<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

スペインより帰国

a0077203_19434523.jpg
しばらく風邪に苦しんでいました。久しぶりの病いに弱きになりました。パソコンに向かうとめまいがしたり、ひどく咳き込んだりしました。そんな時「むらかみみか」さんからメールがありました。「2月4日に日本に帰る」と....。理由は解りません。ただ「世界大不況の中に」とあります。節分に帰るとは.....。とにかくグラナダから帰って来るのです。16日には又行ってしまうのですが。
「むらかみみか」さんの作品は大作が多いのです。どこに飾るのかと思うのですが素晴しい作品には必ず場所があるのです。それは運命のように決っているのかもしれません。これは女性建築家の家に行きます。彼女がこれを決めた時やはり行くのだな..と思いました。空間にエンボスがあります。タイトルは「ハウニーンとハネゴセギ」と言います。あるアメリカンインディアンの神話にでてくる双子の名前だと書いてありました。この不思議な話しは会ってから聞くことにしましょうか。
by page-1h | 2009-01-30 19:01 | Trackback | Comments(2)

額装は楽し...

a0077203_19555999.jpg
イタリアのフィレンツェで買って来られたゴブラン織りを額に入れました。
タペストリーとして仕立ててあるので額装するのは難しいと思いました。横巾が1m以上ある大作です。
「ボッティチエルリ」の春はとても美しい作品ですね。額に入れたくなる気持が解ります。金の入ったクラシカルな額を選んで暗くならないように少し明るい台紙にしました。
立体額装は質感が大切です。でもシワの無い奇麗な額装には細かな手仕事が要ります。産休中の雪絵さんがいないので私も主人の助手を努めます。アイロンをかけたり台紙に糸で止めたりとフレーマーのようです。素晴しい出来上がりです。額装はなかなか楽しい仕事です。雪絵さんが出社するまで頑張ります。
by page-1h | 2009-01-24 20:24 | 額装 | Trackback | Comments(3)

アンドリュー・ワイエス

a0077203_15232460.jpg
ワイエスが16日に亡くなったと知りました。絵の仕事をしていてワイエスは特別のものです。たくさんのお客様にワイエスのことを質問されます。私がワイエスを知らないと少し恥ずかしい..そんな空気が流れます。もう18年くらい前のことですがアメリカに行く事が多いお客様でとてもワイエスの好きな方がいました。彼はいつもワイエスのことを話していました。浜松を離れて東京に帰る時ページワンにワイエスのポスターを置いて行きました。今でもワイエスを熱く語っているのでしょうか.....ワイエスは生涯おなじ田舎町に住み隣の農夫や身近な貧しい女性を描いています。それを美しいと思えるには時間が要ります。どんよりした空や壁の汚れた白。暗い納屋の風景。年を重ねる毎に好きになる絵です。明日の休みには名古屋でワイエス展を観ることにしました。
by page-1h | 2009-01-19 21:12 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(4)

もし主人がフレーマーだったら

a0077203_1716412.jpg
手ぬぐいは日本の伝統文化ですね。あまりに庶民的なので見逃してしまうアートです。
額装すると染色の美しさを感じます。
手ぬぐいのような布は裏打ちをしますとシワが無くなります。
これが「手ぬぐい額装」のポイントです。
今ページワンのドアを開けると作業台の奥に居るのは主人です。その前は妊婦でしたが.....突然おじさんでは楽しくもないですが産休開けまではお許しくださいね。毎日新鮮なページワンです。ぜひ見物にお越しください。開店当時に戻って頑張っていますから...
by page-1h | 2009-01-15 17:45 | 額装 | Trackback | Comments(7)

暗夜に一灯を掲げて進む

a0077203_1951271.jpg
年末に暗いニュースを見ていたら突然思い出したことがありました。「暗きを嘆くことなかれ ただ一燈を頼め」それは2年くらい前の事です。以前お客様だった方が店に来られました。その方は曾て大きな会社の重役でしたが、その頃は定年退職されていました。その時、播磨鉄牛先生の書を大変気に入ってくださいました。そして「私の好きな言葉があるので先生に書いて頂きたいのですが....私は時々お遍路に行っています。人生が変わりました」と頼まれました。それがこの書です。その後氏の友人から同じ言葉を書いて欲しいとのリクエストもありました。その頃は何を思うこともありませんでした。でも,ふと思い出したのです。
書の力は深いものだと感じました。これは幕末の儒者「佐藤一斎」の言葉です。嘆くではなく憂うですが氏はきっとそのように覚えていたのでしょう。それが素敵です。いつも歴史が教えてくれます。こんな時代こそ自分を見つめ前を真直ぐ歩いて行きたいものです。
by page-1h | 2009-01-11 19:31 | アート | Trackback | Comments(2)

Hello! New Baby

a0077203_189217.jpg
今日は忙しさの中で私は何かを待っていました。ドキドキして気持が落ち着きません。夕方電話が来ました。「産まれました」
「おめでとう。赤ちやんは元気?」良かったね。
午後1時に無事男子出産でした。お疲れさまでした。しばらくはゆっくり休んでくださいね。
仕事を持って2人の母親になった雪絵さん。11年前にページワンに入社した時にこんな時が来るとは想像をもしませんでした。
職場復帰するまで私達も夫婦で頑張ります。どうぞ応援してくださいね。
by page-1h | 2009-01-09 19:18 | ページワン | Trackback | Comments(9)

おめでとうございます。

a0077203_13183950.jpg
今年も宜しくお願いします。今頃遅い!と言われそうですね。昨日から店をスタートしました。今年一番に額装に来た方は昨年の内田新哉展でお世話になりました...新年のご挨拶に持って行かれるのか大野さんの木版画が売れ...新築祝に白駒さんの小さな版画を買ってくださったご夫妻...上砂さんの歳時記の版画を猫好きな方に...これも贈り物でした。上砂さんのコレクターも現れて歳時記を悩み選んでいました。久しぶりのお客様がボタニカルアートを贈り物に...その間に額装のお客様が...トルコからのお土産を頂いたり..友人が尋ねて来たりで良い一日でした。ページワンは楽しい場所ですね。私が言うのは変ですが、お客様と話しているとそう思います。脳天気ですか...
昨年末に、むらかみみかさんから届いた新作です。早速お客様の所に嫁ぎました。スペインからの平和の鳥です。「航海する」と「忘却へ」彼女は何を忘れて旅発とうとしているのでしょうか。
by page-1h | 2009-01-08 14:00 | ページワン | Trackback | Comments(6)