カテゴリ:額装( 215 )

ユニフォームとTシャツの額装

ラグビーのユニホームです。
ユニホームなどは思い入れがあって飾りたいお客様が多いのです。
ですから、どうしても露出する面積が大きくなります。
いざインテリアにすると大げさになりますね。


a0077203_14452372.jpg
思い切り畳んで押さえるように額装したら良い感じでした。
少し厚めのフレームにしたらスッキリしました。
写真を下に挟んだり記念に色紙を裏に入れて裏板を透明にしたりと...
話しているとアィデアが生まれます。

a0077203_14460162.jpg
Tシャツは紙のように平たく額装すると素敵です。
布の質感はでますから、よりオリジナルっぽくなります。
有名なサーファーがプリントされた貴重なものだそうです。
ハワイの海辺の小屋の塀板で作ったようなフレームです。
本当に古材を利用してペイントしているのですよ。

a0077203_14441190.jpg
a0077203_14441427.jpg
遠い夏の思い出ですね。

by page-1h | 2016-08-20 15:38 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ペアウオッチが額に入った!


a0077203_16170419.jpg
ペアの時計をフレーミングしました。
結婚のお祝いに友達からの贈り物なのだそうです。
お友達..時計がフレームに入っていたら驚くだろうね。
でも息子さんが高校受験だと言ってましたから
ずいぶん前のことですね。
ご主人の希望だとか...大切な友人のこと思い出したのかな。
時々使う時計の収納とインテリアの融合のようなフレーミングです。
だから簡単のようで意外に難しい。
雪絵さんが毎日毎日...考えては、ため息をもらす仕事になりました。

a0077203_16163569.jpg
まず立体の箱を作って...
内側にマットに貼った布を組み込みます。
台座の上の基礎を埋め込みます。
この部品はネットで探して試行錯誤していました。
a0077203_16154756.jpg
リングを台座の基礎にはめ込みます。
これに時計を掛けます。

a0077203_16181947.jpg
上からモールで作ったフレームを乗せて....
a0077203_16153620.jpg
細かな修正もして...打ち込み過ぎて猫背になってます。


a0077203_16233848.jpg
側面に中と同じ青の布マットを貼りましょうか...
どうしょうか...同じ色というのも...でも余っているし...
a0077203_16160134.jpg
どうやら青ではなくて側面はベージュの布を貼ったようです。
壁に掛けた時、側面のバランスの大事ですね。
さて入れたり出したり...強度は大丈夫かな。
a0077203_16154961.jpg
こんなふうにドアみたいにフレームが開くんですよ!
マグネットも付けてブラブラしません。
a0077203_16215905.jpg
お客様と雪絵さんの感激の記念撮影。
お客様の笑顔。フレーマーの達成感。
フレーミングって良いなあ。

by page-1h | 2016-05-09 16:53 | 額装 | Trackback | Comments(0)

グローブ物語

少年時代に使っていたグローブをフレーミングしました。
昨年お父様を亡くされてキャチボールをしたことを思い出したのでしょうか。
もうその時のお父様の年を超えていますね。
プレートに「Thank you my father」と刻みました。


a0077203_17104161.jpg
父を偲ぶ気持ちは人それぞれです。
温かな思い出..ちよっと痛い想い。
a0077203_17104651.jpg
どうしてなのか...額の上に窓を付けました。
上から光が入るようにです。
a0077203_17103453.jpg
男の気持ちは多くを語りません。
だから氏の気持ちに沿うように忠実に大切なフレーミングになりました。
少年から青年になって大人になる...デニーロの「ブロンクス物語」を思い出しました。
a0077203_17104922.jpg
a0077203_17104491.jpg
a0077203_17103954.jpg
苦労の分だけ雪絵さんの達成感の笑顔です。
「出来ましたよ!ステキですね」

by page-1h | 2016-04-20 17:43 | 額装 | Trackback | Comments(0)

安野光雅展

素敵な紳士のお客様です。
先週「パラミタミュージアム」という小さな美術館に行ったそうです。
「中日新聞で安野光雅展を開催してるって見たので行ってみたんです」
と言います。一人旅です。
そこは四日市まで電車に乗って、そこから又電車に乗って行くのだそうです。
「小さな良い街でしたよ」安野光雅の絵のお話のようです。
ほんとに良い旅でしたね。安野光雅さんの記事を発見しなければ一生行かない場所ですね。
そんなたわいない、お話をしました。
その紳士は、すっかり画家に魅せられたようです。
絵本を額装しました。仕事場に飾るそうです。
a0077203_18391879.jpg
簡単に取り外して時々読みたいそうです。
雪絵さん考えました。
a0077203_18392467.jpg
このクリップ本を止めてパラパラと出来るのです。
a0077203_18392922.jpg
a0077203_18392720.jpg
以外に難しくて力にいる仕事です。
a0077203_18393494.jpg
出来上がりました。
素敵です。喜んでいただきました。
このページはポルトガル。
その意味はお聞きしませんでしたが...
きっと想うことがあるのでしょう。

a0077203_18393644.jpg


by page-1h | 2016-04-17 18:57 | 額装 | Trackback | Comments(0)

ベビーちゃん誕生の銀のスプーン

お子様が誕生した記念の銀のスプーン。
素敵ですね。
なんだかおとぎ話のようです。
オーダーで作りました。
ますます夢の中のようなフレーミングになりました。


a0077203_18375859.jpg
フレーマーの雪絵さんもうっとり。
私もスプーンが欲しい....

a0077203_18380031.jpg










by page-1h | 2016-04-13 18:45 | 額装 | Trackback | Comments(0)

夢が叶う

大人っぽい店でありたいと思うのですが
どうも子供のものに弱いページワンです。
子供が描いた絵...子供の写真...子供のファーストシューズなど...
子ども達の額装をしてきました。
a0077203_17231705.jpg
遠方から送ってくださる方もいます。
こんなお便りを頂きました。

額装は想像以上に素敵な仕上がりで、もう本当に本当に嬉しいです!
子供らしくない色合いの靴だったので真っ白な額だとちょっと大人っぽすぎたかな?
と思っていたのですが額の内側も暖かみのある風合の生地で作られていてとても気に入りました。
遊びに来た友人が凄く羨ましがっていて、すぐにページワンさんを紹介しました。
私もまた是非利用させていただきます。いつかお店に直接お礼にいけたらと思います。
独身の頃から子供が生まれたらファーストシューズはお揃いの靴を履かせて
履けなくなったら大事に額に入れて飾りたいと思っていました。
夢が叶いました。本当にありがとうございました。」

靴の向きを下にしたのはネームが入っているからです。
子どもの名前を入れてくださる靴屋さんがあるのですね。
a0077203_17235054.jpg
a0077203_17235337.jpg
白の額装になることが多いですね。
白の額のバリエーションが揃っていることもページワンの強みです。
白は美しい。子どもの心の色ですね。

by page-1h | 2016-03-06 17:34 | 額装 | Trackback | Comments(0)

サッカーのユニホームの額装

a0077203_17563344.jpg
野球に続いてサッカーのユニホームの額装もしました。
メッシの直筆サイン入りです。
ファンの方には大変な宝物なのでしょうね。
お客様からも熱い気持ちが伝わってきました。
メッシ,スアレス,ネイマール3人(tres amigos)の直筆サイン入り122ゴール記念バルサユニフォームだ。ワクワクする。羨ましい!」
facebookでもメッセージをいただきました。
a0077203_17563628.jpg
こちらはジュビロ磐田のユニホーム。
名波監督のサイン入りでした。
こんな額装のあるインテリア...憧れますね。

by page-1h | 2016-02-08 18:06 | 額装 | Trackback | Comments(0)

門出の贈り物

a0077203_10171257.jpg
ユニホームの額装を時々依頼されます。
ユニホームには、いろいろなドラマがあって特別な気持ちになります。
かつて息子さんが高校で活躍した野球のユニホーム。
彼が大学を卒業して春には社会人として旅立つ時...
お父様が贈る「ユニホームの額装」
故郷は遠きにありて...温かく想う。
a0077203_11340817.jpg
記念のTシャツも素敵です。
インテリアに合わせてシャープな感じにしました。
a0077203_11341676.jpg
サイン入りは貴重ですから額装してインテリアにしてくださいね。
ユニホームって家の宝物です。

a0077203_11342842.jpg




by page-1h | 2016-02-05 11:48 | 額装 | Trackback | Comments(0)

地図の額装

浜松市の大きな地図を額装しました。
雪絵さんが言う...「とても楽しい仕事だった。夢中になって見てしまった」と。
私も眺めてみた。歴史を感じます。
今まで感じたことのない郷土愛みたいな気持ち。
イギリスなど外国に行くと地図の額装をよく見ますね。
インテリアになっています。


a0077203_15322689.jpg
地図は話題になります。
そこにあれば眺めてしまいます。
知っている処を探してしまいます。
こんな楽しいインテリアって他にあるだろうか?
a0077203_15322847.jpg
額装をご依頼されたのは歴史に詳しい伊藤さん。
彼が来店されると歴史の話で時間を忘れます。

a0077203_15323010.jpg
今日も雪絵さんはiphoneのGoogleマップ片手に話題は尽きません。
私も浜松の地図を自宅に飾って家族と話しがしたくなったなぁ。



by page-1h | 2016-01-18 15:48 | 額装 | Trackback | Comments(0)

金婚式の贈り物

ご両親への結婚50周年のプレゼントだそうです。
金婚式ですね。
ご自分で描いて額装に来られました。
素敵な青年でした。
額装にも、こだわりがあって接客が楽しかったです。
素晴らしい贈り物。私も感激しました。
その時お勤めの会社の社長サンとページワンで偶然お会いしたようです。
お二人ともびっくりでした。社長サン社員の彼に「絵描いてるの」なんてね。
後で彼が「社長も絵描いてるんだぁ」と驚いていました。
小さな店でこんなサプライズ。人は縁があるんですね。

a0077203_18165654.jpg

by page-1h | 2015-11-27 18:23 | 額装 | Trackback | Comments(0)