<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ウイリー・ロニス

a0077203_18155053.gif
昨日は休みなので静岡のグランシップへ行きました。ウイリー・ロニスという写真家の個展を見るためです。。私の好きなパリのロベール・ドアノーと共にフランスの代表的な写真家です。「私の写真を見るとパリがまるで天国のように感じることだろう。」と氏は言ったそうです....そんな素敵なフランスを観ました。モノトーンの写真は夢です。「街に出ればそこは舞台だ。」なにげない生活の中の役者達。パリは自由でいつもドラマチックです。
by page-1h | 2006-11-29 18:31 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(4)

八木田宣子先生

a0077203_18114460.gif
八木田よしこ先生は絵本作家です。そして児童書の翻訳家です。よわむしらいおんや小さなコックさん、じゅんちゃんシリーズの紙芝居など多くの作品を出しています。イギリスの絵本の翻訳もたくさんあります。浜松国際ピアノコンクールの前にページワンに寄ってくださいました。じつは先週もお会いしたのですが...
今日は大野隆司さんという木版画家の作品をたくさん見せて頂きました。大野先生の版画はとても楽しくてページワンに展示します...。
八木田先生の作品に「5ひきのねこのゆめ」という5冊セットの美しい絵本があります。ほるぷ出版から再販されることになりました。これもページワンで販売します。小さくて可愛くて誰かにプレゼントしたくなりますよ。
by page-1h | 2006-11-27 18:33 | アート | Trackback | Comments(2)

枯葉舞う

a0077203_19332642.gif
晩秋の候。街中が落葉のじゅうたんを敷き詰めたようです。私は落葉が大好き。この季節、必死になって落葉を掃いている人を見ると、ため息が出ます。なんて勿体無いこと。
落ち葉を踏みしめて歩くのが楽しみなのに........。もう少し待って!きれい好きは解るけど自然がくれたこの美しさを味わいたいのよ。秋なんだからね。もうすぐ寒い冬が来て木枯らしが枯葉をまき散らしてしまうわ。
by page-1h | 2006-11-26 18:59 | 暮らし | Trackback | Comments(5)

コンコルドホテル浜松

a0077203_16103757.gif
昨日は休みなのでランチの時間にコンコルドホテルにいきました。スカイレストランの中華はとても美味しくて大好きな場所です。奥の窓辺に案内されました。ここはマネージャーがとても親切です。たとえランチでもホテルで過ごす休日は素敵です。一階のオープンギャラリーでは播磨鉄牛先生の書展を開催中。火曜日なのにお昼時はたくさんのお客様がいました。先生もお相手に大忙し。
書を見たり食事をしたり、お茶を頂いたりして、コンコルド浜松はとても良いホテルです。誰でもが観れるドアのないギャラリー。こんなスペースのあるホテルはなかなかありません。
by page-1h | 2006-11-22 16:32 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(2)

書と額のコラボ

a0077203_15433641.gif
東京ではインテリア書がとても人気があるそうです。古いイメージの書が新しい時代の風に乗って生まれ変わったように感じます。ページワンでは播磨鉄牛先生の書を扱い人気があります。
播磨鉄牛の作品展をホテルコンコルド浜松で開催しています。11月末までです。
感動します。書道って素晴らしい。特に播磨先生の書は素敵です。
額装も良いのです。ページワンで1年間かけて選んだ、これは書と額のコラボレーションです。
by page-1h | 2006-11-20 15:36 | アート | Trackback | Comments(3)

上野眼科

a0077203_1955177.gif
もし目の病気になり手術をして始めて見えるのが絵画だったら最高の幸運でしょう。
もし眼科のドクターがそこまで患者のことを考えているとしたら、その病院はどこなんだろうと誰もが思いますね。そしてその絵画は全て優しい色なのです。院内には数えきれないほどの作品が掛けられています。美術館のようです。私はお昼休みに伺ったのですがすでに数人の患者さんが待っていました。ひとりのご婦人が写真を撮っている私に声を掛けてきました。「きれいな絵ですね。ここの先生は腕は良いし優しいんですよ。」隣の方もうなずいています。
美しいものを見る目を持っているのは何よりも幸せなことです。診察室にもたくさんの絵が掛けてありました。もっと美しく見せてあげたい.....と、先生はいつも病院の絵を見ながら患者さんのことを考えているのでしょう。心から感動しました。
by page-1h | 2006-11-16 19:05 | インテリア | Trackback | Comments(2)

クリスマスカード

a0077203_1835223.gif
もうすぐクリスマス....今日クリスマスカードの打ち合わせをしました。エッ今頃..と思う方もいるかもしれませんね。でも寒くならないとクリスマスの気分になれないものです。
ページワンは輸入カードにこだわっているんですよ。それもヨーロッパ・・・・フランスとイギリス、ドイツの美しいクリスマスを思わせる素敵なカードが今年もページワンに並びます。

夜はロマンチック。横断幕も復帰しました。
恋人達が秋の夜長をページワンで楽しむ季節・・・。
by page-1h | 2006-11-13 18:19 | アート | Trackback | Comments(2)

水彩画の夢

a0077203_1045110.jpg
素敵なバラの水彩画。
お客様の作品です。とても雰囲気があって良い絵ですね。額装をさせて頂いたのですが、作品展に出品するそうです。ゴールド・・アンティーク・・イングリッシュな感じ・・マットはクリーム色。いえいえ作品展なら一味違って、ハロッズグリーンとか深いワイン色はいかが? それからVグループといってマットに切り込みの線を入れたいな・・。英国に行くとホテルでこんな額装に出会います。
いろいろ悩んでフレーミング。喜んでくださった笑顔がとてもチャーミングでした。
彼女は学生時代からページワンでポストカードの買い物をしていたそうです。いつか絵を描いたらここで額に入れたい・・と夢見ていた・・とのこと。
叉お会い出来て私も嬉しいです。
by page-1h | 2006-11-10 19:43 | アート | Trackback | Comments(0)

フレーマーの仕事

a0077203_1739456.jpg
夕方、フレーマーの雪絵さんが大忙しで額のサンプルの整理をしていました。秋の新作のモールがすでに発表になっているのに店頭での展示が出来なかったからです。
この作業はとても頭を悩ませるものです 写真の6倍はあるかと思うサンプルを一気に並べ替えるのです。色、価格、流行、オリジナル・・とお客様にいかに解りやすく提案できるかは、ディスプレイがポイントなのですから・・。
さて今年はどんなフレームがお好き?白いモールにペイントしたような額があります。
秋ですが私は白が好き。主にアメリカ・フランス・イタリアからですが白にもお国柄があるようです。週末にはカウンターにもたれてゆっくり額を選んでみませんか・・。
by page-1h | 2006-11-05 17:54 | ページワン | Trackback | Comments(2)

キリムの額装

a0077203_1638054.gif
ぬくもり工房でお買い上げになったキリムをフレームに入れたいというお客様がいました。
手織りの高価な作品ですから額装して美術品として楽しむのは良いですね。
異国の職人が計り知れない時間をかけて創ったものでしょう。フレームの中で浮いたようにしています。これは私が魔法をかけたからです。
by page-1h | 2006-11-02 16:51 | Trackback | Comments(2)