<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

帰省

a0077203_1828998.jpg
お正月と5月に夏休み。家族が帰って来ます。
そしてページワンに寄ってくださるファミリーがいます。
「お帰りなさい。しばらくですね。ご両親には仲良くして頂いているのですよ」
幸せに充ち満ちてしまいます。
私もそうなのですが家族に会うのは格別の行事ですね。
小さなお子さんがいてもページワンはパラダイスです。
むかし店には犬のページがいました。
猫のパリとロンドンがいたこともあります。
そして今は孫がいることもあります。何でも自由なページワンです。
by page-1h | 2009-04-27 18:47 | ページワン | Trackback | Comments(0)

いつか会えたら

a0077203_113644100.jpg
フレーマーの雪絵さんはスカーフの額装が得意です。情熱を感じます。エルメスのスカーフは使っても素敵なのですが平面にして絵柄を眺めると素晴しい芸術文化です。伝統が誇るエレガンスと優れたアーティストの競演。額装するとしみじみ良さを感じます。2週間前、遠方のお客様からスカーフの額装のご依頼がありました。婚約中の若い方です。メールからは仕事のことや夢いっぱいの優しさが伝わって来ました。何回もメール交換をするのですが楽しい仕事です。まだお会いしていないのにページワンの家族のような気持になります。嬉しいメールが届きました。
「たった今帰宅して、見たこともない大きな箱に驚きながら段ボールを解きました。もう何て言ったらいいか...あまりに素敵で言葉になりませんでした。私のスカーフだったのに、別物みたい...。大感激です!嬉しいです。ずーっと眺めていたい。一生大切にさせていただきますね。本当にありがとうございます。」と....心は伝わります。
by page-1h | 2009-04-22 11:35 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(8)

子供の記憶

a0077203_16272734.jpg
ページワンには遠方から来られる方も多くいます。私のブログを見てという方もいて嬉しくなります。今なら庭でゆっくりして頂けるでしょう。絵を見るのも額装をするのも楽しいことです。でもそれだけでは残念です。とにかく休んで頂きたいですね。ひと息入れておしやべりして。ページワンはお子さん連れの方も歓迎です。スタッフの雪絵さんは2児の母ですから彼女が嬉しいことは解ります。庭でマットの切れ端に色鉛筆で絵を描いていたファミリーを見て
「いいなあ。私も修也と庭でお絵描きしたいな」と言う。楽しいことって何でも無いことですね。小さな子供は素敵なことを記憶します。子供達がページワンで思ったこと優しい気持になったこと...大人になったら思い出してくれるでしょうか。すっかり大人になった私の息子はページワンの昔を覚えているのでしょうか。
by page-1h | 2009-04-19 18:09 | ページワン | Trackback | Comments(2)

花束

a0077203_1541955.jpg
朝、段ボールの箱が届きました。開けると花束が入っていました。東京のお客様からでした。昨年内田新哉さんの個展に来て頂きました。「あの時、春になったらチューリップの花束をプレゼントしたいと思っていたのですよ。それで球根を植えて咲きました。」の手紙です。ドラマのようです。それは私には似合わないのですが現実です。感激しました。そして思うのです。たとえば誰かに花束を贈ろうとして種を蒔く...。しばらくして芽が出て水を与え風雪から守り花が咲く。花束にして梱包して手紙を書いて...。
スローライフと言ってしまえば簡単です。胸をうちました。
世の中が大きくなりすぎて何かを忘れました。私の器の中の小さな幸せ。彼女を通して教えてくれた大切な事はページワンの明日なのです。
by page-1h | 2009-04-17 16:23 | ページワン | Trackback | Comments(2)

楽しむこと

a0077203_174833.jpg
浜松は製造業の町ですから今は不況の時です。お客様ともそんなお話が出ます。皆が困っているのだからページワンも同じです。でも絵を見たり額装をしたりという文化が無くなってしまわないように頑張ります。時代は変わりますね。ページワンも素敵に変化したいものです。写真の整理をしたりするのも忘れていた忙しい時代...。ゆっくりするのも大切ですね。インテリアにカラーの写真を飾るのはすっきりしません。面白い写真を選んでモノトーンにしてみました。私ってなかなか?家族が集まると自慢です。こんな時代だからこそ思い出す事がある。過ぎた日は宝物です。思い出のスカーフ。思い出の旅のパンフレット。幼い頃描いた絵。ひとつひとつフレームに入れてページワンで楽しんで...。自分史のインテリアです。
by page-1h | 2009-04-13 17:42 | 額装 | Trackback | Comments(2)

写真家との出会い

a0077203_1932566.jpg
写真家「松本幸治」との出会いは素敵なことです。もう一年以上前のことですが「fratto」という雑誌にページワンを掲載して頂いたことがあります。その時の写真の撮影をしたのが彼でした。美しい写真で心に残りました。でもその後彼のことは顔も忘れていました。ある日編集長の北川さんから葉書が来ました。そのポストカードが偶然この写真でした。
ページワンの皆が良い写真だと思いました。私はいつか彼に会う事があったら...と密かに思っていました。自分の縁を信じる事にしました。不思議なことに数日後、北川さんと来店されたのです。「松本さんの写真を取り扱いたいのです」と言いました。「写真がアートとして売れるのかは今は解りませんが...」
ページワンと彼とはこんな風に始まりました。そして今では多くの、お客様に愛されています。
後に写真家「松本幸治」の人柄と人生観はページワンにとって大きな「おまけ」でした。
by page-1h | 2009-04-06 19:25 | 写真 | Trackback | Comments(6)

池ノ谷みかさん

a0077203_1754616.jpg
ホテルコンコルド浜松のギャラリーはとても素敵です。ずっと前からそう思っています。このギャラリーはドアがありません。通路のようなコーナーですが何故か存在感があります。きっとデザインが洗練されているからでしょう。ホテルにはたくさんの人達が行き交うのですが、そのオアシスになっています。そこでは今、池ノ谷みかさんの個展を開催しています。昨夜お取り付けの手伝いに行って来ました。彼女はイタリアとスペインに9年滞在していました。2009年の磐田信用金庫のカレンダーに採用されています。今回はイタリア編です。ホテルで小さな旅をしました。
by page-1h | 2009-04-01 16:58 | アート | Trackback | Comments(2)