マーブル紙

a0077203_18584512.jpg
イタリアのフィレンツェはマーブル紙で有名です。その伝統工芸に魅せられて何枚も買って来られる方も多いでしょう。手創りですから同じ物がないそうです。
長い廊下があるお宅です。マーブル紙と額を同じ大きさにして上からマットをかぶせました。こうするとマットと作品をテープで止めなくてもよいのです。たくさんありますから時々入れ替えるそうです。マーブル紙は重ねて数枚を裏側に入れてあります。これなら簡単にチェンジ出来ます。素敵なインテリアになりました。フレームも金属に細工のあるデザインです。旅の思い出をインテリアに出来たら素晴しいです。上級の暮らし方ですね。
by page-1h | 2009-07-11 19:13 | 額装 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/8612681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by プリン at 2009-07-12 21:26 x
廊下が画廊みたいなお家なんですね。
何となくイメージが湧いてどこのお宅か分ったような気がします。

こんな素敵なお家に飾られていたら、絵も喜んでいるでしょうね!


<< 天使がくれた時間 タオルの想い出 >>