップに問い合わせて、やっと手に入れたと言います。
早速スカーフを送って頂きました。写真では上手に写らなくて残念ですが日本の手鞠模様ような感じが美しいのです。きっとフランスでは絶賛されたことでしょう。彼女は近くラウンジをオープンの予定で、この額装を店のメインにしたいとも言っていました。リネンの布目を思わせるような模様で深いエンジ色のフレームを選びました。これはアメリカのジョナサン・アドラーがデザインした額です。
私はいつかこのラウンジに伺いたいと思います。人にはいろいろな想いがあります。額装にもそれぞれのドラマがあります
                  
by page-1h | 2009-08-26 16:02 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(4)

ホンワカ上砂理佳

a0077203_19432621.jpg
神戸からお客様が来られました。横浜からの帰り新幹線を降りてバスに乗って...ね。嬉しいなあ。上砂理佳さんのファンで私のブログを見て寄ってくださったそうです。上砂さんの話しをすると「昨日スケートショウで会いました」と言う。そう..そう..上砂さんはスケート観戦が趣味でした。
お帰りになってしばらくすると、何と上砂理佳さんが突然来店されました。スケートの帰りなんですね...何で知っているの..だってさっきお客様が....「今日はね静岡に2時間、浜松に2時間で帰りますわ。」と慌ただしい。でものんびりの話し方。私って何しゃべったかなあ。主人なんて何も話さないで、車の中でもちょっとだけ。
でもちょうどお客様も居て、いろいろお話してくださって。やっぱりホンワカして。楽しかったことは確かです。心は通じたかな。
それで良いのです。        上砂理佳版画額入り¥6,000より
by page-1h | 2009-08-24 20:07 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(1)

写真はアート

a0077203_18332382.jpg
写真は写す技術ではなくて誰が写したのか..に興味があります。その人は、ただ写真で表現しただけなのだと考えたいのです。人は誰もが旅人でいつも何かを探しているとしたら、ふと写真の中に見つかるかもしれません。写真家の松本幸治は尾道を歩きました。降りしきる雨の中を傘を差しひとり想いに漂う。モクレンの花びらが落ちた階段にかつての夢を懐かしむ。そして足音が聞こえる。
ページワンで私がしたい写真展は非日常の世界です。誘われてふらりと観た写真の深み。黒と白の風景の中にたたずみ、写真の想いを感じる...そんなことを何回も経験すると哲学が生まれます。そしてこの写真はアートなのだと思うのです。松本幸治のように生活を切り取って美を感じることが出来たら...写真展は素敵な企画です。9月6日より「松本幸治写真展」を開催します。写真額入り¥24,000より
by page-1h | 2009-08-21 19:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)

花束をあなたに

a0077203_17112270.jpg
一点だけの水彩画が欲しい...リビングや玄関に花の水彩画があったら...とよくお客様にリクエストされます。そんな作品に出会えたらといつも思っていました。ちょっと気になる画家がいました。私達は彼女の絵を意識して個展やグループ展には出掛けて見ていました。本格的に絵を描き始め10年くらい..額装はさせて頂いていました。声を掛けると「いつかページワンで扱ってもらえるのが夢...」と言っていました。でもね..ずっと考えていました。色に惹かれるのです。そんな風に神坂智世美さんがページワンの仲間入りをしました。まだ若く新人ですからお値段は安いです。ぜひ応援してくださいね。とても気持ちの良い方です。「何気なく描いているような花ですが私の想いが有るのです」という彼女を素敵だと思いました。
                    直筆水彩画¥52,500
by page-1h | 2009-08-17 17:01 | アート | Trackback | Comments(0)

現代アートのある幼稚園

a0077203_17144411.jpg
27年前、私の息子は萩丘幼稚園に通園していました。その頃園長先生にも可愛い息子さんがいたことを覚えています。いつしか年月が過ぎて成長した彼から額装の仕事を頂いています。素敵な青年になった彼はアートが好きで幼稚園に多くの現代美術を取り入れています。彼がインターネットを駆使して取り寄せたポスターの趣味は素晴しいのです。いつか園児達は成長してアートの大切さに気付くことでしょう。それほどに幼い子達の美術体験や環境は大切です。こんな幼稚園が増えたら良い時代が来ますね。無駄だと思うものほど教育には大切なことだと思うのです。
by page-1h | 2009-08-14 17:52 | 額装 | Trackback | Comments(2)

メゾン・ド・リーフ

a0077203_1738667.jpg
インテリアが大好きな方がいます。私もそうです。模様替えを考えたら夜も眠れません。でもインテリアが苦手な人もいます。私なら悩まないことでも解らない人もいます。カーテンやガーデニングや家具選びも難しいことだと思い込んでいるようです。
絵が好きで知的で美的センスが抜群の人でも額の飾り方は迷うようです。絵のことならページワンにお任せですが....インテリアのセンスを学びたい方もいるかと思います。インテリアコーディネーターを探している方がいるかもしれません。そんな時は芳川町のメゾン・ド・リーフさんを訪ねてください。8月1日にショップがオープンしました。私も気軽に訪ねてみました。古い家をリノベーションしたそうです。小さな発見が今の自分を変えてくれるかもしれませんね。
by page-1h | 2009-08-13 17:49 | インテリア | Trackback | Comments(0)

浜松楽器博物館

a0077203_1141147.jpg
浜松には世界に誇る観光があります。
それは「浜松市楽器博物館」です。
日本でははじめての公立楽器博物館です。
私は音楽は詳しくなく演奏も出来ません。
でもここは特に私の好きな場所です。
音楽が苦手な方ほど興味が増すだろうと思う展示や趣向には感心します。
それぞれの楽器の音を聞くことは素敵な体験です。
そして1200点もの楽器がとても美しいのです。
楽器は観るのも楽しいです。
今ここで「絵画の中の楽器たち」という絵画展を催しています。
そこで上砂理佳さんの作品を2点出品しています。
昨日は夏休みのファミリーで賑わっていました。
帰りにアクトで11月開催の「国際ピアノコンクール」のチケットを買いました。
浜松は素晴しいよ〜と叫びたい私です。

ページワンは地震の被害もなく営業しています。夏休みにはぜひゆっくりお寄り下さいね。
by page-1h | 2009-08-12 11:34 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(3)

夏のページワン

a0077203_12274653.jpg
暑中お見舞い申し上げます。
暑い夏がやって来ました。夏休みの方も多いですね。こんな時期は思いがけないお客様に会えます。裏庭は夏風が流れて木漏れ日が美しい季節です。こんなに小さな店ですが遊びに来てくださいね。少しずつ変化するページワンを感じていただけたらと思います。そして小さな子供も家族でもふらりと一人でも誰でも絵を見たり2階に上がったり思い思いの椅子に座ってぼんやりして欲しいのです。ギャラリーというと催しと思うのですがページワンはいつでも楽しめるワンダーランドにしたいのです。例えば埼玉から泊まりがけで来てくださったファミリー...。缶ビールを持ち込みで庭に座っている紳士...。作り話しのような素敵な事の起こるページワンが私は大好き。夏に何か良い事ないかなあ〜と言う時にぜひページワンを思い出してほしいのです。
by page-1h | 2009-08-09 12:28 | ページワン | Trackback | Comments(6)

ページワンの勲章

a0077203_1628582.jpg
5年前に上砂理佳さんの作品を買っていただいたお客様が来店してくださいました。再会は嬉しいものです。以前もお取り付けをしたので、お宅の前を通ると思い出していました。彼女から手紙が来ました。
「先日は素敵な絵を素敵な額をそして絶妙な配置での取り付けをありがとうございました。一度に3つの作品を購入するなんて我ながらびっくりの行動ですがとても満足しており一つ一つの絵の前に立ってはニマニマとしています。外はいやな天気が続いていますが、素敵な絵に囲まれ幸せな気持ちで過ごしています。玄関に飾った"page1"の絵は特に幸せな気分にさせてくれます。最初に絵を購入した頃を思い出し、また頑張ろうと優しく背中を押してくれるようです。絵の知識はまったくありませんがこんなにも絵は心を豊かにし、生活、生きざまにも影響を与えるものなのだなと改めて素晴しさを感じています。変な天気が続いていますが皆様お体をご自愛下さい。筆無精な私ですが嬉しさのあまり筆を取りました。」私も嬉しさのあまり全文を紹介してしまいました。封筒に入った手書きの手紙は少なくなりました。私達はこの手紙を勲章とします。そして明日からも素敵な仕事をしたいと思うのです。
by page-1h | 2009-08-05 17:05 | Trackback | Comments(3)