土井汀花 書のある家

a0077203_1265118.jpg
明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。お正月はゆっくり休ませて頂きました。
昨年の最後の仕事は「土井汀花」先生の書の額裝でした。先生を尊敬しているお客様からのご依頼です。
シルバーの額ですが「あこや貝」のパールをイメージしています。下地にピンクを塗って少し透けるように仕上げています。このお宅にしっくり合って素晴らしいインテリアになりました。お客様は建築設計家なので大変興味がありました。主人が取り付けに伺うというので付いて行きました。昔はどこでも夫婦で伺ったものです。中庭のあるお宅でした。こんな話をお聞きしました。「ドアを開けて風を通すと空気が上に抜けるでしょう。だから風の無い日も風を感じるのです」風を作る....のか。何て素敵なことだろう。
by page-1h | 2010-01-06 16:38 | インテリア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/9585919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by プリン at 2010-01-08 13:09 x
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

2010年もスタートして1週間が過ぎました。
どんな年になるんでしょうね〜〜!

年末に同級生を癌で亡くしました。
今年は(健康)をはじめ当たり前の事に感謝して過ごして行きたいと思います。
三連休にお邪魔しますね!!!
Commented by page-1h at 2010-01-08 17:42
プリンさんは焼き鳥屋で若い店員さんに名前を尋ねたら「ささみ」ですって言われたそうです。それで苗字はって言ったら「鳥野」です...。これ当たり前の事。答えてくれるだけで感謝ですよ。初笑いありがとう。


<< 韃靼の馬とエルメス 今年もありがとうございました >>