<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

夏の伝言

a0077203_16205256.jpg
滋賀県から奥様の実家に来られる度に寄ってくださるご夫妻がいます。
もう長いお付き合いになりました。
連休になるとお会いするのをいつも心待ちにしています。
ご主人はとても楽しくて、少々辛口「何かピンと来ないな。マンネリと違う・・」そんな彼はいつも私に大切なメッセージを残して帰ります。
「作品は・・今お客様にうけなくても十年後にページワンさんがあんなこと言ってはったなあ・・と思い出してくれれば良いと違うかなあ・・」
「そんな・・十年後なんて待てないですよ」と返すと
「そんな夢の無い人とは話したくないわ」と言われた。
今まで中国茶に凝ったのも彼の影響だし・・イタリアンの話しで刺激を受けた年もある。今年は音楽の話。
「絵を見る時、音楽って大切やね。お客様に合わせた曲のヘッドホーンを渡したらどうやろか・・」・・・未来のギャラリーみたいだと思っていたら「押尾コータローって知ってる?ライブに行ってホンマ良かった」と言う。
知らないけど、「お塩買うたろー」って覚えることにした。
数日後「転勤族のたのしみ」に、このCDのことが出ていました。
では早速、聞いてみる・・フーン良いね・・・。
それからいろんな方に言われる。「この曲、押尾コータローですね・・」お客様と話している時、このギターはとても心地良い。今年の夏も素敵な「お題」を頂きました。
by page-1h | 2006-08-31 17:09 | 暮らし | Trackback | Comments(4)

大きな絵で癒されたい・・

a0077203_1615032.jpg
インテリアに油絵はちよっと重いかな・・と思っているのはもう古い・・風景を細密に描いた作品はリビングに掛けたら癒されるだろうな・・と思います。でもこの作品は大きい・・・。横は120cmあります。どんなふうに額装したら良いのでしょう。キャンバスのまま壁に掛けても・・私は良いと思いますが・・主人はダメと言うでしょう。常識的な油絵額に入れたらすごく重くなります。モールで周囲だけ額にして表面のアクリルは無し・・・。裏板もなしで段ボールをガンで止めるのはいかがでしょうか・・・。こんなふうにイージーな額装が出来たら、油彩画も気軽になるでしょうね。
by page-1h | 2006-08-28 18:30 | アート | Trackback | Comments(4)

ブログの街角

a0077203_1549834.jpg
店がもうすぐ終わる時間、若い女性のお客様が来られました。そして先日ブログの「動物にはかなわない」に登場した山岡康子さんの猫の版画を即、お買い上げです。あまりに速い決断で驚きながら、コーヒーを勧めると「このコーヒーはトレジャーさんのですか・・とても美味しい・・」と聞きます。トレジャーとはページワンのコーヒーをブレンドしているコーヒー屋さんのこと・・彼はzekiという写真のブログを持っています。「zekiさんのブログからページワンのブログに入って来たのです」とのこと。「私はzekiさんの写真ファンです。zekiさんのブログでページワンさんを発見した時、嬉しかった・・」彼女はミュージシャンのようです。ジャズの話し・・音楽のこと・・写真のこと・・。楽しい話題で熱い夏の夜は終わりました。

ブログという街角。路地を曲がって、広場に出て、いろんなお店をのぞいて、美術館に入ったり、お茶を飲んだり、素敵な人に出会ったり、紹介したり・・。
by page-1h | 2006-08-25 15:23 | Trackback | Comments(4)

青森県立美術館

a0077203_15513922.jpg
市沢夫妻のご実家は青森県八戸市です。そして彼らもシャガールを愛しています
日本が世界に誇る美術館が青森県に誕生しました。今年の帰省はそれが一番の楽しみだったようです。ここで今、シャガール展が開催されています。お土産にずっしりと重い図録を頂きました。ページをめくると左手を胸に、そして片手で頭を抱え顔をゆがめて横たわるシャガールの写真がありました。1941年から7年間アメリカに亡命しています。そのアメリカ時代に制作したバレエ「アレコ」の背景画を青森県立美術館が所蔵して話題になっているのです。アメリカでシャガールは最愛の妻ベラを病気で亡くしました。その後しばらく絵筆を持てなかったそうですが翌年ヴァージニアと出会い子どもも産まれています。フランスに帰ってすぐ彼女とも別れるのですが、同年、お見合いでヴァヴァと結婚します。私はシャガールが特別にベラを愛していたことが解ります。どんなにか寂しかったか・・。アメリカ時代、シャガールの故郷ロシアのヴィテブスクもナチスによって破壊されました。彼はアメリカで英語を喋ることはなかったそうです。辛かったアメリカ時代のコレクションのお土産話しは今年の夏最高の感動でした。

日曜美術館でシャガールの特集があるとは知っていたのですが、慌ただしい時期で見るのを忘れました。私達には大変なショックでした。でも市沢さんがDVDに録画してくださったのです。シャガールの愛です。
by page-1h | 2006-08-23 13:26 | アート | Trackback | Comments(8)

買って良かったもの。

a0077203_18173463.jpg
シャガールの残した偉業にリトグラフポスターがあります。1986年シャガールが亡くなって1年後に日本では始めてのシャガールのポスター展が全国を巡回しました。シャガールはポスターこそ大衆の接点と考えてポスターの制作にも力を注ぎました。この美術展でページワンは大きな影響を受けました。そして、ページワン自身も熱いアートポスターのコレクターとなったのです。貴重な作品を手に入れてはお客様と分け合う日々が今まで続いています。ポスターに魅せられることは、サイズが大きいことです。色彩の魔術師と言われたシャガールの作品を当時の石版刷りで観賞できる醍醐味です。
今でもシャガールの好きなお客様がページワンに集います。

20年前に結婚の記念に買って頂いたお客様のリトグラフポスターです。文字をマットで隠して額装していたのですが、文字を出してアンティーク仕上げのフレームに入れ替えることにしました。結婚後、海外に転勤もあったそうですがずっとシャガールと一緒でした・・とのこと。全てが色あせないシャガールの思い出です。
by page-1h | 2006-08-21 18:57 | アート | Trackback | Comments(2)

子どもの心

a0077203_1102140.jpg
昨日は暑かったですね。台風の影響なのでしょうか?どんな暑くても楽しいページワンですよ。奥のギャラリーは締め切って集中的にクーラーで冷やします。庭はいつもの爽やかなそよ風です。本当は扇風機ですけどね・・。暑さも気持ちひとつです。
先日、むらかみみかさんの作品を紹介しましたが額装しました。シンプルな木製のフレームですがマットを使わないで作品を少しだけ浮かしています。この恐竜はトリケラトプスという名前だと小学生のお客様が言っていました。タイトルはマグノリアロマンス。縦は1m以上ありますから大きい作品です。

夏休みですからお子さん連れのお客様が多いです。お子さんはどんな気持ちでページワンを楽しんでくださっているか興味があります。お父様と一緒に絵を選び、真面目な顔して額装を考えている男の子。10年後はひとりでページワンに来てくれるかしら・・。
そして絵の好きな大人になりますように。
by page-1h | 2006-08-19 11:39 | アート | Trackback | Comments(8)

アートは大切

a0077203_10302560.jpg
絵画の取付けに伺うこともページワンの大切な仕事です。お客様のお宅に伺うのはとても楽しいことです。そこでいろいろなインテリアに出会います。そして私達も学ぶことがたくさんあります。とてもありがたいことです。お取付けをしながらお客様のセンスに触れます。壁に絵を掛けると、家が輝いて見えます。ボタニカルアートが似合う家、シャガールのリトグラフだけでコーディネートした家とか抽象画が好きな人。銅版画でまとめたイングリッシュなお宅・・。22年間たくさんの経験をしました。お客様のやさしさを感じながら、くったくのない会話やアドバイス。アートのある生活の大切さを、ひとり、ひとりのお客様から教えて頂いています。その経験が今のページワンなのだと思っています。

この写真のお宅にお伺いしたとき、玄関に打ち水がしてありました。いつまでも忘れない優しさです。
by page-1h | 2006-08-17 11:55 | アート | Comments(3)

ほのかな涼

a0077203_15545387.jpg
8月も中旬になると秋の気配がします。裏庭ではほのかに葡萄が色付いて....
もうすぐ秋だと思えば、猛暑も乗り切れそうです。
8月は定休日(火曜日)のみお休みします。夏休みはありませんので、ゆっくり遊びにお寄りくださいね。
今日、お客様にページワンの庭はほのかに涼しいよね・・。と言われました。
ほのか・・っていいですね。クーラーで冷えた日常から逃れたい方はぜひページワンへ・・。
暑い夏には自然な涼が大切。疲れた身体にエネルギーが宿るような気がします。
by page-1h | 2006-08-13 16:08 | 暮らし | Comments(10)

動物にはかなわない

a0077203_1832486.jpg
コマーシャルだって猫がしゃべったりジュース飲んだりしていると笑ってしまいます。
動物を描いた作品はよく売れます。ピアノを弾いているのも猫だと可愛い...フルートだって、月明かりに寄りそう恋人だって猫だからロマンチックです。人間だけの世界では何とも味気ない。この絵は山岡康子さんという版画家の作品です。彼女は音楽と猫が好き。モノトーンの作品を壁に掛けてみてください。きっと我が家はファンタジー・・。ほんとに動物にはかなわない・・。幸せになるには猫に聞いてみましょうか。

豊橋にメイとバクというカフェがあるというので行ったことがあります。なんと山羊が2匹いるのです。その時は子ヤギも2匹いました。なんとも癒されました。山羊さんの頭に触れると、すり寄ってきました。ちょっと・・感動でウルウル。
by page-1h | 2006-08-09 18:26 | アート | Comments(2)

夕暮れ

a0077203_19223436.jpg
今日は暑かったですね。夕方になってフロントガーデンに涼風が吹きました。夏は植物の水やりが日課です。夏の夕涼みは気持ちがいいですね。夕暮れのページワンが好きです。
by page-1h | 2006-08-07 19:36 | 暮らし | Trackback | Comments(10)