<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

美酒の夢

a0077203_19533259.jpg
親しいご夫妻に食事に誘われました。
古い趣きのある素敵な店でした。
美味しい料理に会話も弾んでいつの間にか映画の話に...。
昔観た映画は良かったね....
.多感な頃に観た映画は何もかもが美しくて懐かしい。
お酒の弱い私達が酔っぱらって過去にタイムスリップ。
すっかり気持ち良くなってしまいました。
取り戻せない時間、今まで重ねて来た時間。大切な私の人生。
映画はいつも私に語りかける。
「これからがドラマだよ。これから.....。」忘れていた素敵な時間。
素晴らしい人生。
by page-1h | 2007-02-28 18:43 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

始まり

a0077203_1124540.jpg
桜をいただきました。今年は暖かだからもう桜です。「どうしたの?これ」と失礼なことを言ってしまいました。庭に咲くのはあまりに早すぎますから....もう花屋さんには桜が出ているんですって。
ありがとう。ページワンも春色です。向こうに見えるのは「芸術家のコテージ」「Mama's kitchen」上砂理佳さんの作品です。彼女のピンク色は美しいです。春になるといろんな芸術家が庭に出て遊び始める....キッチンでは明るい光が差し込んでケーキの用意。さあ、何かが始まる予感がします。
by page-1h | 2007-02-25 17:05 | ページワン | Trackback | Comments(0)

されど額

a0077203_16274963.jpg
お客様が友達から頼まれたそうです。 埼玉県在住の方だからです。これはポストカード額装です。でもこのカードはパリのルーブル美術館で買ったのだそう。オペラ座にバレエを観に行った時のことです。素敵な記念品です。その思い出は浜松の友人を通してページワンへ。
それぞれ少し違えて3枚を額に入れました。これは本縁額に面金さらに細いテープを貼っています。シルバーで色を揃えました。マットは濃紺にすると相性が良いようです。きっと部屋の雰囲気を変えることでしょう。自分用と2枚は贈り物にするのでしょうか。
by page-1h | 2007-02-24 16:58 | Trackback | Comments(2)

昔も今も

a0077203_2021297.jpg
朝友人から電話がありました。
「どうしてウィーン少年合唱団なの...?」
「お正月から良いことがあってね。それからこの話があったのよ。家の前で猫を拾った時のようにね」彼女はそんな話に少しも動ぜず当たり前のように受け入れてくれる。「ページワンならやれそうね。相変わらずだわ」って。
遠くにいる彼女だけどいつも昔のようにページワンの人。
あの時拾った猫達も相変わらず我が家にいます。招き猫も天使も縁起ものですから。
by page-1h | 2007-02-22 20:35 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

春の人

a0077203_14234895.jpg
阪本一史さんはページワンでは大人気の水彩画家です。イギリスの家庭のインテリアには小さな水彩画が素敵な額に入れて飾られています。さりげなく...。私は阪本さんの水彩画が好きです。
いつもこの頃になるとたくさんの作品を描いて頂きます。春がもうすぐ来るんだなあと思うのも彼の作品が届いた時です。いつも同じ画風です。春の色です。それが何とも清々しくてなりません。私は彼が何を考えているのか解りません。いつも何をしているのかも解りません。今頃、彼は自転車に乗って野原にいるでしょう。今年は暖かなので土筆を探したり、早春の空をポカンと眺めていたりしているのでしょう。そんな風に暮らしているのなら私も阪本一史になりたい。
by page-1h | 2007-02-19 14:49 | アート | Trackback | Comments(0)

天使

a0077203_1752134.jpg
5月にウィーン少年合唱団が浜松に来ます。ページワン主催ということになりました。この企画を聞いたのが1月中旬。個人のお客様からです。彼は昨年ウィーン少年達の合唱を聞いたのだそうです。感激して東京のジャパンアーツへ交渉したのだそう。後先考えないでどこか受け入れてくれるだろうと軽く考えていたようです。昨年末、主催会社を探し歩いたそうなんです。主催は個人では出来ません。彼の人となりは知っていますから熱い話を彼らしいなあと聞きました。でもページワンも個人のようなもの...。3人だけですから。最初は笑ってしまいました。ふと思いました。天使が25人ページワンに舞い降りたのかも....彼の話に乗ってみようか...。
チケットはなるべく安く。そして大ホールに1、2階を満席にしたらチケットだけて採算が合うかもしれない。そうだよ。これはページワンのメセナだよ。どうなるかは全く解りません。でもこんな小さな店が温かなお客様に囲まれて奇跡が起きるかもしれない。

応援してくれそうなお客様にヘルプのメールをしてみました。返ってきたメールにこんなことが。欲しいのは人なのか、お金なのか、それとも愛なのか、って。勿論、愛です。1枚、1枚のチケットの愛です。そして早速、予約してくださいました。なんて素敵なことでしょう。
詳しくはページ・ワンのホームページ
by page-1h | 2007-02-17 18:34 | 浜松 | Trackback | Comments(4)

愛の形

a0077203_14332959.jpg
愛情とは何よりも勝る美しいことです....。
それは無形ですが時には見えることがあります。
今日のチョコレートもそうですね。
親の愛も形にして残したいと思うこともあります。
親子愛は何よりも強く、はかない思いです。
小学生の息子が野球部で大会に出た...声も限りに応援して大歓声。
親なら誰でもが持つ感動です。
そのボールを額装したいとのこと。
ゴールドのプレートも作ってね。カッコイイですね。
子供が少年になって思うことでしょう。
優勝したわけでもないのに...七位なんだよ。大げさなんだから...って。
でも大人になったら思い出します...誰よりも深く愛されていたことを。

ずっと後から
by page-1h | 2007-02-14 15:37 | 額装 | Trackback | Comments(2)

アートは素敵

a0077203_15175424.jpg
先週の土、日とむらかみみかさんがページワンに居たのでたくさんのお客様が会いに来てくださいました。彼女は少し不器用に日本に慣れようとして、そのうち自然に日本人になっていきました。次々といろんな方とお話をしています。楽しそうでした。感謝していました。優しい人です。
お客様も自然にみかさんのことが好きになったようでした。アートは素晴らしい でもそれを創った人はもっと素敵  ページワンにはそんな出会いがあります 彼女の描いた青は彼らの家族の青になるのですから......。
by page-1h | 2007-02-10 20:40 | ページワン | Trackback | Comments(0)

ウィーン少年合唱団

a0077203_14423892.jpg
ウィーン少年合唱団浜松公演が5月8日火曜日6時30分〜と決まりました。事務局をページワンでお引き受けすることになりました。その名は「ウィーン少年合唱団浜松公演実行委員会」
ページワンのお客様に助けて頂いて5月早春の夕べ、アクトシィティ浜松大ホールで天使の歌声を聞けることとなりました。浜松の小さな店が大きな企画を立ち上げる....身の程知らずで失敗したらどうするのかと思います。でも組織を持たない私達は1枚1枚チケットを売っていく新鮮な幸せを感じています。それはページワンで毎日お客様と過ごして来た日々と同じです。
ぜひページワンに声を掛けてください。心よりお待ちしています。よろしくお願いします。

詳しくは、ページ・ワンのホームページをご覧ください。
by page-1h | 2007-02-02 15:08 | ページワン | Trackback | Comments(0)

帰国

a0077203_1945119.jpg
「むらかみみか」のカバはオレンジだけではないらしい。なぜか青もある。
これは2作品だけの限定。きっときまぐれに青のカバが懐かしくなったのか。かつてアフリカに旅していた「むらかみみか」はカバに自分を見たのかもしれない。タイトルは「昼と夜の間で」
スペインに帰った彼女はしだいにオレンジのカバに自分の姿を発見するのです。いけない........又私は絵の中に迷い込んで妄想している。

2月3日 2月4日の午後はむらかみみかさんがページワンに居ます。
ぜひ遊びに来てくださいね。
by page-1h | 2007-02-01 20:00 | アート | Trackback | Comments(0)