額装は楽し...

a0077203_19555999.jpg
イタリアのフィレンツェで買って来られたゴブラン織りを額に入れました。
タペストリーとして仕立ててあるので額装するのは難しいと思いました。横巾が1m以上ある大作です。
「ボッティチエルリ」の春はとても美しい作品ですね。額に入れたくなる気持が解ります。金の入ったクラシカルな額を選んで暗くならないように少し明るい台紙にしました。
立体額装は質感が大切です。でもシワの無い奇麗な額装には細かな手仕事が要ります。産休中の雪絵さんがいないので私も主人の助手を努めます。アイロンをかけたり台紙に糸で止めたりとフレーマーのようです。素晴しい出来上がりです。額装はなかなか楽しい仕事です。雪絵さんが出社するまで頑張ります。
by page-1h | 2009-01-24 20:24 | 額装 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/7849607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by atsuatsu at 2009-01-26 10:55 x
ボッティチエルリのゴブラン織PAGE-1さんで拝見しました。迫力ありました!!額に入っておめかししたらまたまた素敵になったんですね。。フレーマーの技術も奥が深いんですね~と感心しきりです!!ファイト!!!!
Commented by yo-ton at 2009-01-30 16:17 x
ゴブラン織りの額装ってステキですね。
季節がら、息子の鬼のお面を飾っています。ブログにも載せました。
page1ならではの、額装です。とてもいい感じ。年に一度しか出さない
贅沢な額です。
PS
atsuatsuさん、先日はご一緒できて楽しかったです。
Commented by page-1h at 2009-01-30 19:52
また会えます。atsuatsuさんにもむらかみさんにも。あー夢みたい。


<< スペインより帰国 アンドリュー・ワイエス >>